植木屋







"MAJI-NAMA!"




日本のプログレメタルバンドの自主制作盤。


ウワーーー何この超A-BOY的アキバ系な発想
ジャパニメーションジャケは!!
それもそのはずどうやら本作は日本の
ギャルゲーだかエロゲーだか分からんがなんかの
ゲーム曲のカヴァーで占められているようだ・・・!当然俺はさっぱり分からん。
“SM調教師 瞳”みたいなゲームなのだろうか!?(爆)
ゲームのタイトルは一応書いているが当然知らん。Air?何だそれ
ジェイソン・ベッカーの曲か?


ちなみに彼らは国産の4人組のようでドラムは不在らしい。
基本的にプログレメタル寄りの楽曲をプレイするのだがバンドなのか
プロジェクトなのかよう分からん・・・。

1曲目はチェロ・・・ではなくコントラバスのソロで2曲目は疾走する
プログレメタル
だ!ギターはなかなかテクニカルな事をやっているな。
ドラムが打ち込みでチープなのが気になるがまぁ仕方ない。
だがそれ以降はメタルではない曲が続き出来も微妙だ・・・!三味線入りの
もあるがいまいちだな・・・。バックはメタルながらテクノ、トランス風の
シンセ
が前面に出た曲もある。

だがラストの7曲目は再び原点に立ち返ったかのようなメタルチューンで
まぁまぁ良かったな。プログレメタルながらイントロがメイデンっぽさのある
正統派
だし。間奏でピアノがクラシックフレーズを少し弾いたりX JAPANの
アートオブライフ
みたいな事少しやっていたりして笑わせてくれる。

7曲目の後シークレットトラックが収録されている。これまでは全部インストで
この曲のみヴォーカル入りなのだが・・・このヴォーカルがあまりにもド下手
なおかつ人を馬鹿にしたかのような歌い方マジムカつく!!
かつてネットメタラーを震撼させた伝説の「フゥアュゥゥッ、アクスゥゥ、
カリブアアァァッ!!(裏声)」
に匹敵する下手さに寒気がする思いだ・・・!
まぁわざと下手なヴォーカル入れたんだろうが曲調もアコースティック主体のクソつまらん
出来
なのでムカつきが倍増だ!!
一体何考えてこの曲をレコーディングしたのだろうか!?リスナーを
おちょくるためだろうか!?(爆)



他人の曲だがアレンジも大して面白くなくこのころはまだB級の
アマバン
だったのだろう・・・。クオリティーが上がるのはこれ以降だ。
しかしこの手の絵柄を否定する気は毛頭ないがぶっちゃけ
かなり恥ずかしいジャケだな・・・!仮にもメタルなのだからここは一つ
アンドレアス・マーシャル(ブラインド・ガーディアンとかのジャケ描いてる人)や
ルイス・ロヨ(スカイラークとかの人)みたいな絵柄にすればいいのに(笑)。






満足度 58% お気に入り曲 双星、夜想







"AGHARTA"




日本のプログレメタルバンド(プロジェクト?)の自主制作盤。


よく音楽通の間で言われている事だがメジャー=高レベル、インディーズ=低レベル
なんてぬかしてる奴は音楽をまるで解ってないド素人
だという意見がある。
全くそのとおりなのだが特にメタル、プログレシーンは他のジャンルよりメジャー、
インディーの差が無いと個人的に思う(音質以外は)のだがどうだろうか・・・?
そしてここに紹介する植木屋も自主制作ながらクオリティーの高い音楽を聴かせてくれるバンドだ!

