SEVEN SEAS






"DREAMS"




日本のメロパワバンドのミニアルバム。


これまでは普通の、英語詩中心のクサメタルをプレイしてきたバンドだが
メンバーが変わったことによりコンセプトを変え、時空海賊を名乗り、まるで
Psycho le Cemuのような
イロモノじみたルックスになってしまった・・・!
メンバー紹介が死ぬほどイテェ(爆)。ヒョードルのロシアンフック
並に痛いだろう(意味不明)。


しかし音楽的には歌詞が日本語になっただけで大して変わらず、メロパワスタイルの
2本のギターが日本人の琴線に触れまくるクサクサメタルをプレイしてくれているぞ!
音楽的にもPsycho le Cemuみたいになられたらマジで地獄だったがそれが変わっていないのは
唯一の救いというか、他のイタイ部分全て目を潰れるのはやはり俺が音楽性、曲の
クオリティーを何より重視するメタラーだからだろうな!(笑)

アルバムの最初と最後にナレーションがあり、英語で喋っているのだが
それでもイタさが伝わってくるように感じるな・・・!(爆)
しかし曲は良い!疾走感こそ思ったほど無いもののシンセの無い、ツインリードが
クサいメロディーを撒き散らしグイグイ押していく正統派の
メロパワスタイルだ!
ミニアルバムながら9曲入りで収録時間も35分くらいあるので
物足りないとはあまり感じないのが良い!ヴォーカルは日本語でそのPsycho le Cemuもどきみたいな
ルックスのせいかヴィジュアル系雑誌にも紹介されていたがそっち系のスタイルではなく、
ちゃんとしたメロスピハイトーンなので安心だ!ギターの片割れは
なのだが両手タッピング、エイトフィンガーをこなせるテクニックの
持ち主
だ!ヤングギターにも出てたし、その前の・・・まだ普通の恰好を
していた
ときにジャンヌダルクのYouと共に何故か
メロスピゴッド、カイ・ハンセン
とヴィジュアル系を中心とした日本の
マニアックなロック全般を扱う雑誌“フールズメイト”

企画で対談してたな・・・!殆ど喋らず印象に残らんかったが(爆)。


ルックス、日本語詩に惑わされずに正面から対峙すれば音楽的には悪くないぞ!
イロモノ的なアティテュードは中身が無いとクソだが実力があれば
それも含めて評価され認められる!
例えるならば須藤元気の
ようにな!(ますます意味不明)




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 全部







"Confusion"




日本のメロパワバンドの2ndミニアルバム。


イタすぎなルックスやコンセプトとは裏腹に判りやすくキャッチーで
質の高いクサメタル
を聴かせてくれる日本のメロパワバンドの2ndミニである!

シンフォニックかつ叙情的なイントロの1曲目から期待を煽ってくれる!
プロダクションも向上しているな!そしてそれに続く2曲目は正統派メロパワ
言える曲調だ!ハロウィン直系のクサクサなサビが熱い!ソロ後半のツインリードも
実にツボを突いたもの
でたまらんわい!3曲目もイントロから激クサだ!ギターも
ヴォーカルメロディーもクサクサである!ヴォーカルはMintJamのTERRAに似ているな。
サビのバックでタッピング(エイトフィンガー?)が聴けるぞ!
5曲目はシンフォニックなインストでB級バンドでありながらオーケストレーションに
チープさが無い
のう!今やアマバンも自主制作ミュージシャンもオーケストレーションは
こういう音出せる時代になった訳だがDTMの進歩にはひたすら驚かされるわい・・・!
インストも含めてとにかくクサい!クサい曲しかないってくらいクサく捨て曲は皆無じゃ!


ヴォーカルの声質の影響か例えるならメロパワ、クサメタル化したMintJamってな塩梅の
音を出しているのでMintJamファンも楽しめるだろうな。もちろんクサいのが大好きな
日本語詩OKのクサメタラー
ならばさらに楽しめるアルバムである!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system