VOLCANO







"Violent"




日本が誇る慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏率いるバンドの1stアルバム。


GARGOYLEアニメタルで手腕を発揮し多くのギターキッズに
影響を与えた慟哭のギターヒーロー、屍忌蛇氏率いるバンドである!
ヴォーカルに元AIONのNOV氏を向かえバックも実力派で固めた
このバンド、音楽的にはGARGOYLE時代のようなスラッシュメタルの
アグレッション
を持ちつつそこに北欧メロデスの慟哭リフを取り入れ
さらにへヴィさを増し、さらにそこに乗るヴォーカルはデス声ではなく
いたって正統派の、パワフルなメタリックハイトーンシャウトという
独自性を持ったスタイルを確立していると言えるだろう。
そしてかねてより定評のあった屍忌蛇氏のギタープレイはここにきて
さらに冴え渡っているかのような、この世のものならざる鬼気迫る
慟哭っぷり
を見せているぞ!!

1曲目は叙情的なギターと日本語発音な英語の語りが聴ける
ドラマティックなイントロでそれに続く2曲目は北欧メロデス的な
叙情慟哭リフ
で疾走!そしてギターが泣きのフレーズ
披露しヴォーカルはデス声ではない正統派メタルのパワフルな
ハイトーンシャウト
を聴かせてくれるぞ!実に熱い曲だ!
サビメロとそのバックで聴けるリードギターは半端なく素晴らしく
ツインリード、ギターソロの劇的さは凄まじいの一言である!!
泣きまくりクサクサフレーズが琴線に触れまくりだ!こんなに
カッコいいギターそうはないぞ!ラストに聴けるギターソロも
もはや神の領域に足を突っ込んでおる!3曲目もイントロから
ヤバすぎる慟哭の疾走だ!ヴォーカル、野郎シンガロング
滅茶苦茶熱くギターソロは凄まじい切れ味のシュレッドに始まり
メロディアスな泣きを発散!速さ以上にメロディーを重視した
ネオクラシカルな高速慟哭フレーズに思わず身悶えしそうだ(笑)。
4曲目はへヴィかつノリの良いリフで始まるアップテンポチューン。
ヴォーカルの歌いまわしもカッコいいのう!普通本作レベルの
ギターが目立ったアルバムだとどうしてもヴォーカルは添え物程度の
存在感
しか出せないものなのだが本作はヴォーカルも素晴らしい!
この曲のギターソロも神がかった泣きを聴かせてくれるぞ!
タッピングやスウィープを駆使しつつもあくまで根底にあるのは
泣き、慟哭である!ソロ後のヴォーカルもカッコいいのう・・・!
5曲目は慟哭しまくりの胸を焦がす泣きギターが早速聴ける
へヴィチューン。やはりこの曲も、何度も同じ事書くが
ギターがあまりにも素晴らしすぎる・・・!途中のピアノ、アコギ
メロウさが半端ではなくそこに現れるヴォーカルの、嘆きの如き
ハイトーンスクリーム
が曲の情感を引き立てているな。その後のソロも
勿論強烈だ!クサい!クサすぎるぞ!!6曲目はグルーヴ重視の
モダンリフ
が聴ける激へヴィなロックンロール曲。このへヴィさは
PANTERAに通じるものがあるな。だがツインリードでハモるソロが
曲調にそぐわない慟哭フレーズであるということはわざわざ
言うまでも無かろう(笑)。まぁハモり後は曲調に合わせた
ダイムバック的ソロになるが・・・。7曲目は凄まじく
重量感のあるスローでへヴィなイントロで始まるがやがてドラムが
暴れテンポが上がりギターが慟哭のフレーズを紡ぎミドルテンポ
展開していくぞ。ギターもいいがヴォーカルもいい仕事しとるわい・・・!
ソロはやはり泣きまくりである!IN FLAMESのようなフレーズが聴けるぞ。
8曲目はまるでブラストのような爆走ドラムに始まりアグレッシヴに
切り込むリフが登場、そのまま爆走かと思いきや実際は
アップテンポ止まりで展開していく曲。ギターソロがやはり最大の
聴き所だがヴォーカルメロディーも哀愁漂う正統派ってカンジで良い!
そしてラストはだんだんとテンポが上がって終了する。
9曲目はタッピングみたいなギターで始まりメカニカルなドラム
聴けた後疾走開始!コーラスも美しさすら感じさせるほどに劇的だ!
そして微妙な語り(爆)が聴けコーラスがジャーマン的にオーオー言った後に
ネオクラシカル系のハモりソロが登場!やはり慟哭しまくり泣きまくり
メロウすぎ
でたまらんわい!バンド名を冠した10曲目はメロデス的
慟哭リフ
でへヴィさを出した後野郎シンガロングが聴け爆走!!
ヴォーカルも凄まじく攻撃的でギターリフも熱すぎる!慟哭オブリ
聴き手を興奮させ途中のリズム落ちパートもへヴィである!
そしてヴァイオリンとアコギが胸を掻き毟る高密度の叙情性を演出
次の瞬間ギターが究極レベルの慟哭を解き放つ!最高だ!最高すぎる!!
GARGOYLEの“DOGMA”のソロも神の領域に到達していたがこの曲も
それと同等レベルの壮絶さである!!そしてラストの11曲目は
アコギによるメロウなインストの小曲。


