Sprite Wing







"Prismatic Voice"




日本の音楽サークルかなんかのアルバム。


彼らのことはさっぱり知らんが試聴音源で強烈なメロスピ、クサメタルチューンが
聴けた
ので購入してみたぞ!試聴していなければまず手にとる事の無い
アルバムだった
だろう・・・!内容的にはメタルチューンのみならずポップチューンや
トランス、バラード等雑多に満ちたジャンルの楽曲が収められている・・・。
こういう試みは個人的には(メタラー的には)どうも好かんな・・・!方向性を
統一してもらいたい
と思うぞ!雑多なジャンル取り入れたければレッチリや
SYSTEM OF A DOWN、マキシマムザホルモン
みたいなミクスチャーやって
もらいたいというのは単なる俺のワガママだろうか!?(笑)

1曲目は都会的なピアノに続いてツインリードが叙情的かつポップなフレーズを
奏でハスキーな女性ヴォーカルクサめのメロを歌うぞ!プロダクションは軽いが
なかなかに質の高いメロハーである!間奏も都会的な、ジャージーな雰囲気が
感じられるピアノソロに始まりギターソロが聴ける。2曲目はへヴィに唸る
ベース
に始まり変拍子リフ、シンセが聴けるプログレメタルなイントロで始まるも
その後はピアノになり淡々としたヴォーカルが入る。だがリズムはやはり変拍子だ。
ドリームシアター等を思わせるテクニカルな展開が堪能できるがサビはメロスピ!!
ギターは16分を刻みクサメロを放ち爆走だ!!だがギターがどうも打ち込みっぽいな・・・!
ソロはタッピング的フレーズで疾走するがノイジーである。しかし疾走パートが
実にクサいなぁ・・・!この曲はプログレッシャー、メタラー共に
悶絶モノ
だろう!ラストのギターソロは生っぽいぞ。ラフながらピロピロ弾きまくっている!
奥に引っ込んでいるのが残念だ・・・!3曲目はうってかわってポップな曲。
メロディーはキャッチーで良い。4曲目はジャジーなバラード風。HRなギターも出てくるが
好みではない。それっぽく歌おうとしているヴォーカルはちょいと無理が感じられるな・・・!
8曲目はトランス系なシンセが目立つがちょいとネオクラシカルな雰囲気もあり
まぁ悪くは無いかな・・・!?サビは弱弱しいソプラノでクラシカル気味のメロを歌うぞ。
ギターソロもネオクラシカルなプレイを聴かせてくれる。11曲目は民謡的な
雰囲気
のあるクサめの曲だ!霜月はるか等を思わせるスタイルでアコーディオンがクサい!


正直メタラー的にそそられる曲は1と2、あとは非メタルだがクサい
11くらいなものだろうなぁ・・・!今後どうなるかは知らんが
方向性を絞ってアルバムを創ってもらいたいものである・・・!
メロディー、アレンジ等は光るものがあるだけにな!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 68% お気に入り曲 SepiA、夢の欠片、月下の魔女







"Hello"




日本の音楽製作集団によるシングル。


今年(2008年)春のM3にて中心人物のMAYA氏と知り合い彼の好意で
譲っていただけた
ありがたいシングルである!彼らの音源で他に
知っているのは今のところ“Prismatic Voice”のみだがあっちは
様々なジャンルの楽曲が幅広く収められておりメタル曲は文句無く
キラー
だったがポップな曲もありそこら辺は俺の好みではなかった・・・!
だが本作はシングルと言う事もあってか2曲ともアコースティカルな
バラード
となっており方向性が統一されている。

1曲目はピアノとシンセが聴ける実に穏やかなバラードで女性ヴォーカルも悪くない。
途中から打ち込みリズムも登場、中盤から後半にかけてのアカペラパート
ただのバラードに終わらせない気概が伝わってくるわい!(爆)
2曲目もバラードだが今度はアコギが聴けメロディーもさらに
メランコリックになりクサさを増すぞ!途中からテンポが変わり
雰囲気も一転する。3、4曲目はよくあるカラオケヴァージョンではなく
ピアノアレンジが施されたヴァージョンとなっている。こういう試みは良いな!


メタルどころかロック色すら皆無アンプラグド系バラード
締められておりメタラーにはちょいと大人しすぎるシングルかのう・・・!
まぁライトなアコースティック系女性ヴォーカルバラード
好きなら聴いてみる価値はあるだろう。質は低くないしな!ヴォーカルもちゃんと
歌えている。次はガッツリしたロックなアルバム求む!(笑)



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 life







"INNOVATION"




日本の音楽製作集団によるニューアルバム。


バンドというよりは様々なジャンルで活動するそれぞれ別の
スタイル
を持ったミュージシャン、コンポーザーを一堂に集め
曲を提供してもらいそれを一つに纏める、ある意味コンピレーション、
オムニバス
形式と言える一風変わったやり方を追求している
音楽サークルである!サークルなんて一般的ではない名称
聞くと俺みたいなリスナーは迷うことなくサークルモッシュ
連想してしまうためすぐにピンと来る呼び方ではないのだがうちの大学にも
あったなぁ。
マス大山極真愛好サークル(爆)。
俺が知り合った中心人物のMAYA氏は作詞もしてはいるがコンポーザーではなくどちらかといえば
プロデューサー的立ち居地だと思われる。なるほどこういう活動の仕方もあるのか・・・!