音楽的には解りやすく言うとプログレ色の濃い和製エヴァネッセンスだと言える。
女性ヴォーカル、モダンなギター、二胡と呼ばれる中国のストリングスが織り成す音世界は
日本語詩ではあるがそれを受け入れられるならばエヴァネッセンスのファンに確実におすすめできる音だ!
そして彼らの場合ただの模範に終わっておらず楽曲にプログレ色を絶妙に
塗しており、
ドリームシアター等のプログレメタルファンにもおすすめできると言えるぞ!
ドラムは打ち込みだがギターのテクニックはさすがに
プログレをやるだけあってかなりの物だと思う。


曲調もエヴァネッセンス風の曲から二胡をフィーチャーしたインスト、変拍子バリバリのドプログレな小曲、
10分超えの大作など意外とバリエーションに富んでおり、収録時間の短さもあって
聴き手を飽きさせる事は無い。

個人的に気に入ったのは2と7。前者は典型的なエヴァネッセンス風チューン。メロディーがアルバム中
一番キャッチーだと思う。後者は10分超えの大作。モダンなリフあり、デス声ありで
中盤から後半にかけてハモンドとギターが激しくバトルするぞ!

ボーナストラックでインストのプログレメタル曲が入っている。メロスピ的な疾走パートもあるが
この曲を気に入るのはメロスパーではなくプログレメタラーだろう。曲名も
“Starless And Crimson LUNA”とプログレ者が泣いて
喜びそうなタイトルだし(笑)。



日本語詩に理解のあるエヴァネッセンスのファン、プログレメタラーにおすすめする。値段も安めでいいぞ!



満足度 76% お気に入り曲 monochrome、Agharta







"D U C Domestic Uekiya Cache"




日本のプログレメタルバンドの企画シングル。


本来プログレメタルを志す植木屋の新たなシングルはなんと最近(2006年
上半期)話題のギャグ漫画“デトロイトメタルシティ”
をモチーフにした
コンセプト作だ!!まぁコンセプト云々というよりは作中に出て来た
楽曲を実際に再現した
という感じなのだが・・・!

音楽的にはさすがにメタルバンドである植木屋だけに一発ネタ音源のくせに
至極マトモなデスメタル
で、自主制作のくせにやらたと音質が良い!!
演奏も普段はドリームシアター系の曲をプレイする彼らだけに問題は無い。
デス声はやや弱いが・・・。原作を知らずともデスラッシュ系が好きなら
普通に楽しめそう
な、そんなアルバムだ!高い技術でバカをやるという
エンターテイメント精神溢れる一枚だと言えるだろう(笑)。曲によってはARCH ENEMY、
At The Gatesのような雰囲気もある
ぞ!まぁでも恐ろしくショボい1曲目は原作を
知らないと何を意味しているのかわからんだろう(笑)。

棒読み全開の女社長の喋りも萎えさせてくれる・・・!

トラック数を見ると8曲入りと、フルアルバムみたいだが実際は1曲1分程度
合計8分ちょいのシングルだ。そこが惜しいな!曲は実にマトモなので
40分くらいのフルアルバムで聴きたいわい!


まぁ本作が一体どれくらいのメタラーの耳に入るかは知らんが、今から数年たって
原作がすっかり廃れて忘れられてから「ププッそんなの昔あったネ」
まるで“あの人は今!?”に出てる一発屋みたいに
嘲笑と侮蔑をこめた目
このレビュー
見られる
んだろうなぁ・・・!
ああっだから時事ネタはイヤだ!!(笑)



満足度 70% お気に入り曲 1と8以外全部







"Allegoria"




日本のベテランテクニカルギタリストによる久々のフルレンスアルバム。


かなりキャリアの長いベテランテクニカルギタリストによる
久々のアルバムでかつてはゲームとかの曲をプログレメタル
スタイルでカヴァー
していたがEVANESCENCEに影響された
オリジナルアルバムもリリース、このシーンに足を踏み入れて
間もない
俺を楽しませてくれたわけだがいつしかアルバムを
出さなくなっていき
まぁセッションワークやスタジオ
ミュージシャン的な活動はしていたのであろうがだんだんと
あの人は今状態になっていった感がある・・・だがここにきて
ようやく久々のオリジナルアルバムリリース!
「誰この人?」
という声もあまり聞かれる事はなく(爆)とりあえず
忘れられていたような事は無かったようだ・・・ヨカッタヨカッタ(笑)。

様々な音楽性を持っているようだが本作の音楽性は
かつてリリースされた“AGHARTA”の流れを汲む
女性ヴォーカルのモダンへヴィネススタイルで
そこにストリングス系のシンセが絡みよりシンフォニック
ゴシック
に近いスタイルになっている。EVANESCENCEよりも
WITHIN TEMPTATIONに近いと言えるかも知れん。そこに
技巧派ギタリストらしいテクニカルな要素も取り入れ
プログレメタル的な難解なリズムチェンジ、ギターソロ
披露しそのタイト極まるリズムワーク、リフの正確さ
シーン髄一と言っていいだろうな!

