屍忌蛇







"TRIBUTE OF MASKED RIDER"




日本の慟哭ギタリスト、屍忌蛇による企画カヴァーアルバム。


慟哭のギターを操る名手として数多くの後続群にリスペクトされる
我等が屍忌蛇師匠の新たなる企画アルバムはかつてのアニメタル
流れを汲んだのかどうかは知らんが、何と日本の超有名特撮モノである
仮面ライダーの楽曲をメタルアレンジしカヴァーするという凄まじくも
面白い試み
でもって構成されているッ!正直俺は世代とはちょっと
ズレており
どちらかといえばいわずと知れたサグ芸人、とんねるず
やってたこれまた伝説のパロディー、仮面ノリダーのほうの
世代
だったんだが(爆)、やはり純然たるライダーファンに
してみれば邪道もいいところでツバ吐き捨てて中指立てたい
シロモノなんだろうなぁ・・・!保毛尾田保毛男宜保タカ子、
近未来警察072・・・
懐かしいのう!おかげでしたになってからは
食わず嫌い王ばかりでつまらんな!・・・ってライダーと関係ないな(笑)。

そんなわけで音楽的にはVOLCANOの流れを汲んだ男泣きの慟哭、
叙情性
が詰め込まれたパワフルなメタルで、ヴォーカルで
参加しているのもNOV師匠を始め他にも数名参加しており音楽性に
マッチした非常に熱くもエモーショナルな魂の叫びを見せている!
1曲目から早速登場するNOV師匠のヴォーカルも凄まじいまでに熱く
2曲目はイントロから疾走し慟哭のギターと魂のヴォーカル、
そしてドラマティックなメロディーが一体化したかなり熱い
キラーチューンである!3曲目は男の哀愁を感じさせるスローテンポの
哀愁メタルで4曲目は流石の俺も知ってる元祖ライダーのテーマである!
藤岡弘、がバイクで事故ってライダー2号が誕生したあのライダーだ!(爆)
原曲に忠実ながらも実に熱いパワーメタルに仕上がっているではないか!
やはりギターソロが良いのう・・・!5曲目もミドルテンポで刻まれる
リフ
が印象的な哀愁男メタルで、低音で渋く歌い上げるヴォーカルも
いい味を出しているな。6曲目はVOLCANOを思わせるメロデス系の
慟哭リフ
と共に疾走するキラーだ!ギターの泣きまくりソロがやはり
素晴らしいぞ!7曲目はリフがやはり強烈でベースもラウドに主張
野郎シンガロングも実に男臭い硬派なミドル曲だ。8曲目はわりかし
正統派メタルに近い高めのリフで始まりベースがスウィープらしき
フレーズ
で滅茶苦茶目立っているぞ!泣きまくりのハモりギターソロが
特に強烈だな!9曲目はへヴィなリフで始まりNOV師匠のヴォーカルがやはり
熱すぎるモダンな印象の曲だ。他のシンガーも違和感無く熱いパフォーマンスを
見せているがやはりNOV師匠の声は強力すぎるのう!そしてギターソロもこれまた
凄まじいフレーズを披露し聴き手を悶絶させる!10曲目は
やはり男の哀愁を感じさせる夕日が眼前に思い浮かぶ
男泣き叙情硬派メタルだ。これもギターソロが良い!


シンガーが全員同じタイプの声質を持っており違和感無くハマって
いるのも面白いな。ミドルテンポ主体で疾走曲は少ないが原曲の
雰囲気を崩しておらずその上でVOLCANO直系の慟哭男メタルとなっており
VOLCANO、屍忌蛇ファンは当然、泣きのギターを愛する者から
メロデス好き、さらに原曲が好きなライダーファンにもオススメ
できそうな強力カヴァーアルバムだ!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 戦え!仮面ライダーV3、
レッツゴー!!ライダーキック、仮面ライダーストロンガー、
仮面ライダーアクション、セタップ!!仮面ライダーX







"Dual World"




日本のベテランギタリストによる2ndHM/HRカヴァーアルバム。


ジャパニーズメタルシーンにおいてその強烈極まりないエモーショナルな
慟哭ギタープレイ
確固たる地位を築き、さらにメタルアレンジ、カヴァーモノの
第一人者
でありつつ最近はツイッターで暴言吐きまくる事で人気を博している(爆)、
超実力派大物ギタリスト屍忌蛇氏によるメタルカヴァーアルバムである!本作はかつて
リリースされたメタルカヴァーアルバム“STAND PROUD”
よりおよそ15年振りとなった
2作目のHM/HRカヴァーアルバム
で、参加ミュージシャンもまた豪華な顔ぶれが揃っており
坂本英三氏
NOV氏らに加え、UNITEDの今は亡き横山氏も参加しており
彼の最後の仕事となっておる・・・!