音楽的には様々なスタイルを持つコンポーザーが一堂に会しているため
前作“Prismatic Voice”もそうだったが幅広い雑多な
ジャンル
が堪能できいろいろなスタイルの曲を聴きたいリスナーには
いいのかもしれんが俺らみたいなメタルならメタルだとか、
プログレならプログレ、パンクならパンクと聴きたいスタイルが
固定されているリスナーにとっては散漫に感じられるだろう。
だが基本は女性ヴォーカルのポップな楽曲という
根本的な部分は一貫している。

1曲目からさっそくの女性ヴォーカルポップスだがギターソロは
短いながらツインリードが聴けストリングスアレンジも良いな。
2曲目はピアノに始まりネオクラ風のギターも登場するどこか
ゴシカルな雰囲気を持った曲で疾走はしないがドラムもツーバスを
踏み俺好みの曲調が展開される!メロディーもクサいぞ!
4曲目はけっこうハードロック的なギターも聴けるがアコギの
ストロークも目立ちヴォーカルは男なのか!?中世的な声質エモ、
ヴィジュアル系
のようにも聴こえカッコいいぞ!大人しめだが
バックのアレンジはバンドサウンドにアコギ、ストリングスとけっこう
凝っておりソロはベースのスラップが聴け渋いな!5曲目はポップながら
けっこうロック寄りの出だしでその後何とインダストリアル風味
感じさせヘヴィロック系の流れを感じさせるぞ!中盤から後半にかけて
ソプラノ的なヴォーカルも聴ける!そして6曲目は何と
弱弱しいがスクリーモ的絶叫も登場するスローテンポのエモだ!
気だるいスクリーモでサビはV系風とも言えそうだ。SAOSIN、A SKYLIT DRIVE等を
思わせるのう・・・!ラップ風の歌唱も聴けるぞ。8曲目はピアノによる
都会的なバラードでR&Bスタイルに近い女性ヴォーカルがかなり上手いな!
ラストの12曲目は打ち込みリズムと軽いながらもモダンなリフが聴ける
インダストリアル曲。サビはキャッチーな広がりを見せるぞ。


女性Voポップスと言う基本形を維持しつつもけっこうロック色が
濃くなり
散漫さも薄れてきており、アルバム前半にロック系が、
後半にポップスが集中
している感があるな。女性ヴォーカルが媚びを
売るような声質
で歌う曲は俺の好みではないがロックチューンは
かなりカッコよくメタラーもエモキッズもV系ファンも楽しめるかも知れん。
メタル系は前作にあった疾走メロスピ曲は無くどちらかといえば
インダストリアル、スクリーモ、へヴィロック系が主体なのだが
ただタルいだけのメロディーが多い海外のバンドと違いメロディーが
よく
こっちのほうが日本人好みと言えるだろう。こういう曲調を
主体にしたアルバムも聴いてみたいのう・・・!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 コイウタ、Deicida、
Never Ending Story、〜チガウ・セカイ〜、INNOVATION







"REAL"




日本の音楽製作集団が外部のバンドとコラボしたアルバム。


従来は様々な素養をもったミュージシャンたちが一堂に会し
それぞれの得意分野で腕を揮い、その結果様々なジャンルの
楽曲
が収められたアルバムをリリースしておりよく言えば幅広い、
悪く言えば散漫な印象があった・・・だが今回は従来のスタイルとは
違いDAIZY BLUEなるバンドとコラボしてつくられたアルバムで、
これまではメロスピやプログレ、スクリーモからポップス、
バラード
まで様々なスタイルの曲をプレイしてきたが
本作はヴォーカルが一人だという事もあって方向性がそれなりに
統一された感があり従来のアルバムを散漫に感じていた
(俺みたいな)リスナーにとっては有難いアルバムである!

そして気になる音楽性のほうだが、DAIZY BLUEのカラーなのか
どうかは知らんがいかにも打ち込みなドラムやベース、シンセは
チープだがギターは生っぽくテクニカルなシュレッドプレイを魅せ、
ヴォーカルはヴィジュアル系スタイルの男ヴォーカルで
楽曲も王道を行くV系ハードロックといったところだろうか・・・。
だがそこいらのV系バンドよりもメロディーセンスが良く
へヴィではないが曲によっては初期ムックメリーに通じる歌謡曲クサい
日本人の琴線に触れるクサクサメロディー
を聴かせてくれるぞ!
ベースソロに導かれギターソロに繋がる構成を見せ、ラストも
弾き倒すギターソロが聴ける1曲目、ピアノで始まりクサめの
歌謡曲メロディー
が特徴のミドルチューンでサビはファルセット
共に耽美に疾走する2曲目、これまたクサクサな歌謡メロディーが
聴けるバラード的メロディーと変拍子リズムが印象的で
サビで突如メロスピと化す以前のアルバム“Prismatic Voice”
収録されていたキラーチューンのリメイクである3曲目、
ポップよりでやや地味な4曲目、アコギとピアノが聴けちょいと
ジャジーというかボサノヴァ的雰囲気を持ちつつもギターが
ちゃんと主張しておりサビが非常にキャッチーでソロにおいて
スラップを披露するベースも聴き所の5曲目、ワウをかました
ギターとミステリアスなシンセで始まりテクニカルなギターワーク
冴える6曲目、都会的ながらポップさも濃い7曲目、シンセに
導かれ再び歌謡曲クサさが前面に押し出されたキャッチーで
クサクサなメロディーを持ち間奏はピアノとベースがジャジーな
フィーリング
を魅せるこれまたリメイクのヴィジュアル系ロックの8曲目と、
捨て曲が無いというわけではなく楽曲も詰めの甘さは残っているものの
メロディーやギター等聴き応えはしかとあり十分以上の
質の高さを感じさせてくれるな!


