THE DEVIL WEARS PRADA







"Dear Love: A Beautiful Discord"




オハイオ州デイトン出身のメタルコアバンドの1stアルバム。


プラダを着た悪魔の名を冠したクリスチャン達によるメタルコア、
スクリーモバンド
で、大きな特徴としてキーボードを取り入れ
時としてシンフォニックさが顔を覗かせる部分があるが
そこまでシンセが目立つような事は無くどちらかといえばカオティック
リフやフレーズが目立ちUNDEROATH辺りが比較対照としてよく上げられているようだ。

スクリーモというよりはメタルコアに限りなく近いスタイルで
ゴリゴリのビートダウンモッシュパートもバンバン登場し
メロデス的な叙情リフ、カオティックコアに通じる不協和音
ギターフレーズ、そしてピアノストリングス系の音色が
シンフォさを演出するシンセなどさまざまな要素が取り入れられた
メタルコアをプレイしておりUNDEROATHと比較されるのもわかるが
シンセがシンフォニック系のためどちらかとえばヨーロピアンな
UNDEROATH
と呼ぶのが判りやすいかも知れんな。本作は1stと
言う事で出世作となった2ndに比べると音質は若干悪いかも知れんが
個人的には気にならず2ndよりもカオティックでゴリゴリした
邪悪な雰囲気があるな。メタルコアというかデスコアに通じる
極悪要素も濃いぞ!3曲目ではロックンロール的なリフも聴け
様々なスタイルを貪欲に取り入れているのが判るな。シンセも
シンフォニックサウンドのみならずノイズトランス的な唸る音
出しており味付け程度の使用頻度ながらもいいアクセントとして
目立っているな。クリーンVoもサビなどでバンバン登場しエモ、
スクリーモ
的な伸びのあるハイトーンの美声を響かせるぞ!
5曲目はもはやドゥームの域に達してそうなスローなビートダウン
モッシュパートがラストで聴けるがそれに続く6曲目は雨の音とシンセによる
美しいインストの繋ぎの小曲というのが美味しいな。
7曲目はデスメタル要素が濃くブラストも聴けるぞ!だがサビはやはり
スクリーモ、メタルコアだ。ラストの11曲目はストリングス系のシンセ
リフがユニゾンするシンフォニックメタルコアと呼べる曲調となる!
最後の最後にちょこっとだけヴォーカルが聴け後は殆どインストだ。


1stの段階で既にクオリティーは高く時にシンフォニックさを演出し
時にノイズを放つシンセ、ゴリゴリのへヴィなビートダウンに
邪悪なカオティックコア要素、そしてメロデス、メタルコア然とした
ヘヴィリフ、エモ、スクリーモスタイルのクリーンVoと様々な
スタイルを融合
させた楽曲群が楽しめるぞ!まぁ2ndと比べると
まだ詰めの甘い部分があり多少ダレを覚える箇所も目に付くが
それでもメタルコア、カオティックコア好きにはかなりアピールするだろう!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Gauntlet of Solitude、
Dogs Can Grow Beards All Over、And the Sentence Trails off...、
Swords, Dragons & Diet Coke、Texas in South、Salvation







"Plagues"




オハイオ州デイトン出身のメタルコアバンドの2ndアルバム。


ビルボード初登場58位を叩き出した事で知名度が上がり
日本デビューも果たしたクリスチャンメタルコアバンドである!
キーボードを使ったシンフォニックスクリーモと紹介される
ことが多いが実際にはかなりメタルコア色が濃くメロデス的な
叙情リフにデスヴォイス、そしてカオティックコアに通じる
邪悪なフレージング等エモキッズよりもエクストリームメタル好き
アピールするバンドだと言えよう!キーボードもバックで使われているが
あくまで味付け程度でそこまでシンフォニックではない。
クリーンヴォーカルは音程が怪しいもののクリアで突き抜ける
感じがありSAOSINを髣髴とさせるハイトーンで良いな。
ちなみにCHIODOSのシンガー、クレイグ・オーウェンズがゲストで参加している。

1曲目からさっそくカオティックで邪悪なデスメタル的展開が
登場しスクリーモというよりはメロデス、メタルコア的な
雰囲気を感じさせる。しかしバックでシンセがシンフォニックさ
演出する部分もあったりビートダウンパートでカオティックになったりと
一筋縄ではいかない展開を持っているな。サビではテンポダウンし
壮大なアレンジの中クリーンヴォーカルが朗々と歌い上げ典型的
メタルコアスタイルとなるぞ!後半ではチャーチオルガンも聴ける。
4曲目は疾走する王道のメタルコアだが途中ノイジーなパートが現れ
その後ビートダウンモッシュパートに突入!さらにシンセ、ピアノも
聴けるぞ!5曲目は低音デスヴォイス高音絶叫が現れ
デスメタリックに展開していく!しかし途中ノイズが暴れ
やはり一筋縄ではいかないな。6曲目はイントロでスクリーモらしい
チャカチャカしたギターが聴けアップテンポになりヘヴィな
モッシュパートも破壊力満点だがスクリーモらしいクリーンな
ハイトーン
が聴ける叙情的なパートはSAOSINを思わせる。
美しいピアノで始まる7曲目はこれまたスクリーモに接近した
ハイトーンが聴け今度はCHIODOSを思わせるな。後半は
カオティックなアレンジになるぞ。9曲目はスクリーモの
高音サビとメロデス、メタルコアのヘヴィさが融合した曲だ!だが途中
打ち込みっぽいリズムが一瞬飛び出し後半ではうねるような
シンセも聴けそして極悪ビートダウンに突入!


