Screaming Mad George







"PARANOIASCAPE"




スクリーミング・マッドジョージの音楽プロジェクトによるシングル。


日本人なのに日本人らしさがまったく無いハリウッドの
特殊メーキャップ・アーティスト、スクリーミング・マッドジョージ
インダストリアルプロジェクトである!彼自身渡米した後に
パンクバンドを結成“THE MAD”名義でアルバムもリリースしているためか
ロックシーンとも深くかかわりがありXhide、MARILYN MANSON、
SLIPKNOT
らとコラボしPENICILLINSound Horizonにも関わり
最近では去年(2007年)のLOUD PARKのオブジェを作成、
そしてヴィジュアル系メタルコア、サディPVを手がけるとかで
また話題になっているようだ・・・。そして本作はそんな
ロック野郎、マッドジョージインダストリアル・ゴシック・
ダンスミュージックプロジェクト
による92年リリースのシングルである!
ちなみにYOSHIKIのコネかリリース元はエクスタシーレコードだ(笑)。

シンセがシンフォニックさを演出するイントロに始まり
電子音がインダストリアルの空気を持ち込み実にゴシカルな、
ニューウェイヴ、ポジパン系の低音男ヴォーカルが登場!
これはマッドジョージのVoだろうか!?やはりポジパン、
ゴシックロック
の流れを汲んでいるのかメロディー要素は無く
あくまでも雰囲気重視のアレンジだ。チープでノイジーなギター
聴こえてくるがあくまでもダンスミュージック風のビートで、そこに
ダークなゴシック要素が加わっておりゴシカルなサイバーパンク映画の
サントラなんかでありそうだな。途中女性ヴォーカルも登場するぞ。
2曲目はインダストリアル色濃い電子音ノイジーなギターリフ、
そしてシャウト気味の加工されたヴォーカルが聴ける。マンソンっぽい
言えなくも無いか!?マッドジョージはマンソンとも仕事したからなぁ(笑)。
途中テンポが上がり疾走するパートもある。3曲目は1曲目の
別ヴァージョンでよりダンス寄りとなっている。


別にマッドジョージだから独特の個性があるというわけではなく
音楽的には特にどうという事は無いダンス寄りのポジパンで
正直あまり面白くは無い(爆)。マッドジョージが携わった
バンド群の方が圧倒的にクオリティーが高いというのは言うまでも
無いだろう。マッドジョージは映像のプロなのでPVとか、視覚を伴っていれば
また印象も変わってくるだろうが音だけ聴いたらたいしたことは無いな。
ダンスビート、ポジパンが好きなマンソンファンなら
気に入る要素があるかもしれんがXやSound Horizonのような
メロディアスでドラマティックなスタイルやSLIPKNOT、サディのような
へヴィでラウドな音を好むリスナーがわざわざ聴く程のものではない!
やはりマッドジョージは映像の人なんだなぁ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 50% お気に入り曲 特になし







もどる


inserted by FC2 system