少女病







"偽典セクサリス"




日本のシンフォ系パクリッシュプロジェクトのフルアルバム。


これまでの彼らの音源は未聴だが本作の音楽性は生の弦楽隊を挿入し
女性Vo、語りを伴いクサメロを放つというものでリリース前から思い切り
Sound Horizonの影響を受けている
だとかガゼットの生霊が
乗り移った
だとか同人界のHEAVENLY、INSANIA、
オレンジレンジ等色々言われていたようだ(笑)。サンホラフォロワーは
ここ最近数多く見かけるようになったがついに真性フォロワーと呼べるバンド(?)が
現れたってな訳である!実際はバンドではなくこの界隈では有名なプレイヤー
一同に集ったプロジェクト的存在らしい・・・!

生の弦楽器によるイントロに始まり女性ヴォーカルがクサめのメロを歌い、
軽めのバンドサウンドと弦楽カルテットが融合しモロAramaryな語りが!
そしてクサメロを放ちながらクラシカルに疾走!まんまサンホラであるが
あっちにあるメタル色は無く軽めのロックサウンドである。
間奏のストリングスアンサンブルもチェンバー系の雰囲気を生み出しており
非常にクラシカルだ!ラストも語り、台詞で締め。2曲目もモロサンホラな
語り
に始まる曲である。この語りはホントAramaryそっくりだな・・・!
Moi dix Moisの初代シンガーJukaもGacktそっくりだと非常に話題になったが
コレも同じベクトルを示していると言えるだろう・・・!
ヴォーカルも非常に似ておりそしてバンドサウンドが入り疾走!
畳み掛けるようなメロディーもやはり初期サンホラに酷似している。
サビメロは非常にキャッチーでクサい!途中の語りの内容もやはり
サンホラ色が濃いぞ!もうここまでくると意図的にサンホラをパクっているとしか
思えんわい!サンホラそっくりというのは彼等にとって褒め言葉なのであろう(爆)。
3曲目もモロAramary、モロ初期サンホラライクな語りに始まる曲だが
ギターがメタリックではなくパンクとかUKロック、エモ系のためそこが
唯一の相違点だと言える・・・!4曲目はヴァイオリンソロから始まり
疾走する曲でこの曲は第2期サンホラ・・・“緋色の風車”にそっくりな
イントロ
が聴けるぞ(笑)。ハモンドも使われプログレ色を演出するが
部分部分でかなり“緋色の風車”をパクっている(爆)。もちろん、褒め言葉だ!
後半のソプラノもモロ緋色の風車だな。5曲目は弦楽カルテットがフィーチャーされた
バラード曲。メロディーがやはりもろサンホラなれどこの曲はチェンバー系の
プログレ
が好きな人に受けるかもな!?間奏で聴ける泣きの弦楽フレーズ
実に素晴らしいのう・・・!パクリバンドと切り捨てるには惜しいぞ!
6曲目はメランコリックなピアノに導かれるもやがて語りと共に疾走!
この曲は“エルの肖像”だな。サビ(?)で疾走するパートもたまらん!
そして一瞬弦楽が切り込みデリデリいうギターリフと共にAramaryが登場(爆)。
そして急にリズムチェンジしタンゴっぽい展開になるのもクサくて良い!
7曲目はチャーチオルガンとAramary語りに始まりゴシカルな雰囲気を演出、
チェンバロも登場しクラシカルな雰囲気を発散する!サビはクサクサキャッチーで
まさしくクサメタリックだな!明るさが往年のメロスピバンドを思わせる。
そしてサビ後はクワイアが登場し荘厳さを出すもシンセが切り込みポップに展開していく!
ラストもAramary語りだ!実にサンホラ臭い!8曲目は電子音に始まり
パーカッションとベース、ピアノがダークさを出しストリングスが優雅に切り込む曲で
ヴォーカルがやはりクサい!どこか民族的、民謡ライクな雰囲気があるな。
語りのバックのメロ、アレンジが素晴らしいのもサンホラ直系である(笑)。
最後の台詞の一言は知る人ぞ知るサンホラフォロワーチューン
“雪、無音、窓辺にて。”と同じだ(笑)。

9曲目は珍しく男の語りが登場する!残念ながらJimangタイプの胡散臭い怪しい
声質ではなく普通
なのが非常に惜しい・・・!サンホラフォロワーを自認するなら
ここも忠実にコピーしてもらいたかったと思う!?(笑)探したが見つからなかったのだろうか!?
曲調はアコギとパーカッションが聴けるバラード寄りの曲。10曲目は
ストリングスと造語によるヴォーカルが聴けるクラシカルな曲。これもバラード寄り
言えるだろう。曲自体は良いのだがどうも後半バラードが集中してしまっているな・・・!
11曲目も暗めのピアノで始まるバラード。これもアレンジ、メロが良く
なんとかダレを覚える事は無い・・・と思う(爆)。