いかにもヴィジュアル系なナヨナヨした歌い方でファルセットは
不安定だが基本的に音を外すことは無いヴォーカル、打ち込みは
チープだがテクニックあるメタリックなギター、そして
日本人好みのクサクサ歌謡曲メロディーと、散漫さが消え
方向性が統一された事もありSprite Wingのアルバムの中でも
最も俺好みとなった1枚である!歌謡曲クサさを持った
ヴィジュアル系が好きなら十分聴く価値があるだろうな・・・!
値段はやはり安くシングルにDVDつけて2000円以上で売る
そこいらのボッタクリV系バンドに見習ってもらいたい親切設計だ(笑)。



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 cage、
夢の欠片-New version with DAIZY BLUE-
SepiA-New version with DAIZY BLUE-







"Wild Flowers"




日本の他ジャンル音楽製作集団によるフルアルバム。


Sprite Wingから派生したTeam Black Historyと共に
創られたハードロック色濃いフルアルバムで、V系寄りの
雰囲気
を持ったキャッチーなハードロックから
女性Voのメロコア、ラップ入りのミクスチャー
メタラーよりもサマーソニック辺りに好き好んで足を運ぶ
層に喜ばれそうなスタイルの楽曲が集まっておりファッションに
無頓着なA-BOY
もコレ聴けば気分はサグな渋谷系となるだろう!(爆)
先日のコミックマーケットで本作のカラオケヴァージョン
収録された企画CDを頂いたが、元のほうであるこっちは
まだレビューしていなかったんでこの機会に更新だ(笑)。

1曲目は若干モダン寄りのギター、V系スタイルの男Vo
デスヴォイスが聴けるサビがキャッチーなヴィジュアル
ハードロック
Janne Da ArcSIAM SHADE辺りに通じる
雰囲気があるな。2曲目はメロコア寄りのバンドサウンド、
女性Voが登場しBERRY ROLLタイプのガールズパンクと化す!
この尻軽な雰囲気がいかにもである!(爆)3曲目は
一転して硬派なハードロックのリフが聴けるもヴォーカルは
なぜか女性Voのラップファンク色濃いミクスチャー
なる!サビはキャッチーだがメタラーが好む雰囲気ではないな。
4曲目はこれまた雰囲気が一転し穏やかさを感じさせる
ポップな女性Voが聴けるライトなJ-POP風のアレンジとなるぞ!
5曲目は気だるい女性Voが歌い上げる夜景が脳裏に浮かぶ
都会的なオシャレバラード。6曲目はカオティックな
変拍子リフ
が聴け静寂とへヴィパートが交錯する変態的な
マスメタル
を思わせるアレンジだがサビはノーマルなキャッチーさ
出るぞ。雰囲気としてはプログレエモと言えそうか!?
7曲目はガレージ風のリフにピコピコ音、ホーン
聴けるポップス寄りの曲。8曲目はこれまたラップ風の
歌い方
が登場しそれなりにHR寄りのリフも聴けるがどちらかと
言ったらGOOD 4 NOTHINGとかを思わせるハイブリッドな
メロコア
風アレンジである。9曲目はR&B色濃い雰囲気を
持った曲でラップも登場するが本格的にブラックな曲調ではなく
あくまでもJ-POPの流れの中に位置するR&B要素だ。10曲目は
メタリックなリフが聴けるもホーンも登場し女性Voは
媚び系の声質ガールズポップスの色合いが
濃くミクスチャーっぽい雰囲気もあるな。

ちなみに上記したカラオケ版には3曲ほど新曲(?)が
収録
されており1曲目はピアノによるインストで2曲目は
キャッチーながらもどこか哀愁を感じさせるポップな
メロハー系。
奥に引っ込み気味だがギターソロも良いな。
3曲目は男Voが登場しいかにもヴィシュアル系ライクな
雰囲気
の明るいキャッチーなハードロックでスクリーモ系の
弱い絶叫シャウト
も登場する。


V系ハードロックにメロコア、ミクスチャー、カオティックエモ等
尖ったジャンルのロックチューンが多いがその一方でごくノーマルな
ポップス風
の楽曲もあり全体的にキャッチーさが重視され
キワモノさよりも普遍的なロック、ポップスの流れを汲んだ
部分があるな。個人的にはマニアックな方向に進んだ曲が
好みだがこういう都会的なオシャレ感を持った中でマニアにも
受ける要素
を随所に取り入れるやり方に共感できるリスナーなら
楽しめるのではなかろうか!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Flower、Lunatic for...







"This is the beautiful world"




日本の他ジャンル音楽製作集団による新たなアルバム。


外部のミュージシャンと積極的にコラボし雑多なジャンル
楽曲で纏めたアルバムをリリースしてきた彼らSprite Wing。
ここ最近はV系やエモ、スクリーモ系に特化したまとまりのある
アルバムをリリース、シンガーもそういったタイプの男Vo
使っていたが本作では初心に立ち返り男Voのほうが多いが
女性シンガーも参加、いまいち弱いシンガーもいるがそこはしょうがないな。

