VERSAILLES







"LYRICAL SYMPATHY"




日本のヴィジュアル系様式美メロスピバンドのアルバム。


最近ヴィジュアル系界隈のみならずメタルシーンでも話題になっている
現代ヴィジュアルシーンの勝ち組ミュージシャンHIZAKI
宝塚系ヴィジュアルバンドLAREINEのシンガーKAMIJOと組み
新たなバンドを結成!その後PVを製作したところ一気に話題になり
海外のフェスからの参加依頼地上波で放送されたりとまさに今
シーンで最も熱いバンドだという事が出来るだろう!

そんな彼らの音楽性はHIZAKIのソロ時代から変わらない、ヴォーカルだけV系
シンフォニックでクラシカルでクサクサな様式美メロスピである!
イングヴェイの影響下にあるHIZAKIのネオクラギターワークは
ルックス最重視のこのシーンにおいて異彩を放つほどに本格的
HIZAKI grace projectからの続投となるツインリードの相方
TERUも切れのいいプレイで藍華柳時代から培ってきたメタルフレーズを
バンバン奏でてくれるぞ!LAREINE時代はナヨナヨした爬虫類ヴォイス
稚拙かつキモい印象の強かったKAMIJOのヴォーカルはHIZAKIの
楽曲に合わせてJukaを意識したのか低音で歌われており思ったほど違和感は無い。
またシンガーとしても成長したのだろう。歌唱力自体が向上しているな!

シンフォニックなイントロがお約束とも言える大仰さを発揮し
期待感を煽る!シンセはややチープめだがそれもまたクサメタル!
それに続く2曲目はクワイアに始まりツインリードがどこか
ロマンシング・サガみたいなクサメロを奏でるぞ!ピアノも
クサく優雅だ!全体的に疾走チューンではないが非常にドラマティック
めくるめく劇的クサ展開が堪能できるぞ!サビは疾走し滅茶苦茶クサい!
ギターソロは完全メロスピ系爆走でツインリードがたまらん!
3曲目はうってかわってノーマルなV系メロディーを持つも
全体的にはやはりダークな様式美スタイルを貫いている。
シャウト(デス声)も聴こえるがまぁV系的な弱弱しさが残っているな・・・
ギターのクラシカルなクサさはもちろん健在だ!4曲目はスラッシーな
爆走
を魅せる様式美メロスピチューンだ!焦燥感あふれるノイジーな
16分刻みはCARCASSの“HEARTWORK”を思わせる。サビは飛翔系の
明るさを持ちこの辺も典型的なメロスピ、クサメタルである!スペイシーなシンセも
曲に新たな味付けを施しているな。5曲目は物静かでメランコリックな
パートに始まりシンセによるハープが美しいオブリを入れ展開は
プログレッシヴとも言えそうな入り組み加減である。
6曲目はギターとシンセがネオクラシカルに絡み疾走する
SYMPHONY Xみたいな曲調だ!!滅茶苦茶クサいぞ!
シンセとユニゾンするギターソロも超ネオクラスタイルだ!
その後なぜかOiパンクみたいな掛け声が聴けるのも面白い(笑)。
ライヴで盛り上がりそうだが例によって黄色い声が主体なんだろうなぁ・・・!
ラストの7曲目はギターが泣きのフレーズを聴かせるバラード。
KAMIJOのヴォーカルもかつてのようなクセが無くなり聴きやすいな。
その分Jukaと比べてどう違うのかと言われても困るのだが・・・(爆)。


HIZAKI grace project時代から特に大きな変化は無くクオリティーの高い
様式美メロスピ
を堪能させてくれる!まぁプロダクションも変化無く
相変わらずドラムが埋もれてしまっているのだがその辺はまぁ仕方ない。
ヴィジュアル系のアルバムとしては2600円程度良心的な値段設定だが
その分アルバムの長さは30分ちょいとミニアルバム的である。
AmazonにはDVD付きの3300円位する初回盤しか無いが(爆)。
しかしこのクオリティーは値段云々以前に普遍的な価値があるぞ!
これ以前のHIZAKIの仕事っぷりが気に入っていたファンは勿論、
日本語詩、ヴィジュアル系ヴォーカルに偏見の無い様式美好き、
クサメタラーは是非とも聴いてみる事をオススメする!
この音をなぜヴィジュアル系でやる必要があるのか理解に苦しむ者も
いるだろうが、“メタル”ではなく“V系”だからこそかつてのXのような
成功が期待できる
やもしれん!かつてソニーのプレイステーションが
なぜ成功したのか!?
それはゲームやるマニア以外の層を
取り込めた
からに他ならない!Xもメタラー以外の層を取り込めたからこそ
あの成功があったのだ!!彼らもメタラー等ヴィジュアル系を聴く人間
以外の層
を取り込む事によってプレステやXのような成功を
収める事が出来るやもしれんぞ!?




