VINDICTIV







"VINDICTIV"




スウェーデン出身のギタリスト率いる北欧メタルバンドの1stアルバム。


イングヴェイにモロに影響を受けたスウェーデン出身のギタリスト、
シュテファン・リンドフォルム率いるバンドで、シンガーに
あのヨラン・エドマンを向かえ思いっきりイングヴェイチックな
ギター
を盛り込んだ湿り気のある冷たい王道の、古き良き北欧メタル
プレイしているバンドである!ギタープレイはよく言われているとおり
まさしくイングヴェイフォロワーそのもので随所で鋭く切り込むネオクラシカルな
オブリやソロがバンバン聴けるぞ!
パワーメタル、様式美要素は薄くどちらかといえば
北欧メタル、メロハー寄りである。ヨラン・エドマンの声質がまさに
冷たく湿った北欧的雰囲気をバリバリに演出しており初期のイングヴェイとかが
好きだった人にはたまらんものがあるだろう。まぁかなり弾きまくっている
ギタープレイ
は最近のイングヴェイに通じる強引さもあるのだが雰囲気的には
初期のインギーだ(笑)。だがシンセの使い方や展開にはプログレ・ハード的要素もあるな。

ギターソロなんかは何度も言うとおりかなりイングヴェイ風の
ネオクラシカル速弾きプレイ
をかましまくっており最近のインギーの
強引さと初期の繊細さ
があったりして中々に悪くなくギターキッズにも
受ける要素満点だと思うのだがどうもメロディーが弱かったり
やはり手癖で弾きまくるソロが耳につく部分も無きにしも非ずだと
言えそうである・・・!音色は初期だがフレーズは現代といった所だろうか!?
テクはあるが泣き、メロディアスな構築されたプレイという
点においては疑問符が残る点もあるだろう。メロディーが弱い
メロディアス・ハードとはこれいかに
といった感じである!(爆)
北欧のバンドらしい透明感あるコーラスは良くヨラン・エドマンは流石の
仕事
をしているな・・・!


もっと曲に合わせたギタープレイを考えメロディーを強化してくれればいいが
現時点ではただのイングヴェイフォロワーに過ぎず弾きまくりのソロに
疑問符を感じるタイプのリスナーなら楽しめる要素は少ないだろう!
80年代にわんさか出てきて今は無きゼロ・コーポレーション青田買い
されたはいいが倒産と共に人知れず消えていったB級メロハーを思い出す
音楽性は当時を知る好き者の琴線に触れるのではなかろうか!?(爆)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 The Royal Loo、A Quick Life







"Ground Zero"




スウェーデン出身の様式美メロディックHM/HRバンドによる2ndアルバム。


イングヴェイ的なネオクラシカル系シュレッドギターを前面に押し出し北欧メタル風味漂う
垢抜け無い楽曲
をプレイしつつ、その一方でプログレメタル的要素も漂わせたスウェーデン出身の
ギタリスト率いるバンド
による2作目のアルバムである!デビュー作となった前作はシンガーに
あのヨラン・エドマンを起用し北欧メタラーの間で話題を呼んだが、続く本作でもまたヴォーカルは
ヨラン・エドマン
で、さらにゲストでマーク・ボールズオリヴァー・ハートマンが参加しており
様式美メタルのための人選と言えそうだが、音楽的には北欧メロハー要素が残っていた前作とは異なり、
モダンな質感を増したプログレメタルにシフトしておる!

1曲目はイントロからいきなりのシュレッドで幕を開けるも、その後は結構へヴィな印象のある
ギターリフ
が登場、シンセも聴けモダンなプログレメタルと言えそうな空気が漂っており
ヨラン・エドマンもハイトーンで歌い上げておる!ギターソロはネオクラシカルなフレージングを
連発する忙しないシュレッド
だが、その後に聴けるシンセソロは逆に落ち着きを感じさせるか!?
2曲目もモダンな印象を纏ったプログレメタルで、ヴォーカルメロディーはどこかエキゾチックな
印象
もあるが、爽やかな明るさも見せておりこの辺がまたプログレハード的だな。ギターソロがまた
相当にシュレッドしまくっておりシンセソロもそれに絡みつくぞ!3曲目はネオクラシカルな印象を
漂わせたギター、キラキラシンセ
ストリングス系の音色も登場、オリヴァー・ハートマンのヴォーカルも
早速登場し様式美メタルにマッチした情念系の歌い回しを披露するが、次第に曲調はプログレメタル的
なっていくのう・・・!4曲目はエキゾチックなムードを放つギターフレーズが聴けるも、その後はまた明るめの
プログレハード
になり1分半を回った所でようやくヴォーカルが登場、曲調は完全に
プログレメタル仕様
だな・・・!5曲目は正統派メタル的なリフにネオクラシカルなシュレッドが炸裂し
アップテンポで展開、変に凝って冗長なだけのプログレメタルよりもやはりストレートな
曲調のほうが好みだな(笑)。
ギターソロがまた不必要なまでに速弾きしまくっとるなぁ・・・!
6曲目は緊迫感を放つプログレメタルで、ベースが唸りつつスリリングさのあるギター
スペイシーなシンセも聴け、ヴォーカルメロディーはエキゾチックな中東ムードを放っておる!
7曲目はモダンなギターシンセが聴けつつコーラスが爽やかな印象もあるプログレハード系の曲調だな。
8曲目もモダンなリフシンセプログレメタル的な無機質さを放つスロー〜ミドルチューンで、
ピアノも聴け穏やかな叙情性も見られるだろうか!?9曲目はネオクラシカルなギター
キラキラ系のシンセが聴ける様式美色濃い曲調となり期待を煽り、その後は穏やかかつ
ロマンティックさ漂うバラード的ムード
を演出、続いてこれまたプログレメタル風になるのう・・・!
ギターソロパートは怪しげなエキゾチックさを湛えているな。10曲目は妙に落ち着いた穏やかさ、雄大さ
醸し出すスローチューンで、途中から怪しげなパートに突入しこれまたエキゾチックな
中東ムードを見せ始めるぞ。
後半は何故か民謡ライクである。11曲目は10曲目と殆ど同じ曲調で、
ヴォーカルがオリヴァー・ハートマンなだけの差異しか無なぁ・・・!(爆)


