Slipknot







"Slipknot"




アメリカ出身の大物へヴィロックバンドの1stアルバム。


9人という大所帯にメンバー全員が怪しい覆面を被りやっている音楽は
超へヴィでダークで激しいアンダーグラウンドへヴィロック・・・。
しかしそれがなぜかメジャーグラウンドで大ウケしアメリカを代表する
大物バンドにのし上がった彼等Slipknotの記念すべきデビューアルバムである!
2nd以降はそれぞれメンバーが個々に課外活動を初め解散説も流れたが
本作1stで聴ける楽曲は売れる音楽をやろうという
意思が微塵も感じられない
アンダーグラウンド色濃いへヴィロックで
彼らのアルバムの中でも最も過激な1枚と言えるかもしれんな!
とことんダークでとことんへヴィ、荒々しさに満ちた極悪メタルである!

ノイジーなイントロに続くドラムが激しく畳み掛ける2曲目から熱い!
「へっこんだペー!!」の声からへヴィリフ、唸りを上げるベース、
そしてデスヴォイスが渾然一体となりアグレッションをかき立てる!!
ドラムが凄いな・・・!途中スクラッチ音も聴こえてくるぞ。
3曲目も咆哮から始まりラップ要素のある畳み掛けヴォーカルが
滅茶苦茶カッコいいラウドロックだ!!アメリカ人が一番好きな単語
「マザーファッカー!!」
の叫びとともにモッシュパートに突入し
終わる構成もナイスだ!その後の4曲目はクリーンVoで始まるが
曲が進むとやはり激しさを増す。それでもクリーンヴォイスが登場し
キャッチーさすらも感じさせるのはさすがである!
8曲目はノイズに歪みまくった音とバスドラ連打で始まりシンガロング、
へヴィリフと続き不協和音を奏でるギターが面白いな。基本的に淡々と歌いつつ
段々とテンションが上がりシャウトを放つヴォーカルも良い!
3rdで聴けるフラッシーなギターソロこそ皆無だがドラム以外も高い演奏技術を
持っている
ことが窺えるアレンジである!9曲目はヴォーカルがラップというか早口で
まくしたてまくるぞ!
搾り出すようなデス声も熱い!


激しく暴れ狂うドラム、キレのいいへヴィリフ、ノイジーな効果音に
デス声、クリーンVoを上手くスイッチさせるヴォーカルとこの時点で既に
クオリティーは高く完成された音を出していると言えよう!
凶暴さと同時にキャッチーさを発揮しある意味聴きやすい2ndと違いカオティック、
プログレッシヴ
とも言えそうな展開を持っているのが本作ならではの個性か!?
ギターリフやドラムがちょいと軽いように感じられなくも無いが個人的には
大して気にならんな。ちょいとダレる箇所もあるが激しく荒々しいメタルが聴きたい人は
2ndと共にマストと言えるであろう!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 (Sic)、Eyeless、Me Inside、No Life、







"IOWA"




アメリカ出身の大物へヴィロックバンドの2ndアルバム。


ついに今年(2008年)満を持してLOUD PARKへの参戦が決定した
アメリカが生んだ被り物モンスターバンドによる世紀の名盤2ndである!
一体どれほどの汚れを知らぬ若人が本作に触れ冥府メタル魔道へと
転がり落ちていったことか・・・!(笑)暴虐にして残虐、激へヴィにして
ラウドながら無駄にキャッチーな要素も強く凶悪ながらもある種の
聴きやすさ
を感じさせる奇跡のバランスである!

この時点ではギターソロは皆無だがへヴィで異様なまでにタイト
ギターリフ、相変わらずの巧者振りを発揮するドラム、部分部分で
ノイジーな彩りを魅せるシンセ、スクラッチ、そして時にデスヴォイス、
咆哮
を上げ時にクリーンVoエモーショナルに歌い上げるヴォーカル・・・!
当時アメリカで流行ったモダンへヴィネス、ニューメタルの要素を
提示しつつも流行で出てきた3流バンド勢とは比べ物にならない
圧倒的なクオリティーを誇っているぞ!1stの流れを汲むカオティックさ
持ったスローでダークな曲もあるが大半の曲が判りやすく疾走する
ファストなラウドロックだというのも功を奏しているだろう。
全曲同じに聴こえるとかいった意見も多く出たがそれはこういう音・・・
デスメタルとかに慣れていないからそう感じるだけである!
どの曲もきっちり個性が付けられているぞ!まぁそういうデスメタル慣れ
していないリスナー
が触れるくらい本作の知名度はあるという事だが・・・!
学生時代ダチにビデオでサマーソニックでの彼らのパフォーマンスを
見せてドン引きされたのも今じゃ思い出さ!(笑)