個人的に最近へヴィ嗜好になっているということもあって
本作が持つアグレッション、へヴィさが今の俺の感性を刺激し
慟哭を極めたかのような叙情泣きまくりギターが昔も今も
変わることの無い俺の感性をくすぐりまくる至高の1枚である!
あのフレドリック・ノルドストロームがマスタリングしているだけあって
プロダクションもアグレッシヴ極まりない素晴らしさである!
その慟哭極まるギタープレイは多くのバンド、ギタリストに影響を与え
LIGHTNINGSERPENT等といった後続に見事受け継がれている!
本作が廃盤だったと言うこともあり聴こう聴こうと思っていながらも
今まで本作が手に入らず未聴だったのだが予想以上に素晴らしい
アルバム
であった!ちなみにバンド自体も活動停止していたが最近再結成
今年(2008年)4月あたりに鹿鳴館でライヴもやるらしいぞ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 95% お気に入り曲 全部。特に“KILL ALL OF ME”、
“GHOST”、“VOLCANO”







"DAVI"




日本が誇る慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏率いるバンドの2ndアルバム。


日本が誇る慟哭しまくりの泣きの激情ギタープレイを武器とする名ギタリスト、
屍忌蛇氏
によるバンドの2作目のアルバムである!ようやく待望の3作目がリリースされるも
1st、そして2ndの本作は廃盤になっており俺は両方ともユニオンで運良く3000円でゲットできた
是非とも再発して頂きたいものじゃ・・・!音楽的には前作と変わらずヴォーカル以外はメロデスと
呼べそうな音楽性
を追求しておりそこまで疾走、爆走している曲は少なくノリの良いテンポ
アグレッシヴかつへヴィでタイトなバンドサウンドを主体とし、そこにNOV氏による
超パワフルにして独特の哀愁が込められた熱いヴォーカルが乗り正統派とも、スラッシュとも
メロデスとも呼べないVOLCANO独自のエクストリームメタルが完成している!

