Wrath & Rapture







"Wrath & Rapture"




ノースキャロライナ出身のカオティック/メタルコア/シンフォニックメロデスバンドの1stアルバム。


ここ最近変態的要素の強いデスコア、カオティックコア
活躍が目立ちただただヘヴィだったりプログレッシヴだったり
するのみならず遂にはシンフォニック、クサメタル的感性までも
取り込むようになりつつあったりするが今回登場したこの若手は
そういったクサメロ、シンフォニックサウンドの取り込みが
かなり本気で極悪ビートダウン、テクニカル変拍子フレーズに
シンフォニックなメロデス的疾走感、クサフレーズ、そしてさらには
唐突にジャジーなパートまで登場し実に幅広い変態振りを見せ付けているぞ!

うねるシンセにメタルコアながらそこまでへヴィではない、
どちらかと言えばメロスピに近いバンドサウンド、そして
シンフォニックなオーケストレーションまで登場し
疾走するイントロに続く2曲目はまさにシンフォメロデス
呼ぶに相応しい音を出しており、初期CHILDREN OF BODOMというか
SKYFIREや果てはBAL-SAGOTH辺りを思わせる雰囲気があり
ヴァイキングメタル調の勇壮なクサメロも登場、だがそれだけには
留まらずやはりカオティックなデスコア要素もあるな。ビートダウンに
ガテラル
も登場するぞ!3曲目はまさしくモロカオティックコアな
出だしでテクニカルなプレイを連発するがその後はシンフォニックな
シンセをバックに普通の疾走を見せる!ブラスト初期チルボド風の
透明感ある北欧的シンセ
も使われベースソロも聴けるぞ。そして
ビートダウン後はなぜかオシャレなジャズ風になりこの辺は
BETWEEN THE BURIED AND ME辺りの影響か!?4曲目以降は何と組曲形式
メランコリックなピアノに始まりメロスピ系の疾走クサい
ストリングスシンセ
が乗る短い繋ぎで続く5曲目は泣きつつも
プログレ的なギターソロ
が終始聴け6曲目はまた短いシンフォニックな
疾走曲
となっておりいまいち何がやりたいんだかよう判らん!(爆)
7曲目はそのままの流れを汲んだシンフォメロデスにプログレメタルの
ギタープレイ
をブチ込んだ、メタルコア/デスコアと言うよりは完全に
クサメタル側の音
を出している!まぁビートダウンもやっぱあり
カオティックなパートも登場するのだが・・・。中盤は見事に
ネオクラシカルな様式美フレーズも登場したまらんのう(笑)。
8曲目は早速シンフォニックに疾走するがその後はビートダウンに
カオティックパートが雪崩れ込みブラストにトレモロリフ、北欧的
キラキラシンセ
も聴けシンフォブラックの要素まで感じさせる!
さらにはオイオイ言うシンガロングまで登場しもはややりたい放題か!?
9曲目はかなりクサめの北欧シンフォメロデス要素が濃い疾走で始まるが
その後はアトモスフェリックなシンセのみのアンビエントなパートになり
幕を下ろすインスト曲。10曲目はAT THE GATESのカヴァー普通のメロデス要素
濃くブラスト、トレモロリフで爆走しシンセも乗る北欧シンフォニックブラックと
メロデスを混ぜ合わせたかのような仕上がり
だ!


カオティックコア、デスコア由来の変態変拍子や極悪ビートダウン
目立っているがそれと同じくらいの比率でシンフォニックなシンセ、
正統的な疾走感、北欧メロデス系のアレンジ、フレーズ
が目立つ、
曲構成に無理があるように感じられつつもその強引さがまた面白い
変態バンドである!クサメタラーからニュースクールキッズまで
幅広い層を取り込めそうか!?プロダクションが軽く篭り気味なのが
難点だがクサメロデスパートではそういう音質がまたクサメタラーには
美味しい
かも知れん!?短い繋ぎのインストが多くその辺がイマイチ
意図が見えず
アルバム全体も短いんだがAmazonで輸入盤が非常に
安い
んで興味があったら見てくれ!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 The Dirge Of Fallen Warriors、
Disembodiment、A Breathtalking Tragedy、Cosmic Wasteland、Cold







もどる


inserted by FC2 system