ともろう







"てぐせ壱"




日本の初期スクリーモ/カオティックコアプロジェクトによる1stアルバム。


先日行われたM3でデビューした新人プロジェクトらしく、オフィシャルサイトも
今の所無い
ようで詳しいデータは判らんが、一通りの楽器とヴォーカルをこなす
マルチプレイヤー
一人でやっているようで、音楽的にはデスメタル、メタルコアの
要素を薄めたカオティックハードコア
と呼べるスタイルとなっており、PROTEST THE HEROや
SikThをより軽く雑にした感じ
と言うか、凛として時雨をハードにしたような感じで、明るさも
相当に強くへヴィさは無い
んだが演奏はそれなりにはテクニカルな手数の多さを見せており、
プロダクションは相当に劣悪だがなかなかに面白い事をやっているだろうか!?

1曲目は意外にもピアノが叙情性を演出するイントロに続き軽めながらも
バンドサウンド
が登場、カオティックながらも明るいムードを放っているが、
音は悪く相当にゴチャゴチャしており女性VoのようなエモいハイトーンVo
スクリーモ系の絶叫デスVoを使い分けるヴォーカル思い切り埋もれまくりで
ノイジー
じゃのう・・・!後半ギターソロも聴けるぞ。2曲目は多少ハードさを
増したギター
が顔を出すが、HM/HRと言うよりはやはりスクリーモの流れを汲んだ感じ
ヴォーカルはヴォーカロイドでお茶を濁しているのが残念じゃのう・・・!
中盤はポエトリーリーディングが登場しこれも個人的に苦手だな・・・!(爆)曲調としては
激情ハードコアに近く後半はデスVoも聴けるぞ。3曲目は再び人間のヴォーカルに戻り
女性のようなハイトーンやデスVo
を披露、ギターやシンセ、ピアノも聴けカオティックさ
放つがポストハードコア的な面もあるな。4曲目は昔のゲームミュージックのようなチープな
シンセ
ちょいとクサめのフレーズを披露、ギターフレーズもなかなかに怪しげで忙しない
手数の多さ
を見せており疾走感もあり中盤以降は人力トランスのようなリズムも聴けるぞ。
5曲目は淡々としたムードを放つポストハードコア風の曲で、最初はスローだがその後は
テンポアップ細かいギター、デスVoも聴けサビは早口クリーンVoで疾走、まぁノリ的には
ロキノン系のオルタナに近い面もあるか!?中盤はビートダウンっぽいスローテンポになり
ギターがまた怪しいノリを見せるも、その後はポストハードコア系の叙情パートに突入するぞ。
6曲目はピッチの怪しいハイトーンVoピアノ明るさを演出、その後はハードな
ギター
初期スクリーモっぽいフレーズを披露する怪しげな曲である。7曲目はデスVo怪しげな
カオティックさを放つギターフレーズ
が勢いを放つアップテンポ曲で、ハイトーンVoも聴け
ピアノっぽいシンセアクセントになっているだろうか!?


スクリーモ、ポストハードコアタイプライトなカオティックコアで、全体的にかなり
明るい感じでチャラく女々しい空気も強く、メタラーよりも凛として時雨辺りが好きな
ロキノン寄りのリスナーにアピール出来そうな感じだろうか・・・!ピッチは怪しいものの女性Voのような
ハイトーンVo
が印象的で、あくたむし非メタルコアにしてよりチープにしたような
印象
もありなかなかに面白いんだが、まだまだデモのようなもので特に音質が相当に悪く
粗雑
なんでそこら辺をどうにかすれば良くなるじゃろうて・・・!ちなみに本作は300円で売られていたが、
その後bandcampで無料公開されたようなんで興味あるならチェックしてみてはいかがだろうか!?




bandcampで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 LOTLOTLOT  In the shadow of the lipe







もどる


inserted by FC2 system