SERENITY







"Words Untold & Dreams Unlived"




オーストラリア出身のプログレッシヴメタルバンドの1stアルバム。


とりあえずはプログレメタルの範疇で語られるバンドのようだがそれ以上に
メロディックさを押し出したスタイルを売りにしているのか楽曲自体は
そんなにプログレしているわけではない。技巧重視ではない、メロディー、
楽曲重視
のメロディアスプログレメタルの登場である!!

1曲目はシタールによる中近東的なイントロに始まりへヴィなリフが登場、
いかにもプログレ的なシンセに導かれストロングさを感じさせる
ヴォーカルが聴ける!上手いシンガーだな。曲はミドルテンポで進行していき
難解さは無く意外とキャッチーさも感じさせる。2曲目はドラムがイントロで聴け
その後メロパワ的なフレーズを奏でるギターが登場するぞ!
ヴォーカルもエモーショナルだな!そしてクワイアも登場し
アップテンポで劇的さをかもし出す!サビのラストではデス声も出てくるぞ。
中盤でさらに展開しメロスピに通じるクサメロが流れ彼等が技巧ではなく
あくまで楽曲中心の志向である事を表しているな・・・!
3曲目はインストで非常に美しいアコギの調べが堪能できる。それに続く
4曲目は壮大なイントロに始まりストリングス系シンセをバックに
メロパワ寄りのアップテンポとなるもヴォーカルが入るとテンポダウンするが
それがドラマティックさを生んでいると言えよう・・・。途中まるで
ポンプロックみたいな叙情パートになるのもいちいちツボである(笑)。
中近東フレーズを奏でるツインリードも良い!5曲目はピアノが舞う
イントロに始まりヴォーカルがエモーションに歌う流麗な雰囲気のある曲。
哀愁漂うメロディーもいいな。ところでこのヴォーカル、SONATA ARCTICAの
トニー・カッコに似てないか!?
そして中盤シンセが壮大なシンフォサウンド
出し盛り上がりを魅せそれに続くギターソロがなんともエモーショナルではないか・・・!
楽曲重視プログレメタルの魅力が全開だ!!6曲目もシンフォニックなシンセと
ネオクラ風のギターが盛り上がる曲だ!ヴォーカルパートはメロハー的である。
ヴォーカルの声質と相まって最近のSONATAを思わせるな・・・。
7曲目もつなぎのインストで8曲目はへヴィさ、重厚さのあるプログレメタル。
サビで聴ける漢コーラスが印象的だ。9曲目はピアノに導かれるメランコリックな
バラードかと思いきや途中でへヴィになりテンポが上がる。10曲目もメロディー重視の
プログレメタルでテクニカルなメロハーという表現が当てはまりそうだ。
所々でデス声も出てくるぞ。


メロディー重視のシンフォニックなプログレメタルということで普段
プログレメタルを聴かない、敬遠しているメタラーにオススメできる
一枚だといえるだろう。逆に言えば変態的テクニカルさは無いので
技巧重視のプログレッシャーは微妙に感じるだろう。まぁ後半ダレを
覚えるのも確か
だが全体的には悪くないアルバムだ。最近のSONATAを
クソだと思わないタイプのメタラーなら楽しめると思う。




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 76% お気に入り曲 Reduced to Nothingness、
Circle of My 2nd Life、Engraved Within







"FALLEN SANCTUARY"




オーストラリア出身のメロディックプログレッシヴメタルバンドの2ndアルバム。


プログレメタルの範疇で語られるバンドではあるがその音楽性は限りなくメロディックメタルと
呼んでしまっても差し支えないレベル
で、1stはまさに「疾走しないSONATA ARCTICA」といった
塩梅でまぁ1stリリース時に本家SONATAは既に疾走をやめていたんだが(爆)、それはさておき
ヴォーカルの声質から既にトニー・カッコそっくりオーストラリア出身にも関わらずかなり
北欧臭の強い音を出していたのが彼等だった・・・!そして続く2ndとなった本作、
音楽的には前作の延長線上にあるがさらにメロディックメタル要素を増しシンフォニックな
シンセ、分厚いクワイア的コーラス
が多用されるようになりシンフォニックメタルと
言い切ってしまっても良さそう
な感があるのう・・・!ヴォーカルはかなり上手く
トニー・カッコよりもずっと上のレベル
を行っておりしなやかでエモーショナル
この歌唱が楽曲の良さを見事に引き出しているぞ!

