ウチナキレコード







"黄金の穂先の向く方へ"




日本の民謡ヒーリングプロジェクトのミニアルバム。


志方あきこタイプのオーバーダビングされたコーラスワークを
聴かせる民謡、民族音楽的なスタイルを持ったプロジェクトのようで
本作はどうやらオールドスクール架空のゲームをイメージした
コンセプトアルバムとなっているようだ・・・。

1曲目からさっそくオーバーダブされたコーラスワークが
登場し穏やかな民族音楽風ヒーリングミュージックが展開し
チープながら志方あきこリスペクトが感じられる曲調となっている!
2曲目はもろシンセなフルートで始まり重ねられたコーラス、
ヴォーカルがなかなかにクサめな民謡ヴォーカルを聴かせるぞ!
3曲目はアコギのような音をバックにこれまた重ねられた
コーラスがファンタジック要素を演出するクサいヒーリングだ。
4曲目は祭壇で儀式やってそうな雰囲気で始まりテンポアップし
奥のほうでシンセが鳴り打ち込みドラム、パーカッション
ちょいと目立ち始め何とか勇壮さを演出しようと頑張っているぞ!
5曲目はパーカッションで始まりダサめだがベースも目立ち
ちょいと明るい雰囲気が感じられる。


プロダクション、大人しめのアレンジ、ヴォーカルの歌唱力からは
いかにも自主制作な雰囲気が伝わってくるも志方あきこに
インスパイアされた幾十にも重ねられたオーバーダブコーラス
なかなかにしっかりしたものでチープなフォロワーの存在を許せる
志方あきこファンなら聴いてみてもいいんじゃなかろうか!?
まぁでも志方あきこはインディーズの頃から本作よりも圧倒的に
クオリティーが高かった
んだが、それはあっちが異常だったって事で(爆)。
メロディーは日本人らしいクサさがあるのでチープな音が許せる
クサけりゃ何でもいいクサメタラーなら聴く価値があると思うぞ。



オフィシャルサイトで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 黄金の穂先の向く方へ、掌の無力







もどる


inserted by FC2 system