ザバダック






"創世記 ザ・ベスト・オブ・ザバダック+2"




日本の男女ツインヴォーカルユニットの初期のベスト盤。


ザバダックなんて名前知らない人が聞いたら「なんだバルザックみたいな
ハードコアバンドか」
とか思っちまうだろうが(笑)、彼らはバルザックとは
180度逆の音楽性を持つ、メランコリックな雰囲気を持つ静かで穏やかな
音作り
を持ち味としたミュージシャンだ。

この手のスタイルをプレイするミュージシャンといえばALI PROJECT
MAPLE LEAF、志方あきこ等が挙げられるだろうがザバダックは
こういったミュージシャン達に影響を与えた先駆者的存在なのである!

俺は後追いもいいところなので本作を聴いて「ああなるほど霜月はるかや
志方あきこはコレから影響受けたんだろうな」
という感想が浮かんだのだが(笑)、
音作り、ヴォーカルスタイル等かなり後続に通じるものがあり新たな発見
したかのような気分になるぞ・・・!メタラーとしてやはりルーツを探るのは
重要だと考えているのでな・・・!
また彼らの特徴として男女ツインヴォーカルという点があり、
男ヴォーカルの導入の仕方などスタイルは異なるがSOUND HORIZON
コレの影響ありそうだなと思えたわい・・・!ザバダックをメタルにしたら
SOUND HORIZONみたいになりそう
だ(爆)。

部分部分でシンセが導入されるがその音色、フレージング等変拍子は少ないが
プログレ的な雰囲気も感じられる。ギターも少し使われているが
クイーン的な多重録音を施されているのが面白かったな。コーラスも
多重録音
されておりこの辺は志方あきこに与えた影響だろう・・・。

アルバム全体の構成としては前半に女性ヴォーカル、中盤にツインVo、
そして後半が男ヴォーカル中心となる。ぶっちゃけ男ヴォーカルのみの
曲は魅力がかなり少なくなっていると感じてしまった・・・!


メロディーは良くつまらない曲は無いぞ!このレビューで挙げたミュージシャン、
特にMAPLE LEAFに雰囲気がかなり似ているのでこれらが
好きならマストなアルバム
だと言えそうだ。ただやはり激しい曲しか聴かん!という
硬派なメタラーにはオススメできん・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 夜の彷徨、シェラフィータ、 ラ・フェット、美・チャンス―怪しい輪舞―







もどる


inserted by FC2 system