三重人格ノ犬







"解滅連鎖"




日本のサイケデリック/アシッド/ストーナーロックバンドの2ndアルバム。


福岡のインディーズ、アンダーグラウンドシーンにおいて重鎮的存在とされている
バンドのようで、以前に“ちゅうぶらんこ”なる伝説のバンドを率いていたギター、
ヴォーカルの榎木俊二
新たに結成したバンドらしい。本作はどうやら2作目との事で、
音楽的にはまさにバリバリのスラッジ、ストーナーサイケデリックなアシッド感
これでもかというほど漂わせるノイジーな凶悪さを見せ付けておりメタルとは異なる
息が詰まるようなへヴィさ
に満ちたアンダーグラウンドな重苦しさが全編を支配している!

1曲目はいきなりのファズギターが実にルーズでアシッドなムードをプンプンと
放ちまくるスラッジーなスローチューンでヴォーカルは日本語で呻くような
歌い方を見せ
実に怪しく凶暴である!ベースやドラムは手数多く暴れており
後半になるにしたがってアグレッシヴになりギターもノイズを垂れ流すかの
ように弾き倒しているのう・・・!
2曲目はテンポが上がりルーズでアシッドながら
軽快なノリも見せ始めているがやはりアングラ臭満点怪しいスラッジ的要素
かなり強いぞ!3曲目は再びスローで気だるくルーズなムードが放たれベースが
目立つ
もその後はテンポアップノイズが爆発するかのような荒々しいギター
前面に押し出されるぞ!4曲目は軽快さのあるアップテンポで昔のサイケデリックな
ロックンロール的要素
を感じさせヴォーカルもそんな感じ雰囲気出ているのう・・・!
5曲目は印象的なギターリフで幕を開け混沌としたノイズサウンドになりつつも
テンポはまだ軽快なほうか!?6曲目は珍しくクリーンギターで幕を開けつつ
やはりノイジーさ満点のギターも顔を出し引き摺るようなダラダラムードを放つ
邪悪で凶暴ノイズまみれのへヴィチューン。


メタルとは異なり金属的なタイトさは無く終止ルーズなダラダラ感のある
引き摺るようなへヴィさ
がありアシッド、ストーナー的な要素が非常に強く
歌詞は日本語詩だがドゥーム系が好きならかなり興味をそそられるバンド
言えるのではないだろうか!?スローチューンのみならず意外とアップテンポで
ノリの良い曲
もあり決してキャッチーとは言えないがテンポの速い曲はなかなかに
とっつき易い部分
もあり古いオールドなロックンロールに通じる要素もあるな。
決して俺の好みのサウンドではないがこういうノイジーなストーナー、サイケデリックロック
好きなリスナーなら楽しめるバンドだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 おもちゃのヘイタイ  灰のランチ







もどる


inserted by FC2 system