師弟出馬(YOUNGMASTER)







"愛と戦慄の旅立ち"




日本のインディーメタルユニットのアルバム。


なんかジャッキー・チェンみたいな名前のユニットで
都市伝説プログレッシヴハードを自称しているようだ。
音楽的にはメロスピあり様式美臭ありプログレありと様々なハードロック、
へヴィメタル要素を感じさせどこか筋肉少女帯を思わせる雰囲気があるな・・・!
ヴォーカルは男で実力的にはかなり稚拙である・・・!V系、エモを意識していそうだが
それにすら追いついておらず完全に素人のそれだ(爆)。
ギターは生だがこっちもテクは厳しいものがある。ただ難しい事は
一切やっていない
・・・速弾きすら自粛しているので気にならないといえば
気にならない。ちなみにコンセプトアルバムらしい
これもそこはかとなく筋少の香りが漂ってくるコンセプトである。

ストリングスとピアノのイントロに続きXなリフで疾走する、サイレントジェラシー
意識してそうな1曲目は典型的メロスピと言えるだろうがやはりヴォーカルが
かなり厳しいな・・・!ギターソロも危なっかしい。
2曲目はミドルテンポのハードロックだがヴォーカルが1曲目以上にヤバイ(爆)。
輸入盤B級メロスピを聴き漁っているマニアでさえも拒絶反応を示しそうだな・・・!
3曲目はシンフォニックなシンセに導かれアップテンポで大仰に展開する
クサメタルチューンだ!やはりヴォーカルはキツイ!いっその事
デス声にすればよかったんじゃないか!?ギターソロも難しい事は
一切やっていない
がツインリードは良い!その後転調し大仰になるパートは
なかなか面白いな。4曲目はスローでダークなメタル。この曲はキーが低いので
まだこのヴォーカルも何とか頑張っている。途中で筋少的な語りが出てくるぞ!
その後はデス声が出てくるそれすら下手だ(爆)。デス声って誰でも出来る
思っていたが大きな間違いだったんだなぁ・・・(笑)。その後のギターはクサい。
5曲目は奇妙なシンセが聴けるプログレメタル的な曲だ。テクが無いのに
こういう曲をやるのはどうかと思うがヴォーカルは頑張っている・・・
そう思えるのは俺が本作に慣れてきたからだろうか!?(爆)
ヴォーカルパートはスローテンポだが間奏に入ると思い出したかのように
プログレッシヴなパートが出てくる(笑)。その後フルート音の後に
ギターソロになる。泣きのフレーズを紡ごうと頑張っているぞ。
6曲目はパンク的なヴォーカルがイントロで登場しその後はスローテンポの
パワーバラードになる。このパンク的な歌唱が一番マシなんじゃなかろうか!?
それでもまだ下手なのだがインディーズのパンクバンドなら大体どれも
こんなモン
だろう(爆)。クサめのサビメロは良いな。7曲目はスラッシーに疾走
どっか聴き覚えのあるリフが登場!ヴォーカルは相変わらずド下手だがコーラスはまだ聴ける。
ギターもグダグダながら果敢にも速弾きにトライだ!!
8曲目にシークレットトラックが収録されておりこれもスラッシーに疾走しているぞ!
なんかXのSTANDING SEXみたいな曲調である(笑)。
そして歌詞はあの有名映画俳優スティーブン・セガールを題材にしており
代表作“沈黙シリーズ”にまつわる面白単語がバンバン飛び出すさまは
あの国産ミクスチャーデスメタルバンド地獄車アントニオ猪木を題材に
取り上げた“鉄拳制裁”を思い出すな(笑)。


ヴォーカルがダメだ!ギターは目を潰れるがこのヴォーカルが激しく足を
引っ張りまくっている!
何がダメかって激しく音を外しているのは勿論、
歌うための声が出来ていないという点に尽きるだろう!このため激しく
素人クサイ
のだ!素人のカラオケレベルである!ただ曲自体は悪くなくプロダクションも
滅茶苦茶悪いというわけではない(良くも無いが)のでやはり早急なヴォーカルチェンジが
必要
だと言える!ヴォーカルさえ何とかなればお笑い要素の無い筋肉少女帯ってな感じの
音楽性なので多くのメタラーにアピールできるだろう!だがよくよく考えれば筋少の大槻ケンヂも
ヴォーカルは下手
なんだよなぁ・・・!(爆)



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 62%(ヴォーカルが良ければ70%)
お気に入り曲 ダリオ〜組曲「愛と戦慄の旅立ち」パート1、
ガーディアン、十二月の死霊祭り、師弟出馬のテーマ







もどる


inserted by FC2 system