1曲目はどこかエキゾチックな雰囲気を放ち妙にタイトな
リズムが印象的なアップテンポ曲だ!メロディーも良くどこか
メタル要素、変態要素を無くしたSYSTEM OF A DOWNと言えそうな
感じだというのは言い過ぎか!?ギターソロはHR/HM的でラフだが
スウィープも飛び出すぞ!2曲目もキャッチーで哀愁のある
エキゾチック系歌謡ポップス(?)と呼べそうだな。女性ヴォーカルは
弱いがまぁ仕方ない・・・。インストパートはプログレ化するぞ!
3曲目はラウンジポップ的な穏やかさを感じさせるアコギが聴け
女性Voもウィスパー系の歌唱を披露する。ソプラノ系の高音、
ベースソロも聴け面白いな。4曲目はうってかわってトランス的な
打ち込みシンセ
によるリズムが登場するがヴォーカルはソフトタッチの
男Vo
である!MintJamを弱くした感じでかなり癖が強いのう・・・!
5曲目もトランス系のシンセに男Voが聴けるがこっちはギターも
登場しHR色が濃くヴォーカルも癖の少ないV系スタイルとなるぞ。
疾走感もありV系ロックとしていい出来の曲だ!ギターソロも
やはり雑な部分はあるがバリバリと速弾きしまくっているぞ!
6曲目はピアノが舞うプログレハード的なアレンジの曲だ!
ヴォーカルはV系タイプの男Voでギターソロも長くメタラー的に
美味しいのう・・・!7曲目は穏やかさに満ちたバラードでこれも
男Voが歌っておりウィスパー系の歌唱を披露している。8曲目は
アップテンポでハードロック的な出だしだがその後はアコギが
登場しサビは歌謡V系っぽい雰囲気で疾走するぞ!男Voは高音、
ファルセットが頼りない部分があるのう・・・!ギターソロはワウを
かまして弾き倒す
ぞ!9曲目は久々に女性Voが登場する曲で
アコギ、ストリングスシンセが聴けどこか和の雰囲気を感じさせる
メロディーを持ったバラード系の曲だ。・・・なんて思っていたがこのヴォーカル、
実は男らしいな!たしかによく耳を澄ませ、なおかつ事前にその情報を
聞いていれば僅かに判るような気がしなくもない
それにしても凄まじき高音のエモ声である!10曲目はV系
いうかJ-POP風のソフトな男Voが聴け曲調もそんな感じのポップな曲。


やはり多彩なスタイルの曲が収録されているもアコギが聴ける
ロックサウンド
が根底にありプログレやHR/HMの流れを汲んだ
曲には俺らのようなリスナーが楽しめる要素が詰まっていると
言えよう!テクニカルなメタルクサクサなゴシック、
ファンタジックな民謡、民族音楽、
あとはトランスとかが多い
シーンだがこういうポップススタイルを基盤に面白い事やっている
ミュージシャンもしかと存在しているのだ!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 lost in a maze、reason、The End







"Blueberry"




日本の他ジャンル音楽製作集団による3曲入りシングル。


元はノンジャンルで様々なタイプの楽曲を集めたある意味
オムニバス風のアルバムをリリースしていたがここ最近は
ロック色が濃くなり方向性もある程度まとまりが出てきており
幅広いジャンルを聴きたい向きにはどうか判らんが少なくとも
俺らみたいな聴きたい音がある程度決まってきているリスナーには
ありがいたい仕様となりつつあるな。本作は女性ヴォーカルによる
ポップでキャッチーなロックスタイルでまぁ無難
雰囲気が強いのだがアレンジ、メロディー、演奏のクオリティーは
総じて高く安定感を感じさせる。

1曲目はバンドサウンドでアップテンポの疾走感、和のクサさ
感じさせるヴォーカルメロディーが印象的なロックチューンで
9mm Parabellum BulletASIAN KUNG-FU GENERATION等を
思わせる歌謡曲的なメロディーラインが強いインパクトを
放っているぞ!上海アリス幻樂団的なフレージングである!
2曲目はさらにポップ要素が濃くなったミドル曲。3曲目は
どこかメランコリックさが出た曲調でヴォーカルの声質、
メロディーラインからはアニソンっぽさがプンプンで
こういうクサさが好きなら楽しめよう!

バンドサウンドによるアレンジが聴けるロックチューンで
占められているがHR/HMやパンク、エモではなくごくごく
ノーマルなポップロックの要素が濃くコアなリスナーには
物足りないだろうが普遍的な良さは感じられるな。演奏の
タイトさ、アレンジの良さ等クオリティーそのものが高いので
俺みたいなマニアックメタラーも十分楽しむ事が出来るわい!
本来はこうなんだよなぁ・・・!上海アリス幻樂団に影響されたのならば
その影響を消化して同じタイプのオリジナル曲を産み出すのが
正しいあり方なんだよなぁ・・・!このシーンの一番悪い点は
何かしらに影響されたらそれそのものをカヴァーする事に
終始してしまう
事なんだよ・・・!カヴァーがまかり通って
オリジナルでやってるミュージシャンがなかなか前に出て来れない、
それが新しい才能の芽を潰しているという事に早く
気付いてもらいたいものである!まぁそうなったらなったで今度は
ガゼットみたいなバンドが溢れてきそうだが・・・!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 風花







"INTELLIGENCE MONSTER"




日本の他ジャンル音楽製作集団による最新シングル。


様々なミュージシャンを招いて幅広い活動を行う
アーティスト集団による新たなるオリジナルのシングルである!
今までは典型的ジャパニメーションライクなジャケだったのだが
本作は我々好みの、こっち側(つまりメタル)のデザインに
仕上がっているがアルバムの中身も完全メタリックと
いうわけではなく
バンドサウンドはどちらかといえば
やはりV系に近いハードロックシンセやクリーンな
ギター
も目立っている。ヴォーカルは女性シンガー
気だるい歌い方、ソプラノ気味のファルセット等歌唱力は高いぞ!

1曲目はクリーンなギターで始まりシンセ、昔のV系ライクな
バンドサウンド
が登場ししっとりとした女性ヴォーカル
低音で歌い上げ多少のHR/HM要素を感じさせるギターリフも
聴けるぞ。ギターソロは非常にラフだがバリバリと速弾きを
披露
し後半プログレ的なリズムが一瞬飛び出しそして
2ndギターソロ、アコギソロがバトルを繰り広げる!
2曲目はちょいプログレハードな出だしでピアノ、シンセが
登場しヴォーカルもしなやかな歌唱でキャッチーなメロディーを
歌いファルセット気味のサビが実に流麗だな。ギターソロは
速弾きで始まりツインリードと展開していき歪み方はまだ
軽めながら十分にこっち側の雰囲気を出しているぞ!
後半で聴けるソプラノがまた良いな・・・!3曲目は
これまたアコギとピアノが聴けバンドサウンド、ギターリフも
本作の中ではメタリック寄りになるもヴォーカルが入ると再び
アコギのバッキングとなりヴォーカルもどこか気だるい
雰囲気
を演出している。ベースソロも登場しどこか
ジャジーなフィーリングが感じられその後ボサノヴァ調
アコギ
に続き疾走開始!タッピング風のピロピロした
シーケンスフレーズ
も登場しメタリックさが演出されるが
ヴォーカルが変わらず気だるさをキープしておりあくまでも
醒めた質感を主体としているな・・・!