1曲目はピアノに始まりエモーショナルなヴォーカルが切々と歌い上げ上手さを見せ
シンセによるホーンにバンドサウンドが登場、力強さを感じさせるミドル〜アップテンポ
中盤以降は分厚いコーラス、シンセドラマティックさを演出、プログレッシヴ
ありつつもこの辺はシンフォニックな要素が強いのう・・・!ラストはクワイア、ピアノ
美しく締められるぞ。2曲目はピコピコ系のシンセにこれまたパワフルなバンドサウンド
乗りデスVoも登場、サビ付近はテンポアップするぞ。ラストのピアノ、シンセ、ヴォーカル
また美しいのう・・・!3曲目はシンフォニックなシンセドラマティックさを演出し
ヴォーカルはアコギと共に穏やかに登場、ミドルテンポでマイルドなムードが強いが
かなりシンフォニックメタルに接近した曲だと言えよう!後半付近のアコギ、泣きの
ギターソロ
がまた聴き所だ!4曲目はパワフルなバンドサウンドシンセが顔を出し
アップテンポでアグレッシヴな勢いを演出、シンフォ系シンセも盛り上がりサビは
ツーバス連打も聴け疾走感があるのう・・・!後半はシンセストリングス、クワイア
シンフォニックメタル的なムードを演出、スローテンポだがかなり重厚で劇的である!
5曲目はピアノ、チェロの音色が物悲しさを放ちヴォーカルも巧みな表現力を見せる
泣きのバラード。
途中で女性Voも顔を出しデジタルリズムも聴けるぞ。ハモリの
ギターソロが
またメロディアスでその後は分厚いコーラスが盛り上がり非常にクオリティーの
高いバラード
になるのう・・・!6曲目はどこかアメリカンな明るさを感じさせるシンセ、
バンドサウンドが聴けるもヴォーカルは実に怪しげでどこかエキゾチックなムードもあり中盤の展開が
これまた劇的でギターソロはフラッシーな速弾きも披露、後半はアコギ、シンセが叙情的な空気を演出するぞ。
7曲目はアコギ、ヴォーカルが穏やかさを放ち冷たいピアノも登場、そしてシンセオーケストラ、
バンドサウンド
も顔を出しどこか最近のANGRAに近いムードを醸し出すのう・・・!ラストは
縦横無尽に絡み合うコーラスで締められる。8曲目はこれまたメランコリック
ピアノにシンセ、Voが顔を出しモダンさも持ち合わせたバンドサウンド、荘厳なクワイアが登場!
パワフルな中にシンフォニックな味わいを内包し分厚いコーラスも聴けるぞ!
9曲目はどこか民謡ライクな笛の音色、ピアノで幕を開けストリングス、ホーンがシンフォニック
音作りを見せパワフルなバンドサウンドも顔を出すがやはり基本は美メロ、劇的さ重視のミドルテンポ曲。
中盤はオーケストレーションが盛り上がりを見せプログレ的な味わいを見せつつもかなり
シンフォニックメタルに近い壮大なアレンジが堪能できるぞ!ラストのシンセもまた面白いな。
10曲目はインダストリアルなムードも感じさせる電子音に加工された声が乗り
ミドルテンポでバンドサウンドも登場、モダンな要素を感じさせ吐き捨てデスVo
登場するがサビはまったりしたムードの分厚いコーラスが聴けるぞ。中盤では
クラシカルさのあるピアノストリングス、泣きのギターが美麗さを演出するのう・・・!
11曲目はアコギ、泣きのギターで幕を開け叙情的なムードをプンプン放ちまくる
メロディアスなバラード。笛も顔を出しこれまたどこか民謡的な要素があるな。


