SYMPHONIC RAIN







"RAINBOW〜「シンフォニックレイン」ボーカルアルバム"




日本のアニメかゲームかなんかのアルバム。


“シンフォニック・レイン”とかいう、XのENDLESS RAIN
さらにシンフォニックにしたかのようなタイトルっていうか
日本語にしたらまんま“雨のオーケストラ”な名前を持ち
アルバム名はかの大御所リッチー・ブラックモア師匠を想起せずにはいられない
日本のアニメかゲームかなんかの企画盤で詳しい事は例によって
サッパリ
だが全10曲入りの女性ヴォーカルアルバムである。音楽的にはその名前から
してシンフォニックなものを期待してしまうだろうが実際は穏やかな
バラードが主体
でたしかにENDLESS RAINな空気はあると思う(爆)。
シンフォニックとは言ってもRHAPSODY OF FIREのような大仰エピック
クサクサシンフォさは無く
あくまでも穏やかさが重視されているぞ。

ピアノとバンドサウンド、アコギ、THE FLOWER KINGSの
ヨナス・レインゴールド
みたいなポンポン跳ねるウッドベース
聴ける穏やかなロックバラードの1曲目からさっそく
シンフォニックメタルではないが(爆)、良質のメロディー
堪能できるな。2曲目はさらに穏やかなバラードだ。メロディーは
悪くない。アコギが聴ける3曲目も非常に穏やかなバラードチューンで
これまたメロディーはキャッチーで良いな。途中の透き通るような
コーラス
が美しくその後はバッキングでハモンドも登場する。
4曲目も穏やか極まりないアコギバラードで上手くは無いが
掠れたヴォーカル、水滴の音がヒーリングムードを醸し出しているな。
これまた途中のコーラスが美麗である!5曲目はアコーディオン
聴けるどこかジャジーなフィーリングを醸し出したアレンジだな。
だがやはり全体的には穏やかさが充満しているのう・・・!
6曲目はピアノとアコギ、ハモンドが聴ける曲。ギターも聴けるが
ロックではない。いつもどおり穏やかでキャッチーかつポップで
叙情味
を感じさせるメロディーが良いな。途中チェンバロのソロも聴けるぞ!
後半はストリングスも入り盛り上がりを見せる。7曲目はこれまた穏やかで
物静かな雰囲気の曲だがバックのシンセが叙情プログレのエッセンスを感じさせ
メロディーは穏やかでポップながら日本人の琴線に触れるものがあるな。
ワウをかましたギターもバックで聴け間奏はアコギが登場しストリングスも
出てくるぞ!スキャットコーラスで始まる8曲目はやはり穏やかすぎるスロー曲。
9曲目は明るめのチェンバロ風シンセが聴けアコーディオン風の音色も登場し
叙情プログレライクな明るい美メロが楽しめる。10曲目はアコギとサックス、
シンセが聴けるどこかジャジーな雰囲気を放ちつつもやはりヒーリング系の
まったりしたバラード
だ。例によってメロディーは良いな。


北欧的な透明感、冷気を纏ったヒーリング系バラードで占められた
アルバムで激しいメタルやハードコアパンクを望むリスナーには
まったくもって受け入れられんだろうがメロディー派、バラード好きには
かなり訴えかけてくるものがあるのではなかろうか!?
どこか叙情系ビューティフルエモに通じる湿った空気
あるのも良いな!捨て曲は無い。志方あきこのような壮大民族音楽的
シンフォさ
は無いが霜月はるかの持つ穏やかバラードから
民謡要素を取り除いた感じなのでそういった音が好きなリスナーにオススメだ。
ヴォーカルはクセがあり上手くもないので賛否分かれそうだがな・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 空の向こうに、秘密、
メロディー、リセエンヌ、Fay







もどる


inserted by FC2 system