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 95% お気に入り曲 全部







"NOBLE"




日本のシンフォニック様式美メロスピヴィジュアルメタルバンドのフルアルバム。


生半可なメタルバンドが裸足で逃げ出すスキル、クサさ、
クオリティー
を持ちメタルシーンに殴り込みをかける
現代最強のヴィジュアル系バンド、VERSAILLES待望の
フルレンス・アルバムである!クサヴィジュアル系の代名詞たる
存在はかつてはMALICE MIZER、Moi dix Moisだったのだが
いまや完全にVERSAILLESにとって変わられたな・・・!
Manaは完全に割を食っちまったと言えるだろう!
音楽性はまさしく近代クサメタルの髄を集めたかのような
究極レベルのクサさ、大仰さ、ドラマティックさを持った
超高品質様式美シンフォニック・ネオクラシカルメタルだ!
メロスピ、クサメタルシーン全盛期が如き破壊力を持ったキラーチューンが
これでもかというほど堪能できるぞ!

オーケストレーションとクワイアによる大仰なイントロから
期待感を煽りまくり、そしてそれに続く2曲目は大仰さを湛え
疾走する激クサシンフォニックメタルである!KAMIJOの
ヴォーカルも前作同様エモーショナル切れ味鋭いギターリフ、
疾走するドラム
も熱いのう!サビが優雅かつ滅茶苦茶クサいぞ!
間奏もやはり凄まじくクサすぎる!3曲目はうってかわって
80年代メタルのようなスタンダードなリフで始まるミドル曲。
だがやはりネオクラシカルなリフも登場し王道のV系的雰囲気
感じさせるサビが聴けるがその中にやはりクサさが内包されている。
途中プログレ的なリズムも聴けアコギ、ピアノも登場するぞ。
4曲目はいきなりネオクラシカルなギターとチェンバロのユニゾン
幕を開ける様式美メタラー号泣モノの曲だ!とりあえず
シャウト(デス声)的なヴォーカルも聴けるが例によって貧弱なのは
仕方ない。その後はクリーンでクサいメロを歌うぞ!途中の
オーケストラヒットはCHILDREN OF BODOMの影響だろうか!?
5曲目はどこか妖しげなリフが聴けるダークな曲。MARILYN MANSON
思わせるダークで怪奇的ながら妙なノリのよさを持ちデス声
コーラスも登場、コミカルさすら感じさせるゴシカルな雰囲気
実に妖しいのう・・・!だがギターソロはもろネオクラシカルだ(笑)。
やはりクサいぞ!6曲目は再び彼等の王道に立ち返りシンフォニックさを
内包した飛翔系の明るいメロスピである!サビがやはり異様なまでに
クサすぎる!7曲目はメランコリックなピアノとストリングス、そして
珍しく打ち込み風のリズム、トランス的なシンセがバックで聴こえる
バラード曲。どちらかといえばV系寄りのメロディーだがクサさは
やはりあるな。途中へヴィリフにスクラッチ音(!)まで登場するが
すぐにメロウなバラードに戻るぞ。8曲目はもろXのSilent Jealousy
リフに始まりツインリードもそれっぽいパクリッシュオーラに満ちた曲(爆)。
かつてシングルでリリースされそういう意味でも話題となった曲だな。
KAMIJOの変な英語詩の発音も気になりパクりが苦手な人にとっても
気になる曲だろうがやはり強烈なキラーである事に変わりは無い(笑)。
間奏はへヴィさ、シンフォさを醸し出しそしてカッコいいギターソロになるぞ!
9曲目はメロデス風味のリフで始まり疾走するがデス声は無く低音で
朗々と歌い上げるぞ!メロデスと言うかメタルコアとも言えそうな
雰囲気だな。ライヴでは左回りしてテコンドーだ!(爆)何度も同じ事
言ってるがやはりメロディーがクサいのう・・・!ネオクラ系の
ギターソロもたまらんわい!そのまま続く10曲目もアグレッシヴな
リフ
だがどちらかといえばイングヴェイ直系のリフだな。デス声シンガロング
登場し攻撃性を演出、ダークな様式美フレイバーに満ちやはりサビは
優雅かつクサいメロディーである!ADAGIOSYMPHONY Xを思わせる
雰囲気があるな。ネオクラシカルで超クサくも変則的なフレーズで始まる
ギターソロも強烈だ!ドラム、ベースソロも一瞬聴けるぞ。
11曲目は大作でミステリアスな雰囲気に始まりやがてシンフォさを
増しドラマティックで大仰なバンドサウンドが登場、スローテンポだが
それが実にシアトリカルな雰囲気を放っているな。チャーチオルガン、
打ち込みシンセ、へヴィリフも聴けヴォーカルが朗々と歌い
THERIONに通じるゴシックメタル的雰囲気もあるかもな!?まぁ実際には
メタルバラードと言える曲調だ。だが途中堪え切れず疾走開始!(爆)
非常に劇的だ!様式美の息吹を放つソロ、間奏、そしてまた疾走!
リフも練られており聴き所だ!イーヴルなシャウト(デス声)も聴けるぞ!
後半の泣きのソロも良いのう・・・!ラストの12曲目は
アルバムの終わりを告げるかのようなメロウなピアノバラード。