語り、メロディー、コンセプト、アレンジ等まさしく超・Sound Horizonタイプ
言えるだろう!しかも最近のようなプログレがかったスタイルではなく、
語りや曲調などは初期・・・Aramary時代のサンホラである!ただ唯一の違いとして
バンドサウンドがメタルではなくUKロックやエモコア等の流れを汲むので
判りやすく言うならRHAPSODYではなくMUSEあたりの影響を受けた
Sound Horizon
って感じか!?弦楽アレンジ等メロディーは非常に良く初期Sound Horizonが
好きでパクりが気にならない人ならきっと気に入るであろう!まさしく
Dir en greyにとってのガゼット的存在!パクりが嫌いな人にとっては間違いなく
0点
のアルバムなんだろうが俺は気に入った!俺はガゼットが嫌いじゃない
Dir en greyファン
なのでな!まぁ最近出たガゼットの新譜は駄作だったが・・・!(爆)
Revoに本作聴かれたらきっと「俺がカッコいいと思わないバンドをカッコいいと
思っている奴に俺らのファンになって欲しくない」
とか言われ、
「あいつは俺を見下してるゥゥーーーー!」「そそり立つアレも
ぶち込んでェーーーー」「最高のバラードを贈ろうゥゥーーー!!」

みたいな曲を書かれてしまうだろう(爆)。サンホラにもついにデス声が登場か!?(笑)
「ピンクのあの子にでも甘えてろォォーーーー!」のピンクのあの子とは
hideの事ではないかと言われているがどうなんだろう!?(笑)



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 全部







"覚醒ノエシス"




日本の高品質Sound Horizonフォロワーのシングル。


前作“偽典セクサリス”超・Sound Horizonタイプと言えそうな
フォロワースタイルを提示、彼らこそ同人界のガゼットだ、へヴンリーだ、
オレンジレンジだとのあり難い(!?)称号を欲しいままにしたプロジェクトの
3曲入りマキシシングルである!ちなみにインディーズ、アマチュアバンドなのに
語りやセリフをプロの声優が担当しているらしい。金持ちバンドなのか!?

1曲目のイントロからピアノとスキャットをバックに登場するお約束の語り!そしてその後は
バンドサウンドが登場し盛り上がりを見せるぞ!適度にアップテンポ
キャッチーでクサい展開を見せる!これまたいかにもサンホラってな
塩梅だがやはりクオリティーは高いぞ!ギターリフはメタルではなく
ギターポップ的な軽い歪みなのも彼らの特徴だ。2曲目は生ヴァイオリン
舞いハードロック寄りのギターリフが聴けるアップテンポ曲でやはりこれも良い!
これまたメロディーはクサくキャッチーでまさに初期サンホラ、Aramary在籍時
空気を今に伝える貴重な音が聴けるぞ!3曲目はうってかわってダークで
重厚なイントロ
に始まりヴァイオリンのピチカートリフが聴ける曲で
荘厳さとバラード的展開の対比が面白いな。弦楽の調べが大仰である!
間奏の語りのバックで聴けるクラシカルな弦楽四重奏がたまらんわい!


やはり本作も実にサンホラ的空気漂いまくりながらも実に質の高い
クラシカルかつ神秘的なシンフォニックロック
が堪能できる
ハイクオリティーシングルである!最近のサンホラよりも彼等を気に入る
リスナーも数多く出てくるだろう!Aramary在籍時に聴けたこの退廃した
ゴシカルな雰囲気
はもはや本家に望むべくもないのでやれフォロワーだ、
パクリだ
と罵られようともこの方向性で突っ走ってもらいたいと思うのは
俺だけではないと信じたい!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 全部







"Sanctuary"




日本の高品質Sound Horizonフォロワーのベストアルバム。


彼らの過去の音源を集め、新曲も含まれたベストアルバムらしく
どうやらキャリアはかなり長いものだと推測できる。
参加しているシンガーも片霧烈火、霜月はるか等といった
メジャーで活動している大物が参加しておりプロの業を見せ付けてくれるぞ!

音楽的にはキャッチーな女性ヴォーカルが聴けるポップサウンドといった
塩梅で偽典セクサリスのようなサンホラ色、シンフォ要素は無く
例えフォロワー、パクりと罵られようとも崇高なドラマティックさ、
悶絶モノの弦楽の調べ
を彼らに求める向きには確実に不向きだろう!
だが本作はベストアルバムなので彼らの元々の方向性がこれで
はっきりと認知でき、本来はサンホラフォロワーではなく
幅広い楽曲を生み出せるマルチな素養を持ったバンドなのだという事を
認識させてくれる。だがそれでもやはり俺みたいなクサメタラーは
偽典セクサリスみたいな音作りを求めてしまうなぁ・・・!
1曲目はハードロック色濃いバンドサウンドにキャッチーな
女性ヴォーカル
が乗るなかなかの良曲だ。荒いブルージーなギターで始まる
スローテンポの6曲目もロック寄りの曲と言えるだろう。ただの70年代
ハードロックで終わらずサビはメロディアスだな。9曲目は穏やかな曲調に
民謡、民族的なクワイアが導入された楽曲で霜月はるかの曲に
近い
雰囲気があるぞ!この曲で歌っているのは霜月はるかではないのだが・・・!
10曲目も穏やかな曲でストリングスが偽典セクサリスの雰囲気を
多少なりとも感じさせてくれるぞ。


まぁ正直偽典セクサリスとはまったくの別物なのでそっちに興味を持った
クサメタラー、プログレッシャーにはオススメしかねるがメロディーセンスの片鱗
本作でも十分伺い知る事が出来よう!ポップでキャッチーな女性ヴォーカルモノが
好きな人なら聴いても損は無いだろう。



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 Sanctuary、終焉観測







"葬月エクレシア"




日本のシンフォニックエモ、ギターロックバンドの新たなフルアルバム。


キャリアの長いバンド、ミュージシャンらしいがそれまでは
ポップな曲をやっていたらしくノーチェックであった・・・
だが去年にリリースされたコンセプトアルバム“偽典セクサリス”
いきなりSound Horizon的要素高いクオリティーで再現
一躍メタラーの間でも知られる存在となりオリジナリティーは
ともかく高く評価されたバンドである!今だポップなアルバムも
リリースしているがこっちの方向性こそクサメタラーが求めるものである!

