上坂すみれ







"革命的ブロードウェイ主義者同盟"




日本の映画秘宝系女性シンガーによるアルバム。


一体何者か知らんままジャケから漂いまくる映画秘宝臭に惹かれて手を伸ばしたんだが(爆)、
大槻ケンヂ等が絡んでおりガチでそっち系の人脈らしい・・・!そんなわけで音楽的には
サブカル、アングラ臭漂うゴアトランス系胡散臭いコアさを放っているものの、
ヴォーカル自体はやはりアニソン、J-POPっぽい感じで部分的に右寄りな空気が顔を出し、
この辺は映画秘宝とは決定的に異なる部分じゃのう・・・!あの雑誌毎年
“死んでほしい奴”ランキングとかやって政府、体制をディスるからなぁ(爆)。

1曲目はトランス色濃いデジタルサウンド語りが聴ける胡散臭い長めのイントロで、
続く2曲目もまたトランス系デジタル音、ピアノが登場しゴアトランス系のコアな
ダンサブルさ
を披露、ただヴォーカルラインはやはりありがちなアニソン、J-POP系
歌唱力も微妙じゃのう・・・!後半で右寄りの語りが聴けるぞ(爆)。3曲目はチープな
シンセサウンド
ダサめな和のムードを醸し出しジャパニメーション臭漂いまくりの
媚びたヴォーカル
も登場、こういう部分もまた映画秘宝には無い側面じゃのう・・・!
あの雑誌読者プレゼントで必ずアメコミ数冊チョイスするからなぁ(爆)。
4曲目はちょいアトモスフェリックな印象のあるポップ寄りのコミカルな曲で、
5曲目は本格的なゴアトランスサウンドとなりアシッド系のヤクキメてハイになってるかのような
繋ぎのインストだが、6曲目は何故かここに来てクサメタリックなリードギターが登場!
一応はアニソン関係らしいんで申し訳程度にHM/HRもやってみようって魂胆なのかどうかは知らんが、
何とこの曲のコンポーザーはあの超絶クサメロコンポーザー、イトケン(伊藤賢治)である!(爆)
映画秘宝トム・クルーズ主演の“ロック・オブ・エイジズ”の特集ではマサ伊藤を招いて
80年代HM/HR解説載せてた
しなぁ(笑)。7曲目は穏やかさと共に忙しないデジタルリズム、
ヴォーカル
が聴けるアンビエント系のトランスだ。8曲目は相当にチープな音色ではあるが
ホーン系の音色軍歌っぽさを演出、凱旋MARCHを非HM/HRにして69倍程
劣化させた
ようなサウンドだな(爆)。ピッチは怪しいがヴォーカルメロディーは6曲目同様クサくて良いが(笑)。
9曲目は胡散臭い遊園地ムードを醸し出すインスト。マッドピエロはアメリカンホラーの定番だからなぁ(笑)。
10曲目は本作らしからぬ美麗なストリングスに始まるも、その後はいかにも日本のアニソンっぽい
明るさを放つポップロック
になるぞ。映画秘宝読者こういう世界観には興味無いからなぁ(笑)。
俺もそうだけど(爆)。11曲目はまるで80年代ポップスのようなチープなシンセが聴ける
歌謡J-POPとなるぞ!ギターソロもコッテコテのクサメロじゃわい!12曲目はこれまた本作らしくない
美麗なストリングス
で幕を明けるも、その後はこれまた古臭いチープさを漂わせた歌謡曲風となる!
映画秘宝昭和映画をモノクロページでしつこく特集してるからなぁ(笑)。
ヴォーカルは下手だが味があり、メロディーもイトケン作曲らしくクサくて良いな。13曲目はちょいと勇壮なムードを醸し出す
軽快かつポップなアニソンロックで、ギターソロはバリバリに弾きまくっておりHM/HRしているぞ!
14曲目はホルモンの上ちゃんみたいにスラップしまくるベースに女性Voのアルバム解説(?)が登場、
その後はボーナストラック的なアニソンポップスが聴け、何故かへヴィリフデスVoも顔を出し
さらに“キック・アス/ジャスティス・フォーエバー”マザー・ロシアが
パトカー数台を駆逐する時のBGM
まで炸裂する!意外と賛否あるようだが、
俺はジャスティス・フォーエバーも最高に楽しめたわい!今の所
2014年ナンバーワン映画じゃ!(関係無い)


ジャケから漂う映画秘宝オーラからてっきりサイコビリー、ホラーパンク系のサウンドを
期待したんだが、蓋を開けてみたら思い切りダンサブルなデジタル系肩透かしだったなぁ・・・!
それでもアングラ、サブカル畑と言うだけあってありがちなチャラいダンスミュージックでは無く
コアでマニアックなゴアトランスの要素が強く、アンダーグラウンドの人間であれば溜飲を
下げるであろうスタイル
を見せているだろうか!?1曲だけ申し訳程度にクサメタルやってるが、
映画秘宝
音楽ネタになると決まってNAPALM DEATHとかの名前出すからなぁ(爆)。
映画秘宝であって実話ナックルズでは無いのが本作の大きな特徴だと言えよう!
映画秘宝も斜に構えつつも何だかんだでディズニー、ピクサーとかも評価してるからなぁ(爆)。
誰かに「好きな映画は?」と聞かれたら「食人族」と答えるのが鉄板だと思い込んでいる人に
オススメのアルバムだと言えるだろうか・・・!?もし本作に高橋ヨシキが関わってたら
絶対ブラックメタルになっていたじゃろう・・・!(爆)真面目に評価すると大半がゴアトランスなんだが
一部で味のあるクサい曲が聴け、飽きを覚えて久しいありがちな品行方正アニソンメタル
嬢メタル、アイドルメタルよりも好感が持てる尖った1枚だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 我旗の元へと集いたまえ  我らと我らの道を  真・革命伝説







もどる


inserted by FC2 system