UVERworld







"PROGLUTION"




日本のミクスチャーバンドによるアルバム。


売れ線バンドだがそれなりにへヴィなミクスチャー出身との噂を聞き
どんなもんかと手を付けてみたバンドである!ヴォーカルは
エモっぽいハイトーンだがバンドサウンドはけっこうメタリック
音質こそ悪くアグレッションが弱まってしまっているも
それなりに頑張ってミクスチャーしていると言えなくも無いな。
メロディー等は売れ線バンドらしく歌謡曲的なポップさ
持ちセルアウト臭プンプンながらJanne Da Arc辺りに
通じる雰囲気もあるな。Janne Da Arcがミクスチャーやったら
こうなるってなスタイルだと言えるだろう。ちなみに
ラップはあってもデス声は一切無い。テクニカルなギターソロなども
皆無である。売れ線だからか!?(爆)

1曲目は壮大で明るくもメタリックな出だしでギターもツインで
速弾きオブリを魅せるもやはりミクスチャーらしくラップも
入っており
ゲンナリさせられてしまうなぁ・・・!
2曲目もラップ・・・というか早口語りが聴けるポップな
ミクスチャー。
サビはもろJanne Da Arcだな。途中でラップと
へヴィリフが聴けるモダンなパートが出てくるがやはりプロダクションの
せいで攻撃性が皆無になっちまっているなぁ・・・!4曲目は
SIAM SHADEというかもろアニソン風のキャッチーすぎる明るい
サビが聴ける曲。5曲目は彼らにしては暗めの始まり方だが
サビはやはり明るいキャッチーアニソンポップメロとなる。
7曲目は彼らにしてはそれなりにミクスチャー系のへヴィさを出しているが
やはりプロダクションのせいでいかにも作られたラウドってな感じで
イマイチハマれずラップも鼻につくな・・・!ベースはけっこう
スラップしている。8曲目もベースがスラップしドラムも暴れテクニックを
披露するインスト
と思わせて2分半あたりからスキャットが飛び出すぞ。
なかなかに演奏テクはあるようだな。ギターはフュージョンっぽい雰囲気で
速弾きは殆ど無いが売れ線バンドの彼らがなぜこういう曲をやるのか
イマイチよう判らん(爆)。10曲目はトランスっぽいダンスチューン。


いかにも売れ線ですって言いたそうなラップやポップなメロディー
硬派なメタラーには激しくディスられてしかるべきバンドだろう。
一応ミクスチャーと言う事でへヴィリフはそれなりに出てくるが
一般ポップスファンの耳に優しいスカスカな音質なのでこの音で
モッシュは出来なさそうだな(爆)。方向性が近いので最近の
Janne Da Arcファン、MintJam、SIAM SHADE辺りが好きな人に受けるだろう。
一歩間違えばアニソンになってしまいそうなメロディーは
JAM PROJECTに通じるものもあるか!?だが個人的にアニソン臭さが
実にあざとく悪いふうに感じてしまうのはどうしたものか!?
やはりラップが悪い印象を植えつけてしまうのだろうか!?
いくら売れようとも攻撃性、マニアックさを決して失わない
マキシマムザホルモンを見習ってもらいたいものだ・・・!
同じミクスチャーだけにな!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 65% お気に入り曲 counting song - H







もどる


inserted by FC2 system