1曲目のイントロだけがオリジナル曲で、2曲目はいきなりコアな選曲振り
見せておりBLIND GUARDIANの“BANISH FROM SANCTUARY”である!オリジナルに
近いガムシャラな突進
を見せているがヴォーカルがピッチ等若干甘くそこが気になるか!?
ギターソロ後半のドラマティックなツインリード
も短いが良いな・・・!3曲目はACCEPTの
“STARLIGHT”
だがNOV氏のヴォーカルが相当にオリジナルに近い金切り声で凄まじいのう・・・!
4曲目はOZZY OSBOURNEの“MIRACLE MAN”で、坂本英三氏のヴォーカルはオリジナルより
遥かに上手い
んだがニュアンスは異なっているな。5曲目は我等が愛して止まないANGRAの代表曲
“CARRY ON”
だ!結構シンセがシンフォニックに目立っておりヴォーカルもクソ高い原曲の
高音部分を見事に再現しておる!
6曲目は男泣きの名曲、ACCEPTの“METAL HEART”で、ギターが良いのは
当然だがNOV氏のヴォーカル原曲のムードを再現しつつより表現力豊かで良いなぁ・・・!
元々泣きまくりのギターソロ
よりエモーショナルでたまらんわい!7曲目はGARY MOOREの
“WILD FRONTIER”
で、早速の泣きのギターが炸裂し原曲の持つ独特のオリエンタルな
憂い
がしかと出ておるのう!8曲目はPRETTY MAIDSの“BACK TO BACK”で、正統派要素の強い
リフワーク
ダーティーさ満点のヴォーカルアグレッシヴさを放っておりカッコいいな・・・!
9曲目はTHIN LIZZYの“COLD SWEAT”で、俺はTHIN LIZZYはあんま聴いてないんだがこれも
どこかダーティーかつワイルドリフ、ソロ等カッコ良くベースも唸っておるわい!
ギターソロ後半のクラシカルなタッピングも大きな聴き所じゃのう・・・!10曲目はマイフェイバリッドの一つ、
JUDAS PRIESTの“PAINKILLER”
だ!かなり原曲に忠実でヴォーカルも相当にそれっぽいが
ギターソロだけは大幅に異なっており
原曲以上に弾き倒しつつメロディアスで劇的な
泣きのフレージング
も顔を出し長さも増しており、バックではシンセ、ピアノまで登場するぞ!
そして11曲目はこれまた最強のキラーチューン、RIOTの“THUNDER STEEL”だ!NOV氏の
ヴォーカルがまたオリジナル以上にアグレッシヴでより熱い仕上がりになっておるな・・・!
この曲も基本はオリジナルに忠実だがギターソロだけは結構変わっているも、
最も美味しいツインリード、メロディアスなフレーズ
だけはしかと忠実なのがまた嬉しくなるわい!


この手のカヴァー、トリビュートモノが結構リスナーが望むチョイスとかけ離れてしまっている
ケース
が多い中本作は王道な面を見せつつも通好みな側面があり、かなりツボを突いた選曲が
成されている
のではないだろうか!?アレンジ自体は結構オリジナルに忠実だが、ギターソロ等
部分的に異なるアレンジ、フレーズ
を見せており得意の泣きも随所で披露され聴き所満載である!
同人メタルシーンに長い事居るとこの手のメタルカヴァー、アレンジモノは大体原曲を
知らないケースばかり
になっちまうんだが、本作の曲は殆ど知っておるわい!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 BANISH FROM SANCTUARY  CARRY ON  METAL HEART
WILD FRONTIER  PAINKILLER  THUNDER STEEL







もどる


inserted by FC2 system