SATTIN






"赤い果実/Good bye,LOVER!"




日本の女性シンガーのシングル。


これはSATTINという女性シンガーが歌うシングルで、売り方的にはそこらに転がっている
J-POPとそう大差は無い
のだろう。シンガーは歌詞を書き歌うのみでバックの演奏は
スタジオミュージシャン、作曲は外部ライターと、ロック野郎が否定したがるタイプのジャンルだろうな・・・。
しかし、俺がこれを買ったわけは、これに収録されている“赤い果実”という曲が
リング上に大量の画鋲を撒き散らしたり、リング2つに
梯子と足場
があったりし、挙句の果てには
蛍光灯300本デスマッチ
等、男塾ばりの
荒行
を見せる日本を代表する過激プロレス団体、
大日本プロレスのTV中継のテーマ曲
だから
なのだ!!(笑)
あぁ、この曲のイントロのギターを聴くたびに血に染まった
蛍光灯の破片
が脳裏に浮かぶわい・・・(笑)。

もちろんそれだけの理由で買うはずはない。なかなか面白い事をやっている・・・それもそのはず、
この曲はSHOW-YA等を思わせるもろ80年代のジャパニーズ・レディース
ハードロック
なのだ!ヴォーカルももろそんな感じで親しみを覚える。
始め大日本でこの曲を聴いたとき絶対80年代のバンドだと思ってたけどこのシングル実は
2005年に出たものらしい!この使い捨てポップス、
ヒップホップ全盛の御時世
にこのサウンド!しかもバンドではなくシンガーのソロ!
スタッフは男気あるなぁ(笑)。サビがキャッチーでいいがどうしても葛西や沼沢、
アブドーラ小林が脳裏に出てくる(笑)。
もちろん全員背中が血まみれ。
何とかしてくれ・・・!
リフがややモダンっぽいのが今の音である事をかろうじて認識させてくれるが・・・面白い。

もう一つの曲も80年代ハードロック。ハーモニカっぽい音がややブルージーというか、アメリカンっぽい
印象を受ける。この曲はギターソロも入ってる!タッピングが聴けるぞ!

あと、最初と最後に短いインストが入っており、最初のインストがもろディープパープルっぽい
ハモンド
で構成されており、途中バッハっぽいクラシカルなフレーズが聴ける!
ホント、スタッフはハードロック好きやね(笑)。好感が持てるぞ。


しかし、今の時代にこれが売れるとはとても思えん・・・!リアルタイムで80年代ジャパメタに接してきた
オールドファン、大日本ファンのみが聴く音源なのだろうか・・・?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 60% お気に入り曲 赤い果実







もどる


inserted by FC2 system