ダークで混沌とした曲はダレを覚えるかも知れないがアルバムトータルで
考えるとそういった曲の存在が全体を引き締めアルバムの質を
高めている印象を覚えるな。へヴィな爆走パートでは問答無用で
モッシュしまくり、
キャッチーなクリーンVoのコーラスでは
全員で拳を振り上げ共に合唱!個人的に今最もライヴに参加したい
バンドの1つ
と言えるだけにLOUD PARKへの参加は実に嬉しい事である!
女房などいないが質に入れてでも観にいくぞ!10月が早くも楽しみじゃ!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 98% お気に入り曲 全部







"VOL.3:(THE SUBLIMINAL VERSES)"




アメリカ出身の大物へヴィロックバンドの3rdアルバム。


被り物をした大所帯メンバーでインパクトを与え曲の凄まじさ
メタルシーンにその名を刻んだSlipknot。メンバーそれぞれが
個人でソロ活動などを開始し才能あるメンバーが多く集まったバンドの
宿命か途中解散の危機もあったようだがこうして3作目をリリース、
アメリカのロックシーンに3たび衝撃を呼び起こさんとするわけだが
本作の方向性は前2作と比べてかなりソフトになったというか
丸くなったとかいわれており賛否両論を巻き起こしたようだ。
クリーンVoのパートが増えさらにバラードも登場、そして最大の
サプライズが何とこれまで封印されていたギターソロ
ついに解き放たれたというところだろう!ヤングギターで1stの頃から
実は上手い上手い、イングヴェイばりにスウィープとか
出来る
と言われており、たしかに1stなどで聴けるカオティックなフレーズ
高度なスキルを垣間見せていたのだがここで聴けるファストな速弾き
実に見事なものでありまるでSLAYERを思わせる機械的正確さを誇っているぞ!
アメリカのメタルシーンにだんだんとメタルコアが息づいていった時期だが
本作の登場によりギターソロが全面的に解禁になったといっても
いいだろうな!2曲目でさっそく速弾きギターが登場しそのいい意味で
マシーナリーな無慈悲さ
を感じさせるテクニカルプレイに
驚かされる!中盤の軍隊の行進を思わせるドラムも良いな。3曲目も
これまでの彼ららしい十分へヴィでアグレッシヴなラウドロックである!
ブラストも飛び出しブラックメタル的要素も感じさせるな。7曲目は
テクニカル極まるドラムが印象的なカオティックチューンだ!
ピロピロ弾き倒すギターソロも凄いぞ!音の細さがやや気になるが・・・!
疾走はしないがへヴィサウンドでアグレッシヴに迫り「整理券!整理券!」
咆哮する9曲目も実に熱い!ラストで飛び出すSLAYERばりの狂気の
ギターソロ
も凄まじいな!極悪なイントロで始まるが途中急にバラード並みの
叙情メロウサウンド
に変化する12曲目のブッ飛び具合もハンパじゃないな!
日本盤ボーナスの15曲目もアグレッシヴなドラムにリフ、ラップがかった
ヴォーカル
で始まりスクラッチも暴れまくる
かなりカッコいい曲だ!クリーンVoのサビも強烈だぞ!
その後のリフにメタルコアの息吹を感じさせるな。


たしかにクリーンVoが増え曲もへヴィチューンはあるがマイルドに
なり
どちらかといえばニューメタル、エモの方向に接近した
印象があるな。日本人受けしないニューメタル系のタルいメロディー
やはり冗長で彼らには徹頭徹尾アグレッシヴさを追求して
もらいたかったわい・・・!まぁ洗練された、大人になった等と
評する事も出来るのだがそれで持ち味を失うくらいなら永遠のガキで
いてくれい
というのが我らガキメタラー(?)の意見である!
だがギターソロを復権させたのは文句なしで賞賛モノだな!
Slipknotッ!お前たちの命がけの行動ッ!
ぼくは敬意を表するッ!(笑)




Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 The Blister Exists、
Three Nil、Welcome、Pulse Of The Maggots、
The Nameless、Scream







"ALL HOPE IS GONE"




アメリカ出身の大物エクストリームメタルバンドの4thアルバム。


LOUD PARK 08の初日のトリを務める大物ラウドロック、
エクストリームメタルバンド
の久々にリリースされた
4作目のアルバムである!超へヴィでアグレッシヴながら
持ち前のセンスのよさでキャッチーさすらも感じさせ一時代を
築きつつも解散の危機もありそして3rdにてギターソロを解禁
その試みはアメリカのメタルシーンにソロを復権させた要因の
一つとして語り草となっている・・・!そんな彼等の4作目にあたる本作。へヴィさ、
アグレッションはきちんとあるがこれまで以上にキャッチーな要素も濃くなり
初期の邪悪さというか黒さ・・・アンダーグラウンド臭が無くなり
良くも悪くも大衆受けするスタイルになったと感じたな。
前作の方向性を推し進めた感じだろう。

