地獄カルテット







"この世の地獄物語"




日本の超絶技巧メタルミュージシャン達による企画アルバム。


メタルプレイヤーならばプロアマ問わずお世話になっているであろう
教則本“地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ”でそれぞれの
楽器を解説したシーン屈指の実力派ミュージシャン達
その技巧を存分に見せると共に後続のメタルプレイヤーの
指標
となるべく作られたアルバムである!俺はミュージシャンでも
何でもないけどヴォーカル編には大変お世話になっており
執筆したAION、VOLCANO等で強靭な喉を披露したNOV氏の事は
勝手に、一方的に師と仰いでおる!(笑)

エクストリームメタルに接近したプログレメタル
言える超絶技巧が満載で複雑なリズムワークにタイトな高速プレイ、
メタルのみならず様々なジャンルからの影響を取り入れた
ミクスチャー感覚が渾然一体となり演奏のみならず楽曲の
展開そのものもまたテクニカルで複雑だ!だがただ技巧を
見せ付けるのみではなくメロディアスさもしかとあり
凝った展開と相まって楽器をやらない人間も楽しめるだろう!
プログレメタルにモダンさを取り入れミクスチャー要素も
盛り込みそれでいてヴォーカルやメロディーは正統派の
ジャパニーズメタル的なキャッチーさ
があるのだ!

テクニックオンリーではなく泣きのエモーショナルなギターも
登場するイントロの1曲目に続く2曲目は爆走し攻撃的な面を見せつつも
各楽器が凄まじいテクニックを見せ付けるカオティックメタルだ!
ファンク系のスラップベース、それに続く超高速ギターソロも
凄まじいのう!3曲目もパワフルでブルータルなテクニカルメタルだが
サビ(?)は日本人らしいジャパメタ歌謡曲的なキャッチーさがあり良いな!
その後のシンガロングパート、変拍子ビートダウンも熱い!4曲目は
モダンなグルーヴを感じさせつつもヴォーカルメロディーは正統派メタル
ライク
で聴きやすくて良いな。非常にキャッチーだがそのバックで
聴かせる楽器陣はやはり強烈である!サビ後はさらに高音でまくしたて
まるでマキシマムザホルモンDir en grey、果てはDの
“メテオ〜夢寐の刻〜”
で聴けるシャウトパートを思わせるのう・・・!
ベースソロ、ギターソロも聴き所である!5曲目は規則正しく刻まれる
リズム
が印象的なミドル曲でやはりヴォーカルはキャッチーだ。
6曲目はいきなり凄まじいタッピングブラストビートで爆走し
ベースとギターのユニゾンが切り込む壮絶なテクニカルチューンだ!
7曲目はアグレッシヴな疾走感にギター、ベースがユニゾンしたり
ソロ弾きまくったりで暴れまくるインストチューンで技巧はやはり
恐ろしいほどなのだが叙情的な泣きのリードギターも聴けるぞ。
8曲目はこれまた爆走しメロデス、メタルコアに接近したリフが聴け
ギター、ベースも速弾きしまくりつつも曲調は変拍子まみれ
プログレ化したVOLCANOのようである・・・!9曲目はリズミカルな
曲調でヴォーカルもラップ風に歌うが声質がやはりメタルなので
リズムに合わせてただ喋っているだけのラッパーには無いスキルが必要だ(笑)。
ミクスチャー的な雰囲気が強い曲だと言えよう!中盤ではアコギソロ
登場し流麗なフレージングを聴かせてくれるぞ!続くベースソロ
非常にエグイ音だな(爆)。10曲目はこれまたヒップホップ的な
加工リズム
で幕を開けるがその後はアコギとメランコリックな
ヴォーカルが聴けるパワーバラードと呼べそうなメロディアス
哀愁メタルだ。だがそれでもテクニカルな要素は忘れない!11曲目は
どちらかといえばカオティックコアのようなリフに始まりユニゾンプレイが
冴えを見せるもヴォーカルが入ると途端にメロウになるのが面白いな!
本作中特に変態的な曲だろうか!?シンセみたいな音色
ソロパートで一瞬聴けるがこれもギターで出しているのか!?12曲目は手拍子(?)に
泣きのギターが乗りそしてテクニカルながら正統派メタル寄りのリフが聴け
そして疾走、IRON MAIDENっぽいコーラスに超テクニカルな演奏が
暴れまくるこれまたインパクトの強い曲調となっているな。
ベース、ギター、ドラムのソロパートはもうそれはそれは恐ろしい
になっており現存するテクニカルメタル勢の中でも特に凄い
その後の疾走パート、ヴォーカル、メロディアスなギターは
メタルとして普遍的な価値のあるカッコよさじゃのう・・・!
ラストはフュージョン的な匂いを放つプログレメタル風の
ギターが聴けそのままフェイドアウトする。


どの楽器でもこのアルバムの曲を完コピ出来るスキルが身につけば
殆どのメタルがプレイ可能であろう高度な技巧満載で
それでいてメロディーはジャパメタらしい、いい意味で垢抜けない
クサさ
すらも感じさせるものがあり速く複雑に弾くだけが
テクニックではない
という事をアピールしているかのようで
聴き専の人間にも親切な仕様となっているのが有難いのう・・・!
ちょいとプロダクションがよろしくないがそれ以外はまさに
哀愁交じりの超絶のテクニカルメタルである!演る側は勿論、
聴き専も変態プログレメタラーからカオティックコアファン、
果てはノーマルな正統派メタラーまで一聴の価値あるアルバムだと
言えよう!テクニック嫌いにはオススメ出来んがなッ!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 幻の楓、存在の成りゆき、
愛想くらいの知恵、永遠の微笑、罪と罰の戦、心酔の宴







もどる


inserted by FC2 system