アラン・ムーア作品なのにツッコミ所満載!スーパーパワーポリスヒューマンドラマコミック トップ10







アラン・ムーア作品なのにツッコミ所満載!
スーパーパワーポリスヒューマンドラマコミック 
トップ10









アラン・ムーア!言わずと知れたアメリカンコミック界の天上神!
うちのサイトのこの企画でも以前に取り上げた、アメコミ史上最高傑作にして人類史上最高の
コミック
と称される“WATCHMEN”を始め“バットマン・キリングジョーク”“フロム・ヘル”、
“Vフォー・ヴェンデッタ”、“リーグ・オヴ・エクストラオーディナリィ・ジェントルメン”

数多くの名作を世に放ち地上最強のシナリオライターの称号を欲しいままにしており、
そのあまりにも崇高すぎる文学性、芸術性はぶっちゃけバカの極みみたいなうちの
サイトで取り上げるのが恐れ多い程
である!(爆)古今東西ありとあらゆる学問、知識に
精通
している上、それをジミヘンのストラトが如く自由自在に操り完璧以上の脚本を提供する
その超絶技巧たるやHM/HRで言うならDREAM THEATERMESHUGGAHみたいなモンだ(爆)。
まぁその一方でシンプソンズに出演していたりするんだが(笑)、それはともかくパンクバンド
決してメタルバンドに技巧で敵わないように、メタルバンドジャズ、クラシックに
敵わない
ようにアラン・ムーアには他の誰もが敵わない!まさしくテクニカル・コミック・・・
プログレッシヴ・コミックよ!日本のMANGAが世界一なんて言っていられるのは
アラン・ムーアを知らないからじゃ!東京の回転寿司のイクラをホンモノだと
思うなよ!
俺の実家は北海道なんでな!!(意味不明)







何故か“ザ・シンプソンズ”に出演しているアラン・ムーア。バートミルハウス
“フロム・ヘル”が理解出来るのであろうか!?と言うか10歳前後のガキが
読んじゃアカン本やろ!
チンポコとかオマンコ
無修正で描かれてるのにさ(爆)。







ああ、アニー愛してる。もうイキそうだ



そんな脚本の魔術師(実際にマジシャン業もしているけど)、アラン・ムーアだが
彼の生み出すストーリーはあまりにもハイレベル過ぎて空いた時間に気軽に読むとか、
寝転がって煎餅食いながら食いカス撒き散らしつつ読むとか、クソしてる時に
読む
とか、そういったユル〜い読書スタイルが不可能に思えるのもまた事実・・・!
アラン・ムーア作品を読む時はクラシック畑のリスナーがタキシード来てコンサートに
行く
ように、正装して正座して一字一句見落とす事無く、例え家が火事になろうとも
泥棒、強盗が侵入しようとも、全裸のビッチ性的アピールを目の前で行おうとも
それら一切の情報をシャットアウトして読む事に集中しなければならない!
芸術性が高すぎるのはいい事だがそれが時に疲労を招く結果になるのは言うまでもない・・・
いつもエクストリームメタルばかりじゃ疲れるからたまにはメロコア聴こうと思うのは
俺だけだろうか!?DRAGONFORCE全曲爆走だけど必ず1曲はバラードが
ある
ように、アラン・ムーア作品にも息抜き気分で気軽に読める作品が実はあるのだ!
WATCHMENフロム・ヘルのようなシリアスで退廃的な世界観とは真逆の様相を呈し
誰が呼んだか「白いアラン・ムーア作品」と称されるこの世界・・・それが今回ここに
紹介する“トップ10”である!



一言で言うなら警察署が舞台となった海外ドラマを彷彿とさせる群像劇と言った塩梅で、
その他のアラン・ムーア作品のような崇高なテーマ性、難解とも言えるプログレッシヴな
複雑さ、テクニカルさ
は薄まっており非常に取っ付き易く読みやすい!
主な概要は以下の通りである。



第二次世界大戦集結以降、次々とスーパーパワーを持ったヒーローやヒロイン、
そしてヴィラン(悪役)達が現れ大きな社会問題となった。政府は一計を案じ
元ナチの天才科学者達(!)に巨大都市「ネオポリス」を設計させ、そこに
ヒーロー達を移り住ませる事にした。やがてそんなヒーロー達がベビーブームで
次々とベイビーをオギャアさせてしまいスーパーヒーロー人口が雨後のタケノコが如く増加、
もはや一般の警察組織は(元からそうだけど!)役立たずのインポ野郎になってしまった!
そんなわけで警察組織も住民同様スーパーパワーを持たなければならなくなり、その結果
市民から募った警官で構成された警察組織が結成された!これが多次元警察機構第10分署、
通称“トップ10”と呼ばれる組織である!