ピアノとフィメールスキャットがホーリーな雰囲気を演出し
アコギも登場するイントロに続く2曲目はストリングス
シンセ
で幕を開けバンドサウンドも登場、プロダクションは
悪め
だがダウンチューニングによるリフ、シンセ、女性Voが
WITHIN TEMPTATION的なフィメールシンフォ
ゴシック要素
を感じさせタイトなリズムワークはプログレメタルライクだ。
3曲目はアップテンポで珍しくツインリードも登場するが
やはりリフはモダンである。サビはツーバス連打で疾走するぞ!
ソロパートは複雑な変拍子が聴け実にプログレメタル的である!
無闇な速弾きに頼らずリズムチェンジでトリッキーさ
演出する辺り流石はベテランの技巧だな。4曲目はピアノが
聴けるメランコリックなバラード。5曲目は再びバンドサウンドが
登場し非常にタイトなリフ、リズムが楽しめ女性Voがキャッチーさ
演出するもリフはやはりモダンへヴィネス系だな。ギターソロは
一瞬でストリングスの後疾走しセリフが登場!もうこの位では
こっ恥ずかしさを感じなくなっとるのう・・・ああイヤだ!(笑)
6曲目は疾走チューンでアグレッシヴなモダンリフに
ストリングスシンセが絡み
曲調自体はこれまでと変わらんが
ゴリゴリに爆走しておる!リフも若干メタルコアっぽく
なっているか!?
ギターソロも技巧をひけらかしすぎる事は
無いが速弾きでタイトにプレイしタッピングも披露、
その後アコギも登場するぞ!7曲目は再びピアノが聴ける
バラードだが今度は途中からへヴィなバンドサウンド
登場するぞ。ギターソロは速弾きで切り込み泣きのフレーズ
魅せその後はストリングスとバンドサウンドで壮大に盛り上がり
まさしくフィメールシンフォニックゴシックの様相を醸し出す!
8曲目はアコギ、ピアノが穏やかさを演出するどこか民謡に
近い雰囲気
も持った牧歌的なメランコリックバラード。
そしてそのままストリングスが神聖さを演出するラストの
アウトロ的インストチューンに繋がり幕を下ろす。


和製EVANESCENCEと呼ばれたかつての“AGHARTA”の流れを
継承するテクニカルかつモダンな女性Voメタルサウンドは
クサさこそ薄いもののメタラーを喜ばせるに十分なモノがあり
この手のメタルにしては珍しい疾走チューンも完備、
流石にベテランらしい安定感を感じさせるが欠点もあり
プロダクションの悪さ、タイトなわりには単音中心で
練りこみ不足
のギターリフ、ヴォーカルの弱さ等が挙げられよう・・・!
リフなんかもっと今時のメタルコアっぽくしてもバチは当たらんと
思うがどうだろうか!?ギターソロももっと超絶技巧を
披露してくれてもいい
んだがねぇ・・・!
まぁいずれにせよ今後はアルバムをバンバンリリースして
積極的に活動してもらいたい
ものじゃ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 穢れなきもの × ラプンツェル、
溺れた人魚 × 人魚姫、残酷な距離 × 白鳥の湖、
願い星 × マッチ売りの少女







"asterium"




日本のベテランギタリストによる3rdオリジナルアルバム。


かなり以前より活動しているベテランミュージシャンで、ネタ寄りのアルバムをちょくちょく
リリースしつつもプログレメタルをルーツに持つシリアスなスタイルも見せる実力派だ!
本作は久々にリリースされた前作の流れを汲んだモダン寄りのギターメランコリックな
ストリングス、女性ヴォーカル
が乗るフィメールゴシック系の音作りを展開しており、へヴィさでは
本場海外のバンドに劣るもののメランコリックさ、ピアノやストリングスによるアレンジワーク、
湿り気を帯びた叙情メロディーは決して引けをとらないどころか日本人ならではの
美点
として十分に特筆すべき強力な武器となっておる!

