SWORD OF JUSTICE







"Toshinori Hiramatsu & Fellows"




日本の様式美メタルギタリストのアルバム。


CROW`SCLAW主催のメタルオムニバスアルバム“CROWZFEST”に曲を提供し
スタジオワークもこなす様式美ギタリスト率いるプロジェクトである!
音楽的には様式美クサクサジャパメタど真ん中でギターのテクニックもアルバム聴く
限りじゃなかなかのものだ。基本的にインストだが1曲のみヴォーカル入りである。

クイーンが様式美メタルに目覚めたかのようなイントロに続く2曲目はCROWZFESTに
提供した曲だがヴォーカル入りでアレンジされている。中性的なハイトーン
古き良き80年代様式美ジャパメタを思わせるな・・・!ちなみにヴォーカルを
とっているのはかつてDir en greyっぽいエモ、スクリーモを聴かせてくれた
PHOENIX Projectである!サビのバックでキラキラいうチェンバロ系のシンセ
たまらんわい!3曲目はスペイシーなシンセに始まりギターがピロピロ速弾き
その後勇壮なメロディーを聴かせてくれるぞ!泣きのトーンも良いな!
後半のギターソロもいい意味で80年代メタルの空気を持ち込んでおり
好感が持てるわい(笑)。4曲目もスペイシーなシンセが聴けるが
ギターはあまり目立たず唸るベースとシンセが主体である。
5曲目はアグレッシヴさを出し疾走するダークな、モダンな雰囲気のある
パワーメタル
でこの曲はゲストで参加したCROW`SCLAWがコンポーズも含めて
全て手掛けているようだ。途中転調する所で物凄いBLACK SABBATH臭を
感じた
のは俺だけか!?6曲目はアコギによるメランコリックな曲。
7曲目はキラキラしたシンセとへヴィなリフが聴けるアップテンポチューンで
やはりメインの旋律はシンセが奏でている。8曲目はギターが目立った曲で
イントロからソロで始まり泣きのギターも冴え渡る様式美系の正統派ジャパメタだ!
実にクサい旋律じゃのう・・・!(笑)9曲目はリリカルなピアノがイントロで聴け
ポップながら極上の哀愁旋律が堪能できるぞ!全体的にはポップすぎる
イントロ直後のギター、そしてラストのギターソロが全てである!
10曲目はシンセストリングスとイングヴェイ的なアコギソロで始まり
正統派チックなリフを聴かせるミドルテンポ曲。11曲目はネオクラシカルな
イントロ
に始まりどこかXっぽいリフでパワフルに疾走する待ってましたの1曲だ!


多少の様式美臭を漂わせいい意味で垢抜けないクサメロを放つ80年代
ジャパメタの息吹を現代に蘇らせる1枚である!ほとんどインストだが
当時のジャパメタが好きだったリスナーは勿論、最近のメロパワ、メロスピから
メタルに入門した若人も聴いて損は無いといえるだろう!



オフィシャルで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Phoenix Sword、
Soldier Of The Fantasm、The Judgement、Fencer's Blade、
Sword Of Justice







"Lake Of Tears"




日本の様式美メタルギタリストの最新アルバム。


セッション、スタジオワークに精を出す職人気質の
ギタリスト
による久々のフルレンスアルバムだ!
前作はヴォーカル曲もあったが基本インスト
80年代ジャパメタの息吹を感じさせる様式美系の
メタル
が取り揃えられており好印象だったが今回は
何と大々的に女性ヴォーカルをフィーチャーしており
音楽的には前作とそこまで変わってはいないがこの
ヴォーカルが何とも媚びた、ジャパニメーションタイプの
声質
をしており妖精帝國を思わせる空気が漂っているのう・・・!