ドラムが暴れるイントロに続く2曲目はSlipknotらしさが出ている
ブラストも飛び出すアグレッシヴな曲でドラムもツーバスを連打しまくる!
前作から解禁されたフラッシーなギターソロも聴けサビは共に歌える
キャッチーさ
もあるな。3曲目は邪悪なトレモロで始まるやはりアグレッシヴで
ノリの良い曲だ!サビはクリーンVoで広がりのある雰囲気を演出し
コリィの独特のハスキーでエモーショナルなニューメタル歌唱が登場する!
ギターソロもテクニカルだが構築美があり好印象だ。4曲目はズンズンと
迫るような威圧的なリズム、リフが聴けクリーンVoがメロディアスに
歌い上げるパートもありアメリカのバンドらしいポップさ、キャッチーさ
感じさせるな。ギターソロもテクニカルな速弾きに始まりメロディアスな
泣き
すら魅せてくれるぞ!5曲目はクリーンVoで確かな歌唱力を見せる
コリィの声質が魅力的な曲だ。非常に出来の良いニューメタルとでも
言うべきだろうか・・・!?この曲はなんとデス声無しで全編クリーンである!
真に歌唱力が無いとこういう試みは出来ないだろう!アメリカンバンドらしい
メロディー
で所謂日本人の琴線に触れるタイプのメロではないが非常に
キャッチーでここまでのクオリティーを持った曲を書けるエモ、スクリーモ、
ニューメタルバンドが果たしているだろうか・・・!?6曲目は再び
トレモロで始まりスクラッチ音も聴けるがやはりクリーンVoだ。
7曲目はカオティックな変拍子リズムが聴ける妖しい雰囲気の曲。
やはりギターソロが凄まじいな。8曲目はいくらSlipknotがキャッチーに
なろうともアルバム1枚に1曲は必ず入れてくるダークで不気味な曲だ。
シンセの音がどこかゴシカルな雰囲気を演出しているな。9曲目は
リードギター、ドラムが印象的なイントロに始まるヘヴィチューン。
コリィの怒号ヴォーカルも迫力があるな!ワウをかました破壊的な
ギターソロ
も熱くその後のへヴィさもたまらんのう!モッシュしたく
なるわい!(爆)
10曲目はこれまた聴き易くもゴリゴリした
リフが印象的なヘヴィチューン。クリーンVoのパートはやはり
キャッチーなメロディーに乗る絶品の歌唱が堪能できるぞ!
11曲目はアコギ、クリーンギターが聴けるメロウで物静かな
バラード。やはりコリィのクリーンVoは良いのう・・・!
壮大に盛り上がるシンセも良いな。12曲目は再びへヴィに
疾走する曲だ!この曲を一つ前にしてバラードで終わらせてくれても
良かったがブラストが登場し本作の中でも特にアグレッシヴな曲である!
リフもブラックメタル的トレモロで熱くどこか胸を焦がす叙情性
あるのが良いな。メロデス、メタルコアに逆にインスパイアされたのだろうか!?
弾きまくるギターソロも熱い!


全体的に非常にキャッチーで聴き易くなりプロダクション的にも
へヴィではあるがやはり聴き易く初期の頃のSlipknotを愛する
エクストリームメタルファンにはそっぽを向かれそうだが
これはこれでアリだと思えるな・・・!メロディーセンスが良く
コリィの歌唱力も向上しておりこのヴォーカルだからこそ
Slipknotがメロウなバラードをやることを許されているとすら
言えそうなレベルである!まぁ俺も初期のダークさ、アングラ臭、
過激さ
が好きなのだが本作ぐらいメロディアスさ、キャッチーさ
拘ったのであればこれはこれで十分楽しめるといえるだろう!
LOUD PARKで生で観るのを楽しみにしているッ!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 88% お気に入り曲 Gematria (The Killing Name)、
Sulfur、Psychosocial、This Cold Black、All Hope Is Gone







".5: THE GRAY CHAPTER"




アメリカ出身のエクストリームメタルバンドによる5thアルバム。


かつてはLOUD PARKにも出てくれたのだが、ここ最近はOZZFESTやらKNOTFESTで来日するようになり
なかなかライヴを見る機会に恵まれんのだが、それはともかく本作は何と6年振りにリリースされた
待望の5作目
である!この6年の間にベースのポールがヤクで死去したり、ドラムのジョーイが
本人は否定しつつクビになったり
ゴタゴタが続いていたが、それを乗り越えてのアルバムで
音楽的にはただひたすらにダークで混沌としていた初期作からアルバムを重ねる毎に次第に
暗さが消え、ラウドさ、アグレッションは残しつつやけに聴き易くなって来ている感があり、
本作もまたヘヴィでありながらも同時にキャッチーさが見られるが、Slipknotらしいエクストリームさ
キチンと残されておりドラムも健闘、プロダクションはパーカッションメインで実にクリアである!

