涼宮ハルヒの憂鬱







"キャラクターソングVol.2 長門有希"




日本のアニメの企画マキシシングル。


こいつはなかなかに面白いネタCDだぞ!(爆)それなりに有名なアニメーションらしいが
俺はやはり知らん。そんな俺が本作に手を伸ばしたのは理由がある!それは本作に
収録された“雪、無音、窓辺にて。”“SELECT?”の2曲が日本のシンフォプログレ系
幻想楽団Sound Horizonの曲にそっくりだとの情報を得たからなのだ!!(爆)
Sound Horizonといえば筋少の影響下にある独特の語り、RHAPSODYあたりの流れを汲む
生オーケストラを導入した大仰シンフォアレンジ、MALICE MIZER直系のゴシカルな
退廃した美的感覚、そして日本人の琴線に激しく触れまくる濃厚なクサメロ
俺のツボを激しく突く要素満載のプロジェクト!最近じゃ“六弦アリス”なんていう
フォロワーも現れ始めてきておりそしてその六弦アリスのクオリティーも高かったため
こいつぁ聴いてみねばなるまい!と思いさっそくゲットしてきたというわけだ!
まぁ半分(8割)ほどネタだけど(笑)。

そんな本作の1曲目“雪、無音、窓辺にて。”だがこれは想像していた以上に
もろSound Horizonじゃねぇか!(爆)
アップテンポの曲調に
乱舞するヴァイオリン、日本人受けするサンホラ直系クサメロ
脱退した元シンガーAramaryを思わせる抑揚の無い女性ヴォーカル、
淡々とした語り!コーラスの入れ方、目立たずも確かに聴こえるメタルギター、
バックのアレンジ等どこをどう切ってももろサンホラ!音楽性は別物だが
作曲者にガゼットの生霊が乗り移ったとしか思えん(爆)。
いやメロディーをパクったとかそういうわけじゃないが曲の持つ雰囲気や
フレーズの持っていきかた
等モロである・・・!まぁリズムワークは
テクノ、トランス系
だしどっちかといったらインディーズ時代の
Sound Horizon
の影響を激しく受けてそうな感じだと言えるだろう・・・!薄いブルーを
基調としたジャケット
も今は廃盤になったサンホラの“LOST”を
思わせる
な・・・(笑)。アレに収録されていてもなんら不思議ではない。まぁパクリが嫌いな人から
してみれば「ふざけやがってこのオレンジレンジが!!」ってな事に
なりそうだが(爆)俺はガゼットが嫌いじゃないDir en greyファン・・・
つまりパクリはあまり気にしないタイプなのでこのクサメロ、ヴァイオリンフレーズに
普通に悶絶である(笑)。サビのラストで切り込んでくるストリングス、
そしてヴァイオリンソロがたまんねぇ!!(爆)

2曲目“SELECT?”はストリングス入りの物静かなバラード。まぁSound Horizonに
あってもおかしくは無い曲調だがこういうスタイルはよくあるのでサンホラタイプとは
言い切れない。これもまたメロディーは良く普通に楽しめるな。

3曲目“ハレ晴レユカイ”はうって変わって普通のポップス曲となっており
これは好みではないな・・・!ギターソロでツインリードが聴ける
非常に短いので不満だ・・・!あとはこれら3曲のカラオケヴァージョンが入っているぞ。
ちなみに作詞で国産プログレ“月比古”等で有名な女性ミュージシャン
“畑 亜貴”が参加している・・・。


アニメソング、パクリ云々を抜きにしてクサメロ音楽として普通にクオリティーは
高いのでクサけりゃ日本語詩だろうとメタルじゃなかろうが関係ねぇ!
っていう剛の者におすすめできるが本作をより一層楽しむためにはまず先に
Sound Horizonを一通り聴いて理解
することを激しくオススメする!!
もちろんパクリが気にならないSound Horizonファンも聴いて損なしだぞ!
当然だがパクリが嫌いな人にはすすめない・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 “雪、無音、窓辺にて。”、“SELECT?”