前作の時点からプログレハード的な色合いはあったが、本作ではさらにそれが増強されており
ギターリフはモダンな面
も見せ、今風プログレメタルと言ってしまっても良さそうな部分が
目立っておりクラシカルなクサさ、チェンバロ系シンセとハーモニックマイナーを連発する
ギターとのユニゾン
が主軸で格調高さ、高貴さすら醸し出すガチの様式美メタルを期待すると
肩透かしになるだろうなぁ・・・!基本はプログレメタルで部分的に速弾きギターソロが
ネオクラシカル風味を放つ程度
で、中東ライクなエキゾチックさこそあれど前作同様メロディーは弱く、
ギターソロはこれでもかと言う程弾きまくっておりシュレッドし過ぎな印象があるのも否めんのだが、この強引さもまた味なのだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 71% お気に入り曲 Reach Out  Venom







"Cage of Infinity"




スウェーデン出身のプログレッシヴメタルバンドによる3rdアルバム。


イングヴェイ直系のネオクラシカルなシュレッドギターを前面に押し出しつつも、前作から
本格的にプログレメタルの領域に足を突っ込み始めたスウェーデン産のバンドによる
通産3作目のアルバムである!
過去2作ではMr.北欧ヴォイスことヨラン・エドマン
ヴォーカルを披露し、プログレメタル化が激しい中にあって唯一の北欧情緒漂う
部分だった
のだが、本作はよりモダンな方面に突き進んでいるようで叙情性が減退シンガーも交代、
新たに加わったのはEDEN'S CURSEのマルコ・サンドロンで、前任者とは異なる声質を見せ
正統派メタルらしさ漂うパワフルで適度にハスキー感を備えておりかなりの実力者である!

1曲目は早速の無機質なリフ、シンセに始まりシュレッドも登場、曲調的にはやはり
プログレメタルの印象が強く、
新たなシンガーはいかにも正統派なパワーある高音の
歌い回し
を披露しており確かな実力があるぞ!2曲目はモダンな質感を醸し出すヘヴィで
無機質なリフ
シンセが聴けるミドル〜アップテンポ曲。3曲目もモダンさ漂う
へヴィリフ
速弾きギターが登場するミドルチューンとなるが、4曲目は怪しげな
ミステリアスさを放つアップテンポ
になりへヴィさを見せつつネオクラ系のシュレッドも早速炸裂!
5曲目もへヴィな印象の強いスローチューンで、やはりギターが早速のネオクラシュレッドを披露するも
一部ブルージーな面もあるだろうか!?途中から唐突にテンポアップ軽快さも見せるぞ。
6曲目はそれなりにはメロディアスさを見せるヴォーカルラインが聴けるミドル、アップテンポ
ギターもなかなかにスリリングだろうか!?7曲目はシリアスかつノリの良さを感じさせ得意の
シュレッド
も早速登場、8曲目はミステリアス緊迫感もあるが、コーラスがやけに爽やかで
80年代メロハーっぽい印象
もあるのう・・・!ギターは相変わらずのピロピロである。
9曲目はスローテンポエキゾチックなミステリアスさを演出、サビはなかなかに
キャッチーだな。10曲目はヘヴィなミドルチューンで、ヴォーカルが結構怪しげな
歌い回し
を披露しており全体的に淡々とした正統派メタルの印象が強いだろうか!?


プログレメタル的なテクニカルさを見せていた前作と比べ、モダンなヘヴィさがさらに
増強
されつつも曲調自体はシンプルになり正統派メタルに接近した印象もあるな・・・!
新たなシンガーも音楽性にマッチしており好印象ではあるが、過去作同様本作もあまり
メロディーにフック、キャッチーさが無く
ギターソロもただ速弾きしまくっているだけ
泣きとか、歌心に乏しい感じなのは否めんのだが、それでもまだ過去作と比べると
シュレッドギターは抑え気味
だろうか!?やはり個人的には北欧情緒漂う
メロディアスな様式美HM/HR
のほうが好みだなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Choices







もどる


inserted by FC2 system