実は様式美メロスピだけではなく一味違ったスタイルを持った
楽曲も収められているのだがそのどれもが蛇足にはならず聴き所を
備えている
のが良いな!真に優れたバンドとは方向性を多少変えても
きっちり聴かせられるクオリティー
を持っているものなのだ!
楽曲、ギター共に非凡な素質を発揮するHIZAKIにどうしても目が行きがちだが他のメンバーも
曲を書いており
本作中特に高いクオリティーを誇る2曲目を書いたのは
KAMIJOだという点も見過ごしてはならないな!ヴォーカルも含めてB級どころか
C級以下
だったLAREINEの頃とはまるで別人のようである・・・!
人生どう転ぶか判らんのう!(爆)まさに見た目こそ
V系なれど音楽性は完全に超高品質様式美クサメタル!
バンドを見た目でしか判断できないバンギャの慰みもので終わらせるには
あまりにも勿体無いバンドである!我らメタラーが彼等をバックアップしよう!
曲の良さで正当に判断する我らメタラーが彼等を盛り上げなければならんな!
バンギャしかファンにつかなかったら見た目が派手なただのV系で終わっちまう!
それは音楽シーンにとって大いなる損失だもんな・・・!最大の欠点はやはり
V系特有と言えるボッタクリ設定の値段の異様な高さか・・・!?
俺等ビンボー市民にとってはこれだけは許せんのう・・・!(笑)
ホント、パンクシーンや同人シーンを見習って欲しいわい!日本語詩、
V系特有の喉歌に抵抗の無い全メタラーにオススメだ!
個人的本年度ベストアルバムがここに来てついに出たッ!!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 98% お気に入り曲 全部。特に“Aristocrat's Symphony”、
“Second Fear-Another Descendant-”、“After Cloudia”、
“The Revenant Choir”、“to The Chaos Inside”、“SUZERAIN”、“History of The Other Side”







"JUBILEE"




日本のシンフォニック様式美メロスピヴィジュアルメタルバンドのメジャーアルバム。


前シングルでメジャーデビューを果たしこれからという所で
べーシストJasimine Youのまさかの死去により滞りを
見せるかと思いきや悲劇を乗り越え活動を継続、ついに
メジャー初にして待望の2ndフルレンスアルバムを堂々と
完成させた日本最高峰のシンフォニックメタルバンドである!
完全にメタルレベルで評価できる演奏スキルはさらに切れを
増しKAMIJOのヴォーカルは相変わらず弱めだが多少は
エモーショナルさを増した印象があるな。楽曲のクオリティーも
メジャーに行ったからセルアウトしたとか、そんなクソみたいな
心配彼らには不要
である!相変わらずの豪華絢爛なヴィジュアル系
様式美クサメタル満開
で間違いなく本作も本年度ベストアルバム
上位に食い込む事だろう!