ジャケと違ってそれほどメタリックではなくこれまでに
リリースされたヴィジュアル系ハードロックのほうが
ずっとHR/HMしている感じだがこっちもギター等部分部分で
メタル要素が顔を出すぞ。だがまぁどちらかといえば
女性ヴォーカルモノのポップス的な雰囲気が強く
アレンジも練られており歌唱力も高いがジャケで
テクニカルなメタルを期待して聴くと肩透かしだろう・・・!
クオリティーは十分高いので女性Voポップロックと思って楽しもう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 移り変わる世界







"ESSETIA"




日本の他ジャンル音楽製作集団による最新アルバム。


最近はV系ハードロックに傾倒し統合性を持たせたアルバムを
聴かせてくれる様になったSprite Wingの最新8曲入りアルバムだ!
ジャケを見れば判るとおり今回はファンタジックな
コンセプト
となっているようだがRHAPSODY OF FIRE
Sound Horizon、Dragon Guardianのようなクサメタル要素は
皆無
で多少V系、ミクスチャー要素入りのジャジーでオシャレな
ポップス然
とした、いつものSprite Wingである(爆)。

1曲目から早速ヴィジュアル系というよりはアイドル風の
優男ヴォーカル
が聴けるライトなポップチューンである!
アイドル風ではあるが歌唱力はしかとあり安定した
高音を聴かせてくれ、曲調もロックと呼べるかどうかも
怪しいポップス
だがそれでもギターソロはちゃんと登場するぞ。
2曲目もオシャレなイントロが聴けるも一応メタリックな
リフ
も出てくる。だが基本は都会的なジャズ要素でなりたっているな。
しかしサビはへヴィではないがモダン寄りのリフで疾走し
その後はラップ風のヴォーカルにスクラッチ、へヴィリフ
ミクスチャーと化すぞ!一度だけだが絶叫シャウトも飛び出すぞ!
3曲目は哀愁を感じさせるギターで始まりピアノも聴け
エモとポップスとV系を絶妙にブレンドさせたかのような
雰囲気を持っているな・・・!ギターソロもメタリック
いうよりはオシャレ感が強いのう!4曲目はノイジーながら
これまた哀愁を感じさせるリフで幕を開けるバラード曲。
これも都会的な、夜景が脳裏に浮かぶまだバブリーだった頃の
90年代J-POP
を思わせる雰囲気が強いな。一応エモ、スクリーモ風
バンドサウンドも聴けるぞ。5曲目は女性Voのウィスパー
これまたオシャレに幕を開ける都会的ジャジー要素
エモメタル風バンドサウンドがミックスされており
最初はバラードと見せかけて途中からアップテンポになるぞ!
6曲目は再び男Voになりリフはモダンでミクスチャー的
風情を醸し出すがヴォーカルの声質はどっちかといえばクセのある
爬虫類
っぽさがありAqua Timezに近いかも知れんな。
ラップ、スクラッチも登場するがサビはキャッチーな辺り
やはりその辺のポップさ重視の軽いミクスチャーバンドを
髣髴とさせる。7曲目は女性Voでピアノも聴けるライトな
ポップロック風。
チャカチャカしたカッティングが印象的だな。
8曲目は穏やかさ重視のバラード曲。甘い声を聴かせる
男ヴォーカルの安定感に唸らされるのう・・・!


ファンタジックジャケに反して中身はまっとうなオシャレ系
J-POP風ヴィジュアルエモ!
何も知らずにジャケ買いした
クサメタラーはさぞガッカリする事だろう・・・(笑)。
しかしこの我が道を行く姿勢こそSprite Wingに他ならないッ!(爆)
だが今回はライトな都会的ポップス寄りの曲が目立っており
ヴィジュアル系ハードロック要素が減退しておりその分
エモメタル、ポップ寄りのミクスチャーっぽさが
強くなっているな。英語詩が多くそこがエモっぽさに
繋がっているのやも知れんのう・・・!バンドサウンドも
今風ではあるがプロダクション的にへヴィではなく
プラスティック風のペラペラさがいかにも
エモメタル、スクリーモだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Farewell、Fantasy Earth、StAyLe







"気にしないで"




日本の雑多ジャンル音楽製作集団によるシングル。


Sprite Wingの音源というよりは彼等のグループ内に在籍するバンドチーム
uИknowИ project
による音源で、何と大胆にも我らの畑に足を踏み入れており
シンフォニックフォークメタル等と名乗っているではないか!
彼等のロック、メタルサウンドはこれまではどちらかといえばヴィジュアル系
エモ、スクリーモ寄りだったがここまで堂々とメタルを名乗ってくるとは!
FINNTROLLKORPIKLAANI等をいやがおうにも思い浮かべてしまうが果たして
一体どんなクッサイ楽曲を聴かせてくれるのであろうか!?

