SOUND HOLIC







"SOUND HOLIC MEETS TOHO
〜東方的夢幻烈歌抄〜"




日本のインディーズミュージシャン集団のアルバム。


日本のインディーズメタルレーベルとまったく同じ名前を持つ事でも
知られているが彼らはメタルバンドではなく“上海アリス幻樂団”の楽曲を
ロック、メタル、プログレ、ジャズ、フュージョン、テクノ、
トランス、サイケ、ミニマル、前衛
等などジャンル問わず様々な
スタイルにアレンジしカヴァー
する事を生業とするミュージシャン集団らしい。
シーンにおいてキャリアも知名度も高くこなれたアレンジ能力はプロの
を感じさせるもので本職はおそらくスタジオミュージシャンか
サントラ系ソングライター
あたりだと思う。

イントロにあたる1曲目からシンセがパパパパいうもろトランスチューン
なのだが途中チェンバロが現れあのリッチー・ブラックモアもかつて
プレイしたクラシック“第九”のフレーズが登場!それに続く2曲目も
完全トランスだがそこに乗る英語詩の女性ヴォーカルは上海アリス幻樂団らしい
クサメロ
を歌うぞ!まぁ曲的には軽薄な超コビッチ的エッグなJK共
ドラッグやブランド品、下品なギャル男と同じくらい愛してやまねぇ
パラパラ的雰囲気に満ちているのだが・・・!3曲目はリリカルなピアノに始まり
もの哀しいメロディーを女性ヴォーカルが歌い上げるぞ!シンフォニックな
アレンジ
も施されツインヴォーカルで重なり合い劇的さが演出される!
クサいな!トランスライクなシンセはDOL AMMADを思い出す。4曲目は
穏やかな雰囲気が流れているがメロディーが和風クサさを発揮し途中
シンフォニックなアレンジになるぞ!ヴォーカルはちょいと弱めかもしれんが
音を外す事は無く十分上手いな。5曲目はイントロからかなりクサいキラキラシンセ
聴けるもリズムはどこか淡々としているな。パーカッション、アコギソロなどどこかラテンの
雰囲気
があると思う。サンタナあたりが思い浮かぶな・・・。泣きのギターは無いが。
6曲目は滅茶苦茶クサい事で知られる“上海紅茶館”のアレンジ
もろ中華なフレーズが登場しちょいとポップすぎる雰囲気と言うかおちゃらけた
空気
がありその辺は微妙だな・・・!ヴォーカルの歌いまわしも好みではない。
やはり陰水焼けガングロマングロ腹グロエログロビッチ共が白目剥いて躍る
パラパラみたいな軟弱さがあるんだよなぁ・・・!だがこのクサメロは捨て難し!
9曲目は珍しくハードロックスタイルのアレンジが施された曲。スローテンポで
メロハーと70年代の枯れた雰囲気が混ざっているな。
10曲目はIRON MAIDEN的なツインリードに始まり
メロスピ的疾走を見せるメタルチューンだ!
音は軽いがメロスパーにはウケがいいだろうな。リフはメタルコア的な
モダンさ
もあり変拍子も混ざるぞ!ギターテクもなかなかのものだ。
ヴォーカルは曲調にあんま合っていないな・・・。後半のサビ合間でネオクラ的な
速弾き
も一瞬現われる!


たしかにクサさはあるがこのトランス色濃いアレンジはメタラーには
ウケが悪そうだな・・・!M3でPV観て気に入って買ったんだが
その時の衝撃は無かったな・・・メタルショップで曲流れてると
スゲー良さげに聴こえる
のと同じマジックか!?(笑)



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 74% お気に入り曲 Lunar Eclipse 〜幻〜、
月の系譜 〜 Sorrow of the Moon、Japanese Plzzzzzz !!







もどる


inserted by FC2 system