1曲目からいきなりの大作でオーケストレーション、
クワイア風のコーラス、ドラマティックなバンドサウンドが
聴けるシンフォニックメタルである!前半は淡々とした
展開
だが途中からプログレッシヴという訳ではないが
テクニカルなギターリフが登場し後半は疾走しかなり
クサいメロディーも出てくるぞ!2曲目は疾走メロスピ
ギターフレーズがいきなりクラシカルでクサい!それでいて
普通の様式美メタルバンドとは異なる彼ら特有の優雅な
雰囲気
がプンプンでこの個性も強力な武器だ!ギターソロも
非常にドラマティックでたまらんのう・・・!3曲目は
キャッチーさを持ったコーラスで始まるもリフはモダンな
へヴィさ
があるぞ。途中ピアノとアトモスフェリックな
シンセ、ストリングス音が聴けポップチューンながらも
独特の美意識は忘れない!その後のギターソロも短いながら
構築されたフレーズを聴かせてくれるぞ。4曲目は
さっそくアグレッシヴなドラムとオーケストレーション、
ドラマティック極まりないツインリードで疾走開始!
リフもアグレッシヴかつテクニカルでバックの
ストリングスも劇的さを演出している!サビメロは
大仰な中にキャッチーさがあり流石のセンスを感じさせ
ピアノソロも実に流麗である!5曲目はクリーンなギター、
ヴァイオリンが聴け穏やかな雰囲気を感じさせるポップな
バラード系でメロディーのつくり等ノーマルなV系
接近しているな。6曲目はなんか遊園地みたいな華やかな
ギター、ストリングスが聴ける繋ぎのインスト。続く7曲目は
プリミティヴなパーカッションにクラシカルなストリングス、
クワイアが聴けドラマティックで大仰なギターが登場!
そしてミュージカル風のコーラスが盛り上がりギターが
クラシカルな高速ユニゾンリフを奏でる疾走チューンとなるぞ!
サビはどこか和風というか歌謡曲っぽいクサさを感じさせるのう・・・!
ギターソロもバリバリと弾き倒しており聴き所だ!8曲目は
穏やかに始まりこれまた壮大に盛り上がりつつもヴォーカルが入ると
静寂になるバラード系だが間奏はアコギがボサノヴァ風
様式美のみではない素養を見せてくれるぞ。9曲目は大仰かつ
タイトなバンドサウンド、オーケストレーション
で始まり
デスラッシュ並のアグレッションを見せる彼らとしては
かなりへヴィな曲だ!電子音も登場し弱弱しいがデスヴォイス
聴けるぞ!サビはやはりキャッチーかつドラマティック
実にセンスが良い!ギターソロでもウネウネしたシンセ
ユニゾンし一風変わった雰囲気を出しているな。10曲目は
妖しいスキャット、鐘の音で始まりこれまた大仰なストリングス、
ギターで爆走する攻撃的な部分が前面に押し出された曲だが
キメのリフはかなりテクニカルだな。ヴォーカルが入ると
テンポが落ちるもサビの盛り上がりは半端ではなく再び
タイトな疾走を見せるぞ!インストパートのリフの切れは
凄まじく
オーケストラヒットも印象的だな。中盤のリリカルな
チェンバロ
が聴けるブレイクパートもかなりクサいのう・・・!
その後のギターはお約束的なクサクサクラシカルフレーズ
ツボを突きそしてソロに突入!前作の“The Revenant Choir”に
似たフレーズが聴け
後半のオーケストレーションは
“Aristocrat's Symphony”を思わせるものがありやはり
意識してこういうアレンジにした
のだろうか!?11曲目は
ヴァイオリン、チェロ、ピアノが聴けるクラシカルなバラード。
途中バンドサウンドが登場し盛り上がりヴァイオリンのフレーズも
実にクサい!泣きのギターソロもやはり
エモーショナル大きな聴き所である!
12曲目はSE、海外のエピック系シンフォメタルのような
英語語りが聴けストリングスが大仰なリフを刻む凄まじい
緊迫感
を感じさせる映画のサントラのようなアウトロ曲。