そういう訳で本作に登場する人間は皆スーパーパワーを持った超人ばかり!
JOJO
で言うなら全員がスタンド使いであり、北斗の拳で言うなら全員が
北斗神拳及び南斗聖拳の使い手
のようなモンである(爆)。もっと判り易く
説明するならM3とかに来る客も全員ミュージシャンみたいなモンだ(笑)。

物語の主人公はトップ10に新たに赴任して来た新米女性巡査、ロビン・スリンガー
彼女の持つスーパーパワーは父譲りのオモチャの兵隊を自由自在に操ると言う、
JOJOで言うなら虹村億泰の兄貴、形兆バッド・カンパニーに近い感じだが、
こっちは実物のオモチャでなければならないので常にオモチャ箱を
持ち歩かねばならず便利なのか不便なのか
よう判らんスーパーパワーである!(爆)







デザインコンセプトは「アーティスト気取りのパンク少女」らしいが
人格面はロールシャッハなんぞとは異なり至ってマトモ、尖った部分は皆無で
実に素直、
風鈴の匂いがするいい子らしく、ぶっちゃけ没個性なんだが(爆)
他のメンツがあまりにも濃すぎるんであえて平凡にしてあるのだろう。
範馬刃牙だってそうだし(笑)。ちなみにオモチャ箱にちなんで通称“トイボックス”
されているが作中でそう呼ばれる事は滅多に無い(爆)。






アメコミなんで絵柄が濃いのにはいい加減慣れて頂きたい。
俺は日本の漫画の絵柄よりアメコミの絵柄の方が好みなんで
皆少しは俺に近づこうぜ(笑)。


そして他のトップ10の仲間達だが、これがまた非常にアクの強い濃すぎるまでに
個性的な連中
が集まっており、粗暴ながら気のいい肝っ玉母ちゃんだが全身重火器で
武装
しており核ミサイル(!)まで装備しているイルマ・ウォーナウ、そのパートナーで全身の
色素を自在に操れる
ため常に全裸(!)の女性サン・リー、さらにカウボーイファッションの
中年
ながらマザコン(!)デュアン・ボダイン、それと頭から電流を発する性格に難のある
ピーター・チェイニー非実体化の能力を持ち全身シースルー壁とか自在に
通り抜けられる
レズビアン(!)ジャッキー・コワルスキー巡査部長等など実に
個性豊かなメンバーが揃っているが、個人的にインパクトがデカかったのは
ケムロ“ハイパードッグ”シーザー巡査部長だな・・・!朝のブリーフィング担当官
人当たりのいい、気のいい人物なんだが・・・






犬である(爆)。






主食は勿論ドッグフードだ!本読みながらフォークで食すぞ!


顔だけ犬の人間では無く、体はちゃんとした犬人型の外骨格を纏い
その上にアロハシャツとかを着ておる!この世界はどうやら動物類も
進化している
ようで人間並みの知能を持っており会話も可能のため、
弁護士であるフィッシャーマン






サメである(爆)。


スーツを着たサメ!一体どうスーツを着込んでいるのか想像がつかないが、
弁護士としてはカネにさえなればどんな犯罪者だろうが何だろうが弁護し
警察署長にも食ってかかる
ような、実際だったら非常にムカつく、
人間味皆無のクソ野郎
なんだが外見がつぶらな瞳のサメと言うだけで
途端にファニーになるな(笑)。


さらに物語の後半、2巻で新たに新人警官が配属される事になるが
この新人、ジョー・パイなる巡査は・・・






ロボ!どっかで見た事あるような、実にマジンガーZ的なフォルム!
何でもありなのかこの漫画は!(爆)




そして忘れてはいけない、本作の中でも恐らく人気ナンバーワンだと思われる(?)、
ジェフ・スマックス巡査について語らねば本作を語った事にはならん!(爆)
赴任したばっかりのスリンガーとコンビを組む事になる、胸からビームを発射する
前職はドラゴンスレイヤー
の、巨漢のマッチョな青いヤツだ!