1曲目は焚火のSEから早速叙情的なギターが顔を出しメロディックデスに通じる
慟哭のハモリを見せそしてへヴィなバンドサウンドが登場!実にタイトで重々しい
正直音は前作と比べて悪くなっているな・・・!(爆)そしてアグレッシヴに爆走し
スラッシーさすら感じさせヴォーカルも絶叫で始まり吐き捨てるように歌うぞ!
デスラッシュ風
に感じられなくも無いがギターソロは慟哭しまくりの激情メロディー
紡ぎ出しかなりドラマティックだ!2曲目はイントロから劇的なギターが聴けつつも
リズムはアグレッシヴかつノリが良くギターソロは期待通りの完全メロディー重視の
プレイ
物悲しいフレーズを紡ぎハモリも印象的だな・・・!3曲目はこれまた
ノリの良さが感じられるリフ、リズムで展開し語りのような呟きからかなり
パワフルなヴォーカル
が登場!ベースラインも目立っておりギターソロはかつてのIN FLAMES
思わせる泣きの慟哭メロディーが聴けるぞ。4曲目はカウント音のようなカンカンした
スネアの音
こそちょいとチープなムードがあるもリフはモダン系のへヴィさがあり
全体的にどこかロックンロール風というか、モダンになったLAメタルと言えそうな
曲調に仕上がっているな。ギターソロはメロディアスさを保ちつつもこれまた
ノリの良い部分
がありアメリカンなスタイルに接近している!5曲目はグルーヴィーな
モダンへヴィネスの重いノリ
を放つリフから慟哭のハモリギターが顔を出しバックで
聴こえるハモンドの音色が劇的さを増しておりヴォーカルパートはどこかプログレに
通じるムード
を醸し出し70年代ハードロック今風のへヴィさでコーティングしたかのような
曲調でメロディーは良くミュートフレーズ、ギターソロは実にメロディアスハモンドソロも顔を出すぞ!
6曲目は早速のアグレッシヴなリフ、バンドサウンドで疾走しモダンなグルーヴを出しつつも
デスラッシュ的なムードが放たれるへヴィでパワフルな曲だ!ヴォーカルも
低音気味邪悪さが醸し出され男臭いシンガロングも熱いのう・・・!
そしてギターソロは実に構築された怪しい東洋的なプレイミュートされたハモリによる
ドラマティックなフレーズが聴け完全なるメロディー重視のプレイスタイルになっているぞ!
7曲目は早速の攻撃的でタイトなバンドサウンドがテクニカルな部分を見せ、ヴォーカルが入ると
叙情的な要素も醸し出されハモリのリードギターはかなり劇的でドラマティックな泣きを見せており
短いのが実に惜しいわい!ギターソロはどこか和のムードを醸し出す実にメロディアスな
プレイ
でこの辺のセンスが実に非凡じゃのう・・・!8曲目はバイクのSEからタイトで
ノリの良い正統派メタル然としたバンドサウンドが聴けるアップテンポ曲でヴォーカルも
パワフルに歌うがバックのリードギターはやはり慟哭するメロディアスなプレイ
緊張感を放っているぞ!ソロはギターとベースがユニゾンしまるでRACER Xのような
テクニカルなプレイ
から始まり全体的に泣きも然る事ながら技巧的な部分も垣間見せる
スタイルになっているな・・・!8曲目はベースで始まるシリアスさを醸し出すスロー曲
ヴォーカル、アコギがかなり叙情的な空気を発散しておりパワーバラードと言えそうな
へヴィかつ哀愁漂うメロディアスなアレンジが施されておるな。ギターソロは期待通りの
泣きまくりのプレイ
でハモり速弾きもタメを効かせたプレイも全てがエモーショナルである!
9曲目はタイトなドラムに始まりギター、ベースも顔を出しそしてメロデスばりの慟哭リフで疾走!
ヴォーカルの吐き捨てパートがまたノリの良さ、カッコよさがあり男らしい魂の咆哮(デスVoではない)も聴け
ギターソロもいつになく速弾きをしつつもその後はやはりメロディアスな泣きの慟哭で構築されておる!


前作同様モダンでアグレッシヴかつギターが慟哭しまくり、ヴォーカルもパワフルな
正統派メタル系のシャウトスタイルで熱さと哀愁を醸し出す独自性を持った
エクストリームメタル
がこれでもかというほど堪能できクオリティーは極めて高い
プロダクションだけはフレドリック・ノルドストロームがマスタリングした前作と比べて
劣っており特にドラムの、スネアの音がやけにカンカンしているのがちょいと気になるし
ギタープレイの充実に比べてヴォーカルメロディーにフックが無いのも
惜しい部分だが総じてクオリティーは高く極められたギタープレイというものを聴きたければ
かなりの満足度が得られるであろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部







"MYTHOLOGY"




日本が誇る慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏率いるバンドの3rdアルバム。


最近は日本の有名なHR/HM系アニメ作品にギタープレイを提供した事でジャパニメーション・ギークにも
その名が知れ渡っているらしい慟哭ギターの名手、屍忌蛇氏率いるバンドによるおよそ10年振りの
待望の新譜である!
音楽的には当然の事ながら普遍のスタイルを築き上げており、過去作と変わる事の無い
慟哭しまくりの泣きのエモーショナルがギターが日本人の琴線に触れまくる叙情的なプレイを放ち
リフ、リードギター、ソロ等北欧メロディックデスばりのフレーズがこれでもかというほど聴け、
そこにNOV氏の超パワフルでアグレッシヴかつ独特の哀愁を醸し出すシャウトタイプの強靭な
ヴォーカル
が乗りVOLCANO以外の何者でもない独自性あるエクストリームメタルに仕上がっているぞ!