メジャーだからといって妥協する気一切皆無の、前作同様の
超絶シンフォニック様式美メタル脱糞もとい脱帽である!(爆)
やはりメジャーでセルアウトするバンドというのはインディーズの
段階でまだ自分達の確固たるスタイルというものを築いていない
連中なんだろうなぁ・・・!こういう完成されたバンド
契約する場合はレーベルもあれこれうるさい事は言わないのだろう。
前フルアルバムからメロスピ一辺倒ではなく様々な曲調が
収められていたが本作はさらにそういった面が強くなり
プログレッシヴになったとか、そういう訳ではないが若干即効性が薄れた感じがあり
聴き込めば聴き込むほど味を増すスルメ的側面を持っているな。
欠点は前作と同じ国産バンドらしい音質の軽さくらいなもので
KAMIJOのヴォーカルも音楽性にマッチしておりこれくらいなら個人的には
まぁ許容範囲である!若干バラードが増えた印象はあるも
前作が気に入ったメタラーなら本作でもガッツポーズ間違い無し
新たな名盤の登場だ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 97% お気に入り曲 God Palace -Method of Inheritance-、
Ascendead Master、愛と哀しみのノクターン、Catharsis、
月下香、PRINCESS -Revival of church-







"Holy Grail"




日本のシンフォニック様式美メロスピヴィジュアルメタルバンドの3rdアルバム。


最近とみに増えてきたヴォーカルだけV系でそれ以外は完全にメタルなサウンド・・・
ありがちなDirフォロワーではない、ホンマモンの正統派メタル、メロスピスタイルを持った
ヴィジュアル系メタルバンド最高峰に位置するバンドのフルアルバムとしては通算3作目に
あたる1枚
である!メジャーとしては2作目だが多くのV系バンドがメジャー進出後
遅かれ早かれセルアウトどうでもいいような使い捨てポップスに成り下がってきた・・・!
そんな腐った風潮に敢然と中指を立てるかのようにその音楽性は不変!相変わらずの
大仰、壮麗なシンフォニック様式美メロスピチューンのオンパレードでやはりハイレベルな
クオリティーでクサさ、ドラマティックさ、疾走感を見せ付けている!ベースも新たに加入
手数多いプレイを披露、ソロも多くフィーチャーされているのう・・・!

