地獄車






"地獄突き"




沖縄出身のハードコアバンドの1stアルバム。


ブッチャージャケで気を吐く彼らはハードコアパンク系のバンドで厳密にはメタルではないのだが、
その音楽性には確実にメタルの要素が色濃くうずいているといえるだろう!
ギターの音やヴォーカルのデス声等、ナパームデス系の要素等が感じられ、
どこかスラッシュ、デスメタルっぽさが随所から漂っているぞ!

彼らはハードコアと格闘技の融合を目指しているらしく、極真空手や
アントニオ猪木を題材にした歌詞
にその試みが伺える。さすがは空手発祥の地、
琉球王国
出身のバンドよ!まぁ実際の所は格闘技、プネタ(プロレスネタ)と同等に
下ネタが目立っているのだが・・・!(笑)
ちなみに歌詞は英語のみの曲もあるがほとんどが日本語詩。

1曲目のタイトル“空手バカ☆一代”からいきなり直球の極真ネタだ!ゴッドハンド、
マス大山が弟子達に伝えた極真の教えがそのまま歌詞になってる(笑)。
日本語詩と交互に聴ける英語の部分も「Da god hands Mas Oyama sensei said」と、
かなり熱い!!これはタイトルになった原作“空手バカ一代”を読んでいた者にとっては
嫌いになるほうが難しい曲だな!!(笑)
しかしなぜ最初にいきなり「昇〜竜〜拳!!」なのだろうか(笑)。懐かしい。若い人に言っておくが
元ネタは猫ひろしじゃないぞ!!(笑)

6曲目“Five Animal Kung-Fu”はほとんどが英語だが昔のB級カンフー映画にでてくる
拳法のような単語
が次々と出てきて超笑える(笑)。「ドラゴンカンフー!!
タイガーカンフー!!」
歌い方・・・というよりは言い方も面白い。
ランニングタイムはハードコアらしく短め。

14曲目“エンコー少女A”はタイトルどおりの下ネタ曲。曲調は歌詞に合わせたのか
最もデスメタル寄りで問答無用でヘドバンできる!
最初の「エッグ愛読者ァァァーーーー!!」からして熱い!!(笑)
この歌詞見てると昔のデイヴ・ムステインの如く憎々しい表情を浮かべて
歌いながら頭を振りたくなる(笑)。「私ヨワイ17にしてHしまくり稼ぎまくりィィィ!!!」
カラオケで歌いてぇな!!(笑)ラスト前に出てくるブリッジ?の「超コビッチ的
エッグな発想ゥゥーーーー!!」
の歌い方がさらにブルータルなのがイイ!!
まさに金とセックスとブランド品の事しか考えていない
低知能指数ドグサレJK(女子校生)を痛烈に皮肉った曲
だ!!

15曲目“鉄拳制裁”はアントニオ猪木を題材にした歌詞を持つ曲。
プファン(プロレスファン)にはおなじみ
の猪木にまつわる単語が
バリバリ出てきて笑える。この曲絶対浅草キッド好きだろうなぁ(笑)。

なんか歌詞の事ばっか書いてるな・・・!メタルサイトとしてあるまじきレビューに反省だが
実際曲的にはどれもデスメタル色濃いハードコアの
一言で済む
んだよなぁ・・・(笑)。演奏はリズム隊がなかなか巧者だと思う。
ベースとかスラップ(チョッパー)決めてるし。部分部分で日本語のラップ風
ヴォーカルが出てくる
ため人によっては受け付けないだろう。収録曲数は15曲と多めだが
ハードコアなので1曲1曲は短く、アルバムトータルで30分程度。この手のアルバムは
これくらいが丁度いいと思う。


真面目に聴くのではなく、笑いが分かる人がツッコミ入れたりしながら
気楽に聴くべきアルバム
だろう。頭の硬いメタラーには当然おすすめしないが俺は気に入った。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 空手バカ☆一代、Five Animal Kung-Fu、エンコー少女A、鉄拳制裁







もどる


inserted by FC2 system