1曲目はストリングスが重厚でシリアスなムードを演出、チェロ系の音で打ち込みのようだが
かなりリアルなサウンドを出しており女性ヴォーカルも登場、続く2曲目はピアノも顔を出し
叙情性を醸し出し打ち込みリズム、ギターも聴けメランコリックなフィメールゴシック系の
音作り
になるぞ!へヴィさは薄いが海外のこの手のバンドと異なりメロディーがキャッチーな辺りが
日本人らしい部分じゃのう・・・!中盤以降の展開がまた美しくラストのギターやストリングスの
オブリがメロウな美麗さに満ちておりたまらんなぁ・・・!3曲目は冷たいピアノによる短い繋ぎで
続く4曲目はへヴィリフ、煌びやかなシンセがこれまた湿った叙情性を演出し淡々としつつも
ちょいアップテンポで展開するメロウな曲。ヴォーカルは弱いがギターソロはメロディー重視の
極めてタイトなプレイ
を披露しておる!5曲目はシンセに始まりモダンなリフがノリの良さを
放つ
アップテンポ曲でプログレ的なリードギターも登場!ヴォーカルはAメロを英語で歌い
発音も含めて弱さが目立つ
も曲は軽快に展開、ギターソロはやはりプログレ的なフレーズ
なかなかにテクニカルな速弾きを見せているぞ!6曲目は正統派メタルに接近したリフ、
シンセがイントロで顔を出すこれまたノリの良いアップテンポ寄りの曲バッキングが
若干大人しめ
な印象を受けるもメロディーはキャッチーである!ギターソロもタイトだな。
7曲目は神秘的なフィメールクワイア、ストリングスリフが聴けるアトモスフェリック系
ムードを持ったファンタジック(?)な曲。8曲目はアコギ、ピアノが極めてメランコリックで
叙情的な空気を演出、
そしてストリングス、バンドサウンドが顔を出しドラマティックな
盛り上がり
を見せるメロウでエモいスロー曲だ!中盤以降で聴けるオーバーダブされた志方あきこ系の
フィメールクワイア
も印象的でその後のギターソロも重ねられつつ泣きを披露しておる!
9曲目はピアノ、へヴィリフ、電子音が聴けアトモスフェリックなムードも醸し出される
叙情的な曲。フワフワした雰囲気ポストロックに通じる部分だがプログレメタルに接近した
アンサンブル、ストリングス
も顔を出すぞ!ラストの弦楽アンサンブルも泣いておるのう・・・!


過去作と比べてメロディーやアレンジ等かなり成長した感があり大人しい所は大人しく、
盛り上がる所は盛り上がる緩急ついた曲展開
がセンスを感じさせシンセやストリングス、
デジタルサウンド
も多用されているためプロダクションの軽さも味として許容できるのう!
スロー曲のほうがアップテンポ曲より魅力的というのも面白いな。まぁヴォーカルは
まだまだ弱くもっと成長して頂きたいのだが・・・!だが最近良く見かける某動画サイト上がり
変態染みた超絶技巧を持ちつつもテクのひけらかしに走りすぎて曲が死ぬほどクソつまらん
オナニーシンガー連中
なんざよりもこっちのほうが圧倒的にマシである!
どの芸術ジャンルにも言える事だが音楽は技術ではない!曲の良さだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 asterium、secret tale、meteor rain、my asterisk







"memoria"




日本のベテランギタリストによるシングルベストアルバム。


同人メタルシーンがまだジャパニーズメタルシーンに食い込むはるか昔より
活動を続けるベテランプロジェクトで、シーンによくあるメロスピ、クサメタルや
メロデス、メタルコア
では無くEVANESCENCEタイプの女性Voラウドロック
プレイしており、プログレメタルもプレイ可能なテクニカルさを持ちつつも
決してスキルをひけらかさず引き所をわきまえているのが特徴だろう・・・!
本作は新曲に加え、過去にリリースした楽曲をリメイクしたある意味
シングルベスト的な立ち位置
となっているアルバムである!

