SHIKI







"ENDLESS DREAMER"




日本のメロディックスピードトランスの2ndアルバム。


いかにもトランスな雰囲気のジャケだがアルバムの売り文句
Melodic&HiSpeedなどと表記されている!これら2つの単語が
指し示すもの、これ即ちメロスピに他ならない!(爆)そんなわけで中身を知らぬのに
売り文句に導かれて購入してきたぞ!一体どんな音楽性なのだ!
売り文句に偽りは無いだろうな!?

そんな本作の気になる方向性は打ち込み色濃いシンセ、リズムが全体を
支配しており基本はたしかにトランスなのだがそこにキラキラした
チェンバロっぽい音色
が終始舞っておりアニメ声の女性ヴォーカルが歌う
メロディーはなかなかにクサいぞ!たしかにメロスピ、クサメタルに通じる
雰囲気が存在していると言えるだろう!どこかAsrielに近い雰囲気があるな。
1曲目のサビの飛翔感なんかまさにメロスピ以外の何物でもないぞ!(爆)
疾走感もあるしな!間奏でピアノが、そしてラストでストリングス音
クサメロを聴かせてくれるぞ!2曲目もバリバリのトランス的シンセが
聴けるが北欧メタルに近い透明感、シンフォニックとも言えそうな壮麗な
雰囲気
を演出しておりこれまた曲調はメロスピ、クサメタルにかなり近いぞ!
サビもいかにもソレ系だしな!クサメタラーにウケが良さそうなトランスである!
3曲目はポップス寄りのメロディーとなるが4曲目は再び
クサメロトランスとなる!どこか様式美っぽい雰囲気があるな。
間奏ではストリングスが登場し儚い旋律を奏であげるぞ!
途中へヴィロック風の音になるのも風変わりである。
5曲目はギターリフも登場するが全体的には哀愁ポップス
いえるだろう。メロディーはやはりクサめだ。6曲目はリードギターが
前に現れアルバムの中でもロック色が濃い雰囲気となっているぞ!
ギターソロではネオクラシカルなツインリードもありメンバーの出自が
窺えるかのようだ・・・!7曲目はSOUND HORIZONを思わせるクラシカルでクサい
シンセ
がイントロで登場しミドルテンポで淡々と展開していくメロディアスな曲。
本作中最も遅い曲だがメロディーが良く確かな実力を感じさせてくれるぞ!
8曲目はメロスピ張りの疾走感で始まりドラムもメロスピライクだな!
サビはややポップス寄りのクサメタル!面白いアレンジである。
9曲目はこれまたポップス色の濃いトランス。だがサビがやっぱクサい(笑)。
10曲目はキャッチーなヴォーカルに始まり再びギターが目立った
ロック寄りの曲。
やはりメロディーが良いな!だがギターソロはなぜか打ち込み
メタリックな速弾きとなっている。このフレーズを弾きこなせなかったのだろうか!?(爆)
11曲目はいかにもトランスなリズムの上で生のギターがリードを弾くも
これまたポップス寄りのアップテンポ曲である。だがこれもやはりサビが
飛翔感溢れるメロスピ風なのが面白い!ギターソロはXっぽいハモリも見せ
メタラーに喜ばれそうだ(笑)。ラストの12曲目はハードロック的なリズム
トランスのシンセが乗りその後やはりメロスピ的疾走感を見せる!キラキラ
シンセ、クサいヴォーカル、疾走感・・・!

まさしくメロディックスピードトランス!!
新たなジャンルの登場だ!!メロスピトランス!!(爆)


トランスの姿形をしているが根底にはメタル・・・クサメロマインド
しかと息づいている異色のサウンドである!どうやらやはりメンバーが
メタルやV系の影響受けているようだ・・・!インディーズシーンに
飽和状態にあるただのメロスピにならずトランス8割メタル2割
言えそうなアレンジは上手いこと独自の個性となっているな!
ただトランスの流れを組んでいるからなのかアレンジが終始均一で
緩急に欠けている
様に感じられるのが欠点か!?
なにはともあれクサメタラーにオススメできるクサトランスである!
Melodic&HiSpeedの売り文句に偽りなし!!
こういうトランスが俺は聴きたかったのだ!!
壮大でアーティスティックな
Juno Reactorとはまた違う、
繊細でメロディアスな
泣きのクサトランスが!!




オフィシャルサイトで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 ENDLESS DREAM、
Angelic Layer -The 2nd Night-、アマミツツキ、blue ray、
Promise of the "19"、Trembling mind、Regret of Snow







もどる


inserted by FC2 system