shaky ART's







"shakyART's 1st"




日本のラウド/モダン寄りエモメタルバンドによる無料配布1stシングル。


M3に参加していたドラム不在の3ピースバンドで、どうやら変態メタルを自称しているようだが
音楽的にはそこまでカオティックで滅茶苦茶なテクニカルさは無く、モダンなノリにちょいと
イマドキらしい部分も交えヴォーカルはデスVoには届かないスラッシュ寄りの吐き捨て
エモ的なクリーンVoで歌っており、全体的にまだまだ未熟な面も目立つがマキシマムザホルモンや
SYSTEM OF A DOWNっぽいスタイルでやりたい
という姿勢が見えてくるのう・・・!

1曲目はワイルドさを醸し出すギターリフで幕を開け、プロダクション的には軽いが
モダンなムードを醸し出し、
やけにしわがれたスラッシュメタル的吐き捨てヴォーカル
登場するも、その後は線の細いクリーンVoも顔を出しサビはイマドキらしいチャラい加工も
施されておるな・・・!
中盤以降は唐突に疾走相当に不出来なマキシマムザホルモンと
呼べそうな雰囲気を演出、
さらにその後はメロウなクリーンギター、ベースが聴け
哀愁を放つのう・・・!
2曲目はクリーンギター、ベース怪しげな空気を醸し出し
ヴォーカルも弱いながら妙にシアトリカルな歌い方を披露、変態メタルらしい胡散臭さ満点の
ムードを放ち始めるぞ!
中盤以降疾走しモダンかつ変態的な側面を見せ始めこの辺は確かに
SYSTEM OF A DOWNっぽい感じ
だな。3曲目は叩きつけるようなリズム、ノリを見せ絶叫も炸裂、
その後は怪しげなコーラスも顔を出しこれまたSYSTEM OF A DOWNっぽさがあるな・・・!
後半のスキャットVo相当に無理矢理な感はあるがSYSTEM OF A DOWN風である!
その後のギターソロは正統派メタル寄りのメロディアスさがありベースソロも聴けるぞ!


SYSTEM OF A DOWNマキシマムザホルモンの影響が感じられるも、全体的にはまだまだ
未熟な面が強く
これからのバンドだろうな・・・!やりたい事は分かるし、個人的にも
好みの面白い音楽性
だけに今後の進化に期待したい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 アルツ  W.C.







"shakyART's 2nd"




日本のラウド/モダン寄りエモメタルバンドによる2ndシングル。


スキル的にはまだまだながらもSYSTEM OF A DOWNマキシマムザホルモンへの敬愛が滲み出た変態系
モダンメタル、メタルコア
をプレイする3ピースバンド2作目のシングルである!前作はまぁ
無料配布と言う事でデモ的な側面も強かったが、本作は前作と比べてタイトさを増し
音自体はまだ軽い
が、日本のSYSTEM OF A DOWNと呼べるレベルに少しずつ
近づいている印象
があり確かな成長を感じさせてくれるのう・・・!

1曲目はクラシカルなクサさを放つイントロに続き音圧は無いがSYSTEM OF A DOWNライクな
疾走感
を見せ前作よりもタイトさを増したアンサンブルを披露、クリーンVoはチャラめで
変態メタル
と言うよりもイマドキらしいメタルコア、スクリーモっぽい側面を見せておるわい!
後半の怪しげな裏声コーラスはまさしくSYSTEM OF A DOWNである!(爆)2曲目はうって変わって
パンク的な勢いを見せ始め今度はマキシマムザホルモンに接近!シンガロングや無理矢理の
裏声シャウト
もまさにそんな感じじゃのう・・・!3曲目はライトなギターにベースで幕を開けこれまた
ホルモン的なノリの良さ
を見せるが、どこか怪しげなムードが強く漂っておりこの辺は
SYSTEM OF A DOWN的か!?
ヴォーカルは力量的には遠く及ばないもののマイク・パットンからの
強い影響を感じさせるパーカッシヴな歌唱を披露しておる!中盤はスカ的リズムパンク、メロコアの
要素
を見せるがその後はビートダウンである!


