さくらソルフェヰジュ







"*.txt(無題テキスト)"




日本の女性Voポップロック系プロジェクトのアルバム。


二人の女性シンガーを擁したプロジェクトで、Gravelと世の漆黒のメンバーが
曲を書いており
さらに本作ではピアノアレンジArk of Phantamsが関わっているも
音楽的には本業で見られるようなヴィジュアル系要素エモいモダンヘヴィネス要素
メロスピ要素も無くどちらかと言ったらJ-POP的ムードを強く持ったポップロック路線
見せており意外性を感じさせるがただ明るいだけの軽薄短小な軟弱ポップスとは異なり
基本はメロウでヴォーカルもピッチがどうも怪しい気だるい歌唱を見せており
よくある媚びが無いのは好印象である!

1曲目はオルゴールの音色によるイントロで2曲目はアコギに女性Voが乗る
マイルドなポップさを持った曲
で途中からバンドサウンドやピアノも登場、
ヴォーカルのピッチは怪しげだが気だるいJ-POP要素がありギターソロも顔を出すぞ。
3曲目は音は軽いストリングスシンセに多少はハードロック要素のある
バンドサウンド
が顔を出し盛り上がりを見せるアップテンポチューンである!ベースラインも
結構目立っており
ヴォーカルのピッチはやはり怪しいのだがサビ等なかなかに良いのう・・・!
ギターソロもメロディー重視
だ!4曲目は軽いギターのカッティングピアノが乗る
穏やかかつ軽快なムードのある大人しげなミドル曲。5曲目はクサさのあるメロウなピアノ
幕を開け女性Voも登場、淡々としたバラード系の曲となりメロディーはそこそこ
キャッチー
だな。ギターソロは泣きのプレイなかなかにエモーショナルである!
6曲目は音こそ軽いバンドサウンドに加えキラキラしたチェンバロ系のシンセ
目立ちピアノも登場、ドラマティック寄りのアップテンポナンバーでこういう曲は
まさに我々好みじゃのう・・・!


ヴォーカルの音程隙間のあるアレンジ等まだ詰めの甘さは残っているがなかなかに
メロウなマイナーキー路線で曲はポップスながら悪くは無くメロディーもキャッチーさを
感じさせ
無理矢理メロハー、メロディックロックとして聴く事も可能だろうか!?
ギターソロがメロディアスで泣きも見せておりこれまた好印象である!




オフィシャルで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 Silky oblivion  波うちぎわ、ふわり







もどる


inserted by FC2 system