WINDS OF PLAGUE







"Decimate the Weak"




LA出身のメロデス/メタルコアバンドの1stアルバム。


今アメリカのメタルシーンを席巻しているメタルコア系のバンドだが
よくあるスクリーモに毛が生えた程度(そういうバンドも好きだが)ではなく
かなりへヴィで邪悪かつメロディアスな慟哭系リフ、泣きのソロ、
そしてシンフォニックなシンセが北欧の流れを汲む要素を感じさせる、
極めてヨーロピアンメタラー向けのメタルコアバンドである!

シンフォニックなイントロに続く2曲目はそのままシンセがバックで
彩りを備えつつも北欧メロデス直系の慟哭系リフを伴い展開していくぞ!
メタルコアらしい極悪スローダウンモッシュパートが途中かなり唐突に
挿入され
必要あるのかどうか判らなくなるが(爆)、極悪さは出ているぞ。
細かいリフ捌き、シンフォニックなパートはハードコア者よりメタル者にこそ
受ける要素だな!3曲目もシンフォさを持ったメタルコアというよりは
メロデス寄りの曲だ!途中クワイア系のシンセが聴けたあと極悪モッシュパートに
突入するがそこでもシンフォニックなシンセが使われかなり邪悪な雰囲気
演出できているな・・・!4曲目はいきなりブラストで爆走を開始
かなりメロデス、デスメタル寄りの曲となっている。だがやはりビートダウンし
メタルコアであることを思い出させてくれるな。ギターソロはスウィープ
披露しテクのあるところを見せ付けるが全体的にはメロディー重視だ。
5曲目はなんと琴の音色が登場しへヴィな和の雰囲気を放ち始める!
6曲目は極へヴィなスローパートに始まるが所々で疾走しかなり
ドラマティックなギターを聴かせてくれるぞ!どこかCARCASSに似た
雰囲気もあるな。だがシンフォニックなシンセは彼らの個性か!?
途中クリーンなギターが聴けるメロウなパートも顔を出す。
7曲目はどちらかといえばハードコアに接近した雰囲気を持った曲。
HATEBREEDに近いかもしれんな!?8曲目はさっそくメロデスライクな
カッコいいリフ
と共に疾走!シンセストリングスにピアノ、果ては
チャーチオルガンまで登場しさながらメタルコア化した
LOVE SOLFEGE
とでも形容したくなっちまうシンフォクササウンドである!(爆)
しかしなぜか後半ブルージーなギターになり幕を下ろす。9曲目は
ファイナルファンタジーみたいなハープの音と共にリフが現れ
FFメタルコアと称したくなるアレンジに続き疾走開始!
やはりモッシュパートは極悪だな(笑)。ラストはシンフォニックになるぞ。
10曲目はこれまたFFが如きシンセオーケストラに始まりブラストで
爆走開始!ギターリフはメロデス系でカッコいいぞ!


極悪モッシュパートがメタルコア的だがそれ以外はシンフォニックさを
持った北欧スタイル直系のメロデス
である!慟哭ギターリフ、泣きの
ギターソロ、クサいオーケストレーション
が共に非常にドラマティックでクサメタラーにも
受けが良いだろうな!モッシュパートがやや唐突でアレンジ面が地味に
感じられる
かも知れんがメロデス、シンフォブラックが好きなメタラーに
オススメできる捨て曲の無い高品質アルバムだ!収録時間の短さが残念である!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 88% お気に入り曲 全部







"The Great Stone War"




LA出身のメロデス/メタルコアバンドの2ndアルバム。


極悪メタルコア/デスコアシンフォニックな
シンセ
を乗せてクサさすらも撒き散らす新進気鋭
バンドによる2作目のアルバムである!来日公演も行ったことがあり
その極悪かつシンフォニックで壮大なサウンドは
凶悪モッシュを誘発するに十分だが同時にクサさをも
兼ね備えている!オーケストラと極悪デスコアの融合と言える
音作りを持った個性的な彼らの2ndはシンフォさもあるがさらにへヴィさ、
ブルータルさ
を増した印象がありビートダウンの極悪さはハンパではない!