アラン・ムーア作品青いヤツと言えば言わずもがな、
Dr.マンハッタンなんだがこっちはちゃんと服を着ているので安心だ。
服を着ていないのはサン・リー巡査である(爆)。






このスマックス、最初の頃は無愛想もいい所、スリンガーが
仲良くなろうと街の話を振っても






「いいか、オレはたまたま、この肥溜めで働いているだけだ。
歴史なんぞに興味はねぇ 気の利いた会話がお望みなら、
さっさとアカデミーに戻りな」



等とほざき、昼飯もスリンガーをシカトして一人で黙々とコーヒー3杯に
ハンバーガー5個を食い、
年がら年中生理前みたいな態度を見せているが、
その内態度が軟化していき・・・






「毎日送ったりはしねぇぞ。今日はたまたま見かけたから誘っただけだ」






「この雪だろ、足がなくて困ってるかと思ってな。オレたちゃ
パートナーだ。助け合うのが当然だろう」







「オレは別にお前が嫌いなわけじゃない。本当だ、誓ってもいい。
まぁ、好きって事もないがな まぁその、言い難いが・・・
夢を見たんだよ・・・」

「何の夢を?私も出てきたの?」

「ああ・・・でも夢の内容なんざはどうでもいい
大事なのは、起きた時、もっと他人に優しくしようって
気になった
事なんだ・・・」



そして最終的にはネタバレになるんで詳しくは伏せるが






最近の若者言葉で言う所のツンデレと言うヤツである(爆)。
烈海王といい勝負だ(笑)。


こんな感じにインパクト抜群の愛すべき連中が解決する事件もまた一筋縄では
いかない厄介さ
があり、姿の見えない謎の痴漢ゴーストリー・グースを始め
日本の禅の精神目隠ししたままタクシーを暴走させまくる
ゼンタクシーやら、どう見ても日本のあの有名な大怪獣ゴジラをパロったゴグラ、
さらにファンタスティック・フォーにおいて惑星を捕食するコズミック・ビーイング
(宇宙を律する神のような存在の意)
であるギャラクタスと闘うため全能の監視者
ウォッチャー
宇宙レベルの究極の武器であるアルティメット・ヌリファー
ファンタスティック・フォーのメンバーに与えて対抗させると言う、超が付く程
壮大なスケールのエピソード
部屋の片隅で再現するスーパーネズミ
駆除やら何やらいちいちネタが大量に仕込んでおり、元ネタを知っていれば
爆笑出来るエピソードがてんこ盛りである!






左側の紫のデカイ奴ギャラクタスをモチーフとしたギャラクタパスで、右の宇宙模様の
ミッキーマウス(爆)
コスマウスのようである。コスマウスは全能の監視者ウォッチャー
モチーフとしているらしいが、容姿的にはウォッチャーでは無く宇宙の化身エターニティ
モデルにしている。ウォッチャーは頭のデカイハゲで、物凄くカッコ悪い(爆)。






ちなみにネオポリスでは信仰の自由は徹底されているが、売春や違法ポルノは厳しく取り締まられているようで
“触手尻少女”、“アメーバ少女シーバ、ダラスを荒らす”等といった
ポルノ映画が摘発の対象らしく、内容的には「蚊とクラゲの絡みで
勃起するような上級者でないとやめておいたほうが無難」
らしい・・・(爆)。


そんなわけでアラン・ムーアらしからぬ愛すべきファニーなユルさに満ちた
本作
ではあるが、そこは流石にアラン・ムーアらしく事件の本筋は実に
ハイクオリティーな展開
を見せており、ドラッグの売人の殺人事件
切り裂きジャックことウィリアム・ガル博士クレイジー振り
陰鬱な事この上無い19世紀ロンドンの風景と共に見事に描き切った傑作
“フロム・ヘル”
でもお馴染みの連続娼婦殺人事件等が絡み合い、やがて
思いもよらぬ結末に辿り着く様は実に見事でそのブラック振りも実に嬉しくなるな(笑)。


2巻では物語も結末に向かうからかストーリーも熱さを増し始め、特に2巻の冒頭を飾る
第8話、“THE OVERVIEW”は向こうのコミック情報誌の投票で1位を獲っており、
JOJO第5部でアバッキオが死ぬ時のシーン
に引けを取らない感動的で
熱い会話
を堪能できる名エピソードとなっておる!



「存在とは至極、単純なものだよ。
白と黒があるだけだ。」

「空を見上げたまえ 何が見えるかね?あれこそが、
世に名高いグレイトゲームボードだ」

「グレイトブラックの只中・・・
大いなる黒に四方を囲まれ、見るからにか弱く、
それでも勇敢なのが・・・
グレイトホワイトだ」


「な・・・なるほど、そういう事か。ワシにもわかったよ。
完璧な例えだな、完璧だ・・・」

「大いなる白か・・・なぁ、見たところ、大いなる黒の方が
圧倒的に優勢のようだが、ワシらは負けるのか?」


「いいや。かつては黒だけだった。
我々は勝利しつつある。これでいい
さぁ、共に行こう」





ちなみに上記したゴグラはあの本家ゴジラの甥という設定らしく、街のギャング団
ファビュラス・ファイブ
のヘッドであるアーネスト・ゴグラはまだ人間サイズの
チンピラの怪獣
なんだが、父親のゴグラは






