速鋼鉄-Speed Metal Sound-







"Spirit of Boon"




日本のメタルミュージシャンによる1stアルバム。


以前Xの影響を受けたメロスピ曲をmuzieで公開し注目を集めた
メタルミュージシャンによるフルアルバムである!
マーキー・アヴァロンなどといったメタル単語が脳裏に浮かぶ
帯タタキがまず印象的な本作、音楽的にはやはりXの流れを汲む
メロスピスタイルが持ち味でギター、ベース、シンセは生で一部の楽曲にはヴォーカル
入っているぞ!だがプロダクションは悪めで演奏技術もまだまだである。
ちなみに帯の“スケルトン・メタリスト”とはバンド名ではなく
ミュージシャンの名前らしい。

どこか和の要素が入りつつもXを思わせるギターリフで疾走、
シンセが奏でる主旋律も和音階が使われた1曲目、ブルージーなリフ、
トランシーなシンセ
が聴けるミドル〜アップテンポの2曲目、いかにもメロスピな
16分刻みの疾走感、ツインリードが熱くシンセによる飛翔感溢れる
サビ
がいかにもなクサさを放つ3曲目、視聴音源で公開されていた
モロXなヴォーカル入り、サビで思わずXジャンプしたくなるも
歌詞の酷さに萎え(爆)、間奏、ギターソロもラストのツインリードも
なんかサイレントジェラシーみたいな4曲目、今度はDRAGONFORCE
思わせる曲調で日本の有名ゲーム“ロックマン”の曲をメドレーでカヴァー、
ギターソロはもう完全にDRAGONFORCEな5曲目、デス声ってわけではないが
唸り声みたいな低音ヴォーカルが聴けるジャパメタ臭いリフが印象的な
メロパワの6曲目、クサいピアノに始まり大仰なツインリードが聴け
シンフォさを演出するシンセと共に疾走するメロスピの7曲目と
捨て曲は無くどの曲も聴かせてくれるぞ!ちなみにボートラ扱いの8曲目は
往年のXのバンドタイトル曲“X”のライヴにおけるイントロを忠実に再現した
4曲目のライヴヴァージョンである。思わず「お前等の〜!X魂、
見せてくれェェ〜!」
とか言いたくなるイントロである(笑)。もちろんソロ後は
メンバー紹介だ!(爆)「オールベース、タイジ〜!!
オールギター、パタ〜!!」
当然のように屋根を突き破っちまいそうな
MC
まであり思わずX聴きまくっていた頃思い出すも
やはり歌詞の酷さに気分が萎えちまう・・・(笑)。
スタジオヴァージョンはヴォーカルかなり弱かったがこっちのヴァージョンは
レコーディング時に成長していたのか上手くなっているな。


ヴォーカル曲の歌詞は正直最低レベルだが曲は良い!全体的に
クオリティーが高いというわけではないがXみたいなメロスピが並んでおり
B級クサメタル、Xが好きだというメタラーならば楽しんで聴けるだろう!
全曲疾走しているしな!次はマトモな歌詞でやってくれい!!(爆)



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 剣、VIP-NEW TAKE-、
Megamanforce、Quecksilberlampe-NEW TAKE-







"I'LL SEAL YOU / マスパズム"




日本の超絶Xフォロワーによるまさかの4曲入りカヴァーEP。


Xの影響色濃いメロスピで過去にアルバム1枚
出したきりなのにも関わらず流れの速いシーンにおいて
居場所を失わなかった稀有なミュージシャンによる
久々の音源は何とXと上海アリス幻樂団を融合させた
異色のカヴァーEPである!国民的有名バンド
X JAPAN
ではなくあくまでもジャパニーズ
ヴィジュアルスラッシュ、ジャパコアバンドX
深く
リスペクト
している所が大きなポイントだ!
ヴォーカルこそ上海アリス幻樂団要素を色濃く醸し出す
弱めの女性シンガーだがそれ以外の全てがX!
ギター、ベース、ドラム・・・アレンジ、リフ、リズム、
フレーズ、展開、そして精神性・・・!ヴォーカル以外の
全てがまごう事なきX!まるでQUEENを敬愛しすぎるあまり
“BOHEMIAN RHAPSODY”のオマージュ的楽曲を2曲も続けて
披露しその上トリビュートアルバムまでリリースしてしまった
オランダのロック貴公子VALENSIAが如しである!
感じてみろ!X!叫んでみろ!X!!

1曲目のイントロ、リフ、掛け声からまんま“I'LL KILL YOU”だ!
ヴォーカルメロディーのみ上海アリス幻樂団でそれ以外の全てが
I'LL KILL YOUである!ちょいとギターの歪みが弱く軽さがあり
ソロは若干違う部分もあるがリフ、ドラムなんかまんま
途中のシンガロングもまったく同じだ(笑)。そして2曲目は
これまたそのまま“オルガスム”である!(爆)最初の声は脱力モノ
なっちまっているがシンガロングも同じでXと上海アリス双方が入り乱れた
感のあるサビ、その後のベース、ギターソロ、ドラミングなんか
見事なまでのコピー振りで思わず笑っちまうな・・・!3曲目は
“WEEK END”のカヴァーで(違う)、ヴォーカルだけが非Xでそれ以外が
見事にXだ!シンガロングではない男ヴォーカルも登場しツインVo
様相を醸し出すパートもあるがやはり溢れ出るX要素が非常に
濃厚である!4曲目は前作でもモチーフにしていたXジャンプ
お馴染み“X”トリビュートソングでライヴテイクが有名な曲だが
本作ではどちらかといえばスタジオ版を意識したアレンジとなっており
サビもなんかやはりXジャンプしたくなるような仕上がりだな。
ギターソロは唐突にスウィープが登場しツインリードはXぽくも
どこか違う、上海アリス交じりのフレージングが聴けるぞ!ソロ後の
ベースパートでメンバー紹介が無いのもスタジオ版らしいな。