ストリングス、ホーンのシンセになぜか琴のような音が聴け
緊迫感を演出し語りも登場するイントロの1曲目に続く
2曲目はさっそくブルータルに疾走しヴォーカルも吐き捨てる
タイプのデスヴォイスを披露し軽いブラスト風の爆走
見せたかと思うと急にビートダウン、リフはメロデスっぽさを
醸し出しクリーンなサビはメロディアスさ皆無の
ラップコア風の吐き捨て
だがその後バックでストリングスが
物悲しく鳴り響き美を演出、そしてラストは極悪リズム落ちだ!
3曲目はクラシカルなピアノで始まりブルータルに疾走しつつも
リフは慟哭メロデス系である。壮麗なストリングス、ピアノが
リリカルに響きつつも曲調はメタルコアと言うよりはデスコア
言えそうな邪悪なへヴィさに満ちているぞ!4曲目はかなり
極悪なスローテンポで始まりデスヴォイスも下水道ガテラル
操り実にイーヴルだがバックのシンセはやはりシンフォニックで
壮麗
なのがミスマッチで面白いのう・・・!後半ではオルガン
音色も登場するがその後さらに極悪なビートダウンに突入し
幕を降ろす。5曲目はアコギで幕を開けブラストで疾走
噛み付くようなデスヴォイスが実にアグレッシヴでその後
ビートダウン、だがバックではストリングスが鳴りリフも
メロディアスになりギターソロもエモーショナルな泣きの
フレーズ
で構築されている!ラストはまたアコギで叙情的に
幕を降ろすぞ。6曲目はどこか中東風のフレーズが聴け疾走、
メロデス色濃いリフが良いな。バックのシンセはクワイア音
荘厳さを演出、エキゾチックさが濃くビートダウンもバックで
ストリングスが鳴り響き映画のサントラのような壮大さが
あるのう・・・!7曲目は踏みつけ蹂躙するかのような
ブルータルさを出しつつもやはりシンセが目立ちこれまた
中近東ライクなフレーズも顔を出す極悪メタルコア/デスコアだ!
8曲目は全体的にスローでオーケストレーションも荘厳さを演出しギターソロも
ドラマティックな泣きのフレーズを披露、後半の
クラシカルなソロはかなりクサいぞ!9曲目はやはり
エキゾチックなフレーズが聴けるスローチューンで
壮大なシンセも実に劇的だが楽曲の印象はクサさより重さが強いのう・・・!
10曲目は壮大なオーケストレーションで始まりやはり重苦しい
スローテンポだがヴォーカルと共に疾走しノリの良いリフが聴け
軽いブラストも登場、勝どきのような雄叫びも途中で顔を出し
何ともバトルメタルな雰囲気を感じさせるな(笑)。11曲目は
物悲しいオーケストレーションが聴けるアウトロ曲。


クッサイシンフォニックなキーボード入りのメタルコアという事で
このままシンフォメタル方面に進むのかと思いきや本作では
クサさよりもブルータルさを重視しておりもはやデスコア
呼んで差し支えない邪悪な重さに満ちているぞ!ビートダウンの
極悪っぷりはかなり凄まじくライヴでリスナーが恐るべき暴れっぷりを
披露する光景
が脳裏に浮かぶがそれでもクサいシンフォニックな
シンセアレンジ
は忘れていない!どこか中近東ライクなエキゾチックさ
感じさせる曲も増えまぁこれはこれで面白いがやはり
個人的にはクサクサシンフォニックメロデス/メタルコア
方向に進んでもらいたかったのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Soldiers Of Doomsday、
Battle Scars、Chest And Horns、Creed of Tyrants、Our Requiem







"Against the World"




LA出身のメロデス/メタルコアバンドの3ndアルバム。


音楽的にそういう要素が特に目立ったわけではないが毎回恒例の日本の鎧甲冑ジャケがイカす
LA出身のシンフォニックなオーケストレーションを導入したゴリゴリにへヴィなデスコアバンドの
3作目のフルアルバムだ!
音楽性としてはシンセによるシンフォサウンドを大々的に取り入れ
荘厳さ、クサさを感じさせつつもバンドサウンドはメタルコア以上に邪悪で重苦しく極悪な
デスコア
を貫いているが本作は全体的にスローテンポのパートが増えておりシンフォさもあるが
クサさ、大仰さではなくへヴィさ、ゴリゴリ要素を追求する方向性を選んだようだ・・・!