前作の流れを引き継ぎつつもクオリティーをアップさせておりシンフォニックさの
強いシンセ、分厚いコーラス、透明感あるピアノ、時折顔を見せるアコギ
がまた
美しさを出しておりそれを実力派ヴォーカルが見事に盛り上げておる!クサメタラーが喜ぶような
クサさ、派手な爆走メロスピ要素は無いが痒い所に手が届く、総じて高品質な
仕上がりになっている
と言えよう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 All Lights Reversed  Coldness Kills  To Stone She Turned
Fairytales  Sheltered (By the Obscure)  Journey’s End







"Death & Legacy"




オーストラリア出身のプログレッシヴメタルバンドの3rdアルバム。


1stの頃はヴォーカル等まさにDIR EN GREYに対するサディが如きレベルで
SONATA ARCTICAにそっくりなサウンドを提示し一部で話題になったが続く2ndは
クオリティーを上げたにもかかわらずあんま話題にならなかった印象がある・・・!(爆)
そして続く3rdの本作は再び話題を呼ぶ事に成功、内容のほうもプログレッシヴな要素は
残しつつさらにメロディックメタル、シンフォニックメタルに接近しておりさらに
ゴシックメタルバンドSIRENIA、DELAINの女性シンガーが参加、ゴサーにも
アピール出来るスタイル
まで盛り込んでおり前作の時点でKAMELOTが比較対照によく上げられていたが
本作もまさにそんな感じの仕上がりになっておる!

