夜長オーケストラ







"The Gate"




日本のシンフォニックプロジェクト(バンド)の企画ヴォーカルアルバム。


シンフォニックメタルシーンに話題を呼んだバンドというかプロジェクトである!
HM/HRバンドがオーケストラとコラボすると言うのは古今東西数多く実例があるが
彼らはそのオーケストラの楽団までも含んで一つのバンドという形態を取っており
その姿勢たるやさながら日本のHAGGARDと言った所である・・・!本作はどちらかと言ったら
企画盤と呼べる立ち位置の1枚で、男女問わず日本のHM/HRバンドのシンガー5人と
コラボレーションしており
今更ながらではあるがオーケストラとHM/HRの融合と
呼べる姿
を見せつけておるのう・・・!

1曲目は早速のホーン、ストリングスによる生のオーケストラが壮大さを演出し
怪し気なセリフが顔を出すもその後はピアノソプラノスキャットが優雅なムードを出し
まるで火曜サスペンス劇場のような雰囲気になるイントロで2曲目はバンドサウンド
登場するがRHAPSODY OF FIREのような大仰なフィルムスコアメタルではなくあくまでも
ハードロック然としたバンドサウンドオーケストラを融合させておりSCORPIONSが
オーケストラとコラボしたアルバムを思わせる曲調
になっているな・・・!ヴォーカルは
パワフルさのあるいい意味で荒々しいいかにもハードロックな歌唱を披露しており
コーラスでは女性Voも登場するぞ!中盤はクラシカルなムード漂うオーケストラの
独壇場
になり実にドラマティックじゃのう・・・!3曲目は出だしからいきなりの
プログレスタイル
ストリングスとギターがハモリを披露し爽やかなムードを
醸し出しておるわい!4曲目はなかなかにドラマティックな出だしでどこか
LIV MOONを彷彿とさせるがヴォーカルはパーカッシヴな吐き捨てで女性Voは淡々とした
ムード
を演出し音は軽いがモダンなヘヴィリフも聴けどこかミクスチャー然とした
要素
も目立っているな・・・!ギターソロが妙に下手なのは気のせいか!?(爆)
5曲目はホーリーなフィメールクワイアがまるで聖歌のようなムードを醸し出し
ストリングスもどこか浮遊感があるか!?6曲目は頭からブラックメタルのような
ブラスト
暴虐なオーケストレーションが聴け爆走!ただヴォーカルが絶叫ではなく
ハードロック的な声
なんでそこに違和感があるし音質もスカスカ過ぎじゃのう!
短い曲であっという間に終わるのも惜しいなぁ・・・!7曲目は優雅なヴァイオリンに
ノイジーでモダンなギター
が聴けるまったりした繋ぎで8曲目はオーケストラに始まり
モダンなへヴィサウンドが登場、ミクスチャーとオーケストラの融合と言えそうな
感じになるも女性Voはアニソン的な快活さがあるぞ!中盤のリフはブルージーなHR
言った趣があるもその後はプログレッシヴなフルートモダンなへヴィサウンドが聴けるぞ。
9曲目は大仰なオーケストラプログレ的要素が入り混じりテクニカルな無機質さも
垣間見せるインスト。
10曲目は無伴奏のソロヴァイオリン叙情的なムードを演出し
ピアノも登場、11曲目は無機質なリズムアニソンライクなウィスパー女性Voが聴けそして
モダンなサウンドも顔を出しヴォーカルはシアトリカルな風情を放っているが
インダストリアル的な冷たい機械的空気も強いのう・・・!後半は女性Voによる
無理のあるデスVoも聴けるぞ。12曲目は穏やかな出だしにまるで青臭い文学系
ミュージカルのようなこっ恥ずかしい語り
が登場!メタルの事を語っているんだが
マジでイケてない雰囲気プンプンで正直これと一緒にされたくはないなぁ・・・!(爆)
13曲目はノイジーなギターストリングスが乗りウィスパー系の
女性Vo
も顔を出しプログレと言うかアンビエント、アトモスフェリック系
ムードが漂っているのう・・・!後半はギターリフも聴けるぞ。14曲目は優雅なストリングスに始まり
まるでアニソンのようなあざとさを見せるメロスピ寄りの楽曲と化す!男女複数の
メタルシンガー
がいるためJAM PROJECTっぽく聴こえるがやはり音の軽さが
不満
じゃのう・・・!アレンジも微妙であまりメタルに精通していない感プンプンなのも
厳しいなぁ・・・!後半のソプラノパートのほうがこなれている感があるわい!(爆)
15曲目は大仰かつポジティヴなオーケストラで始まるもヴォーカルになると途端に
淡々とした雰囲気
が放たれるミュージカルっぽさのあるスロー曲。


メタルサウンドと生のオーケストラの融合ではあるがRHAPSODY OF FIREのような
大仰でクッサイドラマティックなシンフォニックメタルとはまったく異なるムードを持ち
文字通りハードロックとオーケストラのコラボレーションという形になっており
上記したSCORPIONSDEEP PURPLE等がかつて試みたオーケストラとの融合に近い感じで
WALTARIの“YEAH! YEAH! DIE! DIE! DEATH METAL STMPHONY IN DEEP C”にも
通じる要素があるな・・・!試みとしては非常に面白いのだがやはり我々クサメタラーとしては
こういうロックとクラシックの融合ではなくシンフォニックメタル的なクサさ
求めてしまうんだがどうだろうか・・・!?オーケストラアレンジは上手いがバンドサウンド、
メタルアレンジ
正直微妙な部分が強くあまりロックには精通していない感じが濃く
出てしまっているのも惜しい所じゃて・・・!それだけに本作こそHM/HRとオーケストラの融合という形を
とっているが実は過去作はそこまでメタリックではなく穏やかな部分が目立っていたり
クラブミュージックとも融合しようとしていたり既存の有名曲のカヴァーをやったりと
どちらかと言えば飛び道具的な活動が目立っておりあんま興味が沸かなかったのは秘密だ(爆)。
やはり我々としては前衛要素、実験要素よりもクサさを求めてしまうのじゃ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 64% お気に入り曲 klaus of the storm land  The Quantum Mechanics







もどる


inserted by FC2 system