1曲目はまるで息遣いのようなシンセ(?)に始まりピアノと共にへヴィなバンドサウンドが登場、
泣きのギターも顔を出し長めのイントロを経てメロデスばりの慟哭リフと共に疾走開始!ヴォーカルも
噛み付くようなパワフルな歌唱でどこかノリの良い面白みのあるメロディーを歌うぞ!
バックで聴けるリードギターも印象的でデスVoのような吐き捨てシャウトも聴けギターソロは泣きの叙情メロディー
紡ぎ出す慟哭エモーショナルプレイ完全メロディー重視である!2曲目は早速の重厚な
リフで疾走、
北欧メロデスばりのアグレッションと叙情味を放ちヴォーカルも超パワフルな
吐き捨てシャウト
で歌いギターソロは速弾きで切り込みやはりメロディー重視の泣きが炸裂だ!ベースも目立っているな。
3曲目は正統派メタルに通じるノリの良さを持ったへヴィかつ軽快なアップテンポ曲。ギターソロも
慟哭、泣きは忘れていないがそんな感じのノリを感じさせるな。4曲目はノイジーさすらある
へヴィなバンドサウンドが重苦しさを放つドゥーミーなスローチューン。ヴォーカルもデスVoとまではいかないが
かなりの低音で歌い邪悪なムードを醸し出しているな・・・!それでいてギターソロは従来通りの泣きのプレイ
この辺がやはり美味しい所じゃのう・・・!5曲目はスパニッシュ的な叙情アコギで幕をあけ
タイトなリフが哀愁を放つパワーバラード系のエモーショナルな曲。ヴォーカルがいつになくソフトな歌唱
披露しており表現力の豊かさを感じさせギターソロはやはり強烈な泣きのプレイだ!6曲目はモダンな
へヴィさを持ったリフ
で疾走しつつもどこかノリの良さを感じさせヴォーカルは一部でデスVoも披露するぞ!
オーオー言うコーラス、サビのシャウト系シンガロングも熱くライヴで盛り上がりそうだな・・・!
そしてアコギソロが顔を出し哀愁を放ちギターソロはヒロイックさを感じさせる勇壮かつ男泣きの
叙情性
に満ちた屍忌蛇氏以外の何者でもないプレイが堪能できるぞ!7曲目はヴォーカルがやけに
低音で邪悪に歌う
モダンさを持ったミドル曲。リフワークは正統派メタルに近いスタイルでサビの
シンガロングがこれまた熱くデスVoとノーマルVoの掛け合いも顔を出しギターソロはこれまた
メロディアスな泣きのプレイである!8曲目はこれまたモダンな要素のあるリフで幕を開け
ノリの良さを醸し出すリズム、加工された吐き捨てヴォーカルが噛み付くようなアグレッションを放つ
アップテンポ曲でギターソロはやはり歌心に満ち溢れたメロディアス極まりない哀愁の
男泣きフレーズ
てんこ盛りだ!9曲目は珍しいストレートなメロパワ要素の濃い疾走チューン
ギターリフもそんな感じに仕上がっておりブリッジではベースも目立ちオブリを入れるギターも良く
ギターソロは当然のように構築美に満ち満ちたメロディアスなプレイでツインリードがまた良いのう・・・!
10曲目はモダンさのあるリフがグルーヴィーさを出しヒステリックな高音シャウトと共に疾走開始!
ガテラル気味の低音デスVoも披露されブリッジで再びグルーヴが強調されたスローテンポになり
シンガロングは男臭い熱さに満ちておりギターソロはさらにテンポアップしかなりのドラマティックさがあるぞ!
クラシカルさすら感じさせるシーケンスフレーズが恐ろしくカッコいいのう!


