TAMUSIC







"CLANNAD VIOLIN"




日本のクラシックミュージシャンによるアルバム。


活動する畑はインディーズ自主制作シーンなれどクラシック
バックボーンに持つミュージシャン集団のアルバムである!
どうやらストリングス系を操る弦楽器集団のようだ・・・。
キャリアは長いようで数多くのアルバムをリリースしているが
再生芸術クラシックのお家芸なのか(?)全てがカヴァーアルバム
なっており本作は“CLANNAD”とかいう日本のゲームのサントラ
題材としているようだ・・・勿論俺は知らんな(笑)。アイルランドに
同じ名前のポップスバンドがいる
がそれとはなんら関係ないと思われる(爆)。
ハリーズ・ゲームのテーマは本作には収録されていないぞ!(笑)

1曲目からさっそく生のヴァイオリンによる流麗な調べが聴けるぞ!
だが完全クラシックアレンジだと言うわけではなくベースやドラム
登場しポップスとしても聴きやすいスタイルとなっているな。
バッキングにはピアノも使われている。穏やかさを感じさせつつも
優雅な旋律が良いのう!2曲目も穏やかな雰囲気でどこか和の
要素
を持ったオリエンタルなメロディーが聴ける曲。
4曲目はキラキラしたシンセとヴァイオリンが優雅に絡む
上質の味わいを堪能できそうな曲(笑)。6曲目はチェンバロ風の
音色
とヴァイオリンが聴けリズムはニューウェイヴ系
なっている。シンセも登場しどこかT-SQUARE辺りを思わせる
フュージョンっぽいアレンジだな。7曲目はヴァイオリンとピアノが聴ける
珍しく暗めの叙情的な曲。これもやはりどこかというか中華風の
雰囲気
が感じられるな。ドラムも聴けるぞ。後半にはアコギ
登場する。8曲目は本作には珍しい、緊迫感あるイントロで始まり
歪んだメタル寄りのギターも登場!ピアノをバックにヴァイオリンが
メランコリックな旋律を奏でるダークな曲だ!
まぁバンドサウンドが出てくるのは一部分のみで全体的に生ヴァイオリンの
暗いポストロックってな塩梅でダレるのだが
後半からテンポが上がるぞ!11曲目は
みんな嫌いな(笑)クリスマスのような雰囲気に満ちた曲。
キラキラしたシンセがホーリーである!12曲目はヴァイオリンと
打ち込みリズムが聴け本作唯一のヴォーカルが登場!女性Voで
気だるい歌い方だな。テクノ系のシンセも味付け程度に顔を出すぞ。
曲調はポップス系だが泣きのメロディーが聴け良いな。


原曲がそうなのか全体的に明るく穏やかな曲が多数を締めている
アルバム構成となっており個人的にはそこがいまいちピンと来ないのう・・・!
もっと緊迫感のある激しい曲が聴きたいと思うのはやはり俺が
メタラーだからだろう・・・!良くも悪くも原曲を知る者向けだな。
ヴァイオリンは完全メロディー重視パガニーニ的速弾きは
一切無い
が流石にクラシック畑のミュージシャンだけありプレイは
問題ないな。やはり生のヴァイオリンは良いのう!
まぁヴァイオリン以外の楽器の音色が総じてチープという欠点もあるのだが・・・!(爆)



オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 メグメル、夏時間、
潮鳴り、小さな手のひら







もどる


inserted by FC2 system