まさしくSYSTEM OF A DOWNマキシマムザホルモン混ぜ合わせたような感じで、
自称変態メタルに相応しい胡散臭さ、コミカルな怪しさを見せておりクオリティー面でも
前シングルと比べて確かな向上が見て取れるわい!
この方向性でさらに洗練させ
いずれはフルアルバムを聴いてみたい
モンじゃのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 全部







"shaky ART's 3rd"




日本のラウド/モダン寄りエモメタルバンドによる3rdシングル。


まだまだアマチュアっぽさを残しつつもマキシマム ザ ホルモンSYSTEM OF A DOWNの
影響下にある変態系ミクスチャーメタル
をプレイする国産バンドによる、通算3作目の
シングルである!
音楽的にはやはり影響元の要素が色濃く伺える変態メタルで、
方向性は変わらないが少しずつクオリティーは上がって来ているだろうか!?

1曲目は絶叫シャウトと共にメロデス、メタルコア的なリフワークが顔を出し疾走!
その後のヴォーカルはリズミカルなダミ声となりこういう変態性SYSTEM OF A DOWNの
流れを汲む部分
で、実にそれっぽいスキャットも顔を出すが音作りはメタルコア風で
今風な部分もあるのう・・・!
後半のクリーンVoがまだ未熟昔のメロコアヴィジュアル系の
ような弱さが残ってしまっているのが惜しいな。
2曲目もまた勢いあるシャウトに始まり
テンションの高いシンガロングも登場!メタリックながらもノリはパンクに近い感じで
荒々しさ
を見せているが、途中唐突にクリーンギター、弱めのクリーンVoマイルドさを
放ち始めるのう・・・!
中盤以降ではメロディー重視のギターソロも顔を出し、その後は
ベースソロドラムソロまで顔を出し難解さは無いが何とかテクニカルな事をやろうと
している意気込みは伝わってくるか!?
3曲目はまた昔のパンク、ハードコア的な荒々しい
勢いを見せる疾走チューン
で、ヴォーカルもテンションの高いシャウトで捲し立てるが
やはりダイスケはんには遠く及ばぬ裏声ダミ声じゃのう・・・!クリーンVoは今風のデジタル系の
加工
が施されておりチャラさも見せようとしているだろうか!?ギターソロは
意外にも速弾き系のスタイルである!



方向性は変わらずマキシマム ザ ホルモンSYSTEM OF A DOWNの影響を色濃く感じさせる
変態ミクスチャーモダンメタル
で、まだまだフォロワーっぽさが強く飛び抜けた部分
無いが方向性は間違っていないのでこのまま突っ走って頂きたいのう・・・!
当面の課題はヴォーカルの弱さを克服する事、それとプロダクションだろうな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 Farewell song







"shaky ART's feat.のくしん"




日本のラウド/モダン寄りエモメタルバンドによる4thシングル。


まだまだ甘さこそあれど、マキシマム ザ ホルモンSYSTEM OF A DOWN等の影響を強く感じさせる変態メタリック
ミクスチャー系
個人的に愛着が沸きつつあるバンドである!(笑)SYSTEMの1stオマージュと言える
一連のジャケから脱却しいかにもM3で売ってるようなナードサブカル系ジャケになってしまい
不安ではあるが、本作はのしくんなるミュージシャンとコラボして製作されたようで、
その影響なのか音楽的には過去作と比べて演奏、ヴォーカル、プロダクション等洗練されて来ており
クオリティーは明らかに向上している
んだが、変態要素よりもポップでキャッチーな
エモメタル、スクリーモ路線
を向いておりコアな要素が減退して来ているだろうか!?