正直プロダクションは過去2作と比べてさらに悪くなっているが(爆)、それ以外は日の打ち所が無く
メロデス以上の慟哭を武器とするエモーショナルパワーメタル(?)に仕上がっており前作で
弱く感じたヴォーカルメロディーも良くなっているがあくまでも無骨さ重視でそこまで
キャッチーにはならず、メロディアスな部分は全てギターが担っているかのような潔さが
また男らしい
のう!ジャパニメーション曲にギターを提供しツアーもしたようで、
メタルを知らないタイプのアニメキッズも本作に手を出すだろうが、これが屍忌蛇氏の
本気
であり、ナードに媚びたアニソン女性Voとは間逆のパワフル極まりない
漢ヴォーカル
こそがへヴィメタルの真髄なのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 92% お気に入り曲 全部







"Melt"




日本が誇る慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏率いるバンドの4thアルバム。


泣きのエモーションにおいて他の追随を許さぬ凄まじさを見せつつも、ツイッターでの
暴言で人気を博す(?)
慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏率いるスーパーバンドによる、通産4作目となる
待望の新作である!叙情メロデスのリフデスラッシュのタイトさ、突進力、
そして正統派パワーメタルの最高峰に位置する強靭過ぎるVo慟哭しまくりの
泣きまくりエモーショナルギター
という独特のスタイルは本作でも健在!1stこそ北欧の
超大物フレドリック・ノルドストローム
がマスタリングしたため音は良かったものの
2nd、3rdは自主制作レベルのプロダクションでそこが弱点だったが、本作ではまだ
ドラムに軽さが残っているものの結構マシになって来ただろうか!?

1曲目は勇壮な中に哀愁も感じられるオーケストレーションによるヒロイックなイントロで、
続く2曲目は早速パワフルに疾走!音作りがかなりストロングで、やはりギターソロの
泣きっぷり
が凄まじく、メロディーラインもクサさすら感じさせる構築美を見せておるわい!
3曲目はメロデス色濃い叙情リフパワフルなVoが乗り硬派さを放ちつつ
これまたギターソロが最高である!4曲目は無骨で硬派な正統派らしさを放ちつつ
メロウなクリーンギターも登場、男の哀愁を漂わせるギターソロもまた素晴らしく
NOV氏のヴォーカルもまた憂いがあるのう・・・!5曲目はSEに始まり無骨な重厚さ、ヘヴィさ
漂わせるモダン色濃いワイルドなムードを放つが、その後は何とかなりデスメタルに
接近したアグレッション
を放ちブラストで爆走!ヴォーカルもグロウル絶叫を交え
ありそうで無かった曲
だが、ギターソロはやはり泣いているぞ!6曲目はヘヴィな禍々しさが見られ、
ギターフレーズ等初期の頃のARCH ENEMYに近い印象のあるスローチューン。
やはりギターが叙情的で良いな・・・!7曲目は再びストロングな突進力を放つ
ファストチューンで、ヴォーカルがこれまた荒々しいグロウル、シャウトで凶暴さを
見せているな・・・!
8曲目は意外にも明るめな印象のあるギターが登場、ヘヴィだが
キャッチーなノリの良さがあるぞ。ベースも無骨な重苦しさを放っており良いな・・・!
9曲目は禍々しさを放ちつつ疾走!エクストリームメタル的な印象もあり
どこかハードコア的な空気も感じられるだろうか!?10曲目はストリングスシンセによる
クラシカルな繋ぎ
で、11曲目は近代歌謡ジャパメタ的なクサいリードギターが聴け疾走!
メロデス、デスラッシュ要素は無くLIGHTNING寄りのメロパワ的な
印象があり
これも新鮮だな・・・!12曲目は細かいギターと共にこれまた疾走しており
荒々しいデスラッシュ的な印象
もあるぞ!13曲目はメロウさ満点の物悲しいアコギによる
メランコリックさ満点のアウトロ的なインストである。