1曲目は意外にもエモ的なムードを持ったイントロからモダン寄りのハードさを
見せるバンドサウンド
が登場、女性Voは儚さを持ったアニソン、J-POP寄りの声質
メタリックな音作りには不向きな弱さがあるもキャッチーさを見せているな・・・!
2曲目はストリングスシンセも顔を出しシンフォニックな盛り上がりを見せる曲で
やはりキャッチーな要素が強いのう・・・!ギターソロはテクニカルな部分を見せるぞ!
3曲目はモダンなギターリフエモいリードギターが聴けピアノも登場、
なかなかに緊張感を感じさせるも途中からストリングスが顔を出しこれまたキャッチーじゃのう・・・!
4曲目は叙情性を醸し出すクラシカルなストリングスで幕を開けファンタジックな
ムード
を放つ叙情バラード。5曲目はモダンへヴィネスライクなタイトさを見せるも
同時にエモい気だるさも見せており、リフワークは何気にテクニカルだがサビは例によって
相当にキャッチーである。ギターソロはメロディアスでありつつもトリッキーな
テクニカルさ
を見せておるのう・・・!6曲目もまたモダンでエモくキャッチースローチューン
淡々とした印象もあるがメロディーはやはり良く煌びやかなシンセも顔を出すぞ。中盤以降はまた
ゴリゴリかつプログレメタル的な部分も見せるか!?7曲目はメタリックなギター
ピアノ、ストリングス、デジタルリズムが顔を出し本作でも特にアニソン寄りなムードが
感じられる相当にキャッチーな曲である!ギターソロも聴き所だ!8曲目はチェロ、ストリングス、
ピアノ
に始まりバンドサウンドも登場、Aメロは打ち込みメランコリックさを放つバラード系。
途中からやはりモダンなギターリフが顔を出すも基本は淡々としたスローテンポだな。
ギターソロはメロディアスかつレガートなプレイを披露しておる!9曲目はストリングスが
アニソン、J-POP的な壮麗さ
を放ちアップテンポでキャッチーさを放つ判り易い王道の曲になるぞ!


シングルベストだけあってどの曲もメタリックさ、モダンなエモさを持ちつつも相当に
キャッチーな仕上がり
を見せており、いい意味でアニソン、J-POP的な要素が強く
ストリングスシンセ
の使い方もシンフォニックメタルと言うよりはやはりJ-POP的で
荘厳さ、崇高さは無い
聴き易いと言えば聴き易いな。女性Voは相変わらず弱め
プロダクションもモダン系ではあるがそこまでゴリゴリと言う訳では無く、アグレッションを
期待すると肩透かしになるが音楽性にはマッチしており欠点とは呼べないだろうな。
ツボを押さえた曲作りは流石にベテランである!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"knight"




日本のプログレッシヴメタルユニットによる1曲入りシングル。


同人メタル黎明期より活動を続けるベテランで、モダンなラウドロックから緻密かつ
キャッチーな女性Voプログレメタル
まで幅広くこなせる実力派による、次のアルバムから
先行収録となった1曲入りのシングルである!
方向性としては前に上でレビューした
シングルベスト
同系統の方向性である、緻密で叙情的かつ強烈なフックを備えたメロディーを
聴かせてくれる楽曲重視のプログレメタルとなっておる!

