VHALDEMAR







"Fight To The End"




スペイン出身のメロパワバンドの1stアルバム。


今は活動停止しているもののかつてDARK MOOR等を抱えていた事で知られる
スペインのレーベルARISEからデビューしたバンドで音楽的には様式美的な雰囲気
持ったメロパワスタイルの漢メタルをプレイしている。彼らの大きな特徴は
荒々しいヴォーカルでそのカイ・ハンセンとマノウォーのエリック・アダムスを
融合させたかのような独特の声質は「ガラの悪いカイ・ハンセン」などと評されていた。
非常にアクが強いのだが個人的には音楽的にもマッチしているしこの手の
荒っぽいダミ声はけっこう好きだったりする(笑)。

楽曲のクオリティーは新人としては高く、典型的クサメタリックフレーズが飛び出す
正統派寄りのメロパワが楽しめる一枚となっている。個人的に気に入ったのは
どこかネオクラ的な感触を出しながらもクサめのメロディーが聴ける3曲目、
実にマノウォー的な爆走漢メタルながらギターソロがネオクラシカル的な7曲目、
そしてイントロから劇的なフレーズが聴ける9曲目だ!他にもいい曲は多いぞ!


メロパワ、漢メタル好きは聴いて損は無いナイス漢アルバムである!
地味でもこういうバンドがシーンを支えていくのだ!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 Feelings、7、Fight To The End







"I Made My Own Hell"




スペイン出身のメロパワバンドの2ndアルバム。


デビュー作“Fight To The End”においてカイ・ハンセンとマノウォーの
エリック・アダムスを合わせたかのような荒々しいヴォーカル
歌い上げるメロパワ寄りの漢メタルを聴かせてくれたスペイン出身の4人組の2作目である!

何気にテクニカルなギタープレイは楽曲によってもろイングヴェイ的
ネオクラシカルプレイ
を聴かせてくれるもののアルバム全体を通しての
楽曲は方向性が絞れていた前作とは違いネオクラあり漢メタルあり
テクニカルインストあり80年代メタル的な曲あり
スローチューンありとかなり幅広いスタイルで構成されている。
聴き手によっては散漫に感じられるだろうな・・・。

ヴォーカルの声質は前作以上にエリック・アダムス寄りになりネオクラメロパワに
あってこのヴォーカルが一風変わった独自の雰囲気を放っていると言える。
クセがあって聴き手を選ぶだろうが個人的にこういうヴォーカルは好きだ。

特に気に入った曲はもろイングヴェイな様式美ギターを載せて疾走する1、
パワフルな正統派メタル的なギターリフが良い4、爆走漢メタルの9、
そして原点に立ち返った(?)様式美メタルの13曲目だ!他にも8曲目の
インストはよくあるネオクラ系ではなくドリームシアター的なプログレ風の
テクニカルインストだったりへヴィでスローな12曲目は普通メロパワバンドが
やるこの手の曲はだいたい捨て曲になる所だがこの曲はまさに80年代正統派
パワーメタル的な雰囲気
が漂っており個人的には十分楽しめたな。


やや散漫で前作ほどでは無いがクオリティーは高いのでさまざまなタイプの
メタルを愛するメタラー、漢メタルが好きなメタラーにおすすめ。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 I MADE MY OWN HELL、
STEAM-ROLLER、HOUSE OF WAR、I WILL RAISE MY FIST







もどる


inserted by FC2 system