ヴォーカルを除いて各楽器のフレージング等相当Xを
研究している
感があるな・・・!だからこそヴォーカルは
TOSHIタイプの男Voが良かったと思うがそういう人材は
見つからなかったのだろうか!?まぁ本作はXのカヴァー
上海アリス幻樂団のメロディーを無理矢理乗っけた感が強く
ネタCDの域を脱し切れていないのだがまぁシングルだし
これはこれでアリだろう!ただXフォロワーとしては
やはりシーンに溢れかえっている上海アリス幻樂団ではなく
あくまでもオリジナルで勝負してもらいたかったなぁ・・・!
SEX-virgin killer-の対抗馬として遅れてきたジャパコア
希望の星(!?)
となりシーンに再び
金髪逆毛ブームをッ!!(爆)





オフィシャルサイトで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 全部







"VANISHING VILLAGE"




日本のX再現に全力を注ぐフォロワーによる2ndフルアルバム。


インディーズ/同人シーン髄一のXフォロワーとして名を馳せるミュージシャンの
久々のフルレンスアルバムで、前シングルで見事にXをプレイしていたが本作も
Xのインディーズ時代に唯一残したフルアルバムにして名盤“VANISHING VISION”
上海アリス幻樂団、東方カヴァーで再現するという暴挙を見せておる!
前回のシングル同様Xのリフ、リズム、バンドサウンド東方のメロディーを
乗っける
と言う誰もが思いつきそうだが誰もやりそうにない試み
VANISHING VISIONをヘビーローテーションしまくった俺みたいなリスナーにとっては
終始ニヤニヤできる1枚に仕上がっているのではなかろうか!?ただヴォーカルだけが
TOSHIスタイルではなくアニソン声の弱めの女性シンガーでそこがちょっとした
違和感を覚える箇所になっており賛否あるかも知れんな・・・!俺も個人的には
TOSHIタイプが良かったなぁ(笑)。

イントロの1曲目からして早速まんま“DEAR LOSER”軽めのプロダクション
それっぽく続く2曲目は当然のように“VANISHING LOVE”だ!しかしヴォーカルだけが
女性シンガーで非TOSHIとなっておりメロディーも当然違うぞ(笑)。原曲(Xのほう)でも
存在する野郎シンガロング妙にヘナチョコだが本家もライヴじゃ
こんなモンだった
かも知れんなぁ・・・!(爆)ギターソロは入りこそ違うが後半は
そのまんま
である。3曲目は“PHANTOM OF GUILT”は飛ばして“SADISTIC DESIRE”である!
TAIJIのベースが唸りを上げる軽快でノリの良い荒々しいロックンロール調の曲だ!
これもやはりヴォーカル以外はXを再現しておる!(爆)4曲目は前シングルにも
収録されていた“I'LL KILL YOU”だ!ベースが唸るインスト“GIVE ME THE PLEASURE”
ハショられたようだが気にせず聴こう(笑)。初期Xの荒々しい疾走感キャッチーでクサい
上海アリス幻樂団メロディー
が乗っかりヴォーカルに違和感を覚えつつもヘドバンできる
熱い疾走チューンに仕上がっており後半は上海アリス幻樂団のほうのメロを使ったリフ
登場するぞ。5曲目はVANISHING VISIONには収録されていない“STAB ME IN THE BACK”だ!
スラッしーさ優先で当時のジャパコア勢の流れを感じさせる勢いに満ちた
ファストチューンでこれまたヴォーカル以外はまんまXである!6曲目はベースが
怪しさを演出し加工された男Voも聴ける短い繋ぎで7曲目はなぜかX JAPAN
なってからのインダストリアル系チューン“SCARS”で若干モダンな要素も感じさせ
メロディーはやはり上海アリス幻樂団なんで非常にクサく聴き覚えある
フレーズ
がサビで聴けるぞ!8曲目は元ネタは“紅”だがここに来てあまりそれを
感じさせないアレンジ
になっておりリードギターもXではなく東方フレーズでリフも紅ではないな・・・!
ソロ前で一瞬紅要素が顔を出しツインリード後のハモリでようやく紅となるぞ!


プロダクションは軽めで原盤と比べると当時を思わせるエコーがかかっておらず
極めてクリーンでこの辺までは再現していないが細かいドラムやリフ、
ベースライン
などかなり初期Xを、YOSHIKI、hideを研究している跡が伺え
まんまXの曲に東方メロを乗っけただけじゃねぇかという意見も
出てくるだろうが原盤まんまバックで流すヒップホップとは異なり
ちゃんと自分達でアレンジし演奏しているのがメタル、ロックであるが
所以
と言った所だろうか・・・!音は軽いがバンドサウンドは全て生でありがちな
打ち込みドラムじゃないのは好感が持てるな!ヴォーカルがやはり好みが分かれる所
上手いシンガーと言うわけでもなく非常に弱くその上媚びタイプなんで
個人的な好みからは外れてしまうのう・・・!TOSHIタイプのシンガーと言えば
最近だとSKYWINGSが出てきたし前にうちの日記で紹介した最強(!?)コピバン
X IMAIKEとかだな・・・。何とか彼等とコンタクト取って
コラボしたら物凄く面白くなりそう
じゃのうて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 VANISHING HELL、I'LL SEAL YOU、
STAB ME FOR THE BLOOD、紅の館







もどる


inserted by FC2 system