そんなわけで新たにリリースされた彼等少女病の新たなアルバム、
ラプソ系超壮大シンフォ路線となったサンホラの新譜“Moira”
比べて生のストリングスが使われてはいるもののどちらかといえば
室内楽・・・チェンバーミュージックスタイルの弦楽四重奏
バンドサウンドもメタリックではなくエモコア、UKギターロック
流れを汲むライトさがあり、“偽典セクサリス”リリース時は
RHAPSODYではなくMUSEの影響を受けたSound Horizon
言われていたわけだが、メジャーバンドのサンホラとは違いインディーズの自主制作
リリース
でありながら語りなどにプロの声優とかを起用しているらしく
DEVIL DOLL同様金持ちバンドだと思われているが実際のところは
どうなのであろうか!?

1曲目からさっそく弦楽の流麗な調べから始まりお馴染みの語りが登場!
そしてバンドサウンドが現れ疾走を開始!やはりメタルというよりは
エモ、ギターロックの流れを汲むスタイルにAramary時代のサンホラ要素
ぶち込んだシンフォニッククサクサエモである!2曲目もストリングスと
語りで始まりAramaryを髣髴とさせる高音ハイトーン女性Voが聴け
今度はバンドサウンドもメタリックさが出てくるぞ!ハードロックに
接近
したカンジだな。やはり疾走しておりサビはキャッチー
プログレ化著しく展開が複雑なサンホラと違い判りやすいのは
ストレートな音を好むリスナーにはウケが良いだろう。ギターソロは
メタル・・・というよりは極めてハードロック色濃いツインリードだ!
3曲目もストリングス、そしてピアノが聴け語り後に弦楽隊とメタリックな
バンドサウンド、
そしてチェンバロ音も登場!今回曲によっては結構メタル寄り
なっているな!サビはなかなかにクサいキャッチーなメロである!
4曲目はリードギターで始まるがやはりメタルというよりはエモ系・・・
9mm Parabellum BulletLast Alliance辺りの流れを汲むスタイルだな。
そしてそのまま女性ヴォーカルのハイトーンに繋がりやはりサビは
判りやすいキャッチーさに満ちている!ライトなリフエモ的
叙情性、クサさ
を放っているな。5曲目も語りとストリングス、
ピアノで始まるがヴォーカルが入るとエモ的なバンドサウンド
主体となるぞ。6曲目はアコギとソプラノVoが聴け疾走クサ
シンフォエモが続いてきたがここにきてようやく曲調が変わるぞ(笑)。
バラードだ。7曲目も穏やかなストリングスが聴けるバラード系。
8曲目はドラムで始まり再びエモく疾走するクサ弦楽エモチューンだ!
ピアノも聴け思わず泣き虫小僧になってエモッシュ!emosh!!
ギターソロもエモい!ラストは男の語りでまたエモい!
9曲目は篭った音質でヘヴィロック的な雰囲気をも感じさせる曲だ!
やはりSound Horizonがメタル的なのに対し彼等少女病のルーツは
パンク、ラウド系にあるのだろうか!インダストリアル的空気を演出する
ピコピコしたシンセ、そしてピアノも聴けるぞ!サビはやはり
かなりキャッチーである!Gacktの“Vanilla”・・・というか
Dir en greyの“304号室、白死の桜”みたいだ(笑)。10曲目は
ナルシスティックな男の語りとストリングス、ピアノが聴け
叙情的なバラードとなるぞ。11曲目もメランコリックな
ピアノが聴けるバラード。



オーケストレーションは壮大なサンホラと違いあくまでも室内楽系の
大人しさ
があるもののバンドサウンド・・・パンク、ハードロック要素は
こっちの方が濃い
ためフォロワーでありながらそれぞれがお互いに
無いものを持っており
人気を二分するであろう!
複雑で難解となった“Moira”の対極に位置する判り易さ、キャッチーさ
本作の特徴だがどれも似たような曲が並んでおり幅広いのは
“偽典セクサリス”のほうだろう。サンホラフォロワーだと思っていたが
個人的には室内楽的弦楽隊と語りを取り入れ女性ヴォーカルになった
Last Alliance、BRAHMAN
と表現する方が妥当な気がするな。RHAPSODY
THERION要素を愛するサンホラファンよりも疾走エモコア、ギターロック
好きな人のほうが本作を好みそうな気がするのう・・・。適度にシンフォニックでクサい
女性ヴォーカルエモ
が前編に渡って堪能できるので勿論クサメタラーにも
受ける
だろうがエモキッズが泣きながらエモッシュするのは本作だな。
まぁモッシュ向きの2ビート爆走チューンなんて無いけど(笑)。
Sound Horizonはヘドバン、少女病はモッシュ、ダイヴ!
Sound HorizonはWacken Open Air
少女病はWARPED TOURだ!!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 89% お気に入り曲 全部