電子音に泣きのギター、チェンバロが聴けるイントロに続く
2曲目はこれまた様式美系の音作りが施されたキラキラした
疾走クサメタル
だが女性ヴォーカルが何とも媚びたアニメ系の
声質
でこの辺が好き嫌い分かれそうだな・・・!3曲目は
何とブラストビートで爆走するがその後はかなりクサい
泣きのギター
が聴けキラキラチェンバロも彩を添えるが
リフはスラッシーでそこまで様式美の印象は感じさせないな。
近代エクストリームメタルの影響もあるのだろうか!?
サビはツーバス連打にチェンバロ、クッサイヴォーカルメロ
聴けリフが弱いもののキラー振りを発揮する!ギターソロも
聴き所でその後のリフがモダン寄りになりそしてシンセ
ストリングス、打ち込みリズムがアトモスフェリックさ
演出するのも面白いな。4曲目はダンサブルな打ち込みの
デジタルビート
が出てくるがギターフレーズ等曲調は
やはり様式美系なのが変わった雰囲気を放っている。
途中これまたシンフォニックなパートになりギターソロも
ネオクラシカルな泣きのフレーズを聴かせリズムだけ
ダンサブルでそれ以外はかなり様式美色が濃いな!
メロディーもクサいぞ!5曲目はシンセストリングス、
チェンバロ、アトモスフェリックなリズム
が聴ける
穏やかかつクラシカルな曲。メタル色は無くどこか
Queen of Wandを思わせるのう・・・!6曲目は乾いた
リフにハモンドも登場し一気に70年代ハードロックの
領域
にまで突入するぞ!ノリの良いアップテンポチューンで
野郎共のシンガロングも飛び出すが曲調が曲調だけに
このヴォーカルが実にマッチしとらん!(爆)ただリフは良いな。
7曲目は再びアグレッシヴなスラッシュリフで疾走!
ANTHRAXを思わせるバンドサウンドだがヴォーカルメロ、
チェンバロ音は完全に様式美でこれまたかなりクサい!
一瞬ベースソロも飛び出しチープな昔風のクワイア音
シンセ
も登場、ギターソロも構築されたドラマティックな
プレイ
を披露する!その後のチェンバロパートも実に
クサい
のう・・・!8曲目はチャーチオルガンが荘厳な
雰囲気を演出しクサメタラー、ゴサーの琴線を掻き乱し
そしてチェンバロ、バンドサウンドがドラマティックに
顔を出す!
リードメロはストリングスシンセでインストかと
思いきやその後ヴォーカルも登場、ミドルテンポで展開し
ダークな様式美メタルと呼べる曲となっておりサビは
やはりクサいぞ!ギターソロは途中リズムチェンジで
クラシカルなタンゴ風リズムとなりそして再びチャーチオルガンが
登場、疾走こそしないものの実に劇的な展開である!9曲目は
有名クラシック“エリーゼのために”風のオルゴールフレーズで
幕を開けシンセオーケストレーション、泣きの様式美ギター
叙情性を演出するインストチューン。途中パッヘルベルの
カノン
っぽいメロディーも一瞬聴けるぞ。


音楽的には80年代様式美クサクサジャパメタ
どストライクな音
を出しているんだが個人的には
こういうメタルはパワフルでハスキーなタイプの
シンガー
に歌ってもらいたかったのう・・・!まぁあえてこういう声で
一風変わった雰囲気を狙っているのだろう。
シンセの音色がチープなのは逆に昔のメタルっぽさ
演出しており印象は悪くないな。あとは一部の曲のリフの弱さが欠点か・・・!
7〜80年代の古き良きHR/HM、様式美ジャパメタ
好きならかなりツボに来るだろうしクサメタラーにも
十分オススメできる
クオリティーを持っているが
やはりこのヴォーカルが評価の分かれ所だろう・・・!
次はホンマモンのメタルシンガーでこういう楽曲を聴きたいものじゃ!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 腐泥のステュクス、
In The Edge Of Despair...、Deus Ex Machina、Crimson Sanctuary







"Re:rise"




日本の様式美HM/HRギタリストによる最新ミニアルバム。


日本のゲームミュージック等でギターをプレイするスタジオミュージシャン業
傍らでソロ名義の本プロジェクトを行う様式美系のギタリストによる最新作で、
しばらくこっちでは動きが見られなかったが、久々に活動再開しての1枚となっており、
どうやら新曲に加え過去曲のリメイクも収録されているようだ・・・!ちなみに
本作はバンド形式でレコーディングされているようで、打ち込み主流のドラム
キッチリと生になっている他、前作は個人的に苦手な媚びたタイプの
アニソン女性Vo
だったが本作のシンガーは中性的な声質をしているな。

1曲目はネオクラシカルなギタープレイが聴け正統派HM/HRライクなノリを放つ
疾走曲で、中性的なVoが乗りこの辺がちょいアニソン風な感じだがベースも目立ち、
基本はやはり正統派
だな。ギターソロも構築美を感じさせるのう・・・!
2曲目はまた正統派らしい雰囲気があり、煌びやかなシンセの他サビはかなり
アニソン的なキャッチーさがあり、
いい意味で昔ながらのジャパメタ臭を
感じさせてくれるぞ!
3曲目はシンセが聴けつつも80年代アメリカンHMな印象があり、
それでいてサビは歌謡オルタナ的なフレージングだな。4曲目は哀愁漂うアコギに始まり
ストロングな正統派らしさを放つリフ、男の哀愁を感じさせるリードギターに煌びやかな
シンセ
が聴けるミドルテンポの硬派なインストである。5曲目はワイルドさのある
リフ
ノリの良さを放つアップテンポで、これまたシンセも顔を出しつつ
勇壮なリードギター
が目立ったインストだな。


シンガーは中性的で媚びは無いもののやはり線が細い感じであんま楽曲に
マッチしていないんだが、
音楽的にはまさしく様式美要素を随所に取り入れた
正統派HM/HRそのもの
で、演奏も良く近代的なエクストリームメタルメロスピ、
クサメタル、シンフォニックメタル
のような即効性、派手さは無いものの
HM/HRが好きなら気に入るであろうツボを押さえたメタルを聴かせてくれるぞ!
何だかんだで5曲中2曲がインストなんだが、こういう本格的なサウンドだからこそ
ヴォーカルもホンモノのメタルシンガーを入れて欲しい所じゃのう・・・!
とは言え質は高く、これぞヘヴィメタルと言いたくなる1枚である!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 SWORD OF JUSTICE  Another soul







もどる


inserted by FC2 system