1曲目は早速打ち込みシンセ、ドラムピコピコした音を出しこれだけ聴くと
あまりメタル然としてはいないがその後ストリングス、ギターが
シンフォニックさを演出しベースも主張、女性ヴォーカルはソプラノ系の
ファルセット
でどちらかといえばポップス・・・90年代J-POP的な
キャッチーさ
を持ったメロディーを歌う判りやすい楽曲でクリーンギターによる
ギターソロはクラシカルでかなりクサく良いが短いのが惜しいな・・・!
2曲目はアコギで幕を開けピアノも登場、女性シンガーが気だるい歌い方
披露し全体的に静かな楽曲だがサビでテンポアップしストリングスサウンドが
盛り上がりを見せるぞ!ベースもやはり目立っているな。3曲目は
シンセに始まりギターがネオクラシカルな速弾きソロを早速披露し本作中最も
こっち側
(つまりメタル)寄りの音を出すもヴォーカルが入るとアグレッションは消滅、
やはり普通の気だるいポップスと化すもサビは疾走しシンセストリングス、
ギターのオブリが盛り上がるぞ!インストパートはプログレ的なテクニカル変拍子アレンジ
施されその後ギターソロとなりネオクラシカルなプレイを披露する!っていうか一部
もろGALNERYUSだな(笑)。ラストはアコギソロも登場しこの辺は
ラウンジミュージック風で最後はネオクラソロで閉めだ!4曲目は1曲目の
ヴォーカロイドヴァージョンとなっておりやはり違和感モッコリじゃのう(爆)。


全体的にどうもメタル畑じゃない人間がメタルをやってみました的な
印象が強く曲のつくりはやはりポップス寄りで展開もアレンジもメロディーも
そんな感じだな。まぁクサさはあるのでメタルに拘らない
クサメタラーなら十分楽しめる
だろうが帯タタキ見て本気で
シンフォニックフォークメタルを期待
すると思わぬポップス振りに
肩透かしを食らう
だろうな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 気にしないで、Oasis







"EMOTIONS"




日本の雑多ジャンル音楽製作集団の内部バンドによる1stアルバム。


前シングルで姿を現した、Sprite Wing内部に独立して(?)存在する
バンド
であるuИknowИ project名義による初のフルレンスアルバムで、
音楽性は前シングルで大胆にも我々の領域であるメタルを・・・
それも何故かシンフォニックフォークメタルを名乗っていたが
まぁ実際は非メタル畑のミュージシャンがちょこっとメタルっぽい事を
やってみました
って塩梅の出来で、続く本作もまだまだバンドサウンドこそ
そこまでメタリックではなく普通のポップロックをアグレッシヴにした感じに
収まってはいるが楽曲アレンジは良くツボを押さえており所々で
プログレ的な素養を見せギターソロはなかなかに弾きまくっており
演奏技術はしかとしているぞ!
プロダクションも何気に良いな!

1曲目は早速のモダン系ギターリフが聴けシンセ、加工された女性Voが
妖しさを演出しサビは男Voもコーラスで登場し疾走!
なかなかに説得力あるHR/HMサウンドが展開されるぞ!ギターソロは
ワウをかました音色でこれまた本格的なハードロックのプレイ
披露しておる!2曲目はヴァイオリンバンドサウンドが登場し
アップテンポで展開するがギターの歪みは軽くHR/HMと言うよりは
やはりV系に近いかも知れんな・・・!ギターのオブリはなかなかに
キレがあり良く
サビはファルセットを用いキャッチーなフレーズを歌い
1stギターソロは短いがバリバリに弾き倒し後半ではプログレッシヴな
リズム
も登場し2ndソロではアコギも顔を出しバトル、ユニゾンを見せ
メタラーが喜ぶプレイ
を披露しておる!3曲目はピアノに荒々しい
バンドサウンド、シンセ、アコギ
が登場するアップテンポチューンで
2ndヴァースではトランス系の音になりこの辺の細かいアレンジが
ちょっとしたフックになっている
な・・・!インストパートはこれまた
なかなかにテクニカルな素養を発揮しているぞ!4曲目は前シングルに
収録されていた曲でネオクラギタートランスシンセ、気だるいパート、
疾走するサビ、プログレ的インストパート
を持ちGALNERYUSフレーズ
拝借する(爆)彼等の楽曲の中でも特にメタラーにアピール出来るであろう曲だ!5曲目も
前シングルの曲でピコピコしたシンセストリングス系の音色が聴け
ファルセットを使った気だるい歌唱のサビ、弾き倒すテクニカルなベース、
クラシカルなクサメロ
を奏でるクリーンギターのソロがやはり印象的だな。
6曲目は泣きのギターが早速登場する穏やかかつキャッチーな雰囲気
持った曲で7曲目はいきなりのテクニカルなキメからピアノ、ストリングスが
都会的かつ湿った叙情性を演出しアコギも聴けるオシャレな雰囲気を持った
アレンジが聴けるミドル〜アップテンポチューン。サビのメロディーが
かなりキャッチーで良くギターソロはドラマティックなメロディアスさを持ち
メタラーも納得のプレイを聴かせてくれるぞ!8曲目はアコギをバックに
淡々としたウィスパー歌唱を披露する穏やかなバラード。
こういう曲調にしては意外と長くそこはちょいとダレを生んでしまっておるのう・・・!
9曲目はこれまた穏やかなバラード系だが今度はヴァイオリンのピチカートか
ハープのような音色にストリングスシンセが壮麗さを演出しアコギも聴け後半で
ようやくバンドサウンドも登場する8曲目とは違うタイプの盛り上がりを持ったバラード
仕上がっているがやはりこういう曲が続くのはアルバム構成上宜しくないな・・・(爆)。
10曲目はピアノで始まり泣きのギターが切り込みミドル〜アップテンポで湿り気を出す
エモい雰囲気
を持った曲。サビでテンポが上がり哀愁漂うキャッチーさを放つぞ!
11曲目は前シングルに収録されていたラウンジ系の気だるさを持ちつつもサビで
盛り上がり
アップテンポになる曲だ。ベースも目立っているのう・・・!
12曲目はアコギで幕を上げ本作中で特にモダン風のリフも聴けるが
やはり気だるさが濃い曲でどこかブルージーなフィーリングもあるな。
ベースラインも渋くて良いのう・・・!そして後半から疾走し
タッピングするギター
も聴けるぞ!