"空導ノスタルジア"




日本のファンタジックシンフォニックエモバンドのシングル。


生の弦楽隊プロの声優を起用し高いバジェットをかけてSound Horizonを
エモコア化
させたような楽曲をプレイするファンタジック・シンフォニック
金持ちエモコアバンド
による新たな3曲入りのシングルで音楽性は
スケール、クサさを増しつつも相変わらずのサンホラフォロワー
従来の彼等のアルバムが好きなら本作でも十分満足できるであろう
相変わらずの質の高さがあるな。メタルルーツのサンホラと違い
エモ、パンクの流れを汲んでいるためBIGMAMAのファンにも
オススメできるスタイル
だと言えるだろう!

1曲目はピアノと得意の語りで始まりエモいバンドサウンドと
ストリングスセクション
がドラマティックに盛り上がり疾走開始!
サビのシンフォニックなクサさはやはりSound Horizon譲りだな。
途中プログレッシヴ要素を感じさせるパートも登場するあたり
サンホラ要素が濃い!2曲目も語りで始まりパンク系の
軽いギターリフでアップテンポになるぞ。ギターソロもエモ系だ。
3曲目は叙情的なストリングスの調べで幕を開け打ち込みの
インダストリアルなリズム
が登場しスローでアトモスフェリックな雰囲気を放つぞ。


音楽性の根本的な部分は以前となんら変わることの無いエモ化した
サンホラ
なのだがアレンジ、メロディー等クオリティーはさらに
向上している
のが見て取れ亜流を気にしないサンホラファン、
クサメタラー、国産エモキッズ以外にも多くの層にアピールできる
だろう!サンホラがメジャーで成功できたのはメタル、
プログレファンにアピールしながらもそれのみに拘らなかったため
ライトなリスナーをも取り込むことが出来たからじゃないのかと
思っているのだが、少女病もクサメタラー向けのスタイルを持ちつつも
基本はエモコア、J-ROCKなので幅広い層に訴えかけることが出来、
さらなるのし上がり(メジャー行き)の可能性もあるがもろフォロワーなんで
そこが難しい部分だな・・・!ガゼット並に嫌われるかも知れんが
あっちと違って本家に勝るとも劣らん質があるため大丈夫か!?
最大の問題はセルアウトぐらいだろう・・・!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 refrain、寂滅フレアー







"空想RPG!"




日本のファンタジックシンフォニックスノッブプロジェクトの企画アルバム。


インディーズ界隈屈指のセレブ、金持ちプロジェクト少女病による
サンホラフォロワーではないポップサイドの企画アルバムで
今回はゲームのRPGをイメージしたつくりとなっており外部の
コンポーザー、ミュージシャン
を大々的にゲストで起用し
バラエティーに富んだ仕上がりになっておるのう・・・!

1曲目はさっそくAsrielが提供した曲でやはり彼等らしい
疾走チューン
となっておりしかもヴァイオリンが生
流麗なフレージングを聴かせてくれるがギターも生っぽいな!
メタルと言うよりはやはりV系を思わせるアレンジで
ギターリフよりもベースやヴァイオリンが前に出ている
辺りはメタルのパワフルさを求める向きにはどう映るか
判らんがやはりいい出来である!2曲目はシンフォニックな
イントロ
が聴けやはりヴァイオリンが目立ちギターリフは
軽めだが曲調は勇壮なハードロックといった所だろうか・・・!サビは
コーラスワークにBLIND GUARDIANというかJAM PROJECTっぽさを
感じさせるクサさがあるのう!3曲目はインダストリアル的な
出だし
ながらも曲調は完全にポップなスタイルでこれはあまり
好みでは無いな・・・!4曲目はこっ恥ずかしいセリフに始まり
やはりポップながらバンドサウンドはそれなりにHRである。
ヴォーカルの声質はやっぱ好みじゃないのう・・・。5曲目も
ポップサイドの楽曲だがヴォーカルは前2曲よりは個人的に
嫌いじゃない
な(笑)。多少ながらメロウさもあって良い。
6曲目はシーン屈指のエモバンド岸田教団が参戦しており
9mm Parabellum Bullet凛として時雨辺りを思わせる
ギターフレーズが聴けるがカオティックコアではなくどこか
穏やかでメロディアスなアレンジとなっている。もっとブチ切れて
もらいたかった
が仕方ない・・・!7曲目はあの黒夜葬が参加、
さっそくクワイアが登場しキラキラチェンバロダークで
ゴシカル
な雰囲気を放ち疾走するクサメタルとなるぞ!
インストオンリーの黒夜葬だがここでは珍しくヴォーカル入り
しかもオリジナルなので貴重なトラックと言えるだろう。ギターは
黒夜葬なんでやはり荒くヴォーカルも弱いがこのクサさ、ダークな
ゴシカルさ
がたまらんのう!中盤のオルガン、チェンバロ、クワイアなど
クサメタラーが愛してやまない要素満点である!やはり黒夜葬には
こういうオリジナルをやってもらいたいものじゃ・・・!8曲目は
パンフルート、琴(ハープ)の音色が聴ける民謡的な雰囲気を持った
穏やかかつ荘厳さを感じさせる曲で生の弦楽隊も登場するぞ!