1曲目は重厚なオーケストレーションにウィスパー系女性Voがまるでダニー・エルフマンの
サントラ
を彷彿とさせそしてオルガンをバックにバンドサウンド、デスVo、ストリングスリフも登場、
続く2曲目はのっけからいきなりのビートダウンでへヴィに展開、野郎シンガロングも熱く
ノリの良さを少し出すスロー/ミドル曲だ!途中でちょいと中東っぽいメロディーを奏でるシンセも
顔を出しラストはピアノがメロウさを放っているな。3曲目は勢いを感じさせるへヴィリフ、デスVo
飛び出すもテンポはやはりスローでガテラルに混じり妙にラップっぽいクリーン(?)Voも顔を出し
ニューメタル風のムードも感じさせるな・・・!ビートダウンも多いのう!4曲目はホーン等の
シンセが映画のサントラのような雰囲気を放ちやはりスローだが壮麗さ重視のアレンジになっており
ここにきてようやくアップテンポでノリの良さを放つぞ!まぁやっぱ途中でビートダウンになるが(爆)。
後半は疾走し大して面白くは無いプレイだがギターソロも聴けるぞ!5曲目は暑苦しい野郎シンガロング
この手のメタル特有のジョックス(体育会系)ムードをプンプンに放ちバンドサウンドはスローでへヴィだが
ノリのいい箇所も目立ちそしてミスマッチに感じられるがオーケストレーションもバックで顔を出すぞ。
6曲目は琴、オルガンのような音にしわがれた語り(?)が聴けバンドサウンドも挿入される繋ぎのような
トラック
で7曲目はへヴィリフ呻くようなデスVo、シンセが聴けるスロー曲。シンフォさもあり途中から
疾走する箇所もある
がやはり全体的にビートダウンしまくりだな・・・!ラストはピアノだ。
8曲目はシンセオーケストラがミステリアスな壮麗さを放ち珍しくリードギターも顔を出しやはりスローだが
本作中特にクサメタル方面に擦り寄ったかのような曲で途中から疾走もするぞ!中盤以降はスローだが・・・。
9曲目はギターがちょいと和っぽいメロを奏でチェンバロのようなシンセも目立ちピアノも聴けちょいと
変態的なムードを感じさせる曲だ!途中やはりビートダウンになるがリードギターが妙にカオティックである!
ラストのピアノも印象的だな。10曲目はクリーンギターが叙情性を演出しこれまでの重苦しさが
ウソのようなエモーショナルな曲だが途中からバンドサウンドも顔を出し退廃的な雰囲気を醸し出すぞ。
泣きのギターもなかなかである!11曲目は今更のラップメタル的な歌唱が聴けるミドル曲。途中から
ノリは良くなるがクサさとか、そういった要素は無いな・・・!12曲目はメタルコアに
接近したリフ
で始まるもやはりスローなデスコア野蛮なノリの良さもあるがクサさ、
シンフォはやはり薄く
中盤のビートダウン、ガテラルは実に邪悪でその後はオーケストレーションを
バックに疾走
するがすぐに終わりノリの良いへヴィパートになってしまうなぁ・・・!


そんなわけで上記したようへヴィで重苦しいビートダウンが大半を占めているかのような
スロー曲がかなり増量しておりそれに伴いモダンさが増しクサさが減退、非疾走だが
とにかくブルータルなモッシュパートで暴れたいキッズには良いのかも知れんが
オーケストレーション、クサメロに惹かれて彼等を知ったクサメタラーにとっては
望まぬ方向性に向かってしまった
と言った所か・・・!デスコアはジョックスの音楽だが
クサメタルはナード、ギークの音楽!(爆)相容れんのはやむを得まいて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Built For War、Monsters、Most Hated







"Resistance"




LA出身のデスコアバンドによる4thアルバム。


武士、サムライの世界観をモチーフとしつつ、ヨーロピアンスタイルの叙情的で
ドラマティックなシンフォニックさ
を導入したメロディアスなデスコアをプレイし、
この手のバンドとしては珍しくクサメタラーの間でも俄かに話題を呼んだバンドである!
だが通産3作目の前作は何故かそういったシンフォニックさ、メロディアスさを捨て、
よくあるブレイクダウンばっかでヘヴィなだけのつまらんデスコア
成り下がり顰蹙を買った・・・!だがどうやら反省したようで、通産4作目となる本作で
再び原点に立ち返り、壮麗なオーケストレーションメロデススタイルの
叙情的なギターフレーズ
を導入した、メロディー派も楽しめるシンフォニックで
メロディックなデスコア
に立ち返っておる!

