世の漆黒







"二輪葬 -A Longinus Hermonia-"




日本の女性ヴォーカルモダンへヴィネス/エモ系プロジェクトのアルバム。


大分前のM3にてシンフォニックゴシックメタルプロジェクトValhallaのアルバムと共に
スペースに置かれていた1枚である!どうやらキャリアある実力派プロジェクトのようで
音楽的にはバンド名は体を現すが如き厭世的ダークさ、退廃感、無常さに満ち満ちた
インダストリアル要素も感じられるドゥーミーでイーヴルなモダンへヴィネス、
ラウドロック
をプレイしておりそこにValhallaでもヴォーカルをとっていたJ-POP然とした
女性ヴォーカル
が乗る様はデスVoの無いHEAD PHONES PRESIDENTと言えそうなムードが
感じられると言えなくも無いか!?プロダクションこそ弱いがアレンジ、演奏も
アラやチープさの無い極めてタイトな出来になっておる!これでヴォーカルにもっと
ラウドロック/メタル然としたアグレッションや狂気があれば普通にエクストリームメタル、
モダンヘヴィネス系のバンド
を聴いているリスナーでも違和感無く楽しめるであろう
クオリティーの高さ
があるぞ!

1曲目はインダストリアル系マシーナリーな無機質さを持ったへヴィで退廃的な
スローチューン。
女性ヴォーカルこそJ-POP系なれどそれ以外はダークでシリアスな
ラウドロックスタイル
に仕上がっているのう・・・!ギターフレーズも世の無常さを
儚むが如き暗さ
があるな。2曲目はシンセが登場しモダンさを醸し出しつつも
正統派メタル的なリフが顔を出しアップテンポで展開する多少のキャッチーさ
感じられる曲。ギターソロはメロディー重視のプレイである!3曲目はへヴィさの
減退
と引き換えに湿った叙情性を発散しメロディーはかなりキャッチーフックある
クサさ
を持ったサビが印象的なエモいアップテンポチューンだ!ギターもファンク的な
軽快さを持ったカッティング
を披露しているぞ。4曲目はキャッチーでクサさすら
感じさせるリフ
MYPROOFを彷彿とさせそして淡々としつつもアップテンポで展開、
その後はモダンなバンドサウンドも顔を出しヴォーカルメロは叙情的なキャッチーさ
強くサビはさらに疾走する!ギターソロはタッピングも披露しテクニカルな素養も
見せてくれるぞ。
5曲目はダークで重苦しい退廃的なへヴィリフ、ピアノシリアスさ
放った後キャッチーなヴォーカル、煌びやかなシンセと共にこれまた疾走する曲。
ギターのバッキングがよく練られておりリフと言うかオブリがバンバン放り込まれ
こういう部分が根本的なクオリティーの向上に繋がっているのう・・・!中盤以降は
珍しくデスVoもバックで顔を出すぞ!6曲目はアコギ、スキャットコーラスが聴ける
短い繋ぎで7曲目はクリーンギター、軽快なバンドサウンド、キラキラしたシンセがポップながらも
湿ったエモい叙情性を醸し出すアップテンポチューンだ!ギターソロは
メロディー重視で泣きのリードプレイを披露しフレージングも良いな。


退廃的でダークなモダンさ、エモさを持ったへヴィなバンドサウンドに線は細いが
叙情的でキャッチーなフックあるメロディーを歌う女性ヴォーカルが乗るスタイルは
まさしく人懐っこくなったHEAD PHONES PRESIDENTと形容するのが一番近いであろう
雰囲気を発散しておりボーイミーツガールのジャパニメーションナイズドなジャケ
本作を楽しめるであろう層を蹴ってしまっているのが勿体無いわい!(爆)ベースラインの
充実、HM/HRとしてキチンと練られオブリもバンバン放り込むギターリフ、手数多く
暴れ決してワンパターンに陥らないドラム等といったバンドサウンドのセンスの良さ
このクオリティーの高さに繋がっているのだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 君、香る静寂  極地点 -「  」と私-