1曲目は意外なキャッチーさを醸し出すエモいヘヴィリフ、リズムに始まるもすぐに弱めの
吐き捨てグロウル
が登場、サビはエモいクリーン結構説得力があるんだがカオティックな
変態っぽさ
は無くエモメタル、スクリーモ要素が強い感じだな。2曲目は不穏さ漂うヘヴィなギター
顔を出す重苦しいグルーヴメタルとなり吐き捨てデスVoも登場、途中から疾走しワイルドな
勢い
を放ちつつビートダウン、高音喚きVoも顔を出すのう・・・!3曲目はボーナストラックのデモ音源で、
パンク、メロコア的なノリを放つ疾走チューンでこういう曲も結構しっかりしており
説得力を感じさせる
のが成長した証だろうか・・・!途中スカ的なリズムヒップホップ的なVoも聴け
ギターソロも登場、マキシマム ザ ホルモン的ミクスチャー要素も強いな。


ポップなエモメタルグルーヴィーかつ疾走感もあるラウド、メタルコアと見事に方向性の異なる
楽曲を揃えて来ており、演奏、ヴォーカル、プロダクション等過去作と比べてかなり洗練されており
普通に説得力のあるラウドロック
をプレイしているんだが、それだけに過去作のような強引な無茶さ
生み出すある意味ファニーな面白要素が減退しており、エクストリームメタル色濃い2曲目も基本的に
シリアスな作りでこの辺は賛否分かれるかも知れんのう・・・!個人的には本作くらい
洗練されているほうが好み
なんだが、彼等には器用さ以上に面白さを求めたい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Noodles spatula







"y"




日本のラウド/モダン寄りエモメタルバンドによる5thシングル。


再びSYSTEM OF A DOWNの1stオマージュジャケに舞い戻っての通産5作目のシングルで、
前作は外部のミュージシャンとコラボして製作されたためか若干シリアスなオシャレ寄りに
シフトした
印象があったが、その代わりプロダクションが凄まじく向上しており
タイトさも増し、
まだアマチュア臭かった過去作の面影が完全に消滅!そして続く本作は
前作で習得した術を存分に生かしたタイトで洗練された音作りを見せつつも、以前にあった
マキシマム ザ ホルモンSYSTEM OF A DOWNの流れを汲んだ変態的ファニーさが戻っており
かなりハイレベルな変態ミクスチャーメタルに仕上がっているぞ!

1曲目はのっけからいきなりハイテンションなエクストリームメタルと化しヴォーカルも
絶叫シャウトを連発!
途中怪しげなムードを醸し出しサビは今風のデジタル要素も導入、
チャラくもキャッチーさ
を放っており初期と比べて相当に洗練されたのう・・・!
ダイスケはんの影響
を感じさせる高音シャウト(フライスクリーム)説得力があり
成長を見せておるわい!
2曲目はワイルドで豪快なノリを見せるハードコアと言うか
ミクスチャー的なファストチューン
となりAILIPH DOEPAに近い印象もあるが、音質や
ヘヴィさ、タイトさ
ではこっちのほうに軍配が上がるのう!ヴォーカルも喚きシャウトを
基本
としつつハードコア的な荒々しさもあり、ついにホイッスルボイスも披露しておる!
3曲目はジャズ的な空気を醸し出すイントロに続きDIABLO SWING ORCHESTRAを髣髴とさせる
キャバレーメタルと化すぞ!まぁクリーンVoはまだ弱めなんだが、細かさを見せる演奏もタイトで
プログレッシヴな技巧
も見せてくれるな・・・!


