steryle







"Endless Winter"




ノースカロライナ出身のメタルコアバンドの3rdアルバム。


THE BLACK DAHLIA MURDERAUGUST BURNS REDに影響されて活動するバンドで、
本作は通算3作目となっており過去作も含めこれまで全て自主制作でアルバムを
リリースしてきた
ようだ。そんなわけで音楽的には奇をてらわない昔ながらの
北欧メロディックデス
の流れを組んだ王道のメタルコアで最近よくあるゴリゴリに
ヘヴィなデスコア
でも無ければ変態的カオティックコアでもデジタルサウンド
導入したイマドキな要素も無い!叙情的な慟哭ハモリリフ、ソロ咆哮タイプの
ハードコア系シャウト、
スクリーモの流れを汲んだキャッチーなクリーンVo
メロディー重視のメタルコアをプレイしており個性的ではないが質は高いぞ!

1曲目は早速のメロデス色濃いリフと共に疾走する奇をてらわないメタルコアの
基本を踏襲した曲調
でヴォーカルは咆哮デスVoにサビは勿論スクリーモ色濃い
クリーンVo
を披露、ソロパートはシュレッドではなくどこかプログレライクな
ムード
を放ちビートダウンも顔を出すぞ。2曲目はハードコア色濃いムード
見せつつも泣きのギターが聴けメロディアスなフレーズも多用されやはり
クリーンVoも登場、スクリーモの流れを汲んだ部分を見せているのう・・・!
ビートダウンを交えつつも全体的にメロディー重視で良いな。3曲目はどこか
アッサリしたムードを見せ軽快さも感じさせるメタルコアでクリーンVoが多く
この辺はスクリーモライクである!
4曲目はドラマティックさのあるリフ
幕を開け咆哮、シャウトを交えアップテンポで展開、ビートダウン的な
テンポダウン
を見せつつもやはりギターがメロディアスさを出しサビは定番の
クリーンVo
が聴けるぞ!5曲目はメロウな泣きのギターで幕を開け淡々とした
ムードを放つ哀愁漂うミドル曲
エモいムードが強くメタルコアと言うよりは
スクリーモに近い感じでヴォーカルもクリーンVoオンリーで後半はバックで
ストリングスも顔を出しドラマティックに盛り上がり泣きのギターソロも
エモーショナルでたまらんわい!
6曲目はハードコア寄りのヘヴィさが強い
スローチューン
だがリフはメロデス要素もありクリーンVoも顔を出すぞ。
ギターソロも印象的だな。7曲目は退廃した哀愁を感じさせるクリーンVoが
メインの淡々としたメタルコアチューンで中盤はトレモロ、ブラストも顔を
出しつつやはりメロディー重視なのが良いな・・・!8曲目はクリーンギターというか
アコギにクリーンVo
がメロウさを放つバラード的な曲。9曲目はパンキッシュな
軽快さを放つドラム
で始まりつつハードコア色濃いアグレッションも見せつつ
やはり叙情的なメロディー、クリーンVoが聴けビートダウンも目立つのう・・・!
メロディアスなギターも印象的である!10曲目はピアノ、ストリングスシンセ、
ソプラノVoのようなシンセ
メロウなムードを演出するアウトロ。


まさに昔ながらの王道を行くメタルコアである!この手のサウンドは増えすぎて
食傷気味
になりつつあったんだが最近はよりモダンでヘヴィになったりデジタル要素の
強いバンド
が台頭して来ていたんで今は逆に一周回って新鮮な感じがするわい!
それでいて昔のこの手のメタルコアはクリーンVoのサビにまったくフックが無く
メロディーがつまらん事この上無かった
が彼らは最近のバンドだけにそのサビ、
クリーンVoパートはしかとキャッチーさがあり弱点はキッチリと克服されておる!
ヴォーカルもこの手のバンドとしては何げに上手くキチンと歌えているしな。
最近とんと見かけなくなったメロデス直系の泣きの叙情メタルコアが聴きたい
リスナーにオススメのバンド
だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 A Crimson Nightmare  The Clarity  Deceit and Desire







もどる


inserted by FC2 system