以前の“Sanctuary”が音楽的には良質ながらもあまりにも
ポップすぎて個人的には微妙な感じだったんだが今回は
Asriel岸田教団、黒夜葬が名を連ねており我々好みの
スピードチューン
も聴け同時リリースの“黎明ローレライ”だけ
買ってこっちはスルーだとするにはいささか早計だと言えなくは
ないだろうか!?豊富な財力を武器に質の高いアルバムを出して
くれるのは嬉しいことだがやはり中には鼻持ちならないスノビズム
気にいらねぇ、バジェットが無く制約が厳しい中でどうにか
面白い事をやるのがDIY、インディーズの凄みだと豪語する
ハードコアリスナーが少なからずいるのもまた事実・・・!
万人を満足させることはやはり不可能なのだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 淡い風に抱かれて、Heroes!、
Last Dance







"黎明ローレライ"




日本のファンタジックシンフォニックエモコアプロジェクトの3rdアルバム。


ポップサイドも平行して行いつつファンタジック・
シンフォエモ
にも抜かりないシーン屈指の金持ちバンド
少女病
の2作同時リリースの片割れである!今回も
生の弦楽隊に加えメタラーにはまったくアピールしない(爆)
要素である本職のヴォイスアクターを起用しての
10曲入りフルアルバムである!レコーディングにも
もうちょい金をかけてくれると嬉しいと感じるリスナーも
多いだろうが本作の出来はどうかッ!?

1曲目は語りとオルゴールに始まりライトなパンク、エモ系
バンドサウンド
生ヴァイオリンが登場し相変わらずの
初期サンホラタイプの女性Voシンフォニックエモ
聴かせてくれるが2曲目はこれまでの楽曲とは違いキラキラした
チェンバロ系の音色、打ち込みっぽい
リズム、シンセがプログレッシヴな変拍子の展開を
見せる一風変わった曲調となるぞ!ティンパニが力強い
リズムを叩きネオクラシカルな様式美要素も濃く非メタルに
なったMoi dix Mois
とも言えそうな感じでかなり好みだが
ここで聴ける媚びたヴォーカルは好きになれんのう・・・(笑)。
後半で疾走するぞ!3曲目は語りと優雅な生ストリングス
始まりこれまたシンフォニックに盛り上がりつつも
バンドサウンドがやはり軽めである。ピアノも登場しエモ、パンク系ながら
大仰さはシンフォメタル並で熱いぞ!ここまでやるならいっその事
へヴィとは言わないまでもスクリーモ並のメタリックさ
出してもバチは当たらないんじゃないだろうか!?4曲目はストリングスと
スキャットで始まり本作の中ではバンドサウンドが多少ハード寄り
なるアップテンポ曲だ。メロディーは叙情エモと言うよりは
キャッチーなアニソンに通じるものがあるな。ラストはリリカルな
ピアノとセリフが続くぞ。5曲目は70年代ハードロック
思わせるルーズなバンドサウンドが聴けるこれまた新境地
目指していそうなミドル曲だ!そして6曲目はこれまでの明るさが
失せたどこかシリアスなストリングスで幕を開け打ち込み風のリズムが
聴けるメランコリックなスロー曲。メロディーはかなりフックがあり
クサい叙情性を伴ったキャッチーさがあるのう!日本人らしい
初めて聴く気がしないポップさだな(笑)。ラストでテンポアップするぞ!
7曲目は微かに聴こえるピアノとアコギ、ドラムンベースが
アトモスフェリックな雰囲気を放つ穏やかなバラード。8曲目は
これまたピアノとチェロの音色に男のセリフが聴ける雰囲気モノの
要素が濃いイントロに始まるこれまた登場のバラードである(爆)。
だが今回はサビでバンドサウンドが盛り上がるパワーバラード
緊迫感あるストリングスにバックで微かにオルガンらしき音も聴こえ
メロディーもクサいのう!中盤はへヴィさは無いがタイトなリフ
ロックの緊張感を演出、その後はまた男の語りになりそして
ウィスパーVo、再びパワフルにクサく盛り上がる歌謡シンフォニック
ロックバラード
と展開していく7分超えのアレンジが楽しめるぞ!
8曲目は待ってましたの疾走チューンでストリングスが舞い
ガッツポーズが出るもAメロでテンポダウンしバンドサウンドも消え
よくあるV系ガッカリアレンジとなるが(爆)疾走パートは熱いのう!
飛翔感溢れるサビはメロスピに近い雰囲気があるぞ!10曲目は
再び穏やかな雰囲気が充満しスキャットコーラスも聴ける
ストリングスが美しいバラード。