ホンモノのゴジラもかくやの巨大サイズである!まぁ本家が全長100メートルなのに
対しこっちは全長25メートル程度なんだがそれでもデカイ!そしてこんなに
デカイ奴が第10分署の前まで辿り着くのに誰も気付かなかったり、そもそも
建造物が乱立しているのにそれらを一切破壊せずにここまでどうやって来たんだ、いやそれ以前に
こんなデカイ奴のTシャツとか一体どうやって用意したんだアラン・ムーア作品なのに
ツッコミ所満載!(爆)
あの花山薫高校の制服の生地通常の10倍だったが、
このゴグラのTシャツのサイズは果たして何倍の生地なのであろうか!?(爆)まぁ「脚本を書く」と言う
スーパーパワーを持ったスーパーヒーロー(?)
であるアラン・ムーアの事、わざと
ギャグでやっているのであろう(笑)。







しかもこのゴグラ、アル中なんで胸焼けが酷く公衆の面前で
派手にゲロを吐く!(爆)何て迷惑なヤツなんだ!


他にも連続娼婦殺人事件の犯人であるライブラも人間では無く、
その姿は何て言うか






緑トレマーズ、緑グラボイズと言いたくなる外観をしており非常に
エグい
のだが、その正体はアンタレス星系出身サイエンスヒロイン
(スーパーパワー持った女子の意)
にしてポルノ女優(!)である
ミルグラ・クァルツで、変態期を終えたその姿は・・・






何故か一昔前の日本のANIME、MANGA風だった(爆)。
誰だ!「スリンガーちゃんもこういう絵柄で
見たかったYO〜」
等とほざく輩はッ!
喝ッッ!!


そんな感じでネタバレを避けつつ紹介して来たが、本作の真価はそう、
WATCHMENでもそうだったがあまりにも膨大すぎる背景の情報量であろう!
ただWATCHMENのそれが全てのストーリーに結び付いていたシリアスな
メッセージだった
のに対し、こっちは完全ギャグ、パロディーで成り立っており
背景に数え切れない程の隠れキャラが存在、早い話が「ウォーリーを探せ」状態なのである!(爆)

本作はアメリカンコミックなんで背景のキャラクターも大半はそういった
向こうで有名なアメコミキャラ
となっているが、中には日本人でも
よく知っているキャラクター、
さらには日本のキャラクターまでいる(爆)。
目立った所だとこんな連中が我が物顔でネオポリスを徘徊しているぞ!






エルヴィスは、キングは生きていたんだ!映画“メン・イン・ブラック”では
故郷の星に帰ったとされていたが、また戻ってきたんだね(笑)。






ロールシャッハ捕まってるし!(爆)妥協しない男もスーパーパワー持ちだらけの
街では無力なのか!?
まぁ原作でもとっ捕まってるしなぁ・・・!
ちなみに他の牢にはナイトオウルU世Dr.マンハッタンも投獄されている(爆)。






ATOM!!ハリウッドのCGアニメ映画版ではケツアゴマッチョの8等身化
期待していたけど普通のデザインガッカリだったよ!(爆)






セーラームーンのコスプレをするセーラーマン(水兵)!!こんなド変態が
堂々と歩ける街
なんてネオポリス以外だったらアキバだけだよなぁ(笑)。
とりあえずスネ毛どうにかせい!






赤いバットマンパラレルワールドの自分達を引き連れて仲良く歩いておる!
これぞまさしく赤いダークナイトリターンズ!!






スパイダーマンことピーター・パーカーコスチュームをゴミ箱に捨てて
立ち去っている!
映画でも有名なワンシーンを何故こんなどうでもいい所で!?(爆)






このデブ野郎、そうは見えないがどうやらサウスパークのカートマンらしい・・・!
そんなアホな!カートマンはもっとかわいいよ!(爆)











パワーパフガールズリアルタッチになって空を飛んでおる!






何故か黄金になった鉄人28号!






スターウォーズでお馴染みR2-D2C3-P0が何故か初期デザイン版で顔を出している他、
手前にいるのは伝説のバカSF名作“銀河ヒッチハイクガイド”で人気の
根暗ロボット、マーヴィンではないか!
「人生、宇宙すべての答えは、42です」






きかんしゃ トーマスの おはなし。(森本レオ風に)






ガンダム!しかも我々に馴染み深い機動戦士では無く、何故かSDガンダムのほうを
チョイスしておる!
一体何故こんなにもマニアックなのであろうか!?



