VANNA







"Curses"




ボストン出身のポスト・ハードコアバンドの1stアルバム。


ハードコア出身ながら実にへヴィでメタリックな音像を持ち
カオティックコアの流れを汲む不協和音リフ、テクニカルな要素、
エモ、スクリーモ系の哀愁、繊細さ、そしてメタルコアスタイルをも取り入れ
構築されたポスト・ハードコアをプレイしており本作は彼らのデビューアルバムに当たる。
全体的にへヴィでヴォーカルもデス声主体と、エクストリームメタラーにも
受け入れられるであろう音作りだが爆走する曲は無く殆どの曲にへヴィでスローな
モッシュパート
が設けられている。ライヴで暴れるには持って来いの
楽曲群である!ヴォーカルはデス声のみならず部分部分でクリーンヴォイス
使いこなしなかなかの歌唱を聴かせてくれるぞ。

1曲目はメタリックなリフとシャウト系のデスヴォイスが冴えメタルコア的な
リードギター
も登場、サビはクリーンヴォイスでこれまたメタルコアの
要素を感じさせるな。中盤ではテンポが変わりのちにブレイクダウンしへヴィな
モッシュパートも一瞬現れるぞ。2曲目はTHE DILLINGER ESCAPE PLAN
思わせる変拍子不協和音リフがイントロで現れるぞ!そしてアップテンポになり
ツーバス連打が聴けた後は例によってモッシーなブレイクダウンだ!
3曲目もカオティックハードコア的なリフが聴けるへヴィな曲。ハードコアというよりは
もはやメタルと呼んで差し支えないへヴィさ、アグレッションがたまらんわい。
クリーンヴォイスも挿入され激しさのみならずエモーショナルさ、繊細さもあるぞ。
コーラスが美しいな。4曲目はメタルコア的なリードギターで始まるアップテンポ曲。
エモ、スクリーモ的哀愁もあるな。9曲目もメタルコア的な
リードギター
が聴ける曲。ラストのスローパートにもメタルコア的なギターが出てくる。
10曲目はどこかハードロック的なツインリードがイントロで登場しサビはクリーンVoで
エモーショナルさを演出するぞ。11曲目はクリーンヴォイスが目立った曲で中性的な
声質
を披露してくれる。


スクリーモ、メタルコア、カオティック系の美味しい所を集めたような
雰囲気のアルバムで激しい音が好きなパンクス、メタラーに受けるだろう。
THE DILLINGER ESCAPE PLANみたいなカオティック系は展開が激しすぎて
付いていけん
というハードコアリスナーにもオススメか!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 The Vanishing Orchestra







もどる


inserted by FC2 system