sukekiyo







"IMMORTALIS"




DIR EN GREYのシンガー、京が新たに結成したバンドの1stアルバム。


あのDIR EN GREYのフロントマン、京RENTRER EN SOI9GOATS BLACK OUT、
kannivalism等のメンバーと新たに結成した新バンド
と言う事で日本のロックシーンに衝撃を与えた
スーパーバンドである!
ライヴはさておき、メイク落としてからの近年アルバム出す度に
凄まじい勢いで進化しまくっているDIR EN GREY
だけに、そんなバンドのフロントマンである京が
あえてDIR EN GREYでやらず別バンド結成してまでやりたい事は何なのか!?と我々を
初めてTENGA使うオナニー小僧のような心境に陥らせたわけだが、気になる音楽性は意外にも
ヘヴィさを完全に廃した情緒的なもの
で、ポストロックに通じる雰囲気モノのムードを放ちつつ
どこか和の怪しさを内包しておりバンドサウンドもメタリックさは皆無、どちらかと言ったら
一昔前のヴィジュアル系的な音作り近代風にしたかのような印象があるか!?

1曲目はピアノに始まりアコギパーカッション呪詛的な怪しさを演出、ヴォーカルも
顔を出し民族らしいムードを醸し出しているな・・・!途中で喚きシャウトも聴けさらに
アコギソロも登場するぞ。2曲目はピアノのみによるインストで、3曲目は怪しさ漂う
クリーンギター
ダーティーな情緒を演出、どこか和なムードを感じさせ流麗なリードギター
顔を出すが決してヘヴィにはならず、HM/HRと言うよりもヴィジュアル系マナーに則ったような
音作り
となっているが手数は多くテクニカルさを感じさせるのう・・・!結構勢いあるパート
目立っているがメタリックにはならず、ヴォーカルも喚きシャウトを交えつつかなりの
高音を出しているな・・・!
4曲目は妙に穏やかで落ち着いたムードを醸し出しつつ緊迫感もあり、
怪しげなギターのオブリ
も登場、途中から盛り上がりを見せギターもピロピロしたフレーズを
放り込んでくるぞ!
5曲目も淡々とした穏やかな曲調だがギターは多少のハードさを演出、
これもやはり初期V系でありそうな音作りだな。サビはそれなりに盛り上がりキャッチーさも
感じさせるのう・・・!
6曲目は怪しげなファルセットで幕を開け静かながらも緊迫感を放ち、
その後はまるで初期ヴィジュアル系のようなバンドサウンドが聴け、ヴォーカルメロディーは
かなりキャッチーさがあるな・・・!ギターソロは何と色々なネオクラバンドが引用した
有名クラシックフレーズ
(曲名忘れた)が挿入されるぞ!7曲目はアコギ、クリーンギターが
淡々としたマイルドさを演出、
ヴォーカルも殆どファルセット穏やかさを放っているのう・・・!
8曲目はシンセ、ギター、喚きヴォーカル怪しげなスペイシーさを演出する雰囲気モノで、
9曲目はスラップするベース喚きシャウト、ホイッスルVoが捲し立て最近のDIRっぽい
パーカッシヴなシャウト
が自己主張するも、やはりヘヴィさは無く昔のV系っぽい音作り
ギターはテクニカルなオブリをそこかしこで放り込むぞ!10曲目は怪しくも気だるいルーズさを放つ
バンドサウンド
が目立つも、ヴォーカルパートはまた大人しさがあり途中から喧しいシャウトも登場、
速弾きでは無いが細かいフレーズを奏でるギターソロも聴けるぞ。11曲目は妙に都会的でオシャレな
雰囲気
を放ちジャジーな要素も見られるJ-ROCK風となりキャッチーさもあるな・・・。
12曲目はインダストリアルなムードを放ちつつ軽めのギターも登場、やはり初期の頃のDIRを
髣髴とさせる
感じで、シャウトも気持ち昔風か!?途中で急に雰囲気が変わりダークなピアノ喚くような声も聴けるぞ。
13曲目はデジタルリズム穏やかなクリーンギターが乗り、その後はまた怪しさ、不穏さを放ち
シャウトやらファルセットやら
胡散臭さを醸し出すが後半は穏やかになるのう・・・。
14曲目はクリーンギターハープのような音色も乗りファルセットのスキャットも登場、
これまた穏やかな感じヴィジュアル系時代のDIRのバラード系の楽曲に近いな。途中からそれなりには
ハードな盛り上がり
も見せ、短いのが惜しいが泣きのギターソロも聴けるぞ。15曲目は淡々としつつも怪しげな
ギターの刻み
胡散臭さ漂うファルセットも登場、ヴォーカルの裏でリードギターも目立ちドラムも
何気に手数が多くツーバスも連打しており、途中唐突にスパニッシュ風のアコギも聴けエキゾチックな
雰囲気
も内包しているな・・・!ヴォーカルメロもDIR以上にクサめのフックがあるぞ!16曲目はピアノギターが聴け
淡々としつつもヴォーカル等どこか歌謡曲的な怪しさが見られるのう・・・!中盤から盛り上がりを見せ始め
ギターソロ
がなかなかに流麗な速弾きを披露しドラムもツーバスを連打しておる!


ライヴにおけるヴォーカルソロを拡張したような、マイク・パットンの影響を受けまくった
かのような超カオティックでド変態なアヴァンギャルド系かと期待していたんだが、いざ蓋を
開けてみたら確かに怪しさ、胡散臭さこそあれどそういった変態系では無く、むしろ穏やかな
ポストロック的な要素
が強く漂っており近年のDIR EN GREYのようなヘヴィさを期待したら
肩透かしもいい所だろう!
ヴォーカルもクリーン、ファルセットが大半でたまに喚きシャウトが
混じる程度
グロウル、ガテラルの類は皆無となっており、バンドサウンドもロックではあるが
ヘヴィさ、メタリックさは一切無いな・・・!
まぁそれでも確実にDIR本隊よりもテクニックは
ある
だろうが(爆)。ヴィジュアル系だった過去を完全否定していた時期もあった
DIR EN GREY
だが、最近は転じて初期曲を好んでリメイクしたりしているし、sukekiyo
ヘヴィになり過ぎた“DIR EN GREY”では無くまだV系だった頃の“Dir en Grey”今に
蘇らせる意図があるのかも知れんな・・・!
そんなわけで初期DIRの非ヘヴィな怪しい楽曲が
好きだったリスナー
であれば脱V系しヘヴィになりまくりの近年のDIR本隊よりも
楽しめるかも知れんが、
最近の脱V系後のゴリッゴリにヘヴィなDIRを愛する
俺みたいなメタラー
にはあんまピンと来ないかも知れんなぁ・・・!とは言えただの
雰囲気モノポストロック
とは異なりヴォーカルメロディーにキャッチーさがしかと
備わっており、この辺がヴィジュアル系出身の強みであろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 latour  hidden one  the daemon's cutlery  斑人間







もどる


inserted by FC2 system