方向性は過去作と変わっていないが、クオリティー自体は名盤と名高い1stのレベルに
到達しており演奏も凄まじくタイト、プロダクションも音楽性にマッチした重さ
しかと見られ何よりギターがとにかく素晴らしい!慟哭しまくりの激泣きエモーション、
クサさを滲ませる完璧な構築美
が堪能出来る美メロは言わずもがなだがリフも素晴らしい!
曲によってはモダンなヘヴィさデスメタル色濃いダーティーさが見られ、
基本がメロデス風のリフ、デスラッシュ的な疾走なんでエクストリームメタルとして
見る事も可能だが、個人的にはこれぞ正統派HM/HRだ!と声を大にして言いたいのう・・・!
クサメタルからエクストリームメタル、アニソンメタルやら同人メタルまで、HM/HRに
サブジャンル多々あれど、HM/HRが好きであればこれを聴かないのはノンケの男が
美人のネーチャンとオメコ出来るチャンスをみすみす棒に振るが如し!

砂漠で遭難した人間が水を断るが如し!
空気吸わずにそのまま死ぬが如しよ!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 94% お気に入り曲 全部







"Juggernaut"




日本が誇る慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏率いるバンドの5thアルバム。


泣き、慟哭にかけては他の追随を許さない、世界基準で壮絶なプレイを披露する
名ギタリスト、屍忌蛇氏率いるバンドの最新作で、これまではアルバムリリースに
大分間隔が開いていたが、本作は何と前作から僅か1年でリリースと、かなりの
ハイペースで世に送り出された1枚である!基本的な流れは過去作を踏襲した、
アグレッシヴでパワフルながらも慟哭しまくりのギターがドラマティックで物悲しい、
エクストリームでありつつもメランコリックなVOLCANOならではのものだが、
過去作にあったメロデス的なヘヴィさが廃され正統派寄りに接近し、慟哭リフを
キープ
しつつもパワーメタル的な印象があるだろうか!?

1曲目は勇壮さを感じさせるオーケストレーションによるイントロで、
続く2曲目はいきなりのパワフルなVo、アグレッシヴかつ劇的なリフで疾走!
ギターソロは早速のいかにもな慟哭の美旋律が炸裂しやはりカッコいいのう・・・!
3曲目はスラッシュメタル的なギターでさらにパワフルに疾走!Voもダーティー
ギターソロはやはり泣いているが、一瞬ブルージーな響きもありツインリードは
実に強烈である!
4曲目はグルーヴィーなヘヴィさが見られワイルドな
豪快さ
が目立つも、ギターやピアノメランコリックで良いな・・・!
5曲目は早速素晴らし過ぎるギターが堪能出来る、哀愁バリバリの泣きまくり
ミドルチューン
でVoもエモーショナル、何気にベースラインまで
泣いている
のがたまらんなぁ・・・!6曲目はアグレッシヴなリフが再び顔を出し
パワフルな勢いを放ち疾走!これまたギターソロが圧倒的に素晴らしく、
7曲目はハモンド入りでストロングながらもどちらかと言ったらハードロックに近い印象が見られ、
ピアノがまた美麗さを放っているな。ヴォーカルラインもまた劇的でたまらんわい!
8曲目はスラッシーなパワフルさを見せる疾走チューンで、グロウル的なブリッジ
聴けつつブルージーな渋みまであり、屍忌蛇氏の愛犬、安兵衛の唸り声が入ってる事で
話題を呼ぶであろう・・・!9曲目もパワフルでストロングな疾走曲で、結構ストレートな感じだが
中盤のギターは風変わりなブルージーさがあるな。10曲目はヘヴィさが押し出されつつ
本作中最速のアグレッシヴ極まりないファストチューンだ!Voもまたハイテンションで
ベースの唸り具合も印象的だな。11曲目は何とVOLCANO初の本格的なバラードで、
メロウなピアノに始まり泣きまくりのギターも登場、Voもまたエモーショナルに
歌い上げており、
ハードに盛り上がるパートもまた相当にドラマティックじゃのう・・・!


