世界の終わり







"EARTH"




日本の自己啓発系オルタナバンドの1stアルバム。


ここ最近妙に目立つようになってきた軟弱根暗ナード系オルタナ
流れを汲んだバンドだが、何とベースもドラムもおらずロックではなく
ポップスのスタイルに限りなく近い音を出しておりやけに宗教、セミナー掛かった
比喩ではなくマジでキモイ(爆)アティテュードを内に秘めた、本気でやってる
プリミティヴブラックフューネラルドゥーム系とはまた異なる
厭世的な空気を纏った不気味極まる邪悪なカルトバンドである!
このバケモノアゴ男!(爆)

音楽的にはベース、ドラムの変わりにシンセとDJ(!?)がいるためかデジタル音による
打ち込み要素
も濃く流行のダンス系アレンジも普通に取り入れておりヴォーカルは
最近のオルタナ系によくある虫唾が走るような軟弱タマ無しオカマ声で、
まぁ音楽性にはマッチしている軽薄極まりない事は
確かで受け付けない者も多かろう・・・!アレンジ面もこの手のバンドに
ありがちなスカスカ感満点素人並のコンポーズセンスと言ってしまって良く
ここまで読んだら確実にクソバンドだと思うだろうが彼等には一つ特筆すべき
美点
もちゃんとある!意外にもメロディーセンスはなかなかで日本人好みの
クサめのキャッチーな叙情メロディーを歌っておりクサメタラーは
そそられるものがある
のではないだろうか!?まぁメロディーしか利点が無く
それを生かしたアレンジとか、そういったものは皆無なんだがそこが逆に
かつて輸入盤のB級バンドを聴き漁ってきたクサメタラーにはたまらんものが
あるかもしれん
な!?(笑)6曲目なんか歌詞はマジでキモイが途中チャーチオルガンや
ストリングス
が壮麗に盛り上がりシンフォプログレの様相を醸し出すぞ!
7曲目は基本バラードだが途中のシンセソロはいかにもプログレ的である!


中途半端にダンサブルな要素はパフュームやら初音ミクやらといった
軽薄な流行モノの要素が濃くいかにもセルアウト空気満点でこの時点でロックとは呼べない
シロモノ
なのだが、さらにいうとメタラー的には全くどうでもいい事だが
歌詞やアティテュードの面でオルタナ畑の人間にかなりボロクソに
ディスられまくっている
ようだ・・・!まぁそれも当然と思えるような恐ろしく気持ち悪い
宗教、自己啓発セミナーがかったヘドが出るような
歌詞が満載
だが案外バンド側もジョークでやってたりしてな・・・!?(笑)そうやって
酷評されるのも良く判るヘナチョコバンドである事に違いは無いが意図的にリスナーに
不快感を与えるのもまたロックよ・・・!
かつてデスメタルがこの世に
誕生した背景にはとにかくリスナーに嫌がらせしたろ的な要素が少なからず
あったしこいつらもまたそういう意識を持っているのかも知れん!となると
ストレートに受け止めちまったオルタナ者の負けってことになってしまうな(笑)。
精神性はともかくとにかくメロディーさえ良ければあとはどうでもいい
常日頃から息巻いている重度のクサメタラーはとりあえず試聴だけでもしてみる
価値はもしかしたらあるかも知れんな・・・!日本人が最も好むキャッチーな
歌謡クサメロ
に乗せて人間が本能的に拒否反応を示す歌詞を歌う、
信濃町が活動拠点でライヴのMCはいつも「最高ですかー?」シャクティパット
ポカポカされて座禅組んでピョンピョン飛んでラーメン工場稼動して
エロ○ムカメラで監視されて乱交し最後はサ○ン散布してポアされそうな
ある意味STALAGGH並にタチの悪い議論あるバンドだと言えよう!
ボクはアゴが出てるんですよォ〜(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 65% お気に入り曲 虹色の戦争、世界平和







"ENTERTAINMENT"




