THRICE







"THE ARTIST IN THE AMBULANCE"




カリフォルニア出身のパンクメタルバンドの3rdアルバム。


パンクというかエモコア、スクリーモメタル要素・・・特にメタルコア勢が
影響を受けた北欧メロデス的な要素を大胆に導入しパンクメタル、エモメタル等と
呼ばれているバンドだ!ちなみにギターは日本人である。

デス声・・・というかスクリーモ系シャウトクリーンヴォイスを操る
ヴォーカルはやはりパンクと呼べるスタイルなれどバックの演奏陣・・・
特にギターリフはもろメタル!曲によってはIN FLAMESあたりの影響が濃そうな
メロデス的フレージングも飛び出し彼らのルーツを明らかにしている。
目だったギターソロは無いもののリフにおいてかなり細かく忙しいフレーズを
器用に弾きこなしており
テクニックはありそうだ。ベースもギターリフをなぞるのみならず
独自にこれまた細かいラインを弾いており痛快な暴れっぷりを見せてくれるぞ!
ドラムもパンク的なノリのよさを出しつつもタイトなプレイをしている。

楽曲はまさにパンクとメタルを融合させたカンジだと言い切ってよく、
メロデス的なリフや展開などメタラーの鑑賞に十分以上に堪えうる
クオリティーの高さがある
といえるぞ!捨て曲は無くどの曲も楽しめる。
また曲によってはストリングスアレンジを施しているものもあり
素養の広さを見せつけるかのようだ・・・!メロデスの慟哭とエモコアの激情
上手い具合に同居し彼等ならではの哀愁を産み出しているのは流石である!


パンク化したIN FLAMESというか限りなくメタルコアに近いエモコアというか、
独自のスタイルを持ったバンドだと言えよう・・・!メタラーにも
かなりウケが良さそう
なアルバムだな!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system