黄昏の旅団







"眠る蒼穹と天使の羽根"




日本のメロディックHM/HRプロジェクトによる1stミニアルバム。


つい最近デビューしたばかりの新人プロジェクトだが、バンドサウンドはどうやら
全て生
らしく浅いキャリアながらなかなかに説得力のある音を出しているようだ・・・!
音楽的にはとりあえずはHM/HRだが、シーンにおいて最も需要のあるメロスピ、
クサメタルでは無く
意外にもメロハータイプの爽やかで明るくキャッチーなスタイル
見せており、若干不安定だがハイトーンで歌い上げる男Vo、スカイギターを思わせる
超高音ギター
FAIR WARNINGフォロワーと呼べそうなサウンドを披露しているぞ!

1曲目は牧歌的なムードを醸し出すイントロで、続く2曲目は意外にもメロスピでは無く
FAIR WARNING辺りを彷彿とさせる明るめのキャッチーなメロハー
である!男Voは
メタリックさの無い、J-ROCK寄りのソフトな声質
だがサビはハイトーンで歌い上げ
アコギやピアノ
も聴け、ラストのギターはスカイギターのような高音を披露するぞ!
3曲目はピアノで始まりシンフォニックな盛り上がりも見せる穏やかなバラード系だ。
4曲目もまた大仰なオーケストレーションで盛り上がるが、やはり疾走はせず淡々とした
スロー〜ミドルテンポ
で展開するもシンフォニックさ、ファンタジックなクサさがあり
本作中最もクサメタラー向けの曲調だろうか!?ギターソロも構築系じゃのう・・・!
ラストのピアノ、グレゴリオ聖歌風のクワイアクサいぞ!


FAIR WARNINGタイプのメロハーとしてなかなかのサウンドを見せており、新人としては
良質な音作り
だと言えるがヴォーカルどちらかと言ったらJ-ROCK寄りの声質なんで
そこがメタラー的には賛否分かれるやも知れんな・・・!こういう音楽性ならもっと
哀愁あるハスキータイプのヴォーカル
マッチすると思うがどうだろうか!?
明るすぎるのも個人的な好みとは異なり、もっとメロウで愁いある曲調のほうが
好みなんだが、かつてゼロ・コーポレーションのクサ過ぎる帯タタキで興奮していた
メロハー野郎にオススメの1枚だな。




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 天国への階段







"Melody of memory"




日本のメロディックHM/HRプロジェクトによる2ndミニアルバム。


ファンタジックなシンフォニック要素を見せつつも、FAIR WARNINGタイプのメロハーとして
メロスピ、クサメタルもしくはエクストリームメタルが席巻する同人メタルシーンで気を吐く
期待の新人プロジェクト(バンド)による、通算2作目のミニアルバムである!音楽的には
前作がバリバリのFAIR WARNINGフォロワーのメロハーだったのに対し、本作はシーンの
ニーズ
に応えたのか唐突にダークでミステリアスな同人ゴシックメタル方面に舵を切っており
正直売れ線に走ったと言われても仕方無い音になっておる!(爆)

1曲目はハリー・ポッターを彷彿とさせるミステリアスなイントロで、2曲目はアコーディオンが
フガフガした音
を見せその後はキラキラチェンバロバンドサウンド、クワイア系シンセ
よくある同人ゴシック風味を演出!疾走はせずスローテンポで淡々と展開、こういう曲調だと
男Voがちょいと埋もれ気味で、低音が不安定なんでイマイチ持ち味を生かせていないんだが
サビはハイトーンを披露するぞ!ギターソロはメロディアスだな。3曲目はこれまたフガフガした
アコーディオン
怪しげな遊園地ムードを醸し出しヴォーカルメロもクサさを感じさせるな。
4曲目はクサゴシックと並んでシーンの最ニーズ、民謡風サウンドとなっており確かに
クサい
んだがHM/HR要素はどこに行ったのだろうか・・・!


前作のFAIR WARNINGタイプのメロハーからシーンで最も需要ある音の一つであるクサゴシック方面に
舵を切っており、
確かにクサさは増したし我々好みの方向性に違いは無いんだが、やはり疾走は
しておらずスローテンポがメイン
で正直あざとさを感じさせるのう・・・!正直在り来たりで
個性は皆無、よくある音作り
食傷気味なのは否めんなぁ・・・!スカイギター直系の高音を
聴かせてくれるエモーショナルなギターはどこ行ったんや・・・!





オフィシャルで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 Tempest of the judgement







もどる


inserted by FC2 system