1曲目はSEによる短いイントロで続く2曲目はシンフォニックなホーン、ストリングスが
壮大さを演出、ミドルテンポでヴォーカルはマイルドな質感を醸し出しピアノも聴け
優雅なムードを感じさせるがもはやプログレメタルではなくシンフォニックメタル
呼んでしまってもいいだろう!中盤のオーケストレーションによるパートがまた
大仰で良いな・・・!クワイアと言うか分厚いコーラスも聴けその後の
ギターソロもメロディー重視丁寧に弾いている印象があるな。
3曲目はストリングスオペラティックなスキャットがバックで聴けこれまた
オーケストレーションバンドサウンド、ピアノ優雅に絡み合う
ドラマティックなミドル曲
となりヴォーカルが入るとデジタルリズムも聴け叙情的なムードを演出、
女性Voも顔を出しどこかゴシカルな質感もあるか!?中盤のピアノ、アコギ、ストリングス
パートがまたかなり美しく美麗の極地と言うべき光景を描き出しておる!その後は女性Voにクワイアも絡み
疾走に頼らずともドラマティックメタルは可能である事を提示しているかのようだ・・・!
ギターソロもまたエモーショナルである!4曲目はギターとストリングスシンセが絡み珍しく
ピロピロ
しながらアップテンポで展開、リフはそこそこパワフルストロングな部分もあるか!?
ギターソロ後のクワイア分厚く勢いを感じさせるのう・・・!5曲目は
コーラスで幕を開けスローテンポでホーン、ストリングスシンセが派手さを出し
重厚な空気が漂っているな・・・!ギターソロがまたメロディアスな泣き
見せておりその後はへヴィ寄りのバンドサウンドオーケストレーションが絡み
映画のサントラのようなフィーリングが発散されるぞ!6曲目は鐘の音、聖歌のような
クワイア、女の語り
ホーリーな雰囲気を演出する繋ぎの曲で続く7曲目はストリングスシンセ、
パーカッション
笛のような音がどこか民謡というかヴァイキング、パイレーツ的な
ムードを醸し出し次第に勇壮なシンフォニックサウンドになっていきバンドサウンドも登場!
ギターも叙情的なリードフレーズを奏でヴォーカルが入るとこれまたマイルドな
ムード
になるぞ。ギターソロはハモリでメロディーをなぞるスタイルで
シュレッドとかは一切しないがメロディアスなフィーリングはギターキッズの参考になろう・・・!
その後はクワイア的なコーラスも聴けるぞ。8曲目はアコギが実に民謡ライクな
ムード
を醸し出しストリングスシンセも登場、ヴォーカルも切々とした歌唱を聴かせる
叙情的なバラード。女性Voも登場しメロウな要素が強いのう・・・!
中盤のピアノ、ストリングスまたクサく泣きのギターソロもやはりエモーショナルだ!
後半はクワイア的な分厚さを誇るコーラスも登場するぞ。9曲目は冷たさのある
ストリングス
にちょいモダン風のタイトなバンドサウンドが聴けヴォーカルは珍しく
パワーメタル風の勢いある歌唱を聴かせシンフォニックでありつつ
プログレメタルの面影も感じさせるミドル曲になるのう・・・!10曲目は
エモーショナルなリードギター、ピアノが淡々としつつもメロウなムードを演出、
リフワークはモダンなへヴィさを醸し出しつつマイルドな要素も強いミドル曲。
ヴォーカルは男女ツインゴシカルな部分もあるか!?11曲目は加工気味の
キャッチーなコーラスで幕を開けちょいモダンながらもノリの良いリフ、
大仰なオーケストレーション
が聴けアップテンポになるシンフォニックモダン
メロハー
と形容出来そうな曲である!中盤のクラシカルなピアノ、ホーン、メロディー重視の
ギターソロ
も聴き所じゃのう・・・!12曲目は怪しい儀式のようなムードが演出され
パーカッション、民族楽器ライクな音色、祈祷のような声も聴こえる繋ぎで続く13曲目は一気に
バンドサウンド、ホーンが派手に盛り上がりアップテンポとなる勢いある曲だ!
メロディーはどこかエキゾチックな部分もありギターがまたメロディアスだな。
サビは厚めのコーラスキャッチーさを見せ中盤は神秘的な空気も醸し出されるぞ。
14曲目はオーケストレーション穏やかな盛り上がりを見せファンタジックな
空気
も見せるがヴォーカルが入ると怪しげな淡々とした雰囲気になりサビは再び壮大さが
出てくる
のう・・・!15曲目は台詞のみの繋ぎで16曲目はピアノ、切々とした
ヴォーカル
が哀愁を放つバラード系の出だしからキャッチーなリードギターと共に
アップテンポになりストリングスも盛り上がりを見せるメロハーにオーケストラを
導入した
ような曲。途中挟まれるアコギ、笛のパートがフックになっているな。
ギターソロは珍しく速弾きという程ではないが速度のあるプレイを披露しているぞ!


前作からシンフォニック化の兆しはあったが本作では完全に重厚壮大なオーケストレーションが
メインを張るシンフォニックメタル
と化しておる!RHAPSODY OF FIRE辺りのような疾走感ある
エピックなサウンド
ではなく比較対照によく挙げられるKAMELOT最近のDARK MOOR等のような
優雅なムードが強く疾走に頼らないドラマティックさ、大仰さを見事に武器としておる!
ギターソロが完全メロディー重視シュレッドの類はほぼやらずエモーショナルな
泣きのプレイに徹している
のも大きな特徴だな。非疾走のシンフォメタル、ゲスト参加の女性Vo等ゴシックメタルに
通じる要素
も多少はあるがああいった今風のへヴィさ、ダークさは無くあくまでも
メロディックメタルの範疇で語られる音作りだと言えよう・・・!落ち着きを見せる
ドラマティックな大人のシンフォメタルである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







"War of Ages"