1曲目はノイジーさの上にバグパイプっぽい音色が乗りクリーンVoも聴ける淡々とした曲で、
続く2曲目は怪しげなクリーンギターヘヴィサウンドが登場しSlipknotらしいラウドさ
伴いスクラッチ音も交えつつ疾走!ドラムも手数多く頑張っておりジョーイの穴をしっかりと
埋めてくれている
のう・・・!ギターソロも顔を出しシュレッドでは無く怪しげなメロディーを
ツインリードで奏でているぞ!
3曲目もまたアグレッシヴな疾走感を見せつつ怪しさもあり、
ヴォーカルはパーカッシヴな早口で捲し立てサビはクリーンVoエモーショナルな歌い回し
披露する!中盤以降は叙情的なムードも発散されるのう・・・!4曲目はノイジーなギターに始まりワイルドな
ヘヴィサウンド
も登場、邪悪な禍々しさも見られつつギターリフは叙情性も発散しており
穏やかなクリーンギター、マイルドなクリーンVo
も顔を出すぞ。5曲目は淡々とした怪しさを放ち
これまた穏やかなクリーンVoも登場、さらにピアノなんかも聴けこういう部分はSTONESOUR寄りだが
ヘヴィサウンド、ダミ声Voも顔を出すぞ。後半で一気に疾走し流麗なシュレッドを披露する
ギターソロも登場する!
6曲目は唸るようなギターヘヴィなノリを放つリズムが聴ける
パーカッシヴな曲調
だが妙にキャッチーな面も見られるのう・・・!7曲目もまたヘヴィかつ軽快なノリを見せるが、
その後は怪しく混沌としたムードを放つパートも聴け、後半は疾走し豪快な勢いを見せギターソロも登場!
8曲目はアトモスフェリックな穏やかさを見せるバラード的な曲だが、途中から怪しげながら劇的さも
見られるヘヴィサウンド
が登場!まさか彼等のバラードにドラマティックさを感じられる日が来るとは・・・!
そのまま続く9曲目は硬質さ漂うヘヴィサウンドソリッドなタイトさを放ちドラムも手数の多い
パーカッシヴなプレイを披露、
怪しさこそ無いものの初期の彼等に近い曲調だが、サビがまた
相当にキャッチーコリィのヴォーカルも実に上手いのう!後半でギターソロも顔を出し
流麗さの中に構築美
を感じさせてくれるぞ。10曲目は怪しいながらに妙に印象的なギターが顔を出し、
ヴォーカルもクリーンでマイルドかつどこかオシャレな歌い回しを披露するも、その後はヘヴィなノリを披露!
サビがまたキャッチーじゃのう・・・!ギターソロも相当に流麗なシュレッドスキルの高さを感じさせるぞ。
11曲目はまた豪快さ溢れるアグレッシヴなヘヴィサウンドで疾走!スクラッチ音も自己主張しつつ淡々とした
低音の語り
ダミ声ラップと言えそうなヴォーカルも登場し実にワイルドなノリを見せておるわい!
12曲目はノイジーさを放ちつつ怪しげな語りが聴ける短い繋ぎで、13曲目は唸りを上げるヘヴィリフに始まり
グルーヴィーかつ疾走感を放つ、これまた初期の頃の彼等にかなり近いヘヴィチューンとなり
14曲目は淡々とした怪しげなクリーンギターが顔を出し呟くようなヴォーカルも登場、その後はヘヴィかつ
退廃的なムード
を醸し出すぞ。15曲目はこれまた怪しくも淡々とした感じだがヘヴィでダークなリズムも登場、
どこかエキゾチックなヴォーカルメロディーも聴けるのう・・・!後半はテンポアップし盛り上がりを見せるぞ。
16曲目もまたヘヴィで怪しげなダークさが見られるスローチューンである。


初期作には無い穏やかな叙情性、キャッチーさSTONESOURっぽい感じだが、それでもSlipknotらしい
ダークで破壊的なアグレッション、ヘヴィな勢いはしかと健在
でやはり本作も実にハイレベルな1枚に
仕上がっておる
わい!プロダクションも相当に良く、ジョーイ脱退でドラムがどうなるか気になっていたが
前任者にひけを取らないタイトで手数多いプレイを披露しており何ら問題では無い!ギターはテクニカルさ
見せ付けるよりもメロディー、叙情性を重視したフレーズが多くそこも個人的には好印象だな。またアルバムを
重ねる毎に向上しているコリィのヴォーカルもまた相当に上手くエモーショナルなんだが、その分デスVo
関してはややマイルドになって来ている印象があるだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Sarcastrophe  AOV  Skeptic  Lech  Goodbye
Nomadic  The One That Kills The Least  Custer  The Negative One







もどる


inserted by FC2 system