SEX-virgin killer-







"SEX OR DIE"




日本のヴィジュアルスラッシュメタルバンドによる1stミニアルバム。


見よ!この平成の世に似つかわしくない逆毛立たせまくり
サイケデリックバイオレンスアンド
クライムオブヴィジュアルショックなルックス!!(爆)

最近のヴィジュアル系連中が猫も杓子もオカマとホストしか
いない
現状に真っ向から唾を吐き捨てる古き良き逆毛スタイル
誰がどう見てもつい最近再結成した、あの伝説のバンドを思い出すだろう!
そして彼らの音楽性もそのルックス同様、思わず「紅だぁぁ〜!!」とか
「感じてみろ!X!!叫んでみろ!!X!!」とか言いたくなってしまう
スタイルを持っている!つまり日本語ハイトーンVoドラムがツーバス踏んで
爆走
しまくりギターはツインリードを重ねる、あのメロスピスタイルである!!
テルミートゥルー、どこに行けば
苦しみを愛せる・・・(意味不明)。


1曲目からさっそく往年のXを思わせるリフ、ツインリードで疾走!
だがヴォーカルのキーは高いものの声質は最近のV系である。
シンガロングの使われ方はモロインディーズ時代、初期のXだが
サビメロは近代V系メタルの哀愁クサさがあるな。音質の軽さ
逆に当時を思わせ良い!!(爆)ギターソロも2人が交互にとり
そしてツインリードが聴ける!VANISHING VISIONBLUE BLOOD
頃のXまんまだな(笑)。ここまでコテコテなXフォロワーは居そうで
意外と居なかったが彼らは筋金入りである!2曲目も初期Xを、
BLUE BLOODを思わせるリフで疾走!3曲目はミドルテンポ
ツインリードが叙情フレーズを重ねいかにも週末とか、錆びた爪とか
そういった単語を思い出すな(笑)。途中クリーントーンギターをバックに
ブツブツ呟く系の語りが入っているのも実にYOSHIKIだ。
その後のギターソロも良い。4曲目は再び疾走チューン
リフはまさに“BLUE BLOOD”とあのXジャンプでお馴染みの“X”
思い出すな。サビのシンガロングもなんか“X”に似ている(笑)。
だがソロ後にデス声が登場する辺りは彼らのオリジナルか!?
5曲目も疾走メロパワでツインリードがイントロで登場し
リフもやはりそれっぽく途中のベースソロパートで思わずメンバー紹介
したくなってしまう
のう(笑)。


正直まんますぎてオリジナリティーは無いのだがかのバンドも
再結成を果たした昨今、トリビュートバンドとしての価値も含ませつつ
現代の流行に真っ向から対立する姿勢示しまくりのルックスは
実にパンクである!そういうわけか彼らもどちらかといえば
パンクシーンで話題になっているようだ・・・!まぁもともとXも
パンクシーンでブイブイ言わせてきたところから始まっているし
これは妥当な流れなのだろうか!?数少ないXフォロワーとして
これまでにBang-Doll、速鋼鉄-Speed Metal Sound-とかがおり、
あとは正確にはDRAGONFORCEのフォロワーだが“Silent Jealousy”を
カヴァー
したことで知られるCELLADORもいるがここにきてルックスから
真似た真性のフォロワー
が現れたぞ!!まぁヴォーカル、そしてドラムは
さすがにTOSHI、YOSHIKIには及んでいないがとにかく、X JAPANに
改名する前
の、メタルスタイルを追及していた頃のXを
愛するリスナーに是非とも聴いてもらいたいバンドだといえるだろう!バンド名も
カタカナにすれば一文字違いだしな!
SEX!!感じてみろ!SEX!!
叫んでみろ!!SEX!!!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system