"涼宮ハルヒの弦奏"




東京フィルハーモニー交響楽団が日本のアニメのサントラをプレイした企画アルバム。


いつまでたっても再生芸術、先人達の楽曲をコピーすることに
熱心すぎるあまり新たな楽曲を生み出すという行為を放棄して
いるかのようなクラシック界だがそんな閉塞的な体制
打ち破らんと畑違いのジャンルとのコラボフィルムスコアなどの
仕事をバンバン手がけるオーケストラも多く、新日本フィルハーモニー交響楽団
イングヴェイとコラボし話題を集めたわけだがここに紹介する本作は
東京フィルハーモニー交響楽団が日本のアニメ“涼宮ハルヒの憂鬱”
楽曲をカヴァーするという、クラシックとアニソンの融合と言う
何とも大胆な試みを実施しているのだ!ぶっちゃけていえば物凄く金の
かかった同人音楽
なんだが(爆)、ここで聴ける演奏はどうやら
生のコンサートをそのままレコーディングしたもののようで
つまりライヴアルバムである(笑)。クラシックのコンサートなんで
歓声とかは無くただただプロのオーケストラが奏でる
壮麗かつ大仰なシンフォニーに酔いしれることが出来る一枚だ!
かつてロンドンロイヤルフィルXのART OF LIFEをやるまでは
頑なに「うちらはポップスとはやらねぇ」と豪語していたらしいが
今はオーケストラも外部ミュージシャンと積極的にコラボせんと
不景気なんでオマンマにありつけんのだろうか・・・!?(爆)

ヴォーカル入りの曲もあるが基本はインストでおそらくは
このアニメーションの劇半音楽と思える楽曲がメドレー
交えつつ繰り出され明るくキャッチーな雰囲気を放つ、
まさに壮大なフィルムスコアを彷彿とさせるオーケストラルな
アルバムだがどこかYOSHIKIがやりそうなストリングスアレンジが
多々見受けられるのは気のせいだろうか!?4曲目は妙に優雅な
スペインの宮廷音楽
のような雰囲気がありヴァイオリンソロ
魅力的である!5曲目はメドレーの後半が壮大でまさに映画の
ような情景
が脳裏に浮かぶぞ!6曲目はヴォーカル入りだが
オペラシンガーではなく普通にポップな女性ヴォーカルだ。
劇半音楽が続く中7曲目のみなぜか本物のクラシック曲
ショスタコービッチの交響曲第7番ハ長調作品60
「レニングラード」第一楽章
がプレイされる!知らん曲だが
反復リズムが主体のミニマルな曲だな。10曲目もヴォーカル曲で
壮麗なオーケストラに乗る女性ヴォーカルはポップススタイルだが
十分に上手くNHKの歌のおねえさんの如き雰囲気を放っておるのう・・・!
12曲目はサンホラフォロワーとしてメタラーの間でも有名な
楽曲で生のオーケストラによる緊迫感ある雰囲気は良いが
Aメロがどうもチープに感じられるなぁ・・・!13曲目は
ダークで緊迫感のあるアレンジの後に大仰なホーン、クサめの
オーケストレーション
が鳴り響くぞ!15曲目はメロスピ、
メロパワにアレンジ
されることで有名な曲だが今回はオーケストラ
アレンジ
だ。テンポは落ちておりタッピングも勿論無い(爆)。
ラストで大仰に盛り上がり申し訳程度の拍手で終了だ!


ロックサウンドをオーケストラにするこの手の企画アルバムは
昔から結構多いもののだいたいハズレが多く俺もLED ZEPPELINや
QUEEN、YES
とかあとはXとかのオーケストラアレンジを聴いては
微妙なアレンジにガッカリしてきたわけだが(DEEP PURPLEの“紫の饗宴”は
良かった)本作は出来がよく知らない楽曲も普通にフィルムスコアを
聴いているような感覚に陥り、またメドレーで上手いこと繋いでいるため
1曲1曲が短いなんてことも無く普通に楽しめたな。ただ明るい曲が多く
個人的にクラシックは荘厳な、ネオクラシカル様式美のルーツである
バロック音楽が最も好みなんでそういうタイプの楽曲が無かったのが
残念だがまぁ仕方ない。ヴォーカルも個人的には演奏に合わせた
ホンマモンのオペラ歌手が良かったのだが上手いので問題は無いな。
クラシックではなくフィルムスコアだと考えて聴いたほうがいいだろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 悲劇のヒロイン〜非日常への誘い〜ビーチバカンス、 雪、無音、窓辺にて。、のどかな商店街〜ユキ登場〜ピンチっぽい!〜ミクル変身!そして戦闘!〜大団円







もどる


inserted by FC2 system