アルバム前半はアップテンポのシンフォニックロックで楽しめるが
後半バラードが急に増えそれでダレを覚えてしまうなぁ・・・!
曲はいいだけにアルバム構成をもうちょい何とかしてもらいたかったわい!
方向性は変わらずキープしつつも2、5曲目のような新境地を
披露
しワンパターンに陥らないように気をつけている感はあるが
もうちょいHR、プログレ化しても個人的には楽しめるというか
嬉しいのう(笑)。エモ、歌謡パンクのファンよりも茅原実里、
水樹奈々、栗林みな実
等のファンにオススメかもしれんな。
プロの声優を大々的に起用しセレブである事をアピールして
いるようだが(?)、個人的にはそれよりもピアノやオルガンが
聴こえづらくせっかく生の弦楽隊を使っているのに迫力に欠けるので
フィンランドとかでレコーディングしたりミキシングを海外の
プロ
に頼んだりしてそこら辺を改善してくれたほうが良い結果に
仕上がる
と思えるが金の掛け所はそこではないのだろうか・・・!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 古の残骸、meaning of death、
黒雪姫、魔法仕掛けのリゼッタ、もしも世界に答えがあるなら、
蒼穹に向けた透明な弾丸







"告解エピグラム"




日本のファンタジックシンフォニックエモコアプロジェクトの4thアルバム。


つい最近意外と遅かったメジャー行きを果たした、サンホラ的な語り、台詞
生の弦楽アンサンブルを取り入れたファンタジックシンフォニックサウンドを聴かせつつも
バンドサウンドはメタルではなくオルタナ/エモ的なスタイルを貫いた実力派プロジェクト
2作同時リリースされたアルバムの片割れである!音楽的には生のストリングス、台詞
聴かせつつも全体的に妙に明るくポップなオルタナ、ガレージロック的な印象があり
そういったロキノン系の音作りが好き嫌い分かれそうな感じだが歌詞先行のスカスカ
ヘナチョコモヤシ文系オルタナ連中
と比べると質の違いは歴然だと言えよう・・・!

1曲目はストリングスが舞いつつも軽快で明るいガレージロック的なバンドサウンドが聴ける
ライトな雰囲気のキャッチーな曲で2曲目はこれまたキャッチーなギターに始まりヴォーカルが
入るとムーディーな空気を感じさせサビはやはり明るいポップな要素を放つぞ。ギターソロは勿論
メタルではないのでフラッシーでタイトな速弾きではないがなかなかに聴かせてくれるノリの
良いフレーズ
だな。ラストでお約束の台詞も聴けるがサンホラ程派手に目立ちまくっている
わけではないのでこういうのに興味が無いリスナーもまだ気にならないか!?3曲目は
タンゴ的3連リズムでメロディーもそれなりにクサさを感じさせサビはバックでハモンド
聴かせつつテンポアップしやはりポップでキャッチーな雰囲気が出るな・・・!10分を超える
長い曲
で展開はなかなかに練られており複雑ではないがドラマティックである!
4曲目はメランコリックなストリングス、ピアノが聴けるバラード系の叙情的な曲。5曲目も
淡々とした曲調だがピアノ、ピチカートが緊張感を出しこの辺はそこらの3流エモ、オルタナ勢には
持ち合わせていないセンス
じゃのう・・・!そしてシンフォニックな盛り上がりを見せ珍しく
クワイアも顔を出しギターの音色こそ歪みの薄い、クリーントーンに近いオルタナ系だが
アレンジ、フレージングはかなりシンフォニックメタルに接近した感があるな・・・!6曲目はピアノに始まり
ストリングスと共に明るくキャッチーに疾走するアップテンポ曲でヴァイオリンのオブリは実に
ドラマティック
だがそれ以外はオルタナというかアニソン的なポップさが目立っているな。
インストパートのストリングスはドラマティックで良いのう!7曲目は語りで幕を開け穏やかな
ストリングス、ピアノ
が聴けるエモーショナルなバラードだ。途中でバンドサウンドも
顔を出し盛り上がりを見せ中盤のリフはハードロック寄りでフレージングはプログレハード
近いかも知れんのう・・・!後半はピアノ、フィメールコーラス、語りが聴け曲展開もドラマティック
やはりプログレの要素を感じさせる曲調だな。8曲目はキャッチー極まるヴォーカル
始まりストリングスと共にアップテンポでノリの良さを出しAメロではギターが引っ込みブリッジで
ピアノも聴けサビで盛り上がるお約束の曲展開である!中盤で畳み掛けるような
リズム、ヴォーカル
が聴けその後はストリングスが優雅さを演出し良きフックになっているのう・・・。
9曲目は物静かなストリングス、ピアノ、女性Voが聴けるメランコリックなバラード。10曲目はピアノ、ストリングス、
ギターが明るさを演出するライトでポップな弦楽入りオルタナチューンだ。
ラフな質感のギターソロがいかにもガレージパンク的じゃのう・・・!