気になる楽曲だが、女性Voプログレメタルと言うかプログレハードな仕上がりで、ピアノ等
シンセ
も駆使し緻密なムードを放ちつつ女性Voは非常にキャッチーで、サビなんかアニソン、
J-POP的
ながらかなりのフックを見せておるのう・・・!細かいギターリフ何気にテクニカルで、
後半のストリングス
がまた壮麗で良いな。


1曲のみの先行シングルだがそのクオリティーはやはり高く、次なるアルバムが非常に楽しみに
なってくるのう・・・!緻密なテクニック、アレンジも良いが何気にメロディーセンスに
非凡なものを感じさせてくれる
のが最大の美点である!近年海外のプログレメタルバンドでもただの
技巧重視に陥らずフックある美メロを聴かせてくれるバンドが増えつつあるが、メロディーの
クサさ
ではやはり日本人バンドが頭一つ抜きん出ておる!こういうサウンドが海外でも
ウケる
ようになれば国産バンドの未来も見えてくるだろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 knight







"終焉のコンコルディア"




日本のプログレッシヴメタルユニットによる4thオリジナルアルバム。


同人メタルシーンにおいて黎明期より活動を続けるベテランユニットで、ヘヴィさと共に
テクニカルなプログレメタル的な印象もあるが、根底にあるのはあくまでもキャッチーさ、
メロディアスさ
技巧重視に陥らない姿勢を見せておる!本作はシングルベスト等を合間に
挟みつつ延期を重ねてようやくリリースされたフルレンスアルバムで、音楽的には本作も
女性Voがキャッチーな印象を放ちストリングス、ピアノ等がシンフォニックな壮麗さ
演出するプログレメタルで、ヘヴィな印象もあるがそこまでゴリゴリ過ぎる事は無く、
一昔前にちょいと流行った女性Vo歌モノヘヴィロックともまた異なる姿勢を見せており、
それでいて同人メタルらしいファンタジックさも感じさせるだろうか!?

1曲目はピアノ、ストリングス壮麗さを醸し出すイントロで、続く2曲目はそのまま
シンフォニックさを放ちつつヘヴィサウンドも登場、淡々とした印象もありつつ
インストパートプログレメタル然としたテクニカルさを見せてくれるのう・・・!
3曲目は民謡ムードを醸し出すアコギ、パーカッションやコーラスが聴ける牧歌的な曲で、
4曲目は穏やかな出だしに続いてヘヴィ寄りのバンドサウンド、細かいリードギターも登場、
テクニカルなプログレメタル要素も強くサビはアップテンポでキャッチーさを放つぞ!
5曲目は壮麗なストリングスシンセに始まり穏やかなマイルドさを醸し出すバラード系だが、
テンポアップし盛り上がるパートもあるな。6曲目は煌びやかなシンセに続きなかなかに
ヘヴィなバンドサウンド、リードギター
が聴けるインストで、7曲目はストリングスシンフォニック
盛り上がりを見せ、淡々としつつもヘヴィな刻みリフが顔を出すドラマティックな楽曲である!
中盤以降でアコギも顔を出すのう・・・!8曲目は細かいバンドサウンドプログレメタル然とした
テクニカルさ
を演出、9曲目はアコギと共に民謡要素が見られつつもプログレメタル要素
内包しており、10曲目はメロウなアコギ、ストリングス女性Voが聴けるバラードだが、
バンドサウンドも顔を出しテクニカルでヘヴィな面もあるな。11曲目はSE、チェロによるアウトロ的な曲だ。


アニソン、J-POPタイプのありがちなキャッチーさにはいい加減飽きて来ているが、
本作・・・と言うか彼らはそんな中にあって緻密に練られ適度にヘヴィさのある
プログレメタル要素
フックとなっており普通に楽しめるのう・・・!
チャラい今風デジタルシンセ、エレクトロニカ要素に走らずピアノやストリングスで
シンフォニックさを放つシンセも好印象だな。派手さは無いかも知れんが安定して楽しめる、
ベテランらしいクオリティーの高さ
を見せているぞ!




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 宿命のアゲアギス  反逆のナイト  深層のメタノイア







もどる


inserted by FC2 system