1曲目はメロウなピアノ、ストリングスシンセが聴け、その後はブレイクダウンだが
シンフォニックさがあり、2曲目はメロデス的な叙情ギターが顔を出し
ドラマティックに疾走!3曲目はヘヴィなスローテンポワイルドな印象もあり、
4曲目はピアノ、細かいギターが叙情性を放つが、その後はブレイクダウンになりつつ劇的でもあり、
シンフォニックさに加え僅かだが勢いのある疾走感もとりあえずは見られるのう・・・!
5曲目はヘヴィグルーヴ重視ハードコア風で、ノリの良さもありオーケストレーション
顔を出すぞ。6曲目はシンフォニックさオラついたワルな空気が同居するヘヴィな曲で、
7曲目もまたハードコアなワルっぽさがあり、軽快なノリも見られ短いながら珍しくギターソロも聴けるぞ。
8曲目もヘヴィさ重視のワルな感じだが、メロディアスなギターソロが登場しシンフォニックにもなり
9曲目はアップテンポで叙情性、中東的なエキゾチックフレーズが顔を出し劇的さを見せつつ
ブレイクダウンも顔を出すのう・・・!10曲目はスロー、ミドルテンポだが怪しく荘厳な
シンフォニックさ
もあるぞ。


前作の迷走振りはそれなりに払拭され、まだヘヴィ重視のギャングぶってる
つまらん曲
もあるにはあるが、初期作を踏襲したシンフォニックなシンセ
メロデス系の叙情ギターが半数の曲で戻って来ており、前作で見限った
クサメタラー、メロディー派メタラー
もとりあえず試聴くらいはしてみる価値があるだろうな・・・!
ブレイクダウンヘヴィなスローパートもまだチラホラ見られるんだが、
(野菜嫌いの俺にとっては)マックのハンバーガーに入っているピクルス
ようなモンなんで大目に見ようでは無いか・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Say Hello to the Undertaker  Left for Dead
No Man Is My Master













"Blood Of My Enemy"




LA出身のシンフォニックデスコアバンドによる5thアルバム。


LA出身ながらアメリカンでは無い、ヨーロピアンスタイルシンフォニックで劇的な
メロディアスさを誇るデスコア
でクサメタラーから喜ばれたバンドである!とは言え
3作目で迷いが見られ、持ち味を捨ててヘヴィ&グルーヴ路線に走ってしまい叩かれ、
前作の4作目で反省し本来のスタイルであるシンフォニック&メロディアス路線
立ち返り、つまらん曲も多少はあれど概ね歓迎はされた・・・!そして続く5作目の本作、
どうやら大幅にメンバーチェンジしたようだが、方向性としては彼等の持ち味である
シンフォニックで大仰なドラマティックさ
を見せるデスコアをしかとキープしておる!

1曲目はストリングス類によるシンフォニックなイントロで、2曲目もそのまま大仰な
ホーン等のオーケストレーション
を纏い劇的に疾走!ギターソロも顔を出し
3曲目はヘヴィなノリの良さを見せつつシンフォニックさもしかとあり、4曲目はヘヴィで
ストロングな無骨さ
のある疾走曲で、5曲目はシンガロングと共にクラシカルなシンセ
顔を出し、6曲目はキャッチーな女性Voがサビで聴けるポストハードコア寄りだな。
7曲目はシンセ入りで軽快さを放ち、サビは分厚いシンガロングが聴けるミドル曲だ。
8曲目はブラストを交えシンフォニックに疾走しつつこれまた分厚いシンガロングが登場!
ロシア民謡風の暗く大仰なクサさがあるだろうか!?9曲目はデスコアに接近したダーティーな
ヘヴィさ
が見られ、10曲目はシンフォニックかつポストハードコア風の軽快さがあり、
クワイア風のコーラスも聴けるぞ。11曲目はこれまたヘヴィで軽快なノリの良さを見せる曲で、
サビはオーケストレーションシンガロングを交え盛り上がり、疾走パートもあるな・・・!
12曲目はっぽい音色で和と中東が混ざったようなオリエンタルムードを演出、
ヘヴィかつクワイア、オーケストレーションも聴け軽快さが見られるぞ。


デスコアをキープしつつ女性Voシンガロングが多少キャッチーさを放ったりと、
ややメタルコア、ポストハードコアに接近した印象もあるんだが、大仰かつ勇壮な
シンフォニックさ
はしかと健在で、駄作である3rdの影を払拭しようとする意気込みが
感じられるだろうか!?疾走曲はそれ程多くは無く、ミドル、スロー曲もそれなりに目立っており、
グルーヴィーな部分が残っていたりはするが、それでもシンフォニックで大仰な
オーケストレーション
はしかと存在しており、チャラさが無いのが好印象である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Nameless Walker  Never Alone
Dark Waters







もどる


inserted by FC2 system