1曲目は早速のオーケストレーション、クワイア壮麗なシンフォニックさを放ち
バンドサウンドも登場、タイトなアンサンブルで緊迫感を放つも疾走はせず大仰かつ
落ち着いたムードを放っており
KAMIJOのヴォーカルもオペラティックさに磨きが
掛かっており
さらに上手くなっておるのう・・・!サビは疾走し実にドラマティックで
クサいメロディー、アレンジを披露する!
インストパートはベースソロも顔を出し
ギターはアーミングを見せその後ドラマティックなソロを聴かせてくれるぞ!
2曲目はイントロから勇壮なツインリード、オルガンが登場し疾走、タイトに刻まれ
オブリもバンバン放り込む
ギターがメタラーのツボを押さえたアレンジでサビは
キャッチーさがあるな。ギターソロは速弾きに始まり流麗なフレーズを奏で
ベースも目立ち
非常にドラマティックなプレイを聴かせてくれるのう・・・!
ラストのリードギターもメロディアスでクサくたまらんわい!3曲目はインダストリアル的な
ムード
を放つイントロで始まるもすぐにオーケストレーション、クワイアが顔を出し
スローテンポだが大仰で劇的なムードを放っておりベースも目立っている。4曲目はやはり
イントロからギターがクサくピロピロ舞い疾走!これまた強烈な様式美メロスピチューン
ヴォーカルは落ち着いたムードを醸し出しているがバッキングはギターがオブリを
バンバン放り込み
実に派手な印象があるぞ!サビも耽美ムードプンプンやはりクサい!
ギターソロはイングヴェイ直系のネオクラシカルスタイルで様式美ムードを放ち構築された
ドラマティックさ
があるのが良いな!5曲目はツインリードが妙にポジティヴなムードを醸し出し
ピアノ、クリーンギターがリリカルさを放つメルヘンなムード漂うバラード曲。
後半ではアコギのストロークも顔を出し珍しい所もあるな。6曲目はまるで
ディズニーのサントラのような大仰さ、ロマンティックさを持ったストリングスが聴け
その後これまたメルヘンライクなピアノが顔を出しヴォーカルも穏やかに歌い曲調もこれまた
ポップなバラード・・・というか宝塚風(?)でこういう曲調が連続するのはメタラー的に
好ましくない
・・・と思いきや2分を過ぎた所で疾走!ギターがソロを弾きメロスピとなるぞ!
サビはスローになり優雅なピアノも聴けツインリードのソロも劇的じゃのう!7曲目はインダストリアル的な
ムード
を持ったへヴィなバンドサウンドが聴け邪悪なムードで疾走!シンセも電子音寄りになるが
それでもギターは速弾きでオブリを入れヴォーカルはクリーンだがデスVo系のシンガロングも披露、
メロディーは相変わらず耽美だがアグレッシヴな曲調になっているな。ギターソロはやはり
ドラマティック極まりないプレイで素晴らしいのう・・・!8曲目は大仰なオーケストレーション
幕を開けこれまたへヴィなギターリフが顔を出し重厚なムードを演出する繋ぎのインストで
9曲目はシリアスさを保ちつつ軽快なテンポでギターもリードフレーズを披露しヴォーカルは
耽美かつキャッチーなメロを浪々と歌っているぞ。サビはやはりクサくギターソロ後の展開は
テクニカルプログレッシヴな要素もあるな。後半でハモンドも微かに聴けるぞ。
10曲目はアコギ、ストリングスが叙情性を演出しヴォーカルも穏やかでマイルドな歌唱を披露し
スキルの向上が生きたメロウで壮麗なバラードである。11曲目は早速のオーケストレーション
ベースが唸りチェンバロがキラキラ舞い疾走・・・というよりはアップテンポで展開する様式美メタルチューン
ギターやシンセのアレンジ、オブリがやはりいちいち良いのう・・・!デスVoシンガロング
プログレメタル系のアンサンブルも顔を出すぞ。ソロ後のアコギがまた新鮮だな。
12曲目はピアノのようなオルゴールのような音色に始まりバンドサウンド、ストリングスシンセが
盛り上がり
その後はギターがこれまた珍しいフュージョン寄りの泣きのプレイを披露、その後は
彼ららしいアレンジでドラマティックに盛り上がるメタルとなるもヴォーカルは登場しないまま
大作の様相を醸し出し3分半を過ぎた所で疾走開始!その後はテクニカルなリズム、
アンサンブル
プログレメタル然としたムードを放ちベースも唸り再び疾走、6分過ぎで
泣きまくりのギターが聴けエモーションも強烈でそして7分経った所でようやく
ヴォーカルが登場する!
この曲カラオケ入ったらどうなるんだ!?(爆)
9分半でフラメンコ調のアコギが登場しそしてどこか民謡というか中東ライクなフィーリング
発散されそしてドラマティックに疾走、ラストは泣きのツインリード、コーラス
ドラマティックに盛り上がり壮麗なムードのまま幕を下ろす16分超えの大作である!
13曲目は優雅なストリングスが余韻を残すアウトロだ。


プロダクション自体は相変わらず軽さが残っているがそれでも音の厚みはあり大仰さ、派手さは不変で
上手いベーシストが入ったようで過去作以上にベースが目立っておりバッキングは勿論ソロも
多く披露、
KAMIJOのヴォーカルもさらに向上しており浪々としたオペラティックな雰囲気を持った
歌唱を聴かせ音楽性にマッチしたパフォーマンスで好印象である!サビメロ等が若干ポップ寄りになった
印象のある曲も目立つがセルアウトなどとは無縁の次元に存在しているのは言うまでも無いな。演奏テク、メロディーセンス、
細部まで練り込まれたアレンジ等本作もやはりヴィジュアル系・・・いや日本のバンドの頂点に位置する
超高品質なクオリティーを持った1枚
と言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 94% お気に入り曲 MASQUERADE、Philia、Flowery、Faith & Decision







"Versailles"




日本のシンフォニック様式美メロスピヴィジュアルメタルバンドの4thアルバム。


何と残念極まりない事に年内(2012年)を持って活動休止が決定してしまい
本作は活動休止前のラストアルバムとなってしまった!何てこったい!
日本音楽会の多大な損失である!
相も変わらずゴミばかりの売れ線J-POPに加え
コリアン連中にまで席巻されたド腐れメジャーシーンだがそんなアゲインストな
風潮
にあってひと握りのホンマモンは確かに存在していた・・・!その内の一組が
彼らVersaillesなのだ!