オルタナ、エモ的スタイルに弦楽器、オーケストレーションを取り入れたサウンドスタイルは
さながら日本のMUSE、ELLIOT MINORと呼べそうな雰囲気があるが本作はどうも叙情性、
劇的さ
よりも明るいライトなポップさが目立っており哀愁を好むリスナーとしてはどうにも
ピンと来ないかもなぁ・・・!メロディーの質感もクサさよりポップさ、キャッチーさが濃く
この辺もクサメタラーとしては評価が分かれそうな部分だな。長い曲もあるがプログレ的大作感プンプン
サンホラと異なり楽曲もどちらかと言えばストレートでシンプルな感じで正直生ストリングス
無ければただのアニソン女性Vo入りポップオルタナになってしまいそうな危うい雰囲気があるが数曲で
プログレッシャーも聴けそうなドラマティックな楽曲があり本質は「オルタナバンドが
弦楽器取り入れてみました」
ではなく「メタルの素養を持ったミュージシャンが
あえてオルタナっぽい音作りしてます」
的な感覚なのかも知れんなぁ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Double Cast、双子少女のみる夢は、
無為な羽音が壊した明日、セカイの調律した祈り







"Seiren -彼方に謡う哀憐の姫-"




日本のファンタジックシンフォニックエモコアプロジェクトの5thアルバム。


生の弦楽器プロの声優を取り入れた女性Voシンフォニックオルタナ/エモコア
プロジェクト
2枚同時リリースされたアルバムのもう一枚のほうである!とは言え音楽的には上記の
アルバムと基本的には大きく変わる事は無く生のストリングスを大々的に導入したオルタナ系のバンドサウンドを
聴かせてくれるが違いはしかとあり、こっちは声優による語りが無く純粋に音楽、ロックとして
楽しむ事が出来、
さらにアレンジ面でも違いがあり上記の“告解エピグラム”がどちらかといえば
ポップ寄りのスタイルだったのに対しこっちはクラシカルでクサい要素がかなり強くリズムも
プログレ的なテクニカルさ、複雑さがありHR/HMに通じる疾走感、へヴィさも感じられ
ストリングスのみならずクワイアを導入した曲もありベースもかなり目立ち彼等に
アキバ系コンセプトを求めない、純粋に音楽を・・・クサメロ、ドラマティックさを求めている
コアなリスナーには間違いなく本作のほうが心に響く事だろう!

1曲目はストリングスアンサンブル、ピアノで始まりフィメールコーラスが優雅さを放ち
バンドサウンドは軽いギターに反して徹底して唸りまくるベースがインパクトを放ちサビは
ストリングスと共にキャッチーさを出すぞ。2度目のサビでは疾走感を増しさらにシンフォさが
増強され
メタルではないがメタラーに十分以上にアピール出来る曲調になっておるな・・・!
2曲目は初の試みと言えるクワイアが登場しリズムはプログレ的な変拍子から
さらに疾走、歌詞はこれまた珍しい英語でバンドサウンドもそれなりにHR/HM寄りの部分があるぞ!
やはりベースも唸りストリングス、クワイアが盛り上がりクラシカルな素養も目立っておりシンフォメタラー、
様式美メタラーにもアピール出来そう
な仕上がりになっているな・・・!3曲目は流麗なピアノ、ストリングス、
フィメールクワイアが聴けるしなやかな印象の曲だが一瞬プログレ的なアンサンブルも聴けポップ要素の
中にある確かなセンスを感じられよう・・・!4曲目はアコギ、穏やかなバンドサウンドによるバラード系
雰囲気を持った曲でソフトな曲調の中に光るヴァイオリンが良い仕事しておるな・・・!5曲目はオルタナ系としては
十分にハードロック寄りのギターリフで始まるもAメロではギターが引っ込むお約束のスタイルを持った曲。
ブリッジではストリングスのオブリがドラマティックさを出しベースも唸りサビはアニソン的な
ポップさ、キャッチーさ
を感じさせ盛り上がるぞ!6曲目はドラマティックな弦楽アンサンブル
幕を開けバンドサウンドもそこそこHR寄りドラマティックさを演出しアップテンポになり
楽曲の根底にあるものはやはりオルタナというよりはシンフォニックメタルに近いかもな・・・!
インストパートはかなりクラシカルなストリングス、クワイア様式美的なクサさを放つぞ!
7曲目は軽快かつプログレに通じるバンドサウンド、チャーチオルガンが聴けサビはこれまたアニソン系の
ポップなキャッチーさ
を放ちベースも自己主張しまくるアップテンポ曲。ギターソロは
非メタルな荒さを持ったプレイだ。8曲目はピアノ、アトモスフェリックな打ち込みリズムが聴ける
穏やかで物静かなバラード系のスローチューン。サビはベース、ドラム、ヴァイオリンも顔を出し
それなりに盛り上がるもやはり全体的には大人しい曲調だな。


正直言うと“告解エピグラム”のほうは十分に良質なものの彼等のアルバムとしてはちょいと
ポップ過ぎて
個人的にはイマイチに感じられた部分もあったが本作はその不満を解消して余りある
クサさ、劇的さ、クラシカルさがあり俺みたいな完全音楽性重視のマニアックリスナーならば
見事に溜飲を下げる事だろう!ストリングスに負けないくらい暴れ倒すベースが終始目立っており
その分ギターが元々オルタナ系という事もありあんま前に出てこない感があるもこの叙情性に
満ちたアンサンブル
は流石である!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 純蒼の歌,純黒の戦王、Red Scream、
葛藤のエトランジェ、White Death







"残響レギオン"




