SIGUR ROS







"AGAETIS BYRJUN"




アイスランド出身のポストロックバンドの2ndアルバム。


我がサイトにメールで多くのオススメバンドを紹介してくれた人物がおり
その中で唯一知らなかった彼等SIGUR ROSの本作“AGAETIS BYRJUN”をとりあえず
ゲットしてきたぞ!情報提供サンクスである!

そんな彼らの音楽性は判りやすく言うならシンフォニック・ポストロック
言った所だろうか・・・普通ポストロックといえばオルタナ等の流れを汲む
スタイルでやけに静かで浮揚感漂うつかみ所の無い音世界、プログレ的と
言えなくも無い長尺の展開を持つも激しい展開があるわけでもない、どちらかと
いえばミニマル系ともとれそうな延々と続くカンジがあり正直激しい音や
目くるめく展開が聴きたい人には非常にとっつきづらい音楽であるように思う。
かくいう俺もただのポストロックは好みではない・・・だが彼らSIGUR ROSの音はそこに
生のストリングス等を大々的に導入、美しいメロディーを持った
聴き応えのあるシンフォニックロック
として完成しているのだ!

イントロに続く2曲目を聴いた時にはハズしたかと思ったが3曲目でその考えは
覆る!
生ストリングスが70年代のユーロロックを思わせる
叙情メロディー
を奏でどこか素朴なハイトーンヴォーカルがそれに
拍車をかけ気分はすっかりプログレッシャーに!(爆)プロダクション、
特にドラムの音が70年代的なのも良い!最早これはポストロックではなく
ユーロシンフォニックプログレとして聴くのが正しい聴き方なのかも知れんな・・・!
6曲目“Hjartad Hamast (bamm bamm bamm)”の後半以降シンフォパートが増えるぞ!
ヴァイオリン、ピアノ、フルート、そして浮遊感漂う高音ヴォーカル
独自のメロウさを演出し聴き手の心と身体を安らげる、ある意味ヒーリングミュージック的な
役割を持つのがこのポストロックというジャンルの持ち味なのだろう・・・!以前紹介したISISなんかは
シンフォサウンドではなくへヴィリフ、デス声等と言った轟音による癒しだ。


ポストロックではあるがユーロプログレ、シンフォニックロック好きなら
十分聴けそうな音作り
だと言える!ヒーリング好きにもオススメできそうだな。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 Staralfur、
Hjartad Hamast (bamm bamm bamm)、i Vidar vel til Loftarasa、
Olsen Olsen







もどる


inserted by FC2 system