Tuatha de Danann






"The delirium has just began..."




ブラジル出身の民謡メタルバンドのミニアルバム。


笛やデスヴォイス、女性ヴォーカルなどを導入して民謡的なスタイルを持つ
メタルをプレイするバンドで、他にこの手のスタイルを持つバンドといえば
ELVENKINGやSKYCLAD、デス系だがFINNTROLLやKORPIKLAANI等といったバンドが
思い浮かぶだろう。だがTuatha de Danannはそれらのバンドに比べて曲構成、展開が
より複雑変態じみているという点が個性として挙げられる。

ヴォーカルや音質、妙に複雑だが洗練されていない所など激しくB級なのだが
それがこのバンドの持ち味と言える。B級好きに愛されるバンドだ(笑)。

だがどうも全体的に見てメタル色が薄いのが個人的に気になったな・・・!
3曲目以降はなぜか民謡色が濃くなりメタルサウンドがほとんど無くなって
しまう
のが肩透かしだ。まぁ6曲目は中盤以降プログレ的なインタープレイ
聴けるのだが・・・!


まぁ民謡系が好きでB級が聴けるなら聴いてみてもいいかもな。
なんだかんだでクサさはあると思うぞ!






満足度 70% お気に入り曲 The last Pendragon







もどる


inserted by FC2 system