そんなわけでラストアルバムとなってしまった本作、方向性としては流石の
本格派
だけに日寄るような事は無く過去作の流れをしかと汲んだヴィジュアル系
シンフォニックメタル/メロスピ
を踏襲しており実に頼もしいがその一方で
非疾走、非クサメタルモダンさのあるヘヴィチューン明るく穏やかな
バラード
も多くこの辺は評価が別れる部分だろう・・・!

1曲目は1stのイントロと同様のオーケストレーションによるイントロで続く2曲目は
定番のヴィジュアル系メタルとなり疾走もしているがそれ一辺倒では無く正統派的な
リフワーク
も顔を出しつつヴォーカルは耽美さがあるのう・・・!サビはキャッチーな
メロディー
を披露しツインリードがまたクサく、ギターソロも相変わらずテクニカルで
流麗さを放ち
バックではクワイアも顔を出すぞ!3曲目はチェンバロ、チャーチオルガンが
クサメタラーの琴線に触れるイントロ
からドラムが勢い良く飛び出し優雅なギターも登場!
ライヴでもプレイされたドラマティックで大仰なシンフォニックメタルチューン
途中プログレメタル化する箇所もあり実に劇的だがライヴで聴いた印象と同様
ヴォーカルメロが弱いのが惜しいか!?4曲目はやけにモダンなヘヴィさを放ちつつ
リズムはテクニカルな印象もあるVersaillesらしからぬ怪し気なミクスチャー風メタル(!?)
ヴァイオリンの音色も顔を出しサビはそこそこキャッチーか!?中盤は
さらにミクスチャー化シンガロングも登場するぞ!5曲目はピアノに
デジタルリズム
穏やかなメロウさを演出した後明るめのポップなリードギター
聴けるこれまたVersaillesらしからぬライトな曲だがそれでも優雅さがある辺りは
流石の個性じゃのう・・・!6曲目は和のムード漂う尺八シンセモダンな
ヘヴィリフ
が顔を出しVersaillesなのに和風というミスマッチ感が強烈で
ヴォーカルメロはなかなか良いがちょいと淡々とし過ぎな部分もあるか!?7曲目は呟きVoに
クリーンギター
で幕を開け淡々としたバンドサウンド、ストリングスシンセが登場、
その後はピアノ、クリーンギターによるバラードとなるが何と10分ある大作
中盤はシンフォニックなストリングス泣きのギター、さらにベース
穏やかなムードを演出しているのう・・・!8曲目は前作の“MASQUERADE”ストリングスと
泣きのツインギター
でアレンジしたインスト。そして9曲目はモロに“Emerald Sword”なイントロで
クサく大仰に疾走する待ってましたのメロスピチューンだ!やはり彼らはこうでなくてはな!
サビも相当なクサメロで日本人らしい歌謡テイスト溢れるメロディーを披露、
ギターソロはそれ程でも無いがラストはまた盛り上がるのう・・・!10曲目は彼ららしい
耽美な華やかさ
を持ちつつもどこかオーソドックスなHM/HRに近いアップテンポチューンで
サビは歌謡曲的なクサさがあり収録曲順で損をしている楽曲だと言えよう・・・!
11曲目はピアノがメロウさを放ち泣きのギター、バンドサウンドが穏やかさを出す
バラード曲で過去曲のリメイクとなっている。


キラーチューンもしかとあるが過去のそれと比べると勢いが弱まっており
その上首を傾げたくなる微妙な非疾走曲も多くこれまでの彼らのアルバムのクオリティーを
考えると正直微妙な面が目立っておるのう・・・!前作くらいからちょいと
明るさが出始め
クオリティーは普遍なれどそこに危機感を覚えていたが本作で
それが如実に出始めちまったのだろうか!?まぁ9曲目は彼らの楽曲の中でも
トップクラスのクサさを持ったキラーチューンだがこれ1曲だけでは正直物足りんわい!
並のバンドならこれ1曲で良いのかも知れんが彼らにはもっと高いレベルを
期待したい
所じゃ・・・!それだけに活動休止はつくづく惜しいのう!
昔は良かった
のに今はすっかりゴミ化したクソバンドが生き長らえる一方で
Versaillesのようなバンドが消滅するのは納得いかんがこれも宿命か・・・!
病に冒されたトキの拳をひたすら惜しむケンシロウやラオウの心境がよう判るわい!(爆)
俺の墓標に名はいらぬ!死すならば闘いの荒野で!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 ROSE  Rhapsody of the Darkness  Brave







もどる


inserted by FC2 system