大村 孝佳






"NOWHERE TO GO"




日本人ギタリストのソロアルバム。


メタル系ギター雑誌の権化的存在、ヤングギターが
大プッシュしている
ことで有名な若手ギタリストだ。この頃は
普通人っぽいルックス
だったがしばらく見ないうちにいきなり
長髪になってたのが印象深かったりするが(笑)、
ギターテクは
さすがにいいものを持っていると言える。

音楽的には典型的イングヴェイタイプのネオクラシカル様式美でギタープレイも
本作ではもろそれ系である。しかしゲスト参加している面子がキーボードにヴィタリ・クープリ、
ヴォーカルにマーク・ボールス、ドゥギー・ホワイト、
そしてリッチー・コッツェン
だったりとかなり豪華な
顔触れ
になっているのが大きなセールスポイントだろう。
ヴォーカルがほぼイングヴェイ人脈なのが音楽性を
無言で表しているといえよう(笑)。


肝心のギタープレイは荒さが目立つもピッキングの速さはかなりのものが
ある
な・・・!本作をレコーディングしたのはまだ10代の頃らしく、その年齢にしては相当の腕前だろうが
まだまだ伸びるだろうな・・・!だが世の中広く、無名ながら凄まじい技巧を
持つプレイヤーをけっこう知る俺としてはまだまだこれくらいでは
驚かない。
音楽的にも本作はもろインギーだがそれ以外の素養もあるようだし
今後に期待といったところか。曲の出来は典型的ネオクラ系ハードロックでまぁ悪くない。
3曲目と5曲目が特に気に入ったな。ミニアルバムのようで収録時間は20分ちょいと短めだ。


ネオクラ様式美が好きな人、ギターキッズにおすすめ。ゲストに興味ある人も
聴いて損は無いかもな・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 74% お気に入り曲 EARLY REPLY、NOWHERE TO GO







もどる


inserted by FC2 system