オーストラリア出身のシンフォニックプログレッシヴメタルバンドの4thアルバム。


デビュー当時はプログレメタル化したSONATA ARCTICAってな塩梅でどうにも煮え切らぬ
印象があったが、
アルバムを重ねる毎にシンフォニックメタル要素を増強し始め
見事にセンスを開花し始めた
感のあるオーストラリア産バンドによる4作目である!
本作もまた壮麗なオーケストレーションを配した優雅なシンフォニックメタル
プレイしており、RHAPSODY OF FIREのような勇壮路線では無くやはりKAMELOTや
最近のDARK MOOR辺りに近い印象があるのう・・・!
また本作から女性シンガーが新たに
正式メンバーになった
ようで、男女ツインVoが当たり前のようにそこかしこで聴けるぞ!

1曲目はソプラノVo、アコギメロウさを放ちシンフォニックなシンセと共に
バンドサウンド
も登場、ホーンピアノも顔を出しミドルテンポで展開しており
優雅なムードがあるな・・・!ヴォーカルも男女ツインVoオペラティックな
印象
も持ち合わせているのう!2曲目はいきなりの大仰なホーン、クワイア盛り上がりを見せ
その後はどこか中東ライクなエキゾチックさを演出、リードギターもマイルドな
エモーション
を感じさせピアノと共に疾走するパートクサさもあるな・・・!
ギターソロも劇的である!
3曲目もエキゾチック要素を前面に押し出した曲
メロウな空気も強く漂っておりしなやかさがあるな・・・!4曲目はピアノ、
エモーショナルなヴォーカル
叙情性を強烈に醸し出すバラード。例によって
途中から盛り上がる王道の展開だが良いものは良いな(笑)。5曲目は壮麗な
ストリングス、オーケストラ
映画のサントラのような盛り上がりを見せ
その後はバンドサウンドも登場、リフはちょいとモダン寄りイマドキっぽい
シンセ
も顔を出すが優雅さはしかとあるのう・・・!ギターソロもメロディアスな
泣き
を見せておるわい!6曲目はモダン風のリフストリングス、ピアノが聴け
湿った中プログレメタル風味を醸し出す淡々としたメロウな曲だ。
7曲目はメロウなピアノに始まりオーケストレーションと共に疾走!その後もアコギが
優雅さ
を放ったりアダルトな穏やかさを見せたりストリングスが泣いたりする
ドラマティックな事この上無い展開
を見せ、サビは再び疾走し劇的さを放つ
キラーチューン
となっておる!8曲目はまるで80年代メロハー、産業ロック然とした
ギターフレーズ
が聴ける穏やかでマイルドな曲。サビもいかにもそんな感じの
キャッチーさ
を見せているがリフはへヴィストリングスも聴けるぞ。
9曲目は民謡ライクなクサさ漂う怪しげなクワイアに始まりホーン、バンドサウンドも登場!
疾走感もあり厚めのコーラスワークも印象的である!ギターソロなんか歌謡曲と言うか
演歌的なフレージング
実にクサく景気が良い!(爆)10曲目は淡々としたリズムに
ピアノ、クリーンギター
が乗り穏やかさを放つバラードだ。11、12曲目はボーナスで、
前者は2nd収録曲のピアノバラードヴァージョンで、後者は何とQUEENのライヴの
定番曲“Love Of My Life”のカヴァー
だ!オリジナルがアコギなのに対しこっちは
ピアノによる弾き語り系バラード
にアレンジされておるのう・・・!


上記したようKAMELOTタイプと言える壮麗さ、優雅さ重視のマイルドな大人の
シンフォニックメタル
で、クサメロ勇壮疾走タイプとは様相を異にしておるが
こっちはこっちで上質のアレンジが楽しめるハイクオリティー振りを見せ付けているぞ!
プログレメタルでもあるが、テクニカルなインタープレイ重視では無くあくまでも
楽曲重視なのも好印象である!派手さ、クサさは無いが良質のメロディックメタルだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Shining Oasis  Age Of Glory  The Matricide
Symphony For The Quiet  Legacy Of Tudors







もどる


inserted by FC2 system