本格的なHR/HMではなくあくまでもポップス側のコンポーザーがちょいと
メタルに色気出した
みたいな作風でホンマモンのメタルを期待すると
前シングル同様肩透かしを食らうだろうがちょいハードロック要素のある
ポップロック
だと認識して聴くとなかなかに高い演奏スキル、ヴォーカル、
ツボを押さえたアレンジ、キャッチーさ
等が目立ちクオリティーは十分に高く
プロダクションも良質
で個人的には中途半端なHR/HM要素
これはこれで味のうちと許せてしまう、そんな1枚だ!特にメタルである
必然性もない
しなぁ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 retriever、intelligence monster、Loop、Oasis、
気にしないで、移り変わる世界、we r freedom







"Universal Arts"




日本の雑多ジャンル音楽製作集団による最新アルバム。


Sprite Wing分家バンドというかプロジェクト(?)のTeam Black Historyによる最新アルバムで、
基本はポップス系を主軸に押さえつつも近年はちょいHR/HM要素入りのバンドサウンド
スクリーモ、V系ライクな楽曲で纏めたアルバムもちょくちょくリリースしてきた彼等だが
本作は軽快さの強いポップロックを基本形としそこに様々なスタイルを放り込んだ音楽性に
仕上がっており叙情性のあるオルタナやらちょいアトモスフェリック要素入りの音作りが
施されたりスカコア系のナンバーがあったりと思い切り別ジャンルに飛ぶわけではないが
幅広さがあり、またシンガーが数人おり曲によってヴォーカルが変わるのも特徴である。

1曲目はいきなりの軽い音でバンドサウンドが登場しベースもちょい目立ちストリングス系の
シンセがバックで聴けるもどちらかと言ったらオルタナ系のポップロック的音作りとなっており
ヴォーカルは低音寄りの女性Voでハスキーというわけではないが媚びが無いのは良いな。
ギターソロもメタリックさは無く普通のロック系である。2曲目はエモ、ポストロック的な
浮遊感あるカッティングギター
が聴けつつもアトモスフェリックではなく軽快なポップロック
女性Voはアニソン、ポップス寄りの声質のシンガーになるぞ。3曲目は妙なタイミングの
ブレイクパート
を設けつつホーンが聴け裏打ちリズムで軽快さを出すスカコア系の曲だ!
ギターソロは甘い音色のトーンによるメロディー重視のプレイである。4曲目は打ち込みの
デジタル音
も聴ける哀愁を帯びた軽めのロックで女性Voが再び低音のカッコいい系になり
個人的にはこのヴォーカルが本作で一番好みだ(笑)。ギターソロも泣きのプレイで良いな。
5曲目は歌謡曲的な泣きのリードギターで始まりアコギも聴けるメロウな曲オルタナ系の
空気がプンプン放たれる癖のある男Vo
が歌い上げるぞ!全体的に昔の歌謡曲風なのも面白いな。
うねる電子音からギターソロに繋がるインストパートはちょいと風変わりか!?
6曲目はこれまたスカ的な裏打ちリズムで軽快さを出すポップ寄りのアップテンポ曲。
ギターソロはツインリードメタル的な速弾きも一瞬聴ける!7曲目は電子音とライトで
軽快な明るいバンドサウンド
が聴けるこれまたポップス色濃い曲。アーミングから始まる
ギターソロはメロディーをそのままなぞるタイプのプレイだな。8曲目は再び憂いを帯びた
雰囲気
の楽曲になり落ち着きのあるバンドサウンド、ギターのカッティングが聴けピアノも顔を出し
サビのメロディーが歌謡曲的なキャッチーさがあり良いな。ベースラインが目立ちギターソロは
これまたメロディー重視の泣きのプレイである!9曲目はアコギに始まりどこか怪しいムードが漂う
リズム、オルタナ系男Voが顔を出すプログレに通じる奇妙さのある曲。中盤辺りで顔を出す
ギターのオブリがまた哀愁漂う泣きのプレイで良いのう・・・!アーミングや速弾きを交えた
ギターソロ
も短いが聴き所で後半のサビではバックでギターがハモリその後泣きのエモーショナルな
2ndソロ
も登場し幕となるぞ。10曲目はキャッチーさの強いメロ男Voか女Voか判らん中性的な声が歌い
90年代J-POPムード漂う哀愁メロディーを聴かせる軽めの歌謡ロック。
11曲目はピアノ気だるさを感じさせる女性Voが聴けストリングス等のシンセや
軽いベース、ドラムが顔を出す穏やかなバラード系の曲。12曲目は明るいシンセ、
恥ずかしいセリフ
で始まるシンセ、打ち込み音の目立った軽快なアップテンポのポップチューンである。
ヴォーカルがめちゃイケ等でお目にかかる機会のあるどっかで見た事のある多人数アイドル集団風の
下手系コーラス(というかギャングヴォーカル)
なのが良くも悪くも印象的だな(爆)。


基本はポップさのある軽いロックサウンドだがあからさまに軟弱な、セルアウトしたかのような
媚びまくり骨抜きクソポップスなどではなくあくまでもメロディーを重視し幅広さを持ちつつも
そこまで軸がぶれる訳ではない最低限の一貫性はあり、「メタルしか、パンク、ハードコアしか
聴かないぜ!」
というリスナーでなければとりあえず楽しめるであろうな・・・!明るい曲も勿論あるが
全体的にマイナーキーで書かれたメロウな曲が多数を占めているのも軟弱さを感じさせない部分で
こういう点が評価出来るポイントじゃのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 夢の扉、セピアの笑顔、愛の言葉







"Another Dimension"




日本の雑多ジャンル音楽製作集団による最新シングル。


Sprite Wingの内部バンドであるBlack Historyのメンバーによってまた新たに結成された(?)
内部バンドの内部バンド(!?)、Kitty bearS名義
による5曲入りのミニアルバムだがその内の
2曲は短い繋ぎのインストなんで実質3曲のシングルと言えそうな内容だな。ジャケを見る限り
イヤな予感しかしないが(爆)音楽的にはポップでありながらロック要素もしかとあり勿論HM/HRではない
日本のスカスカ文系オルタナUKロックよりはギターも歪んでおりベースラインも目立ち
ギターソロは十分にメタリックである!シンセはピコピコ系だがオブリをバンバン放り込み
音色は軽いがアレンジワークは決してスカスカではない!