名盤だった前作に続き本作もまた圧倒的に素晴らしい1枚である!メロデス要素が
減退しパワーメタルに接近
してはいるが、曲によってはヘヴィだったり
スラッシュメタル的
だったりとアグレッシヴさ、エクストリームさはしかとあり、
それでいてギターフレーズの充実振りある意味前作以上である!
かつてはプロダクションに難があったりもしたが、本作はそういう弱点が完全に
消滅しているどころか普通に音が良く、各楽器の粒が立っておりギターの凄まじ過ぎる
泣き、慟哭
をこれ以上無い程に堪能出来るぞ!一体どうやったらこんなフレーズを
思いつき、ギターをここまで泣かせられる
のであろうか・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 94% お気に入り曲 全部







"Leviathan"




日本が誇る慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏率いるバンドの6thアルバム。


泣き、エモーショナルなギタープレイにおいて他の追随を許さない、圧倒的な
才覚
に満ち溢れつつも、かつては酒に溺れて活動ペースが遅かった屍忌蛇氏率いる
VOLCANOだが、4作目以降は意識改革があったのか、何と年に1枚という、
普通に考えて相当なハイペースでアルバムをリリースするようになり、しかもそれが
やっつけ仕事等では無く、むしろ初期よりもクオリティーが向上しており、
全てのアルバムが名盤
という離れ業を見せ付けている!そんな訳で通産6作目の
本作
も、ここ最近の流れを汲んだ安定、安心の仕上がりとなっているのう・・・!

1曲目は意外性を見せる、西部劇ライクなアコギ、クリーンギターによるイントロで、
2曲目はストロングなスラッシーさを放ち疾走!グロウルも交えつつコーラスは
メロディアスで、ギターソロも勢いがありつつ泣いているぞ!3曲目は正統派寄りの
オーソドックスなリフ
が聴けるノリの良い曲。ギターソロは意外とネオクラ風
4曲目は無骨な禍々しさが見られダーティーに疾走!サビはかなり哀愁があり、
ギターソロは勢いに満ちたシュレッドだが、叙情性もしかとあり実に素晴らしいのう・・・!
5曲目はヘヴィかつどこか捻くれた印象があり、ギターソロも怪しげながら
やはりドラマティックで、シンセソロも顔を出すぞ。6曲目はオーソドックスかつ
どこか憂いのあるリフに始まりストロングに疾走!この曲もまたギターソロが
徹底的に泣きまくっており、7曲目はある意味古臭い正統派なノリが見られるが、
途中からこれまたスラッシーに疾走!ギターソロも当然のように泣きまくり構築されており
実にたまらんが、短いのが難点か!?8曲目は怪しいヘヴィさ、ダーティーさが見られつつ
これまた正統派らしさがあり、9曲目も正統派寄りのミドル曲で、細かいギターが目立ち
やや歌謡曲風のダサさ(?)があるものの、ギターソロは泣きまくりでやはり素晴らしいのう・・・!
10曲目もエモーショナル極まりないだだ濡れギターで幕を開け、淡々としつつも
ノリが良く、11曲目は泣きのギターで幕を開ける疾走チューンだ!当然ながら
ギターソロは完全に構築されており、シュレッド皆無で徹底的にメロディーを奏で
実にエモーショナルだな・・・!


方向性としては前作同様、初期の頃に見られたアグレッシヴなメロデス、
エクストリームメタル要素
が完全に廃され、爆走チューンもどちらかと言えば
スラッシュメタルに近い感じで、全体的に正統派HM/HRに接近したスタイルと
なっているんだが、暴力的なムード、いい意味で荒々しい勢いはしかと
残されており、当然ながらギターソロはどの曲も素晴らしい!
ただ圧倒的に凄かった過去2枚と比べるとやや小粒になったと言うか、
インパクトが薄れた部分があり、Voラインもスラッシュメタル風の
吐き捨て
が目立つようになり、キャッチーさが減退しているだろうか!?
昔ながらのアナログなやり方でレコーディングされたらしい音作りも
生々しさがあり、VOLCANOのスタイルにマッチしているんだが、
ややドラムが軽い印象もあるな。3年連続のアルバムリリースでやや失速した感
あるのは否めないが、それでもやはり聴き所満載でクオリティーは高いぞ!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 88% お気に入り曲 The Way Of The Serpent  Fist Shark Fist
Antagonism  Tiger  Wasteland The Wind







もどる


inserted by FC2 system