YELLOW ZEBRA







"東方染紅歌"




日本のポップスバンドのアルバム。


YELLOW ZEBRAなんてまるでYELLOWCARDZEBRAHEAD
足して2で割ったかのようなパンクを連想させるネーミングだが
ジャンル的には女性ヴォーカルクサクサポップス
本作はうちのサイトでも、そして最近じゃ某誰もが書き込める
メタルサイト
でも勢いづいてきてる(爆)上海アリス幻樂団
カヴァーアルバムである。メタルアレンジが多めのジャンルなれど
本作は煌びやかなシンセが主体となった女性ヴォーカル入りの
ポップスアレンジで特に強烈な個性があるというわけではないが
無難かつ高品質のアレンジが施されているな。女性ヴォーカルは
2人いるようで片方はポップススタイルで悪くは無いが普通、
もう片方はハスキーさを忍ばせた表現力豊かな上手いシンガーだ!

1曲目からさっそくパーカッションとシンセに導かれ
ASIAN KUNG-FU GENERATION、9mm Parabellum Bulletが如き
和風中華メロが登場!アレンジ的には勿論メタルどころか
ロックかどうかも怪しいがノリは良い。女性ヴォーカルは
典型的ポップススタイルで説得力、迫力があるわけではないが
悪くはない。2曲目は有名なクサメロを持った上海アリス幻樂団の
代表曲の一つと言えるであろう曲でやはり恐ろしくクサすぎる
美麗メロ
が堪能できるぞ!ギターソロもある。3曲目も
独特の強烈なクサメロを持った有名キラー曲で軽いギターの
バッキングも聴けるぞ。泣きのトーンが印象的なギターソロも
登場する。4曲目は本作の中でも特にふざけたポップス色が濃く
こうなってくると流石にキツいか・・・!?5曲目はスカ的な
ギター
が聴けるどこか妖しい雰囲気を持った曲。気だるいヴォーカルが
面白いな。そしてサビはメロウに盛り上がるぞ!6曲目はキラキラした
ピアノとシンセ、打ち込みリズムが聴ける曲。ここで歌っている
女性シンガーは上手いな・・・!7曲目はトランス色濃いシンセが登場し
やはり上手いヴォーカルが聴けるぞ!間奏はどこかクラシカルだな。
8曲目もトランスっぽいがチェロやヴァイオリン音などストリングス系の
音色
も目立ちシンフォニックさもあるぞ!鐘の音色もたまらんのう!
ヴォーカルは6、7曲目のシンガーとくらべるとやはりイマイチ
全曲あの上手いシンガーに歌ってもらいたかったと思うわい!
インストパートはかなりシンフォニックに盛り上がりその後の
ヴォーカルのバックのアレンジもありがちながら良い!
9曲目はストリングスをバックにまったりとしたアレンジ
展開する穏やかなスロー曲。上手い方のシンガーが歌っており
ヴォーカルに関しては満足だ(笑)。


非メタルのライトなポップスだがロック的なノリのよさも
きっちりありアレンジのレベルは高い方だと思う。
ヴォーカルも実力差はあれどちゃんと歌えており質の高いカヴァー
楽しめよう!だが全体的に明るく外向きの雰囲気
プンプンしているのは賛否両論ありそうだな・・・!
上海アリス幻樂団に限らずこのシーンはいくら知名度が上がろうと
やはりあくまでも日の光の当たらないアンダーグラウンドが
主流・・・!
ここまで毒のないポップスだとわざわざメジャーに
牙を剥くインディーズ
である必要性が無いのではとか思ってしまうのう・・・!
このシーンは個人的に関西アングラ・ゼロ世代残響レコード辺りの流れを汲む
コテコテの地下体質だと勝手に思っておるのでな・・・!(爆)
もっとメジャーにケンカ売ろうぜ!(笑)



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 氷結娘、Nowhere Girl、I know、
紅い月 〜Story of Scarlett〜







もどる


inserted by FC2 system