日本のファンタジックシンフォニックエモコアプロジェクトのメジャーデビューアルバム。


クサメタラーの間でポストサンホラと話題になった最初期の頃よりプロの声優を大々的に
アルバムに起用しセレブバンドである事をアピール、その音楽性もオマージュ、パクリッシュ要素
強く感じさせつつも生の弦楽アンサンブルにメタルではなくエモ、オルタナ系のバンドサウンドを
融合させファンタジック・シンフォニックエモのスタイルでストレートかつ良質な楽曲を生み出し
本家サンホラがプログレ方面に接近し即効性を失ってきている事を嘆くクサメタラーの
溜飲を下げてきた少女病の待望(?)のメジャーデビューアルバムである!メジャー行きとなると
パンク、V系シーンもそうだがとかくセルアウトだ、拝金主義だ、バビロンに屈しただのと言われ
いいイメージが全くと言っていいほど無いのが所謂ロックあるあるなのだが(爆)、はたして彼等は
そんなあるあるに該当してしまいレイザーラモンRGしょうもない歌のネタ
されてしまうのだろうか!?(爆)ちなみにドラムはそうる透である。

1曲目はストリングスといかにもジャパニメーションな語りで幕を開けクワイア、オーケストレーションが
RHAPSODY OF FIRE的なシンフォニックメタルっぽさを醸し出し疾走!バンドサウンドも
インディーズ時代と異なりメタル要素が増しておりオルタナ成分よりもエピックメタル成分が濃いぞ!
サビは判りやすいキャッチーさを持ちストリングスのオブリも良くギターソロは軽めの音ながら
メタル的な速弾きも披露する!だが2曲目はうって変わってなぜかオシャレなジャジー要素
持った曲になり激しく肩透かし感を出すなぁ・・・!3曲目はピアノで始まりバンドサウンド、ストリングスも顔を出し
アップテンポになる曲でバックのピアノ、ストリングスも印象的だな。サビはやはりキャッチー
クサいと言うよりはアニソン、J-POPに通じるメロディーラインである。4曲目はこれまた
美麗なストリングス、ピアノにフィメールコーラス、語りで幕を開けバラード的なムードを醸し出す曲だが
ラストの語りは長くちょいと冗長だな・・・!5曲目はモダンと言うわけではないがワイルドなリフ
始まりストリングスが怪しく舞い疾走、どこかハードロックに通じる雰囲気を持ったバンドサウンドが
聴けヴォーカルはMiddleIslandっぽい声質なのが面白いな。ヴァイオリンソロも印象的だな。6曲目はピアノが
叙情性を演出しフィメールスキャット、打ち込みのアトモスフェリックなリズムが聴ける穏やかな曲だが
途中から語りと共にリズムが変わりプログレ的なテクニカルさを持ったバンドサウンドも登場するぞ!
7曲目はどこか退廃的なミドルテンポのバンドサウンドにストリングス、台詞が乗る曲で彼等としては
あまりピンと来ない曲調だがストリングスは良くラストでアップテンポになるぞ。
8曲目はクラシカルなピアノに始まり大仰なクワイアが登場し疾走!シンフォニックメタル要素
再び顔を出しそうる透によるドラミング音の軽さに目を瞑れば完全にメタルだな(笑)。
ヴォーカルもパワフルでサビはクワイアと共に盛り上がりこの曲がメタラーにとっての
キラーチューン
だろう!9曲目はクラシカルで優雅なストリングスに始まりこれまた疾走する
バンドサウンド
が緊迫感を出すもバッキングギターはメタル的リフではなくオルタナ系の軽いカッティングだ。
サビはストリングスと共に壮麗に盛り上がりやはりアニソンのキャッチーさがあるな。サビ後はチェンバロ、
クワイア
様式美的なクサさを放ち正直台詞、語りが邪魔なんだが(爆)この展開は良いな。
ラストのサビ前はホイッスルヴォイス的な絶叫も登場!・・・と言いたいが台詞の延長で別に
Dirに影響受けているわけではない(笑)。10曲目はピアノ、ストリングス、台詞が
叙情的な盛り上がりを見せシンフォニックさを出すバラード系のエモーショナルな曲。
こういう曲調でもそうる透のドラムはやはり目立っているな。


2曲目のような首を傾げたくなる曲もある事はあるが全体的な方向性はインディーズ時代と
変わる事は無く
トレードマークと言える生の弦楽アンサンブル、ライトな質感のオルタナ系
バンドサウンド、クサメロ
ではなくアニソン的キャッチーさの濃いメロディーラインと
少女病らしさは健在でとりあえずは安心と言った所だろうか・・・!まぁプロダクションや
オーケストレーションの規模等も大して変わってはいない
のだが・・・!サンホラが
アルバム出す度プログレ的な複雑さが目立つようになってきており上記したようシンプルに
判りやすいストレートな音
を求めるリスナーにはこっちのほうが向いていると言えるが、
前に出たアルバムでも気になっていたがメロディーラインに関しては日本人の琴線に触れる
叙情クサメロ
が多いサンホラのほうが上か!?聴いた話だとどうやら初ライヴで大コケしたようで今後が
ちょいと心配だが(爆)何はともあれせっかくレコーディングにカネを掛けられるメジャーに言ったんだから
音楽性はそのままにオーケストレーションやバンドサウンドの向上を期待したいもんじゃ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 深紅のエヴェイユ、黒衣の放浪者、終幕症候群、真実の解放







もどる


inserted by FC2 system