1曲目は波のSE、シンセアトモスフェリック系のムードを醸し出し続いてピアノ、
打ち込みリズム
がちょいとポップなムードを放つ短いインストで2曲目は何とメロスピ
いうかスラッシュメタルというか、そんな感じの2ビート爆走を見せるがメタリックではなく
シンセが目立ち
ギターもあるが軽めだ。女性ヴォーカルはアニソンというかJ-POP風の歌唱
歌唱力は飛びぬけて上手くは無いがなかなかで曲調もそこまで媚びた軟弱ポップスではなく
ロック要素はありベースも目立っておりメロディー重視のギターソロも聴けラストも爆走だ!
3曲目は軽いギターのカッティングに始まりシンセがポップス然としたムードを放つ明るめの
アップテンポ曲。
ヴォーカルは典型的ポップス風でメタラーにはあんまアピールしないだろうが
バックのアレンジはなかなかでギターもちゃんとバッキングを刻んでおりベースラインも印象的
シンセもオブリを放り込んでおる!ギターソロもツインでハモリここだけメタルしているぞ(笑)。
4曲目は軽めのギター手数多いバッキングを披露しヴォーカルメロはポップだがどこか
叙情性のあるオルタナ要素があり広がりを感じさせるサビが良いな。5曲目はピアノ、
クリーンギター
ポストロック的な静寂ムードを醸し出す短いインスト。


全体的には軽めのポップロックではあるがギークに媚びた軟弱アニソン要素は薄く
J-POP寄りのポップ要素が強く、シンセこそトランス寄りの音色を放っているが
しかとバンドサウンドも自己主張しておりハードさは無いがしかとロックしており
こういう音に免疫のあるメタラー
なら意外と楽しめる部分はある・・・かも知れん!?
方向性はともかくキチッとしたクオリティーのモノに仕上げてくる辺りは流石じゃのう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 紅夜ノ月







"Boku ha Eri ga Dai suki"




日本の雑多ジャンル音楽製作集団によるポップス系カヴァーアルバム。


オリジナルだろうがカヴァーだろうが、ポップスだろうがロックだろうが
HM/HR、エモ、スクリーモだろうが何だってプレイしさらにはプロジェクト内に
幾つも別バンドを抱えた雑多ジャンル音楽集団
による新たなアルバムで、どうやら本作は
日本の何かのゲームだかアニメだかは判らないがカヴァーとなっており音楽的には
明るめの典型的ポップスだがバンドサウンドは一応はロック要素があり勿論HM/HRでは
無いがギターがバンバンオブリを放り込んだりしておりある意味取っ付き易いと
言えなくも無いスタイル
を披露しておる!

1曲目はアコギ線の細いJ-POP然とした頼りない男Voが聴ける淡々とした
弾き語りで2曲目はどこかノリの良いオールドスクールなロック要素
内包したアコギ、バンドサウンドピアノ、ホーンの音色が登場しスイングジャズ的な
要素も持った曲
でヴォーカルは気だるさのあるJ-POP系の女性Voになるのう・・・!
ギターがバックで結構オブリを放り込みギターソロでは強引ながら速弾きも
見せており
好みの曲調ではないがこの辺は好印象である!3曲目は何故か2曲目の
アレンジ違い
ストリングス系シンセ丸みを帯びたリードギターが顔を出し
曲調自体はポップスなれどアレンジはバンドサウンドでギターが結構目立っており
ロック要素も強いな・・・!ポップスだけに明るいがメロディーはキャッチーさがあるぞ!
速弾き系ギターソロも顔を出すがHM/HRと言うよりはいかにもスタジオミュージシャンな
仕事っぷりじゃのう・・・!
4曲目はこれまた弱々しい男Voとアコギの弾き語り
5曲目はこれまた何故か2曲目と同じ曲のアレンジ違い丸みを帯びたトーンの
ギター
で幕を開けるアップテンポ曲になるのう・・・!ギターソロはメロディー重視の
泣きのプレイ
だが音が細すぎるか!?6曲目もまた同曲のアレンジ違いで今度は
トランス系のアレンジが施されており淡々とした単調なリズムが続き7曲目はまた
アコギ弾き語りだが今度は女性Voでなかなかに歌えておりサビで男女ツインVoになるぞ。
8曲目は1曲目の別テイクでアコギのみのインストアレンジに仕上がっているのう・・・!
また本作にはおまけCDもあるが内容はまぁ本編同様同じ曲のテイク違いである。
4曲目のみ本編には無い曲でアレンジは女性Voのアコギ弾き語りだ。


基本はポップスではあるがバンドサウンドが結構ロック然としており明るいのを
除けば他ジャンルに理解のあるメタラーならばそれなりに楽しめる要素はしかとあり
この辺は良いが同じ曲のアレンジ違いヴァージョンが目立っておりアルバムとして
どうか
と首を傾げてしまうなぁ・・・!数曲収録された男Voのアコギ弾き語り曲
微妙でアレンジ云々ではなくヴォーカルが弱々しく怪しさ満点である!良くも悪くも
原曲のファン向けだろうな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 59% お気に入り曲 リトル・フォーティーンズ・スイング(3曲目)







もどる


inserted by FC2 system