日本のカルト、サイコパス系オルタナバンドの2ndアルバム。


怪しいカルト宗教、セミナー的なノリ厭世ムードを放つ議論あるオルタナバンドで、
前作は曲こそ悪くないもののその歌詞・・・世界観、思想あまりにも
危険過ぎて
各方面でボロクソに叩かれたらしく(爆)、結局彼らを擁護したのが
歌詞を一切読まないクサメタラーだけだったと言うオチが付いたようだが(笑)、
本作はそんなシーシェパードバンドによる通算2作目のアルバムである!ポア繋がり
どうかは知らんがマキシマム ザ ホルモンとの対バンも決まっており、あろう事か
俺そのライヴ行くんだけど(爆)それはともかく音楽的にはやはり前作の延長線上にある、
シンセメイン
ダンサブルなチャラさ、ポップさ、軟弱さを持った女々しいオルタナである。
一体どんな痛いMCするのか違う意味で楽しみじゃわい(爆)。

短いSE的な1曲目に続く2曲目はクリスマス的なムードを醸し出す叙情的な
シンセ、ピアノ、デジタルサウンド
ナヨナヨしつつもクサさを放つヴォーカルが乗り
ストリングスも登場、女々しくもエモさが感じられるのう・・・!3曲目はまた女々しさ
見せつつもチャラいポップさを演出するアップテンポ曲。軽い音だがギターソロ
顔を出すぞ。4曲目はデジタルベース、オシャレ気味のカッティング気だるい
R&B風のムード
を醸し出すがヴォーカルメロディー日本人らしいキャッチーさがあるな。
5曲目も妙に穏やかでライトな曲調で、6曲目も淡々とした大人しい出だしから
ストリングスの音色が顔を出しエモさとポップさを放つスロー曲。7曲目も落ち着きを
見せつつもなめらかなクリーンギターが顔を出し、ヴォーカルも早口で歌いなかなかに
シンフォニックな印象を放つ曲
だ。歌詞はZガンダムカミーユが言ってた
「何故こうも簡単に人を殺せるんだ!死んでしまえ!!
みたいな感じでサイコパス振りを強烈に放っておる!(爆)8曲目は叙情的な
クサさを放つピアノ
ナヨナヨしたヴォーカルが乗るバラード系。ストリングスも顔を出し
メロディーが相当にクサく良いぞ!
9曲目はアコーディオンで幕を開けクリーンギター、
ヴォーカル
も顔を出し、シアトリカルなヨーロピアンムードを醸し出しておるのう・・・!
10曲目はアコギ、ヴォーカル淡々とした大人しさを放つ弾き語り風の曲で、
11曲目はこれまた明るくライトなポップさのあるミドル〜アップテンポ曲。サビ等相当に
女々しくチャラいのう・・・!
12曲目は大人しめのピアノに始まりアトモスフェリック風のムード
醸し出す淡々としたスロー曲。13曲目はストリングス、ピアノが顔を出し穏やかさ、エモさ
感じさせるマイルドな曲調となり14曲目もアップテンポだが相当にユルくライトな音作りじゃのう・・・!
15曲目もピアノが聴ける大人しいバラード風の出だしからストリングス、アコギをバックに
ポップかつシアトリカルなムードを醸し出すミドル曲。途中からデジタルリズムや
ホーン
も顔を出しなかなかに展開が練られているな・・・!16曲目は3連リズムピアノが聴け
デジタル加工されたヴォーカルが乗る、今風かつタンゴ、ワルツ系のムードを見せる曲だ。
クリーントーンで手数の多いギターソロも顔を出し意外なテクを見せているのう・・・!


グリーンピース、シーシェパードに代表されるエコ・テロリスト動物一匹、
草木一本守るため
人間何人殺してもいいと本気で思い込んでいるサイコ野郎共
サウスパークでもネタにされていたんだが、さながら彼らは音による
エコ・テロリスト・・・
の割には音楽性にブチ切れ要素、アグレッションが
一切無い
のは如何ほどのものだろうか!?(爆)そんなにも世の中が憎いなら
ブラックメタルバンドにでもなればいいのに
と思っちまうがそれはともかく、
音楽的には前作と比べるとこなれてきた感があるも妙に小洒落たポップ寄り
なった印象があり、偽善的自己啓発主張の中に隠された、数少ないクサメタラーからの
評価
を集めたシンフォニックでファンタジックなクサさ、叙情性が薄れた感があり
そこが惜しいのう・・・!曲数が無駄に多く大半がユルい捨て曲なのもアカンな!
世の中、人類に対してマジでムカついてんなら本気の怒りを
見せてみやがれってんだ!情けねぇ女々しい厭世感に
逃げてんじゃねぇ!!
音で俺らを殺してみろや!!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 50% お気に入り曲 スターライトパレード  Never Ending World  生物学的幻想曲  眠り姫







もどる


inserted by FC2 system