本作で描かれるテーマは一貫しており、「ヒーローの世界もただの人間の世界も、
実の所そんなに大差は無い」
と言うメッセージが込められており、かつてWATCHMENでテーマにされた、


「俺たちは実は凄い力を持っているんだが、ソファに座ってビール片手に
テレビを見ているだけだ。スーパーパワーがあったって、やっぱりソファに座ってビール片手に
テレビを見てるだけだろう。馬鹿がコスチュームを着たところで、変な格好のおかしな奴が
1人増えるだけだ。ヒーローってのはスーパーパワーがあるとか、コスチュームを着てるって事じゃない。
自らの意思でもって世界を良くしようと戦う人々の事を言うんだ」



これに通じるものがある人間臭さ、転じて人間賛歌が本作から感じ取れるだろう・・・!
いくらスーパーパワーを持っていようと日常の悩みは付き纏うし、取るに足らない事で
喜んだり悲しんだり怒ったり、
ヒーローも一般人も結局は同じ人間に他ならないのだ!


「空を飛べるからといって、壁を透視できるからといって、それが何なのだ?
どうせ壁の向こうもこちら側も、世間の冷たさに変わりはない。雲の上から
下界を眺めても、ロクな景色が見えるとは思えない。だからこそ我々は、
第10分署の警官達に敬意を払わねばならないのだ。賞賛すべきだといってもいい。
だが、彼らを羨む事は無いだろう。それでなくても人生は過酷なのだ。
あなたがどんなケープを纏っていようとも。」



そんなこんなでアラン・ムーア作品でありながらも肩に力の入らない本作、
コマ割り
も他のアラン・ムーア作と異なりオーソドックスで見易くテキスト量も
普通の漫画レベル
なんで、アメコミ初心者もいきなりWATCHMENとか
フロム・ヘルなんかに手を出すよりもまず先に本作を読むのも充分アリだな。
とりあえず邦訳されているのは今の所は全2巻だけだが他にもスピンオフ
幾つかあり、さらにアラン・ムーアの手は離れているシーズン2も既に
リリース
されており邦訳版のリリースが待たれるのう・・・!
特にスマックスのスピンオフである“SMAX”とか物凄く気になるんだが(笑)。






何かほのぼのムード漂ってないか!?(爆)








スマックスの右肩の上辺りにロールシャッハと、そのモチーフとなったチャールトン・コミックス
キャラクター、クエスチョン仲良く談笑しているのが見て取れる(笑)。


大衆は享楽にふけるばかりで、まるで気づいちゃいない
自分達がペットにされている事に

道理、真実、正義  自由

今や人々の心は千々に砕け散った。ベルベットに包まれ、
甘い毒に浸されて

悪の誘惑に駆られた人々は、
安い売春婦さながらに、尻を振って見せた

それでも、俺だけは屈するものか。

俺はこんな世界を、絶対に認めない


妥協はしない





1巻が3300円、2巻が3000円と、日本の漫画と比べて非常に割高なんだが
サイズがデカい事とフルカラーなんで仕方無かろう・・・!またCDも国内盤が
バカ高い
ように、邦訳版も輸入版と比べて値が張ってしまうんだがこれは
致し方無い事である!音楽は歌詞が分からずとも問題無いが、本とかは日本語に
訳してくれないと我々にはサッパリ判らんのじゃ!
これほど日本人(非英語圏民)に
生まれてきてガッカリだった
事は無い!せめてろくに英語教えん学校教育をどうにかせい!

まぁそれはともかく、値段はバカ高いアメコミファン共通の鉄則として
「店頭で見たらすぐ買え」というのがあってな・・・アメコミは日本じゃ一部のマニアしか
買わん
のですぐ廃盤・・・もとい絶版になってしまいプレミア価格がついてしまうのが
日常茶飯事
なのだ!今の所本作やWATCHMENなんかは普通に手に入るが
将来どうなるかは判らん・・・!
絶版になったらプレミアがつくのでもし本作買って読んで
気に入らんかった
としてもそん時に売ればエエんじゃ!(爆)


そんなわけで最後の最後はちょいと邪道な楽しみ方を書いてしまったが、
俺のような大のポリ公嫌いの人間でも本作に出てくるオマワリ達
“スーパーバッド 童貞ウォーズ”に出てたアホ警官二人組並に
愛すべきメンツであると声を大にして言えるだろう!
白ムーアと称されこれはこれでとリスペクトされるこの作品!





刺身のツマ扱いはナシだぜ!

HAHAHAHAHAHAHA!












おまけページにもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system