前半メタルコア後半スクリーモ色が濃くなり捨て曲は無く
クオリティーの高い楽曲を堪能できる良質のアルバムである!
デス声もクリーンVoも共に魅力的でサビを歌うクリーンVoの
メロディー自体はよくあるメタルコア、スクリーモタイプ
クサさは皆無だが声質のおかげかこれもまた美旋律だと
言えよう!ちなみに日本盤は1stがカップリングされているため
買うならそっちのほうが得だろう。



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 全部







"With Roots Above and Branches Below"




オハイオ州デイトン出身のスクリーモ/メタルコアバンドの3rdアルバム。


スクリーモ、メタルコアシンフォニックな
シンセ
を大胆に導入し話題を呼んだキーボード入り
スクリーモバンド
による3作目の最新アルバムである!
音楽的には従来のアルバムの方向性を踏襲しており
メタリックなギターリフ、デス、クリーンを使い分ける
ヴォーカルにビートダウンと、スクリーモというか
メタルコアと言えそうな音像にシンセサウンドを塗し
この手のバンドとしては異例のシンフォニックな音作りが
施されておりスクリーモ、メタルコアキッズのみならず
シンフォゴシック等を普段は愛聴するメタルヘッズも楽しめる
スタイルが構築されていると言えるだろう!クリーンVoの
質感はメタルコアというよりもスクリーモに近いキーの
高い声質
でデスヴォイスは若干弱めと、SAOSINやCHIODOS、
またはUNDEROATHと比較されてきたが初期の
ATREYU
に近い印象もあったりするな。

3曲目はアトモスフェリックなスクリーモの雰囲気を放ち
それでいてシンセが打ち込み音やシンフォニックな音色を
聴かせただの今風エモメタルには陥らないぞ!5曲目は出だしから
ビートダウンだがそこにシンフォゴシック
通じる壮麗なストリングスの音色が乗り冷たさを感じさせるアレンジが
施され途中ピアノも出てくるぞ!6曲目はメロデスというかメタルコア寄りの
リフ
が聴けサビはクリーンVoがキャッチーなメロディーを歌いそのバックを彩る
ストリングスがこれまた良いオブリを入れておるわい!途中出てくる打ち込みリズム
壮麗なシンセシアトリカルさを演出しておりスクリーモと
言うよりはもはやシンフォニックゴシックの領域に足を突っ込んで
いるかのようである!7曲目はピアノも聴けるが途中本作中最もブルータルな
ビートダウンモッシュパート
に突入する!だがデスヴォイスやリフは
軽く弱めだな・・・!8曲目はイントロからアグレッシヴに疾走
電子音シンセも聴けるがクリーンVoパートは盛り上がるストリングスと共に
キャッチーさを放つぞ!9曲目もストリングスが
本格的なシンフォメタルのように大仰に鳴り響く!
リフもメタルコア寄りでメタラーにウケが良いだろう。
後半のピアノもメランコリックだ。10曲目はピアノと
ストリングス、打ち込みリズムが聴けるバラード系の曲。盛り上がるアレンジが
秀逸
である!ヴォーカルがスクリーモ系なだけで曲調は完全に
欧州シンフォゴシックが如し!そして11曲目は一転して
アグレッシヴに攻め立てるメタルコアチューンだ!
しかしそれでもストリングスやクリーンVoはメロディアスである。


メタルコアほどへヴィではなくメタリックサウンドもやはり
どちらかといえばスクリーモ寄りのペラペラ感が目立つが
クリーンVoは3割程度で大半がデスヴォイスなのが実に
硬派である!ストリングスが壮大に盛り上がるタイプのシンセワークは
WITHIN TEMPTATION等のようなヨーロピアンな
シンフォメタル要素が濃く
ピアノ等も美味しい所で登場し
アレンジセンスもかなり向上しているぞ!
スクリーモ特有のペラいリードこそあれどギターソロが無いのは
メタラーには受けんだろうがそれでもシンフォニックメタラーにオススメできる
大仰で壮麗なシアトリカルサウンドが魅力である!
ビートダウンやデスヴォイスは弱いのでここいらで本格的にヨーロピアン
シンフォメタル
の方面に進んだほうがいいのではなかろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部。特に“Danger: Wildman”







もどる


inserted by FC2 system