前作から一気に向上したプロダクション、パフォーマンスを本作でもしかと踏襲しており、
しかも前作で減退したマキシマム ザ ホルモン的なファニーさも戻って来ており本家の
牙城にかなり接近したハイレベルさを見せておる!
同系列のバンドでAILIPH DOEPAが
今シーンを賑わしている
ような、そうでも無いような感じなんだが上記したよう音質、
洗練度ではこっちのほうが上を行っておる!
ここまでレベルアップしたんだし、
そろそろ満を持してのフルレンスアルバムを期待したい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"NATURAL BORN BITCH FES.Feb,1.2015"




日本のラウド/モダン寄りエモメタルバンドによる6thシングル。


没個性化が叫ばれ、頭打ちになった感のある同人メタルシーンにおいて気を吐きまくる、
今最も面白そうなバンドによる最新シングルである!どうやら今回はビッチを
コンセプトにしている
ようで、カネで誰にでも中古クソマンコ開く
ファックなクソビッチの腐れプッシーをファックする
ように本作を
ファックしてやろうじゃねぇか
マザーファッカー!
“スプリング・ブレイカーズ”は最低のクソビッチ映画だ!
“ゴーン・ガール”観たかお前ら!女なんざあんなモンだぜ!(爆)


1曲目は意外にもアニソン然としたピアノに始まりスクリームと共にチャラい
今風のシンセ
が登場!ビッチのチャラさを再現するかのような音作りでイマドキっぽい
デジタルメタルコア、ピコリーモ然とした音作り
を披露しておる!サビもまた今風な
キャッチーさがあり
歌詞はマキシマム ザ ホルモンまんまじゃのう・・・!
2曲目は怪しさが前面に押し出されたSYSTEM OF A DOWNっぽい変態メタルとなり
やはりこういう方向性のほうが好きだな(笑)。


カネとセックスとブランド品しか脳の無い知恵遅れ腐れファッキン
マンコビッチ
をコンセプトにしているからか、クソビッチのクソチャラさ
再現するため今風のデジタルシンセを大量に放り込んだイマドキっぽいチャラさ
丸出しのピコリーモ
となっており、俺の好みからは逸れた印象があるも
今やクオリティー鰻上りのギンギン勃起状態の彼らだけあって
音作りは実に洗練されており、ビッチビッチでも数の子天井な名器を携えているかのような
1枚に仕上がっておる!どうやらついにフルレンスアルバムの製作に着手したようで
実に楽しみじゃのう!オマンコ!!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 rikaco







"shaky ART's feat.のくしん 1.5"




日本のラウド/モダン寄りエモメタルバンドによる7thシングル。


拝金主義、村社会、似たり寄ったりの没個性ゴシック、ファンタジー、
売る気皆無のリスナーをナメた宣伝姿勢、
そしてサイコパスの
クソッタレ詐欺師によるマザーファッキン盗作コンピ
と、最早かつてのような
ポジティヴな盛り上がりが完全に消滅し悪い点ばかりが目に付くようになっちまった
同人音楽シーンにおいて、数少ない美点の一つと言えるのがshaky ART'sだろう!
SYSTEM OF A DOWNマキシマム ザ ホルモン等に影響を受け、
最初期こそまだまだ未熟な面が見られたが、あっと言う間に洗練されハイレベルな
モダンさ、タイトさを備えたクオリティーを手に入れた実力派の一つである!
いよいよ満を持してのフルアルバムリリースが期待されるも残念ながら延期
なってしまったが、勢いに乗っているが故か短期間で穴を埋めんとシングルをリリースだ!

1曲目はモダンなノリを感じさせるヘヴィなミドル曲で、ダミ声クリーンVoが
エモさを放っておりSYSTEM OF A DOWNと言うよりもSlipknotに近い印象があるな。
後半はイマドキっぽいトランス的なEDM要素が見られるぞ。2曲目は突進力を放つ
ヘヴィなファストチューン
だが、短い曲であっと言う間に終わってしまうのが惜しいわい!


流石に短期間の突貫工事だけあってかプロダクションは軽くなっており、
2曲中1曲はショートカット系
だがフルアルバムの期待を煽るには十分だろう!
クリーンVoの向上が感じられ次がまた楽しみになってくるな・・・!
一体どこまで成長するのであろうか!?





オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system