"サイレント・キネマ"




日本の女性VoメタルプロジェクトによるコラボレーションEP。


女性シンガーが歌うモダンさのあるヴィジュアル系メタルをプレイし評判も高い
プロジェクト
である世の漆黒とこれまた知名度の高い女性シンガーである
葉月ゆら嬢
コラボして作られた1枚で、全7曲入りではあるがそのうち3曲が
繋ぎの短いインスト
で2曲がヴォーカル曲のカラオケヴァージョンという事で
実質2曲のシングルと言える内容だが、この2曲のクオリティーが実に高くモダンさも
あるがどちらかと言えば正統派寄りのパワーメタルに近い音作りとなっており
バッキングが非常に緻密でよく練り込まれたギターリフやオブリがインパクトを
放っておりリフ無しメロスピやよくあるメタルもどきとは一線を画する質実剛健、
剛直なHM/HR振り
を放っていると言えよう!

1曲目はノイジーさのあるラウドなギターストリングス、ピアノが顔を出すイントロで
2曲目はアグレッシヴなメタルサウンドに女性Voが聴けアップテンポで展開、リフが
かなり細かく練られており
その上バックのアレンジも聴き所満点で面白いな・・・!
ギターソロはメロディー重視でその後のバッキングがまた凝っておるわい!
3曲目はアコギが叙情的なムードを醸し出す繋ぎのインストで4曲目は煌びやかな
シンセ、メタルサウンド
メロスピ的な疾走を見せギターもリードメロを奏で
ヴォーカルが入るとテンポダウンするもドラムは手数多くBメロで再び疾走!
オブリを入れるギター
がまた印象的でサビは実にキャッチーである!ギターソロは
やはりメロディー重視で構築されたプレイを披露、ツインリードも聴けベースラインも
目立っているな。
5曲目は叙情的で穏やかなピアノが聴けるインスト。6、7曲目は
ヴォーカル曲のカラオケヴァージョンだ。


ヴォーカルの声質こそアニソン系の高音なれどそれ以外はV系というよりも
モダンな質感を醸し出す高品質なパワーメタル
である!メロスピ的な疾走感、
アグレッション
を持ちつつもリフ、オブリ、バッキングがよく練られているのが
また好印象である!
世の漆黒のアルバムは今の所上でレビューしている
“二輪葬 -A Longinus Hermonia-”
しか聴いておらず高品質なモダンさのある
エモいスタイル
というイメージがあったんでいい意味で驚きじゃわい!これで
ヴォーカルがパワフル系だったらもっと個人的に好みになったんだがまぁこの辺は
しょうがないな。
実質2曲だけのシングルだがメタラーならヴォーカルの弱さに
目を瞑ってでも聴く価値が十分にあるぞ!
この方向性でフルアルバムも聴きたいわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 天城心中  ヴェルヴェット・リフレイン







"天球儀上の君と黄昏の摩天楼"




日本の女性ヴォーカルモダンへヴィネス/エモ系プロジェクトの7thアルバム。


女性ヴォーカルをフロントに据えたラウドロック、モダンへヴィネスだがよくある
シンフォニックゴシック的な要素は薄く気だるいキャッチーさを持ったプロジェクトの
通算7作目のアルバムのようで、本作も方向性としてはアニソン、J-POP的なスタイルを
持った女性Voラウドロック
となっており音質は非常に悪く自主制作っぽさプンプンなれど
メロディーやアレンジ、リフ、オブリ等は非常に良質で女性ヴォーカル、演奏もしかとした
スキルを見せており
過去作が好きなら本作も何の問題も無い安定感があるのう・・・!
ちなみに俺は未聴だが前シングルの曲をリレコーディングして収録しているようだ。

1曲目はピアノ、ストリングス、クリーンギターによるエモーショナルなイントロ
続く2曲目はモダンなギターリフにどこか様式美的なギターフレーズが乗り
アップテンポで展開、
女性Voは気だるいJ-POP声質シンセも聴けメロディーは
どこか歌謡曲的ギターのオブリがネオクラ風なのが印象的じゃのう・・・!
サビはアニソンというかJ-POP的なキャッチーさが強いな。ギターソロもまた
クラシカルでクサいよくあるフレーズ
を奏でておりお約束だが良いぞ!
3曲目はちょいと軽快なギターが聴けバンドサウンドもモダンではなくどこか
エモいV系に近いムード
がありヴォーカルはやはりキャッチーさが強くサビは
疾走するぞ!
4曲目はデリデリとしたギターのカッティングストリングスが乗り
エモーショナルな叙情性を見せつつやはり気だるさが漂うミドル曲。中盤のクリーンギター、
ベース
打ち込みリズムはどこかアトモスフェリック系の空気を出しているな。
5曲目は街頭のざわめきSEスキャットが聴ける繋ぎで6曲目はかなりアニソンに
近いキャッチーさ
を見せるサビが聴けるアップテンポ曲ギター、シンセがまた
相当のクサさを見せている
がバンドサウンドはモダンと言うよりはグランジ寄りだ。
後半のギターのオブリ、ツインリードがまたツボを突いたフレーズを弾いておるわい!
7曲目はピアノ、アコギ、女性Voストリングス、シンセも乗るバラード系の曲。
途中からモダンなバンドサウンドも顔を出しパワーバラードの様相を醸し出すぞ。
ラストは呟くような声エモーショナルな泣きのギターソロも聴けるのう・・・!


モダンへヴィネスだがV系に通じるキャッチーさ、エモーショナルな湿り気も
内包した叙情性
に時に歌謡曲的な要素を見せるキャッチーな事この上ない
J-POP、アニソン的
かつ気だるい空気を纏った確かな歌唱力を見せる女性Vo
方向性にブレは見られず安定のクオリティーを見せているぞ!プロダクションは
悪め
なんだが4曲目のような湿った叙情性重視のエモい曲にはマッチしており
音の良いつまらん曲
より音の悪いいい曲のほうが価値があるという事を改めて
教えてくれるかのようだ・・・!





オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 喪失カテドラル  黄昏の摩天楼  奏鳴曲;有栖-alice-







"デカダンス・ヴァニラ"




日本の女性ヴォーカルモダンへヴィネス/エモ系プロジェクトのシングル。


同人メタルシーンによくあるフィメールシンフォゴシックでは無くモダンで湿った
エモさを内包した女性Voラウドロック
をプレイするプロジェクトの最新シングルで、4曲入り
なってはいるがマトモな曲は1曲だけでそれ以外はイントロとアウトロ、カラオケヴァージョンで
ボリューム不足な感がある
のは否めないが、何とこれまでと方向性が異なっておりテクニカルさを
内包したバリバリのメロスピ、メロパワと化しておりクサメタラーに強烈にアピールし始めておる!

1曲目はダークさのあるメランコリックなピアノで幕を開けデジタル系の打ち込みリズム、
ヴァイオリンシンセ
も顔を出すイントロだが続く2曲目は何とモダンヘヴィネスでは無く
ギターやシンセが派手に舞い疾走するメロスピチューンである!気だるさのある中性的な
女性Vo
に纏りつくギターのオブリテクニカルな印象がありメロスピでありつつどこか
プログレッシヴな印象もありGALNERYUSに通じる要素もあるか!?ギターソロもメロディアスで
ドラマティックさ
がありツインリードも実にクサくラストのヴァイオリンと共に聴ける
タッピングも熱いぞ!3曲目は雨のSEに始まりヴァイオリンの音色が叙情性を演出し
アコギも顔を出すアウトロのインスト。4曲目は2曲目のカラオケヴァージョンである。


一体どういう心境の変化があったのかは知らんが本作で聴けるのは紛れも無い高水準の
メロスピ、メロパワチューン
である!実質1曲だけのようなモンなのが実に惜しい!
この方向性でフルアルバムをリリースして頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 不夜城







もどる


inserted by FC2 system