ヴィドール







"Bastard"




日本のヴィジュアル系バンドのメジャー2ndアルバム。


“オカルトロマンス”をコンセプトとしているバンドでベストアルバム
リリースした後メジャーに進出し知名度を上げている活動的なバンドのようだ。
初期の頃はそれなりにへヴィな音を出していたらしいが本作では
そうでもなく基本はライトな雰囲気だがそれなりにハードロック的な
ギター
が聴けるぞ!まぁ中にはシャウト(デス声)が聴けるへヴィな
曲もあるが全体的にメロディーを重視したスタイルを持っているな。
曲によっては哀愁漂うクサめのメロディーも聴けるぞ!

1曲目はスカのリズムやらチェンバロ、ストリングス、アコギまで
様々な音が使われたアップテンポのハードロックでメロディーも
意外とクサいな!ラウンジ風のアコギにフルートやチェンバロが絡む
音作りはセンスの良さを感じさせてくれる。ヴォーカルもファルセットに
説得力があり
この手のバンドとしては上手い方だ。2曲目はうってかわって
へヴィなイントロに始まり疾走、デス声風の掛け声も聴けるアグレッシヴな曲だ!
途中でデス声も顔を出すがサビはメロディアスだな。しかし3曲目は
いきなりラップが登場するタルい曲で一気に気分が萎えてしまう・・・!
この手のラップ個人的に滅茶苦茶鼻につくのう!しかしサビはやはり
メロディー重視
でこれまたデス声の掛け声も聴けるぞ。
6曲目もラップ風ヴォーカルが登場するミクスチャーっぽい曲。
だがサビはメロディアスなのが彼らの流儀なのか!?妙に明るい
サビメロ
である!7曲目はそのままへヴィな流れで始まるがヴォーカルが
入ると途端にメロディアスになりサビはスローテンポ哀愁メロ
切々と歌い上げる!10曲目はハードロック寄りのへヴィなギター
登場しアップテンポでメロディアスに展開する曲だ。こういう曲が
彼らにはあっている
と思うぞ!ギターソロもメロディー重視のプレイである。
最後のサビはメロスピ的2ビートで疾走だ!11曲目もメロディアスな
ミドル曲
でシンプルなアレンジだがサビが実にクサいな!


俺が彼等を知ったのは本作が最初だがどうやら以前・・・
インディーズ時代はもっとへヴィかつアグレッシヴでさらに
ダークで妖しい雰囲気を持ち味としていたらしい!どうやらメジャーに
行ってセルアウトしちまったようだな・・・!だがそれでも本作は
メロディーが良いのでまだ聴ける。まぁ捨て曲も多く決してクオリティーが
高いバンドではないのだが初期のアルバムは聴いてみたいのう・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 Bastard、At age 13、
Lost voice、Worst







"Esoteric Romance"




日本のヴィジュアル系バンドのメジャー3rdアルバム。


ムックやガゼットをはじめサディ、ギルガメッシュ、アリス九號.等
海外での活動を視野に入れてかバンド名を英表記するV系バンドが
最近増えており彼らヴィドールもそんな流れに沿ってバンド名を
VIDOLLとしリリースされたフルアルバムである!実力あるバンドなら
ともかく実力の無い3流バンドまでも揃いもそろって英表記する様には
思わずツッコミを入れたくなってしょうがないのだが彼らヴィドールも
正直実力あるバンドとは言いがたくこのレベルで海外進出は
まぁ無理だろう(爆)。インディーズの頃はダークでゴシカルな
要素
もあったようだがメジャーに行ってやはりその持ち味を
失ったようだな・・・!


1曲目のサビで始まる出だしから非常に明るくキャッチー
彼らも例に漏れずセルアウトしたかとガッカリしたがそのまま
聴き進めていくとストリングスクラシカルなピアノ
使われていたりドラムが疾走していたり昔のV系みたいな
ダークさもあったりとサビ以外は悪くないな。
4曲目はちょいとダークな雰囲気を放ち音は軽いがメロスピっぽい
疾走感
を見せるサビがけっこうクサめで良いな!クリーンな
音のギターソロも面白い。6曲目はプロダクション的には軽いが
インダストリアル的なへヴィリフ、そしてドラマティックな
ストリングス、ピアノが聴けるアップテンポのダークな曲
こういう曲ならまだ聴けるがヴォーカルの歌い方のせいか
メロディーがアイドル歌謡臭くてその点がイマイチだなぁ・・・!
8曲目はツインリードがドラマティックなフレーズを奏で
いい意味でV系らしい耽美さを感じさせてくれる疾走チューンで
こういう曲は良いな!こういう方向性を模索してもらいたいものだ。9曲目はツインリードが
何と初期のMALICE MIZERを思わせるクラシカルでクサい
メロディーを奏でクサメロを撒き散らし疾走するキラーチューンだ!
数曲を除いてつまらんアルバムだと思っていたがこんな所に強烈な
クサクサキラー
が潜んでいたとはッ!(爆)この方向性でもっとへヴィにして
活動してくれい!!ギターソロなんか下手糞だけどDARK MOORみたいだ(笑)。
11曲目はファンク的なカッティングにHR寄りのリフ、歌謡曲的な
メロディー
を持ったサビが聴けなかなか悪くない。


バックのアレンジは凝っており聴き所はあるが全体的に
妙に明るくポップになっており御多分に漏れず彼らも
売れ線に走ったと言えなくも無いが元々へヴィさ、ダークさで
売ってるバンドではなく前作もこんなモンで捨て曲も多かったため
頭ごなしにセルアウトしやがったとディスる事は出来ないな。
だがやはり元々実力のあるバンドではなく個性も特に無いため
数曲を除きわざわざメタラーにオススメするほどではない。ヴォーカルは
V系シーンの中では実力に定評があるんだがソフトすぎて深みが
無く
それが曲をより軽くしてしまっているように感じられ、
また明るい曲調にするのがどうにも下手でただのどうでもいい
アイドルポップス風になってしまっているんだよなぁ・・・!
同じ明るい音でもDRAGONFORCEとか、GOOD 4 NOTHINGなんかは
受け入れられるんだがこれはどうした事か!?悪い事は言わんから
9曲目みたいな方向性で俺らクサメタラーにアピールしたほうが絶対成功に
繋がる
と思うんだがなぁ・・・!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Dying message、
Built on sand〜一握の砂〜、Love affair







もどる


inserted by FC2 system