the Art of Mankind







"AXIS"




日本のメロディックデスメタルバンドによる1stEP。


Kissing The Mirrorの中心人物だったWooming氏がこれまで共に組んできた
ミュージシャン達
と共に新たに結成したバンドで、Kissing The Mirrorが
カヴァー、アレンジプロジェクトだったのに対し今回は本格的なバンドで、
楽曲も当然ながら完全オリジナル、さらにメンバー全員が曲を提供しており、
バンドとして民主的な活動を志しているようだ・・・!音楽的には当然のようにKissing The Mirrorの
流れを汲んだ、AT THE GATESTHE BLACK DAHLIA MURDER等の
影響を感じさせるストレートに疾走する叙情慟哭メロデスとなっているぞ!

1曲目は早速ブラストも交え勢い良く疾走し、細かいギターがメロデスらしい
叙情性
を演出、2本のギターがドラマティックに絡み合うソロがかなりの
構築美を誇っており、2曲目もメロデスらしい勢いある疾走チューンで、
3曲目もまた勢いある疾走メロデスとなり、これまたギターソロが構築されており
実に劇的である!4曲目はよりギターが細かくなり、サビはフックある
キャッチーなリードギター
をバックに盛り上がるぞ!この曲もギターソロが素晴らしく
構築美に加えエモーショナルな泣きも見せてくれるのう・・・!


同時期にリリースされたVeiled in Scarletと比べるとプロダクションも含め
流石に分の悪さ
を感じさせはするが、それでも疾走感ある叙情慟哭系の
メロディックデスメタル
としてツボを押さえた仕上がりで、特に個性が
ある訳では無いんだが王道の疾走メロデスとしてクオリティーはしっかりしておる!
ギターソロにおける構築美は決して劣ってはおらず、こっちはこっちで劇的な
ドラマティックさ
のあるプレイを楽しめるな。最早廃れた同人音楽シーン
見切りを付け、本格的エクストリームメタルとしてやっていくようで
ベースとドラムを募集しており今後の活動が期待出来るのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 全部







"Distant Light"




日本のメロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


Kissing The MirrorのWooming氏が当時から共に活動をして来たミュージシャン達と
本腰を入れて結成したバンドで、従来のアンダーグラウンドシーンから脱却し
本格的なバンドとして日の当たる世界に進出、クオリティーの高さで次第に
注目を集め始めている新進気鋭の存在による待望のフルアルバムである!
音楽的には前EPと何ら変わらぬ、安心、安定の叙情慟哭メロディックデス
徹底的に追求しており、奇をてらう事の無い王道路線日本人らしいクサさ、
泣きのメロディアスさ
を存分に見せ付けておる!

1曲目は早速劇的なブラスト、トレモロ叙情慟哭メロデスっぷりを発散!
ギターがやはりエモーショナルに泣いており、構築美に満ち溢れたツインギターの
ソロ
が聴き所だな・・・!2曲目はダーティーに疾走、リフもほの暗い感じだがやはり慟哭しており、
3曲目もとにかくギターが叙情フレーズを連発し疾走!4曲目も叙情リフが聴け、トレモロ系
フレーズも顔を出し5曲目もやはり叙情慟哭ギターと共に疾走!やはりギターソロが完全に構築されており、
6曲目は間髪入れずに劇的でクサいギターフレーズを放り込み疾走!ギターソロが特にクサく、
VOLCANOの影響を感じさせるだろうか!?7曲目も叙情リフで疾走し、他の曲と比べて
ややストロングではあるが、やはりギターソロは凄まじくメロディアスだな・・・!
8曲目も慟哭しつつブラストが勢いを放ち、無骨寄りのリフも登場、リードギターは
退廃的な印象もあるか!?9曲目もストロング路線のリフが聴けつつブラストも顔を出し、
ギターソロはやや和っぽいフレーズで珍しくストリングスシンセも目立つぞ。
10曲目は王道の叙情慟哭リフで疾走、やはりリードギターやソロがメロディアス極まり無く、
11曲目もドラマティックなギターが乱舞し疾走する劇的なメロデスだ!


徹頭徹尾疾走する叙情慟哭メロデスで、影響元はTHE BLACK DAHLIA MURDERだが
本家以上にクサくドラマティックに構築されたツインギターが泣きのメロディー
奏でまくっており、歌謡曲に走らずメロデスの範疇日本人らしいセンス
見せ付けているのが実に嬉しいわい!タンゴ、ワルツ的なクサさのVeiled in Scarlet、
歌謡曲的なクサさのGYZE、デスラッシュ的なアグレッションの中に
クサさを放つTHOUSAND EYESと比べてストレートな叙情慟哭メロデスのスタイルで
強烈なクサさを放っているのがthe Art of Mankindの持ち味だろうな。
とは言え他の一級線バンドと比べるとプロダクションでやや劣る部分があるし、
似たような曲ばかり金太郎飴状態なんでリスナーによってはクドさ
感じるかも知れんが、下